「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 ありがとうございます。ようこそ、「白バラ通信 パンドラの箱」にお越し下さいました。

【管理人自己紹介】
本 名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性 別:男性
出生地:鹿児島市
職 業:大学教員
趣 味:思索と散歩と映画鑑賞
習い事:書道とヨガと水彩画
資 格:温熱刺激療法イトオテルミー療術師
   マインドマップ・アドバイザー(申請中)
座右の銘:「賢聖は罵詈して試みるなるべし」(日蓮の言葉)
     「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
     “Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.”
                  (ジェームズ・ディーンの言葉)

 さて、人類にとって希望は存在しているかと問われたら、あなたは、どのように答えられますか?

 かつて私は、希望は存在しないと考えたことがあります。
 これまでの歴史において、人間の尊厳を守る社会を実現しようとして、どれ程多くの人々が殺されたことでしょうか。にもかかわらず、21世紀を迎えた現在でも、夥しい人々が戦乱や自然災害による飢餓で苦しんでいるからです。

 しかし、私は、希望は存在すると考えるようになりました。

 なぜならば、絶望的な状況の中で、人間の尊厳を実現すべく、真剣に生き、かつ、殺された方々に対して、希望が存在しないと考えることは、失礼であり傲慢の極みだと考えるようになったからです。

 そして、このような状況の中でも、希望を実現すべく真剣に生きておられる方々が存在しているということ自体が、人類にとって希望が存在している証拠だと思うようになりました。

 このブログでは、人間ばかりではなく、地球環境そのものを大切にしようと世界各地で奮闘しておられる方々と連帯すべく、私のささやかな思索と実践を綴って参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 将来、このブログは、大幅に加筆修正を加えた上で出版しようと考えています。その際、皆様方から寄せられたコメントを掲載することは致しません。どうか、安心して、気軽に、そして、自由にコメントを投稿して頂ければ幸いです。

 ただし、ブログの本文の中で、コメントの一部を学術論文の引用形式で取り上げた場合に限り、掲載させて頂くことがあるかもしれません。

 それから、ハンドルネームを明記されない方からのコメント投稿はお断り致します。もし、「NONAME」でコメントを投稿された場合には、大変残念ですが非公開とさせて頂きます。
 
 コメントをされる際には、相手方の名誉を棄損したり、侮辱するような表現がないように熟慮なさいますように心よりお願い申し上げます。
 
 また、このブログを潰そうとの意図や、ブログの流れを歪曲しようとの目的で投稿されたコメントに対しては、「挑発」されることがないようにお願い申し上げます。

 なお、品位を書くようなコメントは速やかに削除させて頂きます。

 では、ブログの本文をご覧になる前に、まず、2011年2月26日に掲載した
「闘争宣言」をご参照下さいますようお願い申し上げます。

2011年2月26日に、全日本法教育研究会創設準備委員会が「日本の根幹としての法教育の基礎とは何か」とのテーマで開催した講演会とシンポジウムの模様は、以下の岩上チャンネルで視聴することができます。

私の「闘争宣言」をご覧になられたら、つぎに、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3」に掲載されている訴状をお読みになられて下さい。
それから、この講演会とシンポジウムの動画をご覧下さい。私は、講演会の部で司会を担当しています。

なお、しばらくして都合によりURLが変更となる場合がありますのでご注意下さい。

  前半(休憩前) http://www.ustream.tv/recorded/12946888

  後半(休憩後) http://www.ustream.tv/recorded/12949008

講演会の講師とシンポジストは、三井環氏(元大阪高検公安部長)、天木直人氏(元駐レバノン日本国特命全権大使)、仙波敏郎氏(元愛媛県警巡査部長、元阿久根市副市長)、生田暉雄氏(元大阪高裁判事、現弁護士)です。竹原信一氏(元阿久根市長)も飛び入り参加されました。

三井環氏は、検察庁の裏金作りの実態を、テレビで実名告発しようとした寸前に口封じのために逮捕された方です。

天木直人氏は、小泉内閣のイラク戦争支持に反対する公電を2回打った結果、外務省から実質的な解雇処分をされた方です。

仙波敏郎氏は、警察の裏金作りを実名で告発し、その後の圧力に屈することなく職務を全うされた方です。

生田暉雄氏は、最高裁判所の裏金作りの問題を追及されておられる方です。私が、創価学会池田カルト一派を訴えた裁判の代理人でもあります。

この講演とシンポジウムの紹介記事が、元外交官の天木直人氏のブログに掲載されました。ブログのアドレスは、下記の通りです。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/02/23/#001838

それから、創価学会に関する事柄が原因で、家族間で紛争が生じている場合には、その相談に応じます。メールで、その詳細をご連絡下さい。

私には、創価学会池田カルト一派の脅迫に屈しない優秀な弁護団もついております。法的な対処法などについては、弁護士の皆さんをご紹介致します。


 当サイトはリンクフリーですが、その際には、下記のアドレスまでご連絡下さい。
 また、個別にご連絡されたいことがございましたら、同じアドレスにメールなさって下さい。


     r08091016@yahoo.co.jp

banner_21.gif←ブログランキングに参加しています。ご協力下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



先日、神奈川県で建設された創価学会の会館に関する記事を掲載して欲しいとのメールを、ある方から拝受致しました。この方から頂いた文書をご紹介させて頂きます。

 

         記

 

検証 創価学会麻生文化会館問題 2 予備知識として知っていただきたいこと

 

 麻生会館が住民との間でトラブルが生じたのはどのような背景があったのか、本題前にご説明したいことがございます。

 こちらのポスターをご覧ください。今では見かけることはなくなりましたが、麻生会館が建設されるとなった段階で近隣住民が自宅にこのポスターを張って抗議の意思を表しておりました、

 このサザエさんのお父さんのようなおじいさんが怒っている図は、それとなくこちらの土地の事情を物語っております。

 今から40年くらい前に三井不動産が現場を造成し、分譲地として売り出しました。売りだした土地に買った人たちは家を建て、この土地で生涯を過ごすという気持ちを持っておりました。つまりようやく住宅ローンを払い終わって、静かに余生を過ごすと思っていた矢先にこの創価学会の会館建設工事です。あらかじめわかっていたらおそらくこの土地を購入しなかったでしょう。 余談ですが、現場の最寄りバス停の名前が三井第一住宅前となっているのは、その時の名残です。

 

 このシリーズは週23のアップを目標にする予定です。後半になると文字起こしで時間が取られ、ペースダウンしてしまう懸念がございますが、その場合はご容赦ください。

 

 私に直接連絡をとりたい方はkeystonebb72#gmail.com(#@に変えてください。スパム対策です)までお願いします。





ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
 






 

 先日、「白バラ通信パンドラの箱」に、神奈川県で建設された創価学会の会館に関する記事を掲載して欲しいとのメールを、ある方から拝受致しました。

 

 そこで、この方から頂いた文書をご紹介させて頂きます。

 

        

 

検証 創価学会麻生文化会館問題 1

 

 私は神奈川県在住の者です。

 この度、髙倉先生のご厚意により神奈川県川崎市麻生区で建設された麻生文化会館の問題について、多くの皆様にお伝えする機会を得ることとなりました。

 麻生文化会館と言っても、ほとんどの方がご存じないと思います。

 まず写真をご覧ください。

 私が撮影しました。写真では麻生文化会館が存在することが確認できますよね。

 しかしです。

 創価学会の公式サイト「神奈川創価学会 施設案内」

 http://www.kanagawa-soka.jp/hall.html

 にアクセスするととても不思議です。

 実際に存在するはずの麻生文化会館がリストの中から外されております。(少なくとも現在)104の電話番号案内にも登録はありません。

 さらに不思議なことは昨年発行されたゼンリンの住宅地図です。

 建物のある住所東百合ヶ丘4丁目34番地は空白です。

 この時点で会館は工事中でした。決して更地ではありませんでした。

 なぜ、創価学会は会館の存在を堂々と世間に公表しないのか。もしくはできないのか。

 私の記事をこれから読まれて行けば気が付くと思います。そのように記事をアップして行きます。

 

  このシリーズは週23のアップを目標にする予定です。後半になると文字起こしで時間が取られ、ペースダウンしてしまう懸念がございますが、その場合はご容赦ください。

 

 私に直接連絡をとりたい方はkeystonebb72#gmail.com(#@に変えてください。スパム対策です)までお願いします。

              つづく

 




ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
 



2017年3月2日(木)の夜、6年間かけて準備してきたプロジェクトの実施を断念しなければならない事態が生じました。

このプロジェクトの実現に向けて、特に、昨年11月から今年の2月末までの間、かなりの時間を費やして参りました。そして、スタートしようとしていた直前に、中止せざるを得なくなりました。

プロジェクトの企画自体が、私にとっては大きなチャンスでした。6年間、いかにして実現するかを考え続けて参りました。有力な支援者も見付かりました。

ところが、急に、プロジェクトそのものを断念しなければならなくなったのです。残念無念の一語に尽きます。

この日の夜は残念会となり、かなりの量のアルコールを飲みました。しかし、私はまったく酔いませんでした。なかなか眠ることができませんでした。

しかしながら、人生とは本当に不思議なものです。翌日3日の早朝、ある人物からメールを頂きました。メールには、その方が私の夢を見たので連絡したと書かれていました。そこで、早速、この方とお会いすることにしました。

「人生は、チャンスによって形作られる。

 失われたチャンスもまた、

 人生を作るものである。」

 (F・スコット・フィッツジェラルドの言葉)

プロジェクトを断念した直後に、メールを頂いた方から、私が目指すべき方向性を示唆されました。失われたチャンスをはるかに凌駕する試みに挑戦するようにと、文字通り叱咤激励されました。本当にありがたいの一語に尽きます。

これからは、今まで以上に精進を重ねる所存です。ご支援ご鞭撻のほど、心よりお願い申し上げます。

なお、今回、ブログに掲載した写真は松山の萬翠館です。



「創価学会池田カルト一派の悪行シリーズその163」

http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/675/

でお知らせ致しましたが、昨年9月、私の訴訟代理人弁護士である生田暉雄先生はフィリピンに行かれました。「池田大作先生」が、フィリピンで逮捕監禁されているとの情報の真偽を確かめるためです。

 

 先日、この件に関する記事が掲載された雑誌を発見しましたので、その写真をご紹介させて頂きます。

 「池田大作先生」が逮捕監禁されているという情報は、真っ赤な嘘でした。

 しかしながら、この時ほど、私は、創価学会池田カルト一派の恐ろしさを実感させられたことはありませんでした。

生田先生をフィリピンに渡航させるために、少なくとも1年間の時間と、フィリピンの警察幹部を「買収」するために多額の資金を投入して準備された計画だったことが判明したからです。生田先生が、無事に帰国されたのは、まさに奇跡でした。

創価学会池田カルト一派は、単なる「詐欺集団」ではありません。極めて悪質な「謀略集団」です。

このような「謀略集団」を相手にしながら、私が生き抜くことができているのは、このブログをご覧になっておられる皆様方のご指導ご鞭撻のおかげです。心より厚く感謝申し上げますとともに、今後ともより一層のご支援をお願い申し上げます。

 


ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
 
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :