「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

おかげさまで、全日本法教育研究会創設準備委員会主催の講演とシンポジウムは大成功でした 。昨日は、天候にも恵まれました。会場には、約150人近くの方々が集まられました。インターネットの同時中継は、約410名の方がご覧になられたとのことです。

 皆様のお力添えに、心より厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

この講演とシンポジウムに関する録画視聴につきましては、インターネットの同時中継を担当された方から連絡がありました。そのメールの一部をご紹介致します。

**********************
高倉教授殿

大事なことを忘れてました。

 このシンポジウムの録画を岩上チャンネルで見れるURLをお知らせします。
 なお、しばらくして都合によりURLが変更となる場合がありますのでご注意ください。

前半(休憩前)
http://www.ustream.tv/recorded/12946888

後半(休憩後)
http://www.ustream.tv/recorded/12949008

よろしくお願いします。
**********************

それから、この方から、以下のようなメールも届きました。
**************************
高倉教授殿

本日は大変お世話になりました。
また、このような機会を設けていただければ、是非参加させてください。
今回、初めて中継等やらせていただきましたが、こういうサービスはどんどん進化していっております。まだまだ最新技術を使った情報発信が可能ではないかと思います。

シンポジウムの中継中に視聴者(最大410人程度)からツイッターで意見や感想が寄せられております。それをまとめましたので、下記URLを参照ください(かなり長いです)。全国にこのシンポジウムに注目していた方々がいらっしゃったことが実感できるのではないかと思います。

上から新しい順ですので時間軸としては一番下から見ていってください。

http://togetter.com/li/105787
**************************

 ところで、私自身の裁判につきまして、ご案内致します。

 私の訴訟代理人は生田暉雄弁護士です。
 被告の原田稔氏(創価学会会長)、山本哲也氏(創価学会副会長)、田村隆雄氏(創価学会副会長)の訴訟代理人は、新麹町法律事務所の宮山雅行弁護士、井田吉則弁護士、石田廣行弁護士です。

 被告の佐々木信行氏(創価学会員で、香川大学教授)の訴訟代理人は、松村光晃弁護士、山下幸夫弁護士、田中秀浩弁護士です。

 被告の弁護士達は、どなたも創価学会員ではないかと思います。この弁護士達に関する情報を何かご存知の方は、どんなことでも結構です。コメントとして投稿されるか、あるいは、私の連絡先のメールアドレスにご連絡頂ければ幸いです。

 それから、裁判の傍聴にお越し頂ければ、とてもありがたく存じます。当日の裁判は、訴状と答弁書の交換、ならびに、今後の審理の進め方に関する協議となるはずです。刑事裁判とは異なり、民事裁判ですので、とても地味なものではないかと思います。

 では、上記の裁判に関する情報を、一人でも多くの方々にお知らせ頂ければ幸いです。ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

banner_21.gif
←少しでも多くの人に知って頂きたいです。ご協力下さい。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ありがとうございました
シンポジウム成功おめでとうございます。同じ場にいられてよかったです。
ikeda 2011/02/27(Sun)22:51:00 編集
» お疲れ様でございます
あちら様はずいぶんと弁護士が多いですね。
大成功をお祈りします。
応援しております。
すず 2011/02/28(Mon)14:06:09 編集
» アクセス4000人
岩上安身ツイッターに 高倉先生のシンポジュームへのアクセス数が4000人に成ったと ツイートされています。 凄いです。
2011/03/02(Wed)00:04:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :