「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 ありがとうございます。ようこそ、「白バラ通信 パンドラの箱」にお越し下さいました。

【管理人自己紹介】
本 名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性 別:男性
出生地:鹿児島市
職 業:大学教員
趣 味:思索と散歩と映画鑑賞
習い事:書道とヨガと水彩画
資 格:温熱刺激療法イトオテルミー療術師
   マインドマップ・アドバイザー(申請中)
座右の銘:「賢聖は罵詈して試みるなるべし」(日蓮の言葉)
     「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
     “Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.”
                  (ジェームズ・ディーンの言葉)

 さて、人類にとって希望は存在しているかと問われたら、あなたは、どのように答えられますか?

 かつて私は、希望は存在しないと考えたことがあります。
 これまでの歴史において、人間の尊厳を守る社会を実現しようとして、どれ程多くの人々が殺されたことでしょうか。にもかかわらず、21世紀を迎えた現在でも、夥しい人々が戦乱や自然災害による飢餓で苦しんでいるからです。

 しかし、私は、希望は存在すると考えるようになりました。

 なぜならば、絶望的な状況の中で、人間の尊厳を実現すべく、真剣に生き、かつ、殺された方々に対して、希望が存在しないと考えることは、失礼であり傲慢の極みだと考えるようになったからです。

 そして、このような状況の中でも、希望を実現すべく真剣に生きておられる方々が存在しているということ自体が、人類にとって希望が存在している証拠だと思うようになりました。

 このブログでは、人間ばかりではなく、地球環境そのものを大切にしようと世界各地で奮闘しておられる方々と連帯すべく、私のささやかな思索と実践を綴って参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 将来、このブログは、大幅に加筆修正を加えた上で出版しようと考えています。その際、皆様方から寄せられたコメントを掲載することは致しません。どうか、安心して、気軽に、そして、自由にコメントを投稿して頂ければ幸いです。

 ただし、ブログの本文の中で、コメントの一部を学術論文の引用形式で取り上げた場合に限り、掲載させて頂くことがあるかもしれません。

 それから、ハンドルネームを明記されない方からのコメント投稿はお断り致します。もし、「NONAME」でコメントを投稿された場合には、大変残念ですが非公開とさせて頂きます。
 
 コメントをされる際には、相手方の名誉を棄損したり、侮辱するような表現がないように熟慮なさいますように心よりお願い申し上げます。
 
 また、このブログを潰そうとの意図や、ブログの流れを歪曲しようとの目的で投稿されたコメントに対しては、「挑発」されることがないようにお願い申し上げます。

 なお、品位を書くようなコメントは速やかに削除させて頂きます。

 では、ブログの本文をご覧になる前に、まず、2011年2月26日に掲載した
「闘争宣言」をご参照下さいますようお願い申し上げます。

2011年2月26日に、全日本法教育研究会創設準備委員会が「日本の根幹としての法教育の基礎とは何か」とのテーマで開催した講演会とシンポジウムの模様は、以下の岩上チャンネルで視聴することができます。

私の「闘争宣言」をご覧になられたら、つぎに、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3」に掲載されている訴状をお読みになられて下さい。
それから、この講演会とシンポジウムの動画をご覧下さい。私は、講演会の部で司会を担当しています。

なお、しばらくして都合によりURLが変更となる場合がありますのでご注意下さい。

  前半(休憩前) http://www.ustream.tv/recorded/12946888

  後半(休憩後) http://www.ustream.tv/recorded/12949008

講演会の講師とシンポジストは、三井環氏(元大阪高検公安部長)、天木直人氏(元駐レバノン日本国特命全権大使)、仙波敏郎氏(元愛媛県警巡査部長、元阿久根市副市長)、生田暉雄氏(元大阪高裁判事、現弁護士)です。竹原信一氏(元阿久根市長)も飛び入り参加されました。

三井環氏は、検察庁の裏金作りの実態を、テレビで実名告発しようとした寸前に口封じのために逮捕された方です。

天木直人氏は、小泉内閣のイラク戦争支持に反対する公電を2回打った結果、外務省から実質的な解雇処分をされた方です。

仙波敏郎氏は、警察の裏金作りを実名で告発し、その後の圧力に屈することなく職務を全うされた方です。

生田暉雄氏は、最高裁判所の裏金作りの問題を追及されておられる方です。私が、創価学会池田カルト一派を訴えた裁判の代理人でもあります。

この講演とシンポジウムの紹介記事が、元外交官の天木直人氏のブログに掲載されました。ブログのアドレスは、下記の通りです。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/02/23/#001838

それから、創価学会に関する事柄が原因で、家族間で紛争が生じている場合には、その相談に応じます。メールで、その詳細をご連絡下さい。

私には、創価学会池田カルト一派の脅迫に屈しない優秀な弁護団もついております。法的な対処法などについては、弁護士の皆さんをご紹介致します。


 当サイトはリンクフリーですが、その際には、下記のアドレスまでご連絡下さい。
 また、個別にご連絡されたいことがございましたら、同じアドレスにメールなさって下さい。


     r08091016@yahoo.co.jp

banner_21.gif←ブログランキングに参加しています。ご協力下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 驚きました。昨年の暮れに配達された1月1日付けの聖教新聞の第1面に、創価学会名誉会長池田大作氏とその「正室」である池田香峯子氏の写真が掲載されていなかったからです。

 

 2017年の元旦付けの聖教新聞には、昨年までのように虚ろな目をした池田夫妻の写真が掲載されないかもしれないとの予感が、私にはありました。

 

 なぜならば、1月1日付けの聖教新聞よりも早く届いたSGIグラフの新年号には、池田夫妻の「御真影」が掲載されていなかったからです。

 

 しかしながら、現実に、池田夫妻の「御真影」が掲載されていない1月1日付けの聖教新聞を手にした時には本当にびっくりしました。

 

 なぜ、これまでのような写真が掲載されなかったのでしょうか。不思議なことです。

 

人の死を予測することは、極めて不謹慎なことです。

 

しかしながら、敢えて予測を述べるならば、私は、池田香峯子氏の方が、池田大作氏よりも早く亡くなるのではないかという気がしてなりません。

 

おそらく、創価学会本部では、池田「先生」が亡くなった時の対処に関しては、準備万端のことでしょう。

 

しかし、池田氏の夫人が先に亡くなった場合の対応策は立てられているのでしょうか。

 

かつて、池田夫妻がブラジルを訪問した折に、現地で、池田夫人が倒れたという情報が駆け巡ったことがありました。この情報の真偽は不明ですが、池田夫人の方が長生きするとは限りません。世の中は、何が起きるかは全く分かりません。

 



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 

 「池田名誉会長から離れましょう」の続きをご紹介させて頂きます。

 

        記

 

私、活動家の頃

 本当に頑張って

 池田名誉会長にお会いもして

 ご指導も受けました

 激励もたくさん受けてきました

 恩も感じてます

 私の父も昭和30年代から40年代にかけて

 池田会長のそばで戦ってました

 新宿の最高幹部でしたから

 父が亡くなる前によーく話は聞きました

 父だって恩は感じてるはずです

 だからこそ

 過去の失敗について

 良くなかったことについて

 総括しなければいけないんじゃ

 ないんですかね

 過去に盲目になれば

 未来も見えなくなるんじゃないんですかね

 特に昭和52年路線以降は

 振り返ることが

 たくさんあるでしょう

 池田名誉会長の思想から

 一度離れましょうよ

 創価学会は日蓮仏法を信奉する団体でしょ

 じゃあ日蓮仏法を

 学べばいいではありませんか

 たとえ牧口会長といえど

 人師・論師の釈に過ぎないわけですから

 なんで池田先生に繋がらないと

 信心ができないんですか?

 その考えっておかしくないですか

 そんなの御書のどこにあるんですか

 御法主上人猊下の教えを受けないと

 正しい血脈の信心ができないっていう

 日蓮正宗の教義とどこが違うんですか?

 私たちは何の仏法を学んでるんですかね

 池田先生の仏法ですか?

 私は日蓮の仏法を信奉しています

 池田名誉会長の仏法ではありません

 「池田先生に繋がらないと信心ができない」

 という不思議な考え方を

 早く捨て去りましょう

 我々が根本にすべきは蓮祖聖人です

 池田名誉会長ではありません

 名誉会長と呼吸を合わせる必要なんて

 別にないです

 そんなこと御書に書いてないです

 ただ

 池田先生に繋がらないと

 信心ができないという方、

 信心が不安だという方は

 創価学会の今の組織で

 選挙の支援活動でも組織改革でも

 どうぞ頑張ってください

 思想の違いを私は否定しませんし

 尊重します

 私個人は早く名誉会長の思想から

 離れるべきだと思います。

 池田名誉会長が

 亡くなられてから気づくより

 早めに総括した方が

 私はいいと思います

 だいたい後継の私たちに

 基本的に、名誉会長はもう

 任せているんでしょ?

 じゃあ、もういいじゃないですか

       以上

 「素晴らしい詩と出会いました」ので、「詠み人知らずの詩として拡散しましょう」とのメールを、ある方から拝受致しました。

 以下、ご紹介させて頂きます。

 

     記

 

池田名誉会長から離れましょう

 

 今の創価学会の皆さんは

 池田名誉会長という

 人の思想から離れることが

 必要だと思います

 なんで池田先生に繋がらないと

 信心ができないんですか?

 その考えっておかしくないですか

 そんなの御書のどこにあるんですか

 これが学会員さん、できないんです

 一線を引くことさえできない

 池田思想が何を産み出しましたか?

 結局、自分で考えることを

 知らない幹部を生み出し

 御書をろくに読みもせず

 法華講から対論を求められても

 対話を拒否することしかできない

 そんな組織を生み出しました

 池田先生

 確か昭和51年だと思うんですけど

 本門の新弟子を定めましたよね

 でもそのお弟子さんたちって

 みんなどーなったんですか?

 みんな離れて行きましたよね

 本門の新弟子第1号は

 原島嵩さんでした

 だから池田名誉会長は

 本当の弟子を育てることが

 できなかったじゃないですか

 総括しないとダメですよ

 今の創価学会の

 形骸化、官僚化を生み出した責任は

 池田名誉会長にあるんです

 やれ、幹部の誰それが悪いとか言っても

 別にいいですけど

 根本の責任は誰にあるか

 それはもう明確に

 池田名誉会長でしょう

 私は別に池田名誉会長の

 悪口を言ってるわけじゃないっすよ

 別にそう思われても

 全然平気ですけど(笑)

 少なくとも池田名誉会長の指導によって

 創価学会は勝利したかと言えば

 今の創価学会を見れば

 失敗でしたよね

 敗北でしたよね

 少なくとも勝利ではないですよね

 そういうことです

 今の創価学会が果たして

 本当に

 将来に残すべき真の和合僧団なんですか?

 私、そんなこと全然思いませんよ

 こんな魅力のない形式化した集金組織を

 なんで将来に残すんですか(笑)

        つづく



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
 


  新年、おめでとうございます。

 おかげさまで、私は元気一杯です。これも一重に、皆様方のご支援ご鞭撻の賜です。心より厚く感謝申し上げます。

 2017年は、物事の本質が問われる時代となると予測されています。特に、7月からは、世の中の流れが大きく変化するそうです。

 「明るく、楽しく、元気よく」をモットーに、希望の未来を実現すべく、私は精進して参ります。

 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、心よりお願い申し上げます。

                2017年元旦



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
2 3 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[01/17 たつのおとしご]
[01/08 桃太郎]
[01/02 桃太郎]
[12/30 集スト被害者T]
[12/29 希望]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :