「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 kan様が、創価学会池田カルト一派の本質を喝破するコメントを投稿して下さいました。その内容は、実に素晴らしいものです。

多くの方々に、ご覧になって頂きたく存じます。コメント欄だけではもったいないので、勝手ながら、ブログ本文に転載させて頂きます。

kan様、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ところで、公明党は候補者を絞り込んだ4月10日投票の統一地方選挙で、全員当選させることができませんでした。神奈川県と大阪府で、現役議員が落選しました。全体の得票率も、前回よりも少し低くなりました。

池田大作氏が「常勝関西」と呼ぶ大阪の地で、公明党の議員が落選したことは、創価学会池田カルト一派の将来を暗示しているのではないかと存じます。本当に、素晴らしいことです。

「純粋な」創価学会員が、創価学会池田カルト一派の呪縛から解放される日まで、それぞれの立場で闘い抜きましょう。

                          希望
*******************************

» ご紹介のブログ、拝見させて戴きました
興味深く、ご紹介のブログを拝見させて戴きましたが、皆・それぞれの人間性や性格が異なりますので当然表現描写は異なりますが、池田創価に対する冷静な視線や客観的な視線は同じモノを感じます。

声なき声
それは確実にあります。

声を上げたくても・・上げれない。。。
そういう立場の方々はとても多いと思います。

みんな自分の生活や立場に密着してるため、食べていくために・家族を養うために、声を上げたくても・・上げれないのです。
そういう方々は数多くいます。

池田創価は汚いです!
そういう現実を・そういう環境を作り上げ、心のままの素直な意見が言えないような世界を作り上げています。
会員さんが本音で思う、自分の本当の意見が言えない組織を作り上げています。

自分たちの意のままの世界。
会員さんたちが無料奉仕で働き、散々モノを買い、生活費を壊すほどに寄付を「ご供養」との名目で半強制的に組織を上げて奪い取る世界。

全てを見事な狡猾さと、教養も人格も何一つない欲の塊りの池田大作氏を神格化して会員さんたちを騙し通し、自分たちに都合よく捏造した著書で個人崇拝を押し付ける。

その世界に会員さんたちを位置づけ・「これこそが正義です!」と指導し・抑えこみ、創価を離れれば「福運を消す!」と脅す。

そうやって脱会者を防ぎ、会員さんを維持してる。
創価学会は、そういう会員維持システムです。

そうやって、会員さんたちからお金を搾り取り・幸せとは関係ない無料奉仕やタダ働きを、「功徳がある!」「福運がつく!」と言い包め指導し、自らの贅沢な生活維持のために会員さんたちを利用しているのです。

宗教団体の組織だろうと何だろうと、本来・出入りは自由でしょう^^;。
何で、入ったら最後。。。
出れば「福運を消す!」という発言が出るのか!?
あまりにバカバカしい!!

そんなことは決してありえません!
笑い話の世界です。
騙されてる会員さんが悲劇。。。
いや、そこまで愚かなら・・もう「喜劇」かもしれません。

大人だけじゃなく、小学生高学年でもわかるような実態です。
それに多くの会員さんたちは騙され、利用されています。

今回の選挙でも、その会員さんたちの愚かさが露呈した気がします。
また、選挙を信仰活動と言われ・愚か極まりないタダ働きが行われました。

池田先生のお言葉・・・
そんな伝達が創価学会の中を流れています。

「よくやった!・・・・・
 ご苦労様!・・・・
 功徳は間違いないよ!・・・・」

誰が言ったかわからない、そんな言葉が流れています。
いつも選挙の後はそうです。
今回も池田氏じゃなく、それらしく言った言葉だとは思いますが。。。
それは、毎度のことです。(笑)

それで、散々騙されこき使われ・利用された会員さんたちは狂喜するのです。
いつもそうです。

選挙運動で、大切な日常生活を疎かにして・大切な生活費を選挙運動に費やして・タダ働きをして・・・その実態がいかに常識的な営みの現実を壊しているのか。。。

実に愚か極まりない!
あまりに愚かです!
家族がいれば、家族が愚かさの犠牲になります!
そんな実態は選挙の度に起こっています!

そして、それで「功徳は間違いないよ!」という創価学会。
そういう池田大作氏。

もう、平成のヒットラー!
自分たちの欲を、宗教を利用して人を操る悪魔!
あまりに会員を利用し、道具化した愚かな「騙し言葉」!

選挙活動で、幸せが築ける!
選挙活動で、福運がある!
選挙活動で、功徳がある!

それなら、自民党も共産党も民主党も他の党も、みんな功徳があるのでしょうか?

いや、それは公明党だけ!??
何故でしょう?

公明党の選挙運動をすれば、それだけが福運や功徳があるのでしょうか?
何故でしょう?

もともと選挙運動・選挙活動に「福運」だの「功徳」だの・・・関係ないでしょう。
常識的には当たり前のことです。
子供でも笑いますよね。

それを公明党の応援は信仰活動だ!と言って宗教団体が叫ぶなら・一言でも言うなら・さらにそれを宗教組織で活動化するなら、それはまさに「政教一致」に反する行為だと思います。

政治が宗教に介在するのを違法とするのが本来なら
宗教が特定団体の政党応援を強要するのは違憲ですし、それを宗教活動化するのは違憲です。

まして、その行為に「ご利益」的なことがあるという具体的表明自体、公明党が自らのための宗教利用と判断できますし、決してあってはならない宗教代表者である池田氏の個人的政治介入なのは明らかです。

さらに公明党への応援を賛美しています。
「功徳」とまで言ってます。
もちろん、法的に見て「無難」な言葉表現に止めています。
創価にも莫大なお金で雇われた優秀な弁護士も多数います。

お金で正義の魂を奪われた卑しい「輩」です。
一生涯の安泰を言われれば、悪魔にも加担するのでしょうね。
でも、悪魔はいつ裏切るか・・・それはすでに現実が証明していますよね。
明日は「我が身」かもしれません。
そういう世界です、創価学会は!

しかしながら、大変優秀な法律の専門家です。
盲点を突かれる発言はしないよう、気を配っています。

でも、大衆も「創価学会=公明党」はすでに周知の事実ですから、いくら法律的に無難な表現でも、もの凄く「宗教臭い!」。
現実に創価学会の「番犬」的存在が公明党なのは日本全国わかりきってる事実じゃないですか。

選挙の勝敗・・・・OK!
対面上のつくろい・・・OK!
法的なくぐり抜け・・・OK!

会員への購買要求・・・・OK!
会則にない会員カらの寄付(最低1万円・・・OK!
表面上は全てOK!なのですよね。

欲に狂った世界を、欲に狂った池田大作氏を、何とか法律で保護し・綺麗事のオブラートで包んでごまかし、裏では恐喝しながら創価学会は維持してる。

そんなことを日々繰り返してる現実。
それが創価学会。

表面上は相変わらず、そのままでしょうね。
ただ、抑圧された・創価の驕り高ぶった輩には気づかない・静かな正義の沸騰がもうすでに全国のいたるところで起きてる気がします。

あまりに静かで・あまりに目立たなく・あまりに表面上は従順なので気がつかない・・・
そんな静かなパワーの息吹を、理由も無く最近・感じています。

水って、誰も気にとめませんよね。
好き嫌いもありません。
でも、水は丸いモノに入れれば丸くなり・四角いモノに入れれば四角くなる。

流れのまま、静かに流れる。
目の前に障害物があっても、決して争いません。
小さな小さな隙間を見つけ、そこからまた流れ進みます。

そして、水が嫌い!という人は殆どいません。
その水に、味が付いたとき・好みが別れて好き嫌いになります。
水は「ピュア」な本来の姿です。

でも、水はパワーを一点に集めれば・岩をも砕く力があります。
もの凄い力があります。

水は水蒸気になり、空に上がり・雨を降らせますし、雲になり・青空の絵画にもなります。
冬には自然と共有し、素晴らしい雪の結晶を見せてくれます。

庶民は水です。
政治家から愚かだと思われ・時に愚弄される庶民。
池田氏や創価学会に騙され利用されてる会員。
全てはパワーある「水」です。

一番目立たなく・一番愚かそうで
一番貧乏そうで・一番か弱そうで
一番騙されそうな「水」

それが庶民です。
そして、それが創価学会員です。
一見、騙されそうに見える・愚かそうに見える人です。

しかし「水」を軽んじてはいけない。
もう、そういう「時」になっています。
想定外・・・何度、その言葉を聞いたことでしょう。。。

思わぬところで、思わぬ事が起きる!
今は、想定外の事が起きています。

津波は悲しく悲惨な出来事です。
でも、また別の「水」のパワー!
それは確実に起きている!
静かに静かに・・・目立たなく起きている!

それは神様の「意思」の正義のざわめき。。。
そんな時代の風を、天の静かな風を感じています。
貴方の志に真実の「愛」の風を感じています。

天の丈夫たる髙倉様に、祝福あれ!と祈ります。
kan 2011/04/12(Tue)01:27:21 編集

banner_21.gif←ブログランキングにご協力下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 恐れ入ります
拙いコメントを大切にして下さり
誠に、ありがとうございます。

しかし、汗顔の至りとでも申しますか。。。
大変に気恥ずかしいような・・・感じでもあります。

実態を赤裸々に、私が感じてるままにコメントさせて戴きました。
その現実世界は、とてもお気の毒で哀れな会員さんたちの実態があります。

「功徳」や「福運」、さらには「宿命転換」という誰もが魅かれる餌的な言葉で、いいように「道具」として利用され、人生の大切な自分の時間と・生きるための自分のお金を奪われ続けてる実態があります。
実に哀れとしか言いようがありません。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体です。
創価学会はあくまで「信徒」です。
この立場は客観的にも・世間的にも明確です。

その信徒団体の創価学会は、日蓮正宗から破門されています。
事実として・実態として、宗教なき宗教団体です。
かろうじて「宗教法人」の認可があるだけです。

おかしいと思いませんか?
何故、破門された創価学会が宗教団体として存続してるのでしょう?

目を覆うばかりの宗門への非難や攻撃を、機関紙に何度も書き立てて、何も知らない会員さんたちに、さも宗門は極悪!というイメージを植えつけてきました。

全国の会員さんたちを扇動してきました。
それを信じ、会員さんたちは宗教の根本である「宗門」を極悪!と信じるようになりました。
創価学会の会合では、宗門の悪口を替え歌にして歌っていました。
とても楽しそうに、みなさん・歌うのです。

何もわからない幼い子供がマネをして歌っていました。
会合の部屋のすみで歌っていました。

「まぁ~、お上手ねぇ~♪」
そう言って、婦人部の女性が褒めていました。

私はその光景を見て、ぞっとしました。
寒気がしました。

人の悪口を替え歌にして会合で歌う創価学会。
それを幼い子供がマネて歌う。。。

幼い子供が人の悪口を歌うようなことをさせてどうするのですか!
それが宗教団体ですか!
それが創価学会ですか!

子供の人格が歪んでしまいます。
それが池田創価学会の現場の姿でした。

今、思い返しても・あの幼い子はちゃんと育ってるだろうか?
心や人間性は歪んでいないだろうか?
心配な気持ちになります。

現実としては「宗教法人」の認可があること自体が間違っています。
「宗教法人」の認可は実態に照らして即刻・剥奪すべきです。

本来、精神的公益性ゆえの免税や優遇措置は、即刻取り消すべきです。
現実には、創価学会は「精神的公害」と言っても過言ではないと実感します。

過去に遡り、創価学会への課税と池田大作氏個人への追徴課税を行うべきです。
そして、池田氏が法人収入を個人的に得ていたのは客観的現実から事実だと推定できますので、資産は没収すべきです。

それを回避して、今までどうり優雅な暮らしで・会員さんたちを利用し・宗教で身を飾り続けるには、どうしても「法律」と「権力」が必要です。
そのために創価学会は選挙が大切なのです。

全国的には「大勝利!」の選挙だったのかもしれません。
しかし、髙倉様が仰るように・大阪の地での落選は池田創価の将来を暗示してるように思えてなりません。

で、池田大作氏は今・どうされてるのでしょう?
一切、顔を出しませんね。

散々「功徳だ!」・「将来は悠々たる境涯だよ。間違いない!」・「必ず宿命転換出来るよ!」・「創価学会について来なさい!幸せになるよ!」。。。それはもう凄い言葉の連続でした。

そして、やたら「師弟不ニ」を連呼しています。
それだけ叫ぶなら、ちゃんと姿を見せて・堂々たる言葉を会員さんたちに見せるべきではないでしょうか?

重い病気の噂が以前から飛び交っています。
そりゃあ、人間ですから病気にもなるでしょう。

ありのままの姿を何故、見せられないのでしょう?
病気なら、それを克服した姿を何故・見せられないのでしょう?

あれだけ会員さんたちに叫び・確信を持たせてきた池田氏です。
師弟と言うなら、自分が師匠と異常なまでに叫び押し付けていますが、それなら何故、噂のままにせず、堂々と姿を出さないのでしょう?

今、何がどうあれ
ありのままの姿で、今を生きる!

それが本来人間の生き様ではないでしょうか?
そこに人としての、営みの「美」と「逞しさ」と「発展」があるのではないでしょうか?
kan 2011/04/15(Fri)00:10:29 編集
» 流石です
kan様

 長文のコメント、誠にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます。

 さて、「宗教法人」の問題、「悪口」の問題、「税金」の問題、いずれも、流石はkan様だと感じました。

 ご指摘の問題については、私も視野に入れています。特に、宗教法人の認可と、税金の問題については、創価学会池田カルト一派の致命傷になるはずです。具体的なことは、まだ明らかにできませんが、着々と準備中です。

 誤解を招く表現かもしれませんが、私は、創価学会池田カルト一派の問題は、さっさと終わりにしたいと思います。

 大切なことは、日本はもちろん、世界中の人々を、一人でも多く、この地球に生まれて来て良かったと感じてもらえるように微力を尽くすことではないかと存じます。

 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
希望 2011/04/15(Fri)01:11:28 編集
» こんぱんは。
さすがのkanさんですね。こちらのコメント、胸打たれました。
そしてこの記事にあるコメントも深いものがありますね。

希望さん、事後承諾になって申し訳ありませんが、私のブログにて改めてこちらのブログと、kanさんのコメントを紹介させて頂きました。

希望さんのひたむきな行動からなるこのブログであるからこそ、kanさんのように真摯にコメントを考え送ってくださる方が訪れるのだと思います。

私はあまり頻繁にコメントできませんが、いつも更新を楽しみにしております。
希望さんのこれからのご活躍をいつも願っています。
お忙しいことと思います。どうかご自愛くださり、ブログ運営を続けていってくださいね。
クロ URL 2011/04/20(Wed)23:36:43 編集
» 嬉しくて嬉しくてたまりません
クロ様
 コメント、ありがとうございます。私の方こそ、クロ様のブログに、なかなかコメントを差し上げることが出来ずに誠に申し訳ございません。

 クロ様からの久しぶりのコメント、本当に嬉しくて嬉しくたまりませんん。心より厚く御礼申し上げます。

 kan様から素晴らしいコメントをお寄せ頂くことは、私の誇りです。kan様のコメントには、毎回、心が揺さぶらされます。本当にありがたい限りです。

 おそらく、kan様は学会員でしょう。こんな方がおられることは、日蓮仏法を信じている私にとっては、とてもありがたいことです。

 私のブログに度々コメントを投稿して下さるちゅらら様は学会員ではないようです。学会員のkan様と、学会員ではないちゅらら様のお二人が、このところ度々コメントを投稿して下さいます。

 そして、本日は、クロ様からコメントを頂きました。私は、何と幸せ者でしょうか。本当にありがたくてありがたくて、嬉しくて嬉しくてたまりません。

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
希望 2011/04/21(Thu)01:18:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 28 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :