忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 ありがとうございます。ようこそ、「白バラ通信 パンドラの箱」にお越し下さいました。

【管理人自己紹介】
本 名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性 別:男性
出生地:鹿児島市
職 業:大学教員
趣 味:思索と散歩と映画鑑賞
習い事:書道とヨガと水彩画
資 格:温熱刺激療法イトオテルミー療術師
   マインドマップ・アドバイザー(申請中)
座右の銘:「賢聖は罵詈して試みるなるべし」(日蓮の言葉)
     「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
     “Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.”
                  (ジェームズ・ディーンの言葉)

 さて、人類にとって希望は存在しているかと問われたら、あなたは、どのように答えられますか?

 かつて私は、希望は存在しないと考えたことがあります。
 これまでの歴史において、人間の尊厳を守る社会を実現しようとして、どれ程多くの人々が殺されたことでしょうか。にもかかわらず、21世紀を迎えた現在でも、夥しい人々が戦乱や自然災害による飢餓で苦しんでいるからです。

 しかし、私は、希望は存在すると考えるようになりました。

 なぜならば、絶望的な状況の中で、人間の尊厳を実現すべく、真剣に生き、かつ、殺された方々に対して、希望が存在しないと考えることは、失礼であり傲慢の極みだと考えるようになったからです。

 そして、このような状況の中でも、希望を実現すべく真剣に生きておられる方々が存在しているということ自体が、人類にとって希望が存在している証拠だと思うようになりました。

 このブログでは、人間ばかりではなく、地球環境そのものを大切にしようと世界各地で奮闘しておられる方々と連帯すべく、私のささやかな思索と実践を綴って参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 将来、このブログは、大幅に加筆修正を加えた上で出版しようと考えています。その際、皆様方から寄せられたコメントを掲載することは致しません。どうか、安心して、気軽に、そして、自由にコメントを投稿して頂ければ幸いです。

 ただし、ブログの本文の中で、コメントの一部を学術論文の引用形式で取り上げた場合に限り、掲載させて頂くことがあるかもしれません。

 それから、ハンドルネームを明記されない方からのコメント投稿はお断り致します。もし、「NONAME」でコメントを投稿された場合には、大変残念ですが非公開とさせて頂きます。
 
 コメントをされる際には、相手方の名誉を棄損したり、侮辱するような表現がないように熟慮なさいますように心よりお願い申し上げます。
 
 また、このブログを潰そうとの意図や、ブログの流れを歪曲しようとの目的で投稿されたコメントに対しては、「挑発」されることがないようにお願い申し上げます。

 なお、品位を書くようなコメントは速やかに削除させて頂きます。

 では、ブログの本文をご覧になる前に、まず、2011年2月26日に掲載した
「闘争宣言」をご参照下さいますようお願い申し上げます。

2011年2月26日に、全日本法教育研究会創設準備委員会が「日本の根幹としての法教育の基礎とは何か」とのテーマで開催した講演会とシンポジウムの模様は、以下の岩上チャンネルで視聴することができます。

私の「闘争宣言」をご覧になられたら、つぎに、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3」に掲載されている訴状をお読みになられて下さい。
それから、この講演会とシンポジウムの動画をご覧下さい。私は、講演会の部で司会を担当しています。

なお、しばらくして都合によりURLが変更となる場合がありますのでご注意下さい。

  前半(休憩前) http://www.ustream.tv/recorded/12946888

  後半(休憩後) http://www.ustream.tv/recorded/12949008

講演会の講師とシンポジストは、三井環氏(元大阪高検公安部長)、天木直人氏(元駐レバノン日本国特命全権大使)、仙波敏郎氏(元愛媛県警巡査部長、元阿久根市副市長)、生田暉雄氏(元大阪高裁判事、現弁護士)です。竹原信一氏(元阿久根市長)も飛び入り参加されました。

三井環氏は、検察庁の裏金作りの実態を、テレビで実名告発しようとした寸前に口封じのために逮捕された方です。

天木直人氏は、小泉内閣のイラク戦争支持に反対する公電を2回打った結果、外務省から実質的な解雇処分をされた方です。

仙波敏郎氏は、警察の裏金作りを実名で告発し、その後の圧力に屈することなく職務を全うされた方です。

生田暉雄氏は、最高裁判所の裏金作りの問題を追及されておられる方です。私が、創価学会池田カルト一派を訴えた裁判の代理人でもあります。

この講演とシンポジウムの紹介記事が、元外交官の天木直人氏のブログに掲載されました。ブログのアドレスは、下記の通りです。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/02/23/#001838

それから、創価学会に関する事柄が原因で、家族間で紛争が生じている場合には、その相談に応じます。メールで、その詳細をご連絡下さい。

私には、創価学会池田カルト一派の脅迫に屈しない優秀な弁護団もついております。法的な対処法などについては、弁護士の皆さんをご紹介致します。


 当サイトはリンクフリーですが、その際には、下記のアドレスまでご連絡下さい。
 また、個別にご連絡されたいことがございましたら、同じアドレスにメールなさって下さい。


     r08091016@yahoo.co.jp

banner_21.gif←ブログランキングに参加しています。ご協力下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
PR
このところ、ブログを更新する余裕がありません。

   ご心配をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。

    なぜ、更新ができないのか、その理由は極めてシンプル

なものです。実質的に10年ぶりに再会した息子との語らい

で忙しいからです。

   この10年間、息子は「思考停止」状態にあったったとの

ことです。極度の鬱状態に置かれ、自殺未遂は3回、学校で

はイジメられ、高校では留年しそうになったために転校せざ

るを得なくなったそうです。何とか、大学には入学できたも

のの登校できない日々が続くなど、壮絶な人生を送ってきた

ようです。

   もうしばらくしたら、息子とともに、創価学会池田カルト

一派に大反撃を開始します。これまでの私の闘いは、序盤戦

に過ぎません。これまで以上のご支援ご鞭撻のほど、何卒よ

ろしくお願い申し上げます。


     白バラ運動支援義捐金に、毎月3口の義捐金を振り込まれて下さる方か

ら、先日、湿度・温度モニタを拝受致しました。心より厚く感謝申し上げ

ます。

    この方からの義捐金の振込通知を頂く度に、私は感激の涙が込み上げる

とともに、決意を新たにします。

    このモニタは、ご自身がお使いになられている物と同じモニタだとのこ

とです。ありがたいの一語に付きます。私の生涯の宝とさせて頂くととも

に、家宝として、私の息子に引き継ぎます。

   現在、今後の活動のための準備で、多忙な日々を過ごしております。

  しかしながら、おかげさまで、私は心身ともに健康です。元気一杯で

すのでご安心下さい。

  誠に申し訳ございませんが、ブログで詳細を明らかにさせて頂くこと

は出来ません。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

   これからの取り組みには、これまで以上に多額の資金が必要となります。

ご支援ご鞭撻、くれぐれもよろしくお願い致します。



  息子を奪還して以来、文字通り激動の日々が続いています。

  12月24日から、これまでの間、博多、福山、高松、神戸、

大阪、高松、鹿児島、霧島、鹿児島、博多、岡山、神戸、

高松、東京、神戸、大阪、神戸、高松を転々とする生活で

した。

    1月4日の夕方は、怒号が聞こえて来る警察署の強行犯取

調室横のベンチに3時間近く座るという体験もしました。

  年賀状を出すことが出来ないばかりか、1月20日現在でも、

年賀状に目を通す余裕もありません。

  公私ともに、凄まじいスピードで物事が進行しています。

「これまでも、かなりのスピードで地上を走行されていまし

た。しかし、最近は、ジェットエンジンが付いて、いきなり

空中を飛んでおられるように感じます」と、数年前から、私

のことを知っている学生さんから言われました。

   流石に、少しばかり疲れました。元気一杯ではありません。

   しかしながら、元気ではありますので、ご安心下さい。

   これも皆、私をご支援ご鞭撻なさっておられる皆様のお

かげです。心より厚く感謝申し上げます。


   10年前の年末年始は、私にとっては、これまでの人生では体
験したことがない、文字通り恐怖と絶望の日々でした。
    家族全員での忘年会開催の翌日、元妻が「こちらから連絡
するまでは、そっとして置いて下さい」とのメールを送信後、
私の息子(小学6年生)と娘(小学3年生)を連れ去ったのです。
    その直後、創価学会員である香川大学教授から、私が創価学
会の内部情報を外部に漏洩したのではないかと糾問する電話が
架かって来ました。この教授の尋問の厳しさは、私の心と身体
をズタズタにする拷問以外の何物でもありませんでした。
    ところが、10年後の年末年始は、私の人生で最良の日々とな
りそうです。その詳細は、後日、このブログでご紹介させて頂き
ますが、一言で述べるならば、私は息子の奪還に成功しました。
   息子から、12月24日に「10年かかった難問が解けました。あと、
まさか3時間の間にここまで俺の将来に関する話を持ってきてくれ
るとは思ってもなかったです。なんというか、今までに感じたこと
のない愛です」とのメッセージが送られて参りました。
   2018年の新年を、私は息子とともに過ごしております。ありが
たいの一語に尽きます。
  これまでの皆様のご支援ご鞭撻に対して、心より厚く感謝申し上
げます。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[02/24 NONAME]
[02/13 サイエンス妄想フィクション]
[02/11 拡散]
[02/03 気付けた]
[02/03 気付けた]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]