忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 6月23日(日)の午後、東京都内で「白バラ運動の現状」というテーマで講演をさせて頂きました。

 突然、この講演は開催されることとなりましたので、事前にご案内を差し上げることはできませんでした。

 しかも、裁判対策上からオフレコの話が多く、講演は2部構成とさせて頂きました。

 インターネットでは、講演の第1部を視聴できるように手配をして頂きました。本当にありがたい限りです。

 ブログ「日々坦々」の下記のHTMLをクリックして頂き、講演を視聴して頂ければ幸いです。時間は約1時間です。

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2073.html

 質疑の中で、参加された元日本共産党の活動家の方が、とても興味深い発言をなさっておられます。

 なお、ご参考までに、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズその97」の記事も再掲載させて頂きます。

banner_21.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。

     記

 東村山事件に関する陳述書(殺害予告に脅えた背景となる事情-野崎至亮氏から聞かされていた東村山事件の「真実」-)と、「創価学会の資源・人材活用大運動に関するご意見募集」の文書をご紹介させて頂きます。

 これまで私に対して、大学の宿舎では2回、研究室では1回、それぞれ110番通報をするような脅迫がなされています。

 今回の陳述書に記載している野崎至亮氏と私の訴訟代理人である弁護士の生田暉雄先生、それから、私の生命の安全を確保するという観点から、この陳述書の内容を多くの方々にご紹介して頂けないでしょうか。

 さらに、「創価学会の資源・人材活用大運動に関するご意見募集」に関する情報も拡散して頂ければありがたく存じます。

 全文引用するような形でも結構です。皆様方の絶大なるご支援を心より厚くお願い申し上げます。

 また、お手数をお掛けしますが、このブログの情報を、各国の駐日大使館などにメールやファックスでご連絡して頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。

 駐日公館などの連絡先は、以下の通りです。

        記

http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/index.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/embassy/index.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/kokusai/index.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/daihyo/index.html

              以上

 なお、私の名字である「タカ」は、旧字体のいわゆるハシゴの「タカ」です。しかし、この字は文字化けする場合が多いようです。そこで、今回ご紹介する文書では「高」を用いることに致します。




陳述書

殺害予告に脅えた背景となる事情
-野崎至亮氏から聞かされていた東村山事件の「真実」-

           平成25年6月10日
               住所 略
                     高倉良一

第1.東村山事件は創価学会による殺害犯行との野崎至亮氏の証言

 東村山事件とは、平成7年9月1日の夜、東村山市の現職の市議会議員朝木明代氏が、東村山駅そばのビルから転落しているのが発見され、搬送された病院で死亡した事件のことです。この市議会議員は、創価学会と池田大作創価学会名誉会長を弾劾する活動をしていたことで有名でした。

 創価学会元副教学部長の野崎至亮氏(〒 略 住所 略 、TEL 略、以下、野崎氏と記述する。)は、「高倉さんも東村山事件のことは聞いたことがあると思うけど」と前置きして、以下の発言をしました。

 「平成7年9月1日夜、創価学会の最高幹部から朝木議員を脅すように命じられた暴力団員2名が、朝木議員の体をビルの6階の外側に抱え上げて、創価学会に敵対する活動を止めなければ落とすぞと脅していたんです。ところが、誤って朝木議員を落として死亡させてしまったと、この暴力団員2名が、創価学会の幹部(註:池田大作氏の海外資産の移動に関与した創価学会員で、職業は公認会計士か税理士。)のところに顔面蒼白になって駆け込んで来たんです。そこで、この創価学会幹部は、朝木議員のことは自殺として処理するので、ほとぼりが冷めるまで身を隠せと暴力団員に命じたんです。」と、野崎氏は話しました。

 私がとても驚いた顔をすると、野崎氏は、「このことは、暴力団員に身を隠せと命じた学会員から、私(野崎)は直接聞きました。」と、私に告げたのです。

 私が、この野崎氏の証言を聞いたのは、平成16年7月18日(日)午後4時過ぎ、新大阪駅へ向かう大阪市内の道中のことでした。

第2.大阪の研究会が終了してからの野崎氏の発言

 平成16年7月18日(日)の午後4時半過ぎのことでした。高山メディカルクリニック(住所 略)の4階で行なわれた仏法の研究会が終わり、私は高松に戻るべく新大阪駅に向かおうとしていました。すると、高山メディカルクリニックの玄関で、野崎氏が「高倉さん、途中まで一緒に帰りましょう。」と、私に声を掛けて来ました。

 普段は、谷町9丁目駅から地下鉄に乗車していました。しかし、この時は、野崎氏が「少し歩きましょう。」と言われたので、私は、野崎氏の案内で、いつもとは異なる地下鉄の駅に向かいました。

 私は歩きながら、「池田名誉会長(以下、池田氏と記述する。)のことに疑問を持たれるようになったのは何時ごろからですか。」と、野崎氏に尋ねました。

 すると、野崎氏は、「言論問題(註:昭和44年に、創価学会が藤原弘達氏の著作『創価学会を斬る』の出版を妨害した事件を指す。)の時に、本体(註:池田氏のことを意味する。)が、『創価学会が出版妨害をしたとマスコミから叩かれたのは、まるで処女がいきなり輪姦されたようなものです。』と言ったんです。私は、何と品のない表現をするのだろうかと思ったんです。それから、聖教新聞社の資料室に保管されていた水滸会記録(註:故戸田城聖創価学会会長が、創価学会の青年部幹部に語った言行録を指す。)などを読むようになったんです。昔は、この記録を自由に読むことができ、本体が言っていることはおかしいと考えるようになったんです。」と答えました。

 この発言に驚いた私は、「そんな昔からですか。」と質問しました。野崎氏は、「私の弟(註:故野崎勲創価学会副会長を指す。野崎勲氏は、昭和49年に日本共産党と創価学会が締結した「創共協定」の調印者として有名である。)が本体の側近だったから、いろんな情報が入って来ました。また、私が勲の兄だからということで、私に情報提供する幹部も多かったんです。」と語りました。

第3.本体の弱点は金の問題です

 私は、「本体にとって弱点となるのはどんなことですか。」と野崎氏に尋ねました。

 すると、野崎氏は「国民にとって一番分かりやすいのは、本体の金の問題でしょうな。」と言われました。野崎氏は、「山友(註:元創価学会の顧問弁護士だった山崎正友氏のことを指す。)や原島(註:原島嵩元創価学会教学部長のことを指す。)は、本体のスキャンダルを暴露すれば、本体を倒せると思ったんですよ。しかし、女性問題などのスキャンダルでは、本体を倒せなかったんです。本体の金のことが明らかにされたら、国民にとっては分かりやすいでしょう。ルノアール(註:ルノアールの絵画購入と売却に関する不明朗な資金の動きが、池田氏の裏金作りのためではなかったかと報じられた事件を指す。)のことや国税(註:創価学会本部と池田氏の脱税を摘発しようとした国税庁に、矢野絢也元公明党委員長が政治力を駆使して圧力をかけたと報じられた事件を指す。この問題については、矢野絢也著『乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント』(講談社、2011年)で、その詳細が明らかにされている。)のことなど沢山ありますからね。」と言われました。

 野崎氏は、「本体が創価学会の会長を勇退してから、私たち幹部を集めたんです。そして、一人一人に、創価学会の資産はすべて池田家のものですと書いた書面に署名させたんですわ。それも、北条会長のいる前での署名でしたから、ようやるわと思いました。」と語りました。

 さらに、野崎氏は、「北条会長が、創価学会の本部職員を集めて、『創価学会の資産に比べたら、君たちの給料はゴミみたいなものだから、給料が貰えなくなるということなど全く心配することはありません。』と発言したことがあったんです。その時、学会本部の職員たちは『俺たちはゴミか』とぼやいていましたわ。」と話しました。

第4.「金庫事件」の真相

 そこで、私は、野崎氏に、和田公雄氏(以下、和田氏と記述)から聞かされていた「金庫事件」のことを話しました。

 「金庫事件」とは、平成元年6月30日に、神奈川県横浜市旭区のゴミ処分場に捨てられていた金庫の中から現金1億7000万円余りが見つかった事件のことです。

 同年7月3日の夜、中西治雄創価学会総務(以下、中西氏と記述する。)が、このお金の所有者であると名乗り出ました。その時の記者会見で、中西氏は、「この金は、昭和46年から3年間、日蓮正宗総本山大石寺で個人的に開いた土産物店で金杯などを売って儲けて脱税した金で、聖教新聞社地下倉庫に置いたまま忘れていた。」と説明しました。

 この金庫事件のことに関して、創価学会本部の経理に携わっていた職員が退職する寸前に、和田氏に面会を求めて来たそうです。和田氏が面談すると、この人物から、「和田さんにだけは本当のことを教えます。あのお金は、中西さんのものではありません。返還前に沖縄で集められた財務のお金だったんです。」と告げられたそうです。

 このように和田氏が「金庫事件」の真相を語っていたことを、私は野崎氏に紹介しました。

 すると、野崎氏は、「和田さんが、そんなことを言っていたの。だったら本当でしょうな。」と言われました。

 そこで、私は、「和田さんは、創価学会の限られた最高幹部しか、この金庫事件の真相を知らないと思うよ。」と話していたと述べました。

第5.海外の銀行に預けられた池田氏の資産

 野崎氏は、池田氏が創価学会の会長だった頃、池田氏が会員を同行して海外に行っていた時のことを話し始めました。池田氏に同行する会員は、学会本部に集められて海外旅行に関する様々な注意事項を告げられたとのことです。その後、幹部から、1人100万円ずつ入った封筒を渡され、それを各人の荷物の中に入れて持ち出していたと言われました。

 私が、「それは外国為替法違反ではありませんか。」と述べると、野崎氏は、「その通り。でも、池田先生のお役に立てる、広宣流布のためだと、みんな使命感に燃えてやっていたから。」と言われました。

 さらに、野崎氏は、池田氏は海外の銀行に資産を預けていると言われました。最初は、スイスの銀行に預けていたけれども、マネーロンダリングなどの審査が厳しくなったので、香港にある上海銀行に移したとのことです。その後に、ケーマン諸島の銀行に移動させたと語りました。

 野崎氏が話した池田氏の資産に関する話は初めて聞くものでした。私が、「海外の銀行に、池田氏が莫大な資産を預けているというのは本当だったんですね。ちょうど、池田氏が、キューバを訪問された時期ですね。」と述べると、野崎氏は、この資産移動を処理したのは、創価学会の経理を担当している人物であると言われました。

第6.野崎氏の東村山事件に関する発言

 野崎氏は、この人物の名前と肩書を口にされました。ところが、私は、その名前を思い出すことができません。駅に向かって歩きながらだったので聞き逃してしまったのです。肩書は、公認会計士か税理士かのどちらかだったと思います。

 しかし、発言内容については鮮明に覚えています。野崎氏が、この人物から東村山事件に関する「真実」を直接聞いたと述べたからです。その内容は、「第1.東村山事件は創価学会による殺害犯行であるとの野崎至亮氏の証言」で述べた通りです。野崎氏は、朝木議員殺害の「真実」を「直接、この人(公認会計士か税理士)から聞きましたわ。」と語ったのです。

 私がびっくりして、「東村山事件には、創価学会が関係しているのですか。」と質問すると、野崎氏は、「ウチ(創価学会のことを指す。)は、オウムの事件にも絡んでいますからね。」と答えました。

 東村山事件に関する野崎氏の発言は、池田氏の資産に関する話の中でなされたものでした。私は、野崎氏は「真実」を語ったと感じました。

 しかも、オウムのことまで飛び出したので、私は、心底驚きました。この時は、私が質問もしないのに、なぜ、野崎氏が東村山事件のことを話したのだろうかと思いました。

 しかし、野崎氏に、発言の真意を聞くことはしませんでした。私は、創価学会の闇の奥深さを垣間見たような気がしました。私は、とても恐ろしくなり黙り込んでしまいました。野崎氏は、私の雰囲気を感じたのか、これ以上は語りませんでした。

第7.野崎氏の発言の信憑性

 大阪の研究会に参加するようになってから、野崎氏は、私からの質問に答えるという形で発言していました。私の質問のレベルを確認しながら、その疑問を晴らすという形で説明されていました。私が質問しない事柄を話すということは一度もありませんでした。

 ところが、東村山事件に関する野崎氏の発言は、池田氏の資産に関する話の流れの中でなされたものでした。私が、野崎氏に対して、東村山事件のことについて質問したのではありません。突然、野崎氏が東村山事件のことに言及されたのです。

 私は、野崎氏の発言を聞き、本当にびっくりしました。そして、釈迦の説法の方式が脳裏に浮かびました。釈迦が、最高の「真実」を語った際に用いた「無問自説」という方式です。

 釈迦が説いたとされる法華経方便品第二の中に、「爾の時に世尊、三昧より安詳として起ちて、舎利弗に告げたまわく、諸仏の智慧は甚深無量なり、其の智慧の門は難解難入なり」 と説き出したという箇所があります。

 これまでの経典では、釈迦は、衆生からの質問に応じて法を説いていました。ところが、衆生の質問がないのに釈迦自らが法を説くことは、「無問自説」と言われ、このような説法は「随自意」 の説法と言われています。

 私は、野崎氏の発言態度から、釈迦の「無問自説」ということを想起したのです。私は、野崎氏は「真実」を語り始めたと感じました。野崎氏は、私が「無問自説」という釈迦が「真実」を述べた際の方式を知っているということを前提に、東村山事件の「真実」を話したのだと思います。

第8.野崎氏が東村山事件の「真実」を語った背景

 実は、野崎氏から、東村山事件の話を聞かされる前に、私は、野崎氏から弟の勲氏(平成16年3月14日死去)が亡くなっているのが発見された状況のことで相談を受けたことがあります。

 野崎氏によれば、勲氏は、自宅の寝室のベッドから落ちている姿で発見され、その時点では、すでに亡くなっていたとのことです。

 ところが、勲氏の自宅に駆け付けた公明党常任顧問の藤井富雄氏が、勲氏の遺体を救急車で慶応大学医学部附属病院に搬送させたとのことです。野崎氏は、なぜ、死亡していたにも関わらず、勲氏の遺体を救急車で搬送させたのかを不審に思っていると言われました。

 そこで、私は、発見時に死亡が確認された場合には、救急車が病院に遺体を搬送することはあり得ないと述べました。そして、以下のような私自身の体験を話しました。

 かつて、私は、香川大学の女子寮で亡くなっていた学生が発見された際、現場に駆け付けた体験があります。
その時は、他の大学職員が救急車を呼びました。ところが、女子学生の死亡を確認した救急隊員から、遺体を救急車で病院に搬送することはできないと言われました。そして、警察に通報するように言われました。そこで、警察に通報すると、警察官が女子寮で現場検証を行ったのです。

 以上の体験を話すと、野崎氏は、「警察官による現場検証を避けるために、政治力を行使して病院に搬送させたんですな。エス(註:創価学会本部のことを指す)がやりそうなことだ。高倉さんに話して良かった。」と言われました。そして、さらに、野崎氏は、勲氏の葬儀の模様も克明に話されました

 今にして思えば、私の体験談を聞いて、勲氏の死亡に関する疑問が解消された野崎氏は、私のことを信頼されたのではないかと思います。その結果、野崎氏は、東村山事件の「真実」を「無問自説」という形で私に語ったのだと思います。勲氏の死亡に関する悩みを相談した野崎氏が、東村山事件のことについて、私に嘘を述べたとは思えません。

第9.和田公雄氏から告げられた殺害予告

 これまでの陳述書で述べたように、平成20年2月12日に、私は、和田氏から「将来、高倉さんが忘れた頃に、創価学会とは直接の因果関係が分からない者に、高倉さんを殺させる工作をするはずだ。本体(註:池田大作創価学会名誉会長のことを意味する言葉)は、自分を批判した者は絶対に許さない。目と目を合わせた上で、すっ飛んで行って、相手を殺害するような人間が、創価学会本部には大勢いる。本体の取り巻きは、高倉さんとその家族がバラバラになることを面白がっている。誰も、高倉さんの家族の将来のことなど考えていない。」と、電話で告げられました。

 その2日後の2月14日の夜遅くには、「高松の学会員は逆上して、高倉を殺すと言っている。一応は止めるけれども、彼らはいつ暴発するか分からない。高松の学会員が暴れ出したら、こちらも創価新報で大キャンペーンを張る。」と和田氏を査問した創価学会の幹部が言っていたと、和田氏から聞かされました。

 さらに、平成20年2月24日の正午過ぎには、東京の京王ブラザホテルのエレベーターの中で、証拠として提出した録音の中にあるように、和田氏から「優秀な人間を殺したくない。」と告げられました。

 私は、これらの和田氏の発言は、単なる脅しではないと考えました。創価学会員によって殺害される可能性があると思いました。このように考えたのは、前述のように、野崎氏から東村山事件のことを聞かされていたからです。

第10.殺害予告を証明する上でも必要な東村山事件の再捜査

 被告池田大作創価学会名誉会長の訴訟代理人たちは、和田氏による私に対する殺害予告発言を否定しています。それどころか、新宿のホテルで私を査問する前に、創価学会本部で和田氏を査問したことも否定しています。
 
 しかし、私は、和田氏から電話で殺害予告を告げられたばかりか、査問当日のエレベーターの中でも「優秀な人間を殺したくない。」と直接言われました。この和田氏の発言は、証拠として提出した録音からも聞き取ることができます。

 被告池田氏らの訴訟代理人たちが殺害予告を否定していることの真偽を明らかにする上からも、警察に東村山事件の再捜査をしてもらう必要性があると思います。野崎氏を事情聴取するならば、暴力団員に「ほとぼりが冷めるまで姿を隠せ。」と命じた創価学会員の氏名を明らかにできるだけでなく、東村山事件の詳細を詳しく知ることが出来ると思います。

 野崎氏から聞かされていた東村山事件の「真実」が証明されるならば、創価学会本部が、和田氏を通じて私に殺害予告したことが真実であったということの、動かし難い証拠になると思います。

第11.野崎氏の「真意」

 今回、野崎氏の発言を整理していて、私は、以下のことに気づきました。
 
 まず、なぜ野崎氏は、私が尋ねてもいない東村山事件について、私に話したかということです。
 
 次に、野崎氏は、当時、池田名誉会長とその側近幹部による創価学会の運営のあり方に相当疑問を抱いていたことです。
 
 そして、野崎氏は、池田名誉会長と創価学会本部の秘密を全部私に話し、私の口から創価学会の実態を世間に公表させようと考えていたということです。

 この三つのことから、私は、今になって初めて、野崎氏の「真意」に気が付きました。

 今回提出した電話記録の中で、野崎氏は、「高倉さん、約束破ってるしね。だから、もう既にしゃべっちゃってたわけだな、あの時は、心配になって。前にいろんなことしゃべった時に、婦人部には絶対言うなよと言ってたんだけど、大丈夫だってしゃべったでしょ。そういうことがきっかけなってるんですよ。だから、私は私なりに注意して、高倉さんとしゃべってたんだけど、高倉さんを信用してしゃべってたわけよね。」と語っていました。

 野崎氏は、熱心な創価学会の活動家である私の妻に話すのではなく、野崎氏が語ったことを、私が大学教授であるという立場を利用して、出版物として広く社会に公表することを望んでいたのだと思います。

 「私は私なりに注意して、高倉さんとしゃべってたんだけど、高倉さんを信用してしゃべってたわけよね。」との発言からも、野崎氏が、私に語っていた事柄はすべて真実であると思います。野崎氏が東村山事件について語った内容も本当のことだと思います。

 ところが、野崎氏から貴重な東村山事件のいきさつを聞きながら、当時、問題意識に乏しかった私は、さらに詳細を野崎氏から聞き出すことをしませんでした。「ウチ(註:創価学会のことを指す。)は、オウムの事件にも絡んでいますからね。」との野崎氏の発言に、私は愕然として言葉を失ったのです。

 東村山事件のことについて、公表等何らの方策も講じなかった私に対し、野崎氏は、多分失望したと思われます。誠に申し訳なかったと思います。
 
 そこで、野崎氏の「真意」を実現するためにも、東村山事件の再捜査を遅ればせながら提言させて頂きます。
 
 殺害予告、粒致未遂を現実に受け、その上、自宅に対する何度かの嫌がらせや研究室に対する嫌がらせを受けた私としては、東村山事件について書かれていることが痛いほど分かるようになりました。
 
 東村山事件についての資料としては、幸福の科学広報局編『創価学会ドラキュラ論』(1995年、幸福の科学出版)、乙骨正生著『怪死』(1996年、教育史料出版会)、矢野穂積・朝木直子著『東村山の闇-「女性市議転落死事件」8年目の真実』(20033年、第三書館)があります。

第12.殺害予告に脅えた背景

 私は、これらの資料を野崎氏から東村山事件の「真実」を告げられる前から読んでいました。いずれも東村山事件は創価学会の犯行であることを主張、立証しようとしたものです。しかし、創価学会が市議会議員の殺害に関与しているとは思いませんでした。

 ところが、野崎氏から東村山事件の「真実」を聞かされました。本当に驚きました。野崎氏が、私に虚偽を述べたとは思えません。

 このような背景があったので、私は、和田氏の殺害予告電話とエレベーターの中での「優秀な人間を殺したくない。」との発言に、心底恐怖を感じたのです。創価学会にとって不都合な人間は、最悪の場合には自殺などを装って殺害されると考えたのです。

          以上

「創価学会の資源・人材活用大運動に参加しましょう」に関するご意見募集
          2013年6月吉日
              創価学会学術部員
              国立大学法人香川大学教授
                   高倉良一

 池田大作創価学会名誉会長の個人資産は1兆円、宗教法人創価学会の資産は10兆円だと言われています。

 創価学会本部の専従職員は3千名、その関連団体で働いている人間は、創価学会が支援している公明党までも含めると10万人であると言われています。

 裁判官、検察官、弁護士、小・中・高・大学の教員、警察官、自衛官、海上保安官、高級官僚、外交官、マスコミ関係、銀行、商社、証券会社、建設関係など、あらゆる分野に創価学会員が進出しています。

 創価学会は、これだけの財力と人材を要しています。このような宗教団体は、おそらく日本には創価学会以外には存在しないことでしょう。

 しかしながら、創価学会員の皆さんは、創価学会員の生き方が、日本はもちろん世界中の人々から賛嘆され羨ましがられていると思われますか。

 創価学会員の皆さんは、自分自身が創価学会員であると正々堂々と胸を張って社会生活を送っておられますか。

 創価学会は、会員数を827万世帯と称しています。機関紙である聖教新聞の発行部数は550万部であると言われています。

 ところが、現在、創価学会の活動家と呼ばれる人々の数は90万人台を割り込もうとしています。創価学会が支援している公明党も、その獲得票数を減らしつつあります。

 なぜ、創価学会員の活動家が減少しているのでしょうか。

 創価学会員は日蓮大聖人の弟子として、日本中はもちろん世界中の人々から賛嘆されるような生き方を目指すべきではないでしょうか。

 そうなるためには、創価学会の資源・人材を、世のため人のために活用する必要があります。

 では、どのようなことに取り組んだら良いでしょうか。膨大な資産と人材を、日本はもちろん世界のために役立てるにはどうしたらよいでしょうか。

 まず、アイデアを募集することから、「創価学会の資源・人材活用大運動」に取り組もうと思います。このブログのコメント欄に、皆様のアイデアをお寄せ下さい。

 勝手なお願いで恐縮ですが、アイデアは、「建設的」で「具体的」、かつ「楽しい」ものでお願いします。以下の具体例の記述をご参考になさって頂ければ幸いです。

        記

 池田大作創価学会名誉会長に対して、すべての個人資産を日本国政府に寄贈するようにとお願いしましょう。

 創価学会の永遠の指導者であると規定されている池田大作創価学会名誉会長のご遺族が脱税などの容疑で取り調べられるようなことは、創価学会員にとっては耐え難いことです。

 しかしながら、国税庁は、池田大作創価学会インターナショナル会長が亡くなった後に税務調査をしようと待ち構えていることは明白です。

 万が一にも、このような調査がなされるならば、世界最高の指導者であると池田大作博士のことを信じている創価学会員は精神的な大打撃を受けることになります。

 そのような事態を回避するために、また、池田大作先生が日本国民から賛嘆されるためにも、亡くなる前に、そのすべての個人資産を日本国政府に寄付するという宣言をして頂きましょう。

 池田大作SGI会長の個人資産は1兆円とも言われています。それらの財産をすべて日本政府に寄付されるならば、我々創価学会員は、池田大作先生は、日蓮大聖人の弟子として、最高の人生を全うされたと誇りにすることができます。

 池田大作博士は、世界中から賛嘆されていると聖教新聞では連日報道されているにも関わらず、日本国内では評価されていません。評価されないどころか、世界中から勲章や名誉博士号を買い漁っていると誹謗中傷されています。

 日本には「子孫に美田を残さず」という名言があります。もし、池田大作創価学会名誉会長が、その資産をすべて生前に寄付されると宣言されるならば、日本国内での悪評を一気に吹き飛ばすことができます。

 それどころか、国民栄誉賞を受賞されることになるかもしれません。さらに、日本国政府から最高の勲章を授与されるかもしれません。

 もし、そうなれば、日蓮大聖人の弟子である我々創価学会員は無上の喜びに満たされます。

 創価学会の永遠の指導者として規定されている牧口常三郎創価学会初代会長も、戸田城聖創価学会二代会長も、生前に、ご自身の財産全てを日本政府に寄贈されるということはなさっておられません。

 存命中に、創価学会の永遠の指導者と規定された池田大作先生が、創価学会の会合に出席され、その財産すべてを日本国政府に寄贈すると宣言なさるならば、創価学会員は感涙することでしょう。

 日蓮大聖人は、「命限り有り、惜しむべからず。遂に願うべきは仏国なり。」と言われています。池田大作先生が、その全資産を日本国政府に寄付されるならば、その資産は、日本を仏国にするために活用されるでしょう。

 池田大作博士が、日蓮大聖人の弟子として、我々創価学会員にとって最高の模範となる生き方を示されることを熱望します。

           以上

*****************************

 現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。

 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

         記

1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合

   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
   口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン


2. 他の金融機関から振り込まれる場合

   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288

 郵便局からの振り込みの手続きについては、以下のホームページをご参照下さい。http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_tujo.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こぴぺばかりでごめんね。
数字から東京都議選の結果を考える
江川 紹子 | ジャーナリスト
2013年6月24日 15時25分

選挙は、獲得議席数がすべて。その結果を見れば、今回の東京都議選は自公圧勝、民主大敗、共産復活、みんな健闘、維新沈没ということになる。ただ、数字をあれこれ比べていると、必ずしもそれだけでくくれない傾向も見えてくる。

公明党は「圧勝」なのか
(中略)
小泉人気で湧いた2001年をわずかながら上回っている。少なくとも東京では、安倍政権強し、を印象づけた。だが、公明党はどうだろうか。前回よりは得票率は上がっているものの、14.10%という数字は、今回と同じように低投票率だった2005年(18.00%)、1997年(18.74%)に比べてかなり見劣りがする。得票数も、70万票を大きく割り込んだ。国政選挙でも公明党の獲得票は減少傾向にある。人口減の日本にあっても今なお人口が増えているはずの東京でも、支持基盤の創価学会が退潮傾向にある、ということなのかもしれない。参院選挙でもこの傾向が続くと、自民党が圧勝した場合、憲法改正などで安倍政権のタカ派色を和らげる役割をこの党がどれほど果たせるのだろうか、という疑問も沸いてくる。

23日に投開票された東京都議選で、予想以上の低投票率ということもあり、公明党は23人全員当選を果たした。
しかし、前回選挙(2009年 743,427票獲得)に比べ、10万票余りも得票を減らす結果を招き、深刻な創価学会・公明党離れを印象付けた。

=====================================

創価学会・公明党ファイルより転載

都議選、公明党の得票数が大幅減

2009年と今回投票数比較

品川区選挙区 4,306票減
25,322票→21,016票

北区選挙区 2,758票減
31,444→28,686

荒川区選挙区 4,854票減
25,057→20,203  

足立区選挙区 8,254票減
68,359→60,105

新宿区選挙区 1,629票減
21,389→19,760

墨田区選挙区 4,635票減
24,761→20,126

江東区選挙区 4,401票減
34,663→30,262

目黒区選挙区 4,210票減
21,531→17,321

大田区選挙区 6,525票減
55,251→48,726

世田谷区選挙区 8,457票減
57,841→49,384

中野区選挙区 3,005票減
23,350→20,345

杉並区選挙区 4,032票減
26,798→22,766

豊島区選挙区 3,825票減
22,052→18,227

板橋区選挙区 6,281票減
41,197→34,916

練馬区選挙区 8,648票減 
50,011→41,363

葛飾区選挙区 5,474票減
38,460→32,986

江戸川区選挙区 6,577票減
52,067→45,490

八王子市選挙区 5,589票減
51,092→45,503

町田市選挙区 6,385票減
40,362→33,977

北多摩第一選挙区 4,422票減
32,420→27,998

合計得票数 639,160票      

104,267票減

なぁ~にも心配はありません。
少しずつ少しずつ、
消えていきます。
選挙が大好き馬鹿な学会員は数字から推察考察なんてできやしませんから。
しかしこの得票数の激減は信濃町じゃあ
大騒ぎだな。参院選が楽しみになって来ました。




シチズン 2013/06/25(Tue)14:47:52 編集
» 傑作ですね。
 「創価学会の資源・人材活用大運動に参加しましょう」に関するご意見募集の記載例は、とても面白かったです。

 高倉教授が、池田大作氏の肩書を「名誉会長」、「SGI会長」、「博士、「先生」などと使い分けておられることは、いわゆる「褒め殺し」ですね(笑い)。

 しかも、池田「先生」が全資産を生存に寄付されるならば、「これまでの悪評が一掃される」との記述には、教授のパロディ感覚とユーモア精神を感じました。

 ただし、読解力が多少不足されている「真面目な」方には、教授の真意を読み取ることができないのではないかとも感じました(困ったものです)。

 ともあれ、東村山事件の衝撃的な真相に関する陳述書と、創価学会の人材と資産活用に関するご意見募集を併記された点に、教授の思慮深さを感じています(お世辞ではありません)。

 もし、東村山事件のことだけだったら、創価学会池田カルトは、学会員に対して「デマ」だから信用するなと指導することでしょう。

 しかし、「ご意見募集」も一緒に掲載されているので、学会員は「自分の頭で考えよう」とすることでしょう。

 池田カルトが恐れているのは、良心的な学会員が覚醒することです。狂信的な活動家が、自分たちの活動に疑問を持つようになることです。

 その意味では、「池田大作博士が、日蓮大聖人の弟子として、我々創価学会員にとって最高の模範となる生き方を示されることを熱望します。」との表現は、傑作だと思います(この「建前」と「理想」には、文句の付けようがありません)。

 最後に、「ご意見募集」に対する私の愚案を述べさせて頂きます。

     記

 創価学会は、環境破壊から世界を守るために、聖教新聞をインターネット配信に切り替えましょう。紙媒体での聖教新聞は直ちに廃止しましょう。

 購読者から新聞料金を徴収する「新聞啓蒙」ではなく、誰でも無料で読むことができるインターネット配信にしましょう。

              以上

 
月光仮面 2013/06/26(Wed)11:33:39 編集
» 記述が具体的で、真実味が伝わりますね
なるほどなぁ~・・・
そう感じながら拝見させて戴きました。

『こぴぺばかりでごめんね。』
と仰りながらの、シチズンさんのコメントですが・全然「ごめんね」的じゃありませんよ。とても貴重な情報提供です。(^0^)/
嬉しい情報、ありがとうございます^^。

瞬時の情報開示や表示はネット社会の「恩恵」です。
表面上は『大勝利!圧勝!』と、創価公明はいつものごとくはしゃぐ表示しかしません。
現実として、真実としての実態などは一切語らないのです。

都議選には遠い地方からも、信仰活動だと創価学会に言われて大切な生活費を工面して「票依頼」に行った会員が大勢います。
そんな人たちへの心情的な気配りなのか・・・
或いは、今後も利用するためにベールの言葉で実態を隠してるのか・・・
実態を語らず、飾り言葉でいつも利用されタダ働きさせられてるのが、純粋な末端の会員たちです。
この公明選挙運動押しつけは、来月まで続いていますね。

月光仮面さんのコメント
ブログの主旨を見事に語っておられるような気がします。
「褒め殺し」という言葉
私も思っていただけに思わず苦笑してしまいました^^;。

月光仮面さんは「傑作」と表現されていますが、まさにそんな表現がピッタリ!という感じです。

「魑魅魍魎」という言葉を形にしたのが、池田創価学会です。
常識では、とても図れる世界ではありません。
我々一般人は社会通念上の常識の世界で生きています。
そのモラルで、社会生活をおくり・家庭生活を営んでいます。
それが普通の社会人です。

しかし、そんな社会的常識が全く通じないのが、「魑魅魍魎の世界」・池田創価学会です。
だから、世の中に自然に「創価学会の常識は世間の非常識」という言葉が万延しているのです。常識が通じない世界なのです、創価学会は。

しかも、警察も検察も抑え・メディアを抑え、さらに政党まで持ってて・それも与党政権です。
もう何でも出来ますし、何でも隠せますし・何でも潰せます。

そんな巨大化物相手には、それなりの表現もまた必要でしょう。
いや、その・・・
月光仮面さんも・私もちょっと語りすぎたかな?
狼狽える対応のほうが賢明だったかもしれませんね^^;
kan 2013/06/26(Wed)22:15:06 編集
» 無題
この脅し方は教授の場合とそっくりですね。

新「創価学会」を斬る
http://senmon.fateback.com/soukagakkai/katsudou/shin_kiru03.html

脱会者への面談の強要や威迫行為の例は、枚挙に遽がない。
00年1月に脱会した元創価大生は、こんな経験をしている。
「私は当時、入王子のアパートに住んでいたんですが、横浜の実家にまで数人の男子部員が押し掛けてきて、母親に″お前の息子はなぜやめたんだ″とさんざん怒鳴り散らしました。私の方は夜遅くに学会員の訪問を受け、″お前、いま暗殺されかかってるで″と、ドスの利いた声で脅され、″入王子の牙城会がお前のことでいきり立っている。今はオレが抑えているが、どうなるかわからんぞ″とも言われました。牙城会というのは、学会の施設や会館、そして池田個人を警備する熱狂的な信者グループのことですが、これが怒っているというのは、学会員にとって暴力団に狙われているというのと同じような恐怖感を抱くものです。″攻撃を仕掛け′るぞ″かお前を潰してやる″などとも散々言われましたし、創価大の同期生たちも入れ代わり立ち代わりやってきました。私が挫けずに理論的な反論を続けたら、やがて釆なくなりました。その代わり、道で会っても、どこで顔を合わせても、完全に無視されましたが・・・」

アナン 2013/06/29(Sat)09:33:52 編集
» sk102-高倉先生が、戦っている池田大作とは その7 1円財務その102
サブタイトル 

ハーバード大学は、なぜ、
講演した池田大作に名誉称号を授与しないのか


池田大作が、300の名誉称号を集めた時点で、
池田大作は、大学・学術機関で32回講演している。

池田大作が講演した大学・学術機関で、池田大作に
名誉称号を授与していない大学・学術機関が四つある。

なぜ、これらの四つの大学・学術機関は、
講演した池田大作に名誉称号を授与していないのか。

特に、気になるのが、
2回も、池田大作が講演したハーバード大学が、
池田大作に名誉称号を授与していないことだ。

ハーバード大学では、池田大作が講演している途中で、
聴講者が、くだらない講演なので、次々と席を立ったと聞いている。

やはり、
莫大な金を寄付されたので、講演はさせたが、くだらない講演では、
名誉称号を授与しないということか。

下記が、講演させた池田大作に名誉称号を授与していない
四つの大学・学術機関である。
1.ハーバード大学(池田大作が2回講演)
2.フランス学士院
3.カルフォルニア大学ロサンゼルス校
4.コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジ

この掲示のバックデーターは、
創価大学が、2010年に発行した

「英知の栄冠300」創立者池田大作先生の教育・学術交流の軌跡

である。

下記は、 元公明党委員長矢野絢也氏の池田大作についての言葉

およそ宗教家で、あれだけ世界中の勲章、名誉博士号を集めまくった
人というのもいないだろう。
その姿はコレクターで、これまでの指導との整合性はまったくない。
池田氏が、日蓮大聖人の教えを本当に信じているなら、
賞を受けること自体がおかしいという指摘もある。
あちこちから賞を集めて、そのつど、自分の新聞である「聖教新聞」に
大きく掲載する。そこには、宗教人らしい謙虚さは、微塵もない。
これをコンプレックスの裏返しと見る人もいる。
それが証拠に、部下がなんらかの勲章をもらうと、烈火の如く怒る。
自分に仕え、献身した部下をこれほどないがしろにしてきた人もいない。
池田学会の足跡を振り返ってみると、側近の造反の連鎖でもある。
誰よりも献身的に支え続けた北条浩4代会長(58歳で死亡)が急死の際に、
池田氏に、「こんな暑い時に死にやがって」と悪態をつかれたことは、
あまりにも有名な話である。

下記は、池田大作の学位詐称についての意見

「池田博士」という呼称は、学位詐称となります。
名誉博士という称号を、たとえ100万個受領していても、
「博士の学位」を有していなければ、
「池田博士」という呼称は学位詐称となることは世間の常識です。
学位詐称は、学歴詐称の一つで国法に抵触して、犯罪の一つです。
博士学位詐称は、学歴詐称という面で、最高の学歴詐称です。
竹入元委員長の学歴詐称について機関紙であれだけ攻撃した創価学会なら、
学歴詐称で池田大作を告発すべきですが、やりません。なぜでしょう。
世間の常識が、創価学会の常識とならないところが、今の創価学会です。
創価学会の闇は深いですね。
「池田博士」という呼称が、
学位詐称となることを認識している本部職員も多々いますが、
彼らは、高額年収を維持したいので、
国法に抵触して、犯罪の一つである池田大作の学位詐称を黙認しています。
創価学会本部には、正義はないということです。
打算の集団が創価学会本部職員の集まりだということです。

0001今も活動家。 2013/06/30(Sun)03:10:03 編集
» sk103-高倉先生が、戦っている創価学会とは その1 1円財務その103
サブタイトル ある創価学会員の創価学会脱会の理由
私の創価学会脱会理由を簡単にまとめてみました。
創価学会を脱会したきっかけ(愛知県・婦人部)
私の実家は創価学会に個人会館を提供しています。
私も創価学会が正しいと洗脳されておりましたので、
何も疑うことなくニセ本尊を拝んできました。
しかし、1年ほど前に、樋田さんのYouTubeを見て、
何となく学会のニセ本尊に疑問がわいてきました。
そのことを、
当時、私の地区で一番熱心に活動しておられた本部副婦人部長
(この方は、みんなから「副本」と呼ばれていて、リーダー的存在で慕われていました)
に相談しました。
私は「御本尊って、コピーしてもいいんですか?」と質問しました。
副本は「じゃあ、あなたコピーできるの?」といいました。
私は「いえ、できないです。創価学会はコピーしてもいいんですか?」と聞きました。
副本は「創価学会の御本尊は日寛上人の御本尊だからいいんだよ」と言いました。
私は「日蓮正宗の御本尊は、なぜいけないのですか?」と聞きました。
副本は「日顕がステテコ姿で寝っころがって書いた本尊は、誤字脱字が多くて間違ってるんだよ。
学会のは、日寛上人の御本尊だから正しいんだよ」といいました。
そして、副本は、どんどん日蓮正宗の誹謗を言いだし、
火災で亡くなった第62世日恭上人のことを「あれは現罰だよ」
と言いました。すると、
その3ヶ月後、副本の家は全焼になり、ご主人が焼死してしまいました。
警察が入り、遺体がご主人であるかどうかわからないので、息子さんのDNAとご主人のDNAを鑑定して、遺体がご主人だと判明するまで時間がかかるので、3週間お葬式があげれない状態でした。
副本には、私の実家が個人会館なので、そこに3週間泊まっていただきました。
私は、副本が引越しされた後、ゾーン婦人部長など数人の幹部に、

「副本に御本尊のことを相談したら、副本が日恭上人を謗って、その3ヶ月後に、副本の家が火事になったことは偶然じゃないと思います。怖いです」 と話しました。
すると、幹部たちは、

「でもね、ご主人の保険金で、副本は家を買ったんだよ。
結果的によかったね!ご主人が守ってくれたのよ」
と言いました。
幹部みんなが深くうなずいていました。
私は、「こんなの功徳じゃない!」と思い、学会のニセ本尊を持って大石寺に行き、観戒を受けました。
思い返せば、自分自身も、ニセ本尊を拝めが拝むほど、うつ病がひどくなり、病苦、経済苦で、死にたいと思うことも何回もありました。
「もっと早くニセ本尊のことを知っていれば」 と悔やまれます。
それでも、今、創価学会の間違いに気付き、日蓮正宗に入信できて本当によかったと思います。
0001今も活動家。 2013/06/30(Sun)13:03:22 編集
» 1円財務へ
これがニセ本尊だね。
http://ameblo.jp/kazu0824/entry-11564103055.html
age 2013/07/01(Mon)08:27:23 編集
» age様へ その2
age様へ

私のコメントを

365日24時間、監視していただいて

ありがとうございます。

私のコメントