「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏から、以下のような検察審査会に対する審査申立書が届きました。三井氏から掲載の許可を頂きましたので、ご紹介致します。

 なお、東京第の後に数字が記載されていないのは、検察審査会が受理した際に記入するからとのことです。
 

審査申立書

東京第     検察審査会御中
2011年4月1日

1 申立人
 三井 環

2 被疑者
  ① 林谷 浩二(大阪地検特捜部検事)
  ② 坂口 英雄(同庁副検事)
  ③ 國井 弘樹(同庁検事)
  ④ 遠藤 裕介(同庁検事)
  ⑤ 高橋 和男(同庁副検事)
  ⑥ 牧野 善憲(同庁副検事)
  ⑦ 佐賀 元明(同庁特捜部副部長)
  ⑧ 大坪 弘道(同庁特捜部長)
  ⑨ 玉井 英章(同庁次席検事)
  ⑩ 小林 敬(同庁検事正)
  ⑪ 榊原 一夫(大阪高検刑事部長)
  ⑫ 太田 茂(大阪高検次席検事)
  ⑬ 中尾 功(大阪高検検事長)
  ⑭ 鈴木 和弘(最高検刑事部長)
  ⑮ 伊藤 鉄男(最高検次席検事)
  ⑯ 樋渡 利秋(検事総長)

3 罪名及び罪条
上記①~⑥ 証拠隠滅(刑法104条)公用文書等毀棄罪(刑法258条)
上記⑦~⑯ 犯人隠避(刑法103条 刑法60条)

4 不起訴処分
  平成22年12月24日(最高刑第380号)

5 不起訴処分をした検察官
  最高検察庁検察官検事 長谷川 充弘

6 

① 被疑者林谷、同坂口、同國井、同遠藤、同高橋、同牧野は平成21年2月頃から同22年3月頃までの間、大阪地方検察庁において「取り調べメモ」を廃棄し、村木厚子事件の証拠を隠滅するとともに公務庁の用に供する「取り調べメモ」を毀棄したものである。

② 被疑者佐賀、同大坪、同玉井、同小林 同榊原、同太田、同中尾、同鈴木、同伊藤、同樋渡は共謀の上、上記林谷ら6人の検察官が「取り調べメモ」を廃棄し、村木厚子事件の証拠を隠滅するとともに公務庁の用に供する「取り調べメモ」を毀棄した証拠隠滅ならびに公用文書等毀棄の罪に当たる犯人であることを認識しながら、これを隠ぺいしたものである。

7 不起訴処分を不当とする理由
 

①  最高検が被疑事実について不起訴処分としたその裁定の根拠及び理由を告知されたく申立人は平成23年2月17日請求したかが文書では明らかにされていない。ただ後記のとおり長谷川主任検事から本年3月29日、電話にて申立人に若干の説明があった。

本件の争点は「取り調べメモ」が公文書に該当するか否かにある。

これまで「取り調べメモ」につき最高裁において、平成19年12月25日第三小法廷決廷決定、同20年6月25日第三小法廷決定、がある。同年9月30日第一小法廷決定がある。

いずれの決定も「取り調べメモ」が公文書であって証拠開示の対象であることを認定している。

 その決定をふまえて最高検は同20年7月9日付同年10月21日付最高検刑事部長通知が高検次席検事、地検次席検事に発せられ各検察官はこれらの最高裁決定を充分了知していたものと考えられる。

  さすれば本件「取り調べメモ」は公文書であること疑う余地がなく、被疑者ら6人はこれを廃棄したこと自ら認めているのであるから、証拠隠滅と公用文書等毀棄罪が成立する。

「取り調べメモ」は被疑者の供述の内容、言動等がなまなましく具体的に記載されているものでそのメモに従って検面調書が作成されるのである。

メモの内容のすべてか検面調書に作成されるということはありえない。申立人が約29年間検事の職務に従事した経験からそれは絶対にありえないと断定しうる。

 被告人に有利なことはメモにあっても検面調書にはないのが通常である。

  特に村木厚子事件では上村勉係長、塩田部長の検面調書は虚偽内容であって法廷での証言が真実だと裁判官によって認定され多くの検面調書が証拠能力がないとして排除されたのである。

当初の供述内容(真実)、村木厚子が関与した虚偽供述の内容、脅迫等を加えられて虚偽供述をした状況等、任意性、信用性を否定しうる事柄がメモには記録されていると考えられる。

その公文書を廃棄したのであるから、裁判の結果をゆがめる行為である。前田恒彦主任検事がフロッピーディスクを改ざんした証拠隠滅罪と本質的には全く同様の重大な犯行だと断定せざるを得ない。

