「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

被告池田大作創価学会名誉会長らの訴訟代理人弁護士が、私に行った反対尋問記録の続きをご紹介させて頂きます。

今回の反対尋問記録の中に記載されている和田氏からの電話メモについては、相手方の訴訟代理人弁護士の「ご要望」に応えて、近日中に「証拠」として提出する予定です。

もし、相手方の訴訟代理人弁護士が言及されなければ提出しないつもりでした。「どうして重要な証拠を提出されていないんですか。」と、わざわざ、「追及」して下さった井田吉則弁護士に対して心より厚く御礼申し上げます。

なお、初めて、このブログをご覧になられる方は、以下に掲載している訴状をご参照下さい。

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/15/

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その34
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/68/

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その40
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/75/

         記
被告ら代理人(井田)

あなたの主張だと,原田会長も本件日記を読んだということですが,その根拠は何ですか。

原告(髙倉)

その根拠は,山本被告あるいは和田氏,野崎氏からの電話によるものです。

被告ら代理人(井田)

直接,原田会長が読んだということを明言されたんですか。

原告(髙倉)

原田会長が直接か,あるいは日記の分析か分かりませんが,そのことに関連して指示したことは間違いないと思っております。                                                                                                                                                              

被告ら代理人(井田)

あなたが和田公雄さんから殺人予告を受けたのは平成20年2月12日,午 後の電話で間違いないですか。

原告(髙倉)

その前に,14日に和田氏本人が査問をされた際に,自分が査問を受けた際に高松の創価学会員は髙倉を殺すと言ったと,告げられたと述ベました。

被告ら代理人(井田)

今,その前にって,今,平成20年2月12日のことを聞いてるんですよ。 平成20年2月12日の午後にあなたが和田さんから殺人予告の電話を受けたことは間違いないですか。

原告(髙倉)

12日ですか・・・それは陳述書にその間の経緯は書いてあると思うのですが,2月12日のときは呼び出されたというふうなことだったのかな。14日の査問の際に殺すと言われて,20日にエレべ一夕一 の中で殺したくないと言われたわけです。そういう流れです。

被告ら代理人(井田)

2月12日に電話はなかったということなんですか。

原告(髙倉)

電話は呼び出されたという。原田会長の名代という人物から,出頭するようにと言われたということを伝える電話だったと思います。

被告ら代理人(井田)

その後の2月14日の夜遅くにも,和田さんから電話がかかってきたということですよね。

原告(髙倉)

はい,そうです。

被告ら代理人(井田)

このときに殺人予告の電話があったということになるんですか。

原告(髙倉)

はい。そのときに,査問の席でそう言われたと和田公雄氏が私に話しました。

被告ら代理人(井田)

このときの電話の会話は録音していないんですか。

原告(髙倉)

大変残念なんですが,録音しておりません。メモだけです。

被告ら代理人(井田)

大事な内容なのに,どうして録音されていないんですか。

原告(髙倉)

それは私自身が録音をする操作に慣れていないことと,逆にメモをとることに関しては,ほぼ再現できるほどのメモをとることができます。その理由2つです。

被告ら代理人(井田)

メモはあるんですね。

原告(髙倉)

あります。

被告ら代理人(井田)

そのメモは何枚ぐらいのメモなんですか。

原告(髙倉)

これぐらいの7掛ける3インチぐらいので1枚半か2枚かな。だけど,それは殴り書きですけども,あります。

被告ら代理人(井田)

この裁判では証拠として提出されてませんね。

原告(髙倉)

はい,しておりません。

被告ら代理人(井田)

どうして重要な証拠を提出されていないんですか。

原告(髙倉)

それは生田先生にお見せしました。すると,これはかなり乱雑に書いてるので,証拠価値があるかどうかという点で問題があると言われるかもしれないからと言うので,出すのは差し控えております。

被告ら代理人(井田)

証拠価値がないかもしれないから出さなかったということですか。

原告(髙倉)

証拠価値というよりは,むしろそれが・・・証拠として十分,立証,録音のような明確なものではありませんので,ただし,出せと言われるんだったらいつでも出して,ご覧に入れます。

          つづく

ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288
 
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 医者の診断書の信用性に関して
確か高倉さんの過去の投稿に、和田公雄氏の裁判所への証人としての出廷を求めたが、
健康上をを理由に出廷しなかったかと。

このような手法は申し訳ないが過去に田中慶秋氏の問題が発生したときに、タイミングよく
病気になる政治家が多いようですが、

この手口と同じではないかと。
仮に医者が嘘の診断書を書いているとすれば当然犯罪になるでしょうが。

裁判に用いられる医者の診断書であるわけですから、
その病院名と医師名は
責任を明確にするために公開すべきではないかと。

正直、仮病のケースが9割ではないですか。
仮病の疑い 2014/08/22(Fri)03:24:49 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[09/23 ブランド コピー]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
[08/15 匿名]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :