忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 ご覧になられた方も多いのではないかと存じますが、興味深い動画をご紹介させて頂きます。

 創価学会本部内では、様々な「画策」がなされているようです。「内紛」のマグマが溜まりつつあることは間違いありません。

 以下の動画で語られていることは、私のところに寄せられている情報と、かなりの部分が符合しています。

 

01創価学会の執行部が教義変更をし続ける理由と真実、本当の裏の話を暴露https://www.youtube.com/watch?v=ysd3v1XzqWY

02池田大作と長男:池田博正の現状と真実 教義変更をし続ける創価学会の理由と本当の裏事情https://www.youtube.com/watch?v=u6FCJCbd3CM

03正木正明 谷川佳樹への逆襲の野望と策略 創価学会の教義変更・会則改正の裏事情https://www.youtube.com/watch?v=h2ZWUj8dh34

04なぜ創価学会仏などとでっち上げてまで宗教的独自性を主張するのか?創価学会2016年会則改正(宗教的独自性と先生の強調)の裏事https://www.youtube.com/watch?v=LOAgCAp8UEo

05なぜ三代会長の敬称を先生にすると強制するのか?創価学会2016年会則改正(宗教的独自性と先生の強調)の裏事情https://www.youtube.com/watch?v=X_AAdfSYnhQ

06なぜ創価学会の本部勤めの連中は信じられないほどバカなのか?2016年会則改正(宗教的独自性と先生の強調)の裏事情https://www.youtube.com/watch?v=ob44PweuWJ0

07なぜ創価学会の本部勤めの連中は傲慢なのか?宗教的独自性と先生の強調 2016会則改正の裏事情 おまけhttps://www.youtube.com/watch?v=H-aATjsIsQE

()新教義:創価学会仏と先生の強要!創価学会201611月の会則改正のポイントまとめ もはや毎年恒例創価名物教義変更コロコロ変わるよどこまでもhttps://www.youtube.com/watch?v=txQfPBRw2cE&list=PLW4RetHCunnJGVShR2xmuvv5q3oWFTP3l

 

ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» sk127-創価学会元職員3名のブログ を運営されておられる野口裕介様・滝川清志様・小平秀一様へ 1円財務その127
創価学会元職員3名のブログ を運営されておられる野口裕介様・滝川清志様・小平秀一様へ

わたしのメールで、何回か紹介したブログの中で
白バラ通信 パンドラの箱  創価学会と裁判で戦っている 創価学会員香川大学教授高倉良一さんのブログ(多数の閲覧者がいます)http://wrpandora.blog.shinobi.jp/

のブログがありますが、その中の
創価学会池田カルト一派の悪行シリーズ その154http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/649/
の中で
「元創価学会職員の3名のブログ」を運営されておられる小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様に、心よりお願い致したいことがあります。
今後は、すべての会合の模様をインターネットで動画配信して頂けないでしょうか。要望―1
参加者のプライバシー保護という観点からは、来場者が映らないようにすれば良いだけです。弱者の最大の武器は情報公開です。
小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様が、創価学会本部でなさっておられた
業務内容などを、動画配信という形で証言なさって頂ければ幸いです。要望―2」
と、高倉先生が、御三方に、二つの要望を出されていますが、
どうされるのですか?返事はされたのですか。
白バラ通信 パンドラの箱 のブログは、2013年より、アクセスしています。
また、高倉良一先生の裁判も、2回ほど、傍聴させていただきました。
2014.3.10(月)開催の、東京地裁の裁判の時には、直接、高倉先生に挨拶が出来て、名刺をいただきました。
いただいた名刺には、「香川大学教育学部教授」と書いてありました。
創価学会池田カルト一派の悪行シリーズ その154
 「髙倉さん、私は、二つの説があって良いと思いますよ。」
 先日、私の命の大恩人であるX弁護士にお会いした時のことです。X弁護士は、私が「元創価学会職員の3名のブログ」http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/
のことを申し上げると、即座に、二つの考え方があって良いと言われたのです。
 「創価学会本部の職員を懲戒免職となり、創価学会からも除名処分を受けた3名の方々は、2.26事件の青年将校と同じような発想です。『君側の奸を討て』で、悪いのは天皇の周囲にいる重臣だという考え方とそっくりです。『池田先生』は正しく、悪いのは幹部だという考え方です。」
 「そんな考え方があっても良いではありませんか。私は、髙倉さんのように、悪の根源は池田大作氏だという考え方と、悪いのは周囲の幹部だという二つの説があっても良いと思いますよ。今の創価学会はダメだという点では一致しているではありませんか。その一点でのみ連帯すれば良いではありませんか。」
 X弁護士の発言を伺い、私は、まさに目から鱗が落ちたような気がしました。X弁護士の発想は、まさに法律家の考え方です。
 法律を学ぶ人間は、ある問題に関して、賛成論、反対論、ケースバイケースの折衷論の3つの立場を念頭に置いた上で、論を組み立てなければなりません。例えば、死刑問題に関しては、弁護人の立場からは憲法違反であるとの反対論、検察官の立場からは合憲であるとの賛成論、裁判官の立場からは合憲であるが適用は慎重にという考え方です。
「元創価学会職員の3名のブログ」http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/
を拝読すると、これまでの会合では、手荷物チェックがなされているようです。会場内での写真撮影や録音は禁止されているようです。まさに、創価学会池田カルト一派の会合と同じような形式のようです。
「元創価学会職員の3名のブログ」を運営されておられる小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様に、心よりお願い致したいことがあります。
今後は、すべての会合の模様をインターネットで動画配信して頂けないでしょうか。参加者のプライバシー保護という観点からは、来場者が映らないようにすれば良いだけです。弱者の最大の武器は情報公開です。
小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様が、創価学会本部でなさっておられた業務内容などを、動画配信という形で証言なさって頂ければ幸いです。」
なお、このブログ記事の
「元創価学会職員の3名のブログ」を運営されておられる小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様に、心よりお願い致したいことがあります。
今後は、すべての会合の模様をインターネットで動画配信して頂けないでしょうか。
参加者のプライバシー保護という観点からは、来場者が映らないようにすれば良いだけです。弱者の最大の武器は情報公開です。
小平秀一様、滝川清志様、野口裕介様が、創価学会本部でなさっておられた業務内容などを、動画配信という形で証言なさって頂ければ幸いです。」
の部分は、「元創価学会職員の3名のブログ」に開設されているメールで、
5月28日(土)の午後4時過ぎに、ブログの運営者に送信致しました。

0001今も活動家 2017/10/31(Tue)00:42:55 編集
» sk128-再掲載 sk001-財務は1円でよい。 1円財務その128
下記は、5年前の2012.08.27にこのブログに初めて掲載したものです。再度掲載しました。

財務は、1万円以上と言われていますが、学会員のみなさん財務は1円でよいのですよ。
1円の振り込みは、窓口では恥ずかしいので、ATMで、1円を振り込みすればよいのです。広布部員をやめると、組織がうるさいので、広布部員は続けて、1円財務でよいのです。それに、広布部員になれば、1円以上のお土産(ノートなど)もいただけます。
私は、実際に、1円の財務をATMで振り込みました。組織には、財務の開始日に、
財務を振り込みましたと報告したら、地区婦人部長に、大変喜ばれました。
1円の受領証もしっかりといただきました。受領証が来れば、財務をした証拠ですから、
組織は何も言いません。皆さん、財務は1円でよいのですよ。
家族4人分でも4円ですみます。地元組織では、1円財務したとは、わかりません。また、財務した金額は絶対に話題にできません。
本部では、1円財務が全国に広がることを恐れるでしょう。しかし、このメールで1円財務の情報が広がることを期待します。財務でお困りのお知り合いの学会員に伝えてください。
財務は、ATMで、1円を振り込みすればよいと。これにより、学会本部に集まる
今年の財務は、激減すること間違いないはずです。

上記は、5年前の2012.08.27にこのブログに初めて掲載したものです。

「このメールで1円財務の情報が広がることを期待します。」と書きましたが、
signifieさんのブログ「対話を求めて」https://signifie.wordpress.com/
を久しぶりに閲覧した時、「1円財務」は結構拡散されていることに気付きました。
そして、「1円財務」が、財務に悩まれている創価学会員に、一つの解決策として活用されているみたいでうれしいです。
「本部では、1円財務が全国に広がることを恐れるでしょう。」とも書きましたが、1万円の1万分の1しか、財務をされなかったら、確かに、創価学会本部は、崩壊する可能性があるかもしれませんね。今の創価学会の人件費及び不動産の維持費は莫大ですから。
2013年以来、4年ぶりのこのブログへのコメントですが、4年前より、人間的にかなり成長しましたので、私のコメントで、このブログが以前のように炎上することはありませんので、皆様、安心してください。
今は、創価学会元職員3名のブログ http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/
を運営されておられる野口裕介様・滝川清志様・小平秀一様の座談会に
前回(先週の10/22開催)より参加しています。
日蓮正宗の信徒で、この座談会に参加しているのは、今のところわたしだけです。
野口裕介様・滝川清志様・小平秀一様の正義の主張には、日蓮正宗の信徒ですが、賛同しています。下記の東京座談会にも参加しますので、1円財務の「0001今も活動家」の顔を見たい方は、東京座談会に参加してください。
東京座談会の詳細は、創価学会元職員3名のブログ
http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/を確認願います。
平成29年11月19日(日)
 ①東京座談会 第1部 長谷部恭男教授のご講演
  13時00分~14時30分
 ②東京座談会 第2部 ※式次第は本ブログで追ってお知らせします
  14時45分~16時30分
 場所
 五反田文化センター 3階 第1講習室
  (東京都品川区西五反田6-5-1)
0001今も活動家 2017/10/31(Tue)02:25:37 編集
» 無題
昔に一度書きましたが、味方のふりをした敵(スパイ)には気をつけろと。
どうも教授のまわりはその手の輩やタレコミ屋ばかりのようです。
もちろん、この私自身も信用しろなどとは言いません。
読者 2017/10/31(Tue)18:42:52 編集
» 創価学会の真実❓ まだ続きありそうです
今回の議題の創価学会教義変更の動画 まだ続きありそうです 高倉先生 創価教義変更のYouTube動画のURLわかったら教えてほしいです さっさと視聴しないと消される可能性高いので よろしくお願いいたします
ampa 2017/11/21(Tue)00:09:00 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]