長谷川主任検事は伊藤鉄男次長検事、大林宏検事係長の決裁を得た上「嫌疑なし」との処分をした。例にも被疑者6人の犯罪を認定すればその上司である⑦~⑯の被疑者の犯罪すなわち犯人隠避罪の責任が問われるのである。

被疑者6人の犯行を「嫌疑なし」としたのは門前払いすることによって検事総長らの犯行を隠ぺいしたとしか考えられない。

3月9日長谷川主任検事は申立人に対し電話で「取り調べメモの内容がすべて検面調書の内容となっているため廃棄した」と説明した。メモの内容がすべて検面調書に作成されたのか否か破棄しているのであるから裁判官、弁護人、第3者が対査することは不可能である。検察を信用しろというのであろうか。

村木厚子事件を通じて検察の信頼は崩壊した。その隠ぺいの体質は多くの国民の知るところとなった。

検察を信用しろというへり屈は多くの国民には通じないであろう。「取り調べメモ」が公文書であると認定されるならば、その内容が仮にも検面調書の内容となっていたとしても本来公文書であるものが非公文書となるものではない。

ここまでへり屈を言ってまで検事総長らの犯罪を隠ぺいする必要があったのである。
仮りにも検事総長ら上層部の犯人隠避罪が立件されるならば法務検察は完全に崩壊するであろう。

その配慮が働いた結果、被疑者①~⑥をの「嫌疑なし」と裁定したとしか考えられない。

② なお①~⑥の被疑者の犯罪の犯行状況は公判経過報告(三長官報告)によって検事総長まで認識しているのである。公判経過報告を検察審査会が入手すれば上層部の被疑者⑦~⑯の決裁印が捺印されていることが明らかになるであろう。

犯人隠避罪はもちろん不作為犯でも犯しうること判例理論の認めるところである。

③ 平成22年9月27日付 同10月12日付告発状を参考までに添付したい。
     また平成22年12月24日付処分通知書、同23年2月15日付不起訴処分理由告知書同23年2月17日付の請求書をも参考までに添付したい。

④ 検察審査会は「民意を反映させてその適正を図る」組織である。常識的に判断してもらいたい。 常識的に判断するならば「嫌疑なし」などという処分にはなりえない。
  本件は最高検が捜査した事件であってその検察内部の論理が優先された結果、身内の者をかばい、また検事総長ら上層部をかばい、法務検察維持と自己の保身を図ったものと断せざるを得ない。

⑤ 裁定理由、捜査記録を検討されその結果、検察審査会において疑問点があれば、ぜひとも申立人に対し文書による反論の機会あるいは尋問されることを期待したい。

(連絡先)
三井 環事務所 〒110-0015 東京都台東区東上野6-1-4 イワツキビル201号
              TEL 03-3844-8722 FAX 03-5827-3132
              携帯 080-3772-0932 info@syowakikaku.com

banner_21.gif
←ブログランキングにご協力下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

 

 

元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏から、下記のような会合のご案内が届きました。三井氏から掲載の許可を頂きましたので、ご紹介致します。
 
            記

「5・22 法務・検察を糾弾する集会及びデモ(仮称)」について

私達、市民の連帯の会は、法務・検察をはじめ、幅広いテーマで公権力の不条理に抵抗することを趣旨とし、昨年12月5日(日)に日比谷にて集会、デモを行い、さらには本年2月20日(日)に、渋谷区にてネットシンポジウムを、その後、青山、渋谷をデモ行進し、いずれも成功裡に終えることができました。

これらのイベントにご参加いただいた全国の皆様におかれましては、改めまして深く御礼を申し上げる次第です。さらにはこの種の運動が全国的に広がりつつあることは、大変意義深いことでもあり、各地域の市民運動家の方々のお骨折りに心から敬意を表するものであります。

さて、次回は5月22日(日)、全国各地で同時に皆様と連帯、団結し、同一テーマでデモ等、数万人規模のイベントを大々的に計画中であります。次回のイベントをより一層成功裡に終わらせたいという想いから、私、三井環が運動に対する理念を各地でご活躍の市民運動家の皆様に直接お話しさせていただくとともに、皆様方から貴重なご意見ご指導を賜る機会を是非とも設けさせていただきたいと考えております。時期と致しましては、4月に統一地方選が行われることも考慮し、少し早いですが今月行わせていただきたいと考えます。詳細は下記の通りですのでご多忙中誠に恐れ入りますが、是非とも東京までご足労いただきたく宜しくお願い申し上げます。

            記

1. 日時: 3月27日(日)13:00~16:00

2. 場所: 東京都台東区東上野6丁目1番4号 
  イワツキビル201号 三井 環事務所

3. 内容: 13:00~13:30  三井 環が語る市民運動の理念
    13:30~14:30  各地域の活動のご紹介及びその他事例紹介
    14:30~16:00  討論会

連絡先 〒110-0015 東京都台東区東上野6丁目1番4号 イワツキビル201号
    TEL 03-3844-8722  FAX 03-5827-3132
    携 帯 080-3772-0932  メール info@syowakikaku.com

banner_21.gif
←ブログランキングにご協力下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

 3月3日の午後3時過ぎに、香川大学の事務局から、下記のメールが送信されて参りました。

               記

関係者各位

 総合情報センターです

 大変ご迷惑をおかけしましたが、ネットワーク通信障害については解消しました。

 障害原因の切り分けに時間を要し、通知が遅くなったことをお詫びします。

 原因は、外部からの特定のサーバーの学内へのアクセスによるものと思われます。

現在、当該サーバーのアクセスを遮断し、ネットワークの通信を確保するとともにネットワーク通信装置のログ解析を実施しています。

皆様には、3月1日以来、度々の通信障害でご迷惑をかけ申しわけありませんでした。

新種のネットワーク攻撃の可能性もあり、引き続き監視体制を取っていることを申し添えます。

                             以上

 もしかすると、私のブログ開設が、サイバー攻撃を受ける原因となったのかもしれません。

 ところで、ブログの冒頭の「なお、このブログは、将来、本にまとめて出版しようと考えております。その際、コメントの一部を掲載させて頂くこともあります。コメントを寄せられる方は、ご自身の著作権を放棄されたものとして扱わせて頂きます。」との記載につきましては、ご心配をお掛け致しました。近日中に、この表現は改めます。

将来、このブログを出版する際には、原則として、私が書いた文章しか掲載致しません。皆様のコメント全文をそのまま掲載することはありません。

 もしも、皆様方のコメントの一部をご紹介させて頂く際には、学術論文を執筆する際の引用形式で行います。したがって、皆様方に著作権を放棄して頂くというものではありません。

 皆様方には、大変なご心配をお掛け致しました。誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

 これからは、自由に、かつ、気軽に、コメントをお寄せ頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

 現在、多忙の極みで、コメントをお寄せ下さった方々にご返事を差し上げる余裕がありません。近日中に、コメント欄の中で、個別に御礼のご返事をさせて頂きます。

 私は、薩摩隼人のイケイケどんどんです。薩摩の剣法である示現流は、攻撃オンリーの剣法です。受けの太刀はありません。それだけに、周りの方々をハラハラさせてしまうことが度々ございます。

 今後とも、ご不安に感じられるようなことがございましたら、ご遠慮なくご連絡下さいますようにお願い申し上げます。皆様方のご指導とご鞭撻を衷心よりお願い申し上げる次第です。

 なお、3日の夕方、大学の幹部に、私が、創価学会池田カルト一派を相手に損害賠償請求訴訟を起こしたことをお話ししました。訴状もお渡ししました。幹部は、大変驚いておられました。

 その際、私は、この問題に関する限り、人間として恥ずべきことは一切行っていないと述べました。また、絶対に自殺することはないと申し上げました。

 それから、私を貶めるような策謀が実施される可能性があるかもしれないともお伝えしました。

 生田暉雄弁護士が作成された訴状と、相手方の答弁書につきましては、そう遠くない将来、このブログに掲載致します。

banner_21.gif
←ブログランキングにご協力下さい

全日本法教育研究会創設準備委員会の講演で、講師の天木直人氏をご紹介させて頂いた際に、私は、天木氏は演説の名手であると申し上げました。

 私が、そのように感じた演説は全て、天木氏のブログ「天木直人のブログ-日本の動きを伝えたい」(http://www.amakiblog.com/)に掲載されています。

 私が、特に感銘を受けた演説を二つご紹介させて頂きます。まだ、お聞きになっておられない方は、是非、演説の動画をご覧になって下さい。

一つは、2007年5月27日「私はあなただ、あなたは私だ②」に掲載されている「26日天木直人-街頭演説@数寄屋橋」です。URLは、以下の通りです。

http://www.youtube.com/watch?v=qtyCbaz2vp0
http://www.amakiblog.com/archives/2007/05/

 一つは、2007年7月6日「最近の動画」に掲載されている「6月29日横須賀で天木直人若者と語る」です。

この演説の中で、天木氏は中学校の先生との出会いを語っておられます。教師を志す方々にとっては、必見ではないかと存じます。

また、天木氏の最初と最後の挨拶にも感銘を受けました。URLは、以下の通りです。

http://www.youtube.com/watch?v=P0ZXGFkXQok
http://www.amakiblog.com/archives/2007/07/

天木直人氏のような方を国会議員に選出することができなかったことが残念でなりません。

ところで、皆様のお力添えのおかげで、2月26日に開設した私のブログは、3月3日午前0時27分現在で、以下のようなブログ・ランキングとなりました。

  哲学・思想ブログ・ランキングでは、第9位。
  社会科学ブログ・ランキングでは、第2位。
  環境問題・保護では、第5位。

 皆様方のお力添えに、心より厚く御礼申し上げます。中でも、私のブログをご自身のブログ「想学サロン2.0」(http://sougakusalon.blog.shinobi.jp/)でご紹介下さいました運ちゃん様には、心より厚く御礼申し上げます。

 「想学サロン2.0」は、創価学会池田カルト一派に関する問題を理解する上で、必見のブログの一つです。皆さま、是非ご覧下さい。

 ところで、私が、原田稔氏(創価学会会長)、山本哲也氏(創価学会副会長)、田村隆雄氏(創価学会副会長)、佐々木信行氏(創価学会員で、香川大学教授)を相手に起こした損害賠償請求裁判の次回期日は、5月10日(火)午前11時となりました。

 この裁判のことにつきまして、近日中に、その詳しい内容をブログに掲載致します。おそらく、その内容に驚愕されるのではないかと存じます。
 
私の生命の安全を確保する上からも、一人でも多くの方に、私が直面している問題を認識して頂く必要があります。皆様方のご協力を心よりお願い申し上げる次第です。

banner_21.gif
←ブログランキングにご協力下さい

私は、人間の幸福を阻む「究極の悪」と戦うために立ち上がることを宣言します。

「究極の悪」とは一言で述べるならば、人間の心を操作して考える力を奪い去り、人間を自己の欲望を満たすための道具として動かす人々ではないかと思います。

私は、「究極の悪」を倒すために、「無限の悪」になろうと思います。

本来、善と悪は、いわばコインの裏表のような関係ではないかと思います。自らに悪の要素がないと考え、他者の悪を糾弾するならば足元を救われてしまうことでしょう。

「無限の悪」は「無限の善」に通じると思います。しかし、「究極の悪」は「偽りの善」と同義ではないかと思います。

「究極の悪」と「無限の悪」との差は紙一重ではないでしょうか。その違いは、自らの欲望をコントロールできるか否かだけではないかと思います。私は、精進を重ねようと決意しています。

私は、国家悪、社会悪と戦っておられる方々と連帯すべく、闘いを開始します。このブログをご覧になられた皆さん、一人ひとりの人間を大切にする社会を構築すべく力を合わせましょう。

闘争の一環として、2月26日(土)の午後2時から、香川大学教育学部で、全日本法教育研究会創設準備委員会が主催する企画を立ち上げます。

この講演とシンポジウムの紹介記事が、元外交官の天木直人氏のブログに掲載されました。ブログのアドレスは、下記の通りです。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/02/23/#001838

この講演とシンポジウムの正式の案内タイトルは、「日本の根幹としての法教育の基礎とは何か―賢明な裁判員になるために必要なことは?組織のオモテもウラも知り尽くした3人が熱く語る。」です。一般向けが、天木氏のブログ記載のものです。

この講演とシンポジウムは、大袈裟だと感じられるかもしれませんが、今後の日本の在り方を左右する画期的なものとなるのではないかと存じます。

当日の講演・シンポジウムは、ジャーナリストの岩上安身氏のサイトで、その全てが同時中継される予定です。また、録画したものをインターネットで視聴できるように準備を進めております。

岩上チャンネル
http://iwakamiyasumi.com/ustream-schedule/ustream5

 あるいは

 岩上安身ホームページ 
 Ustreamスケジュール
 Ustream channel [5]をご覧下さい。

私は、講演の部で司会を担当させて頂きます。お時間のある方は、是非ご覧下さい。後日、録画もご覧頂けるよう準備しております。

それから、私が、「究極の悪」の一つであると考えている創価学会池田カルト一派に対する損害賠償請求裁判を起こします。

被告となるのは、原田稔氏(創価学会会長)、山本哲也氏(創価学会副会長)、田村隆雄氏(創価学会副会長)、佐々木信行氏(創価学会員で、香川大学教授)です。

裁判の日時は、2011年3月1日(火)午後1時15分です。場所は、東京地方裁判所民事第12部709号法廷です。

この裁判の詳細は、後日このブログで紹介します。皆様方のご支援を心よりお願い申し上げます

banner_21.gif
←ランキングがあがれば多くの人の目にとまります。ご協力下さい。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
21 22 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[05/25 希望]
[05/25 R水素]
[05/24 自由人]
[05/24 自由人]
[05/23 希望]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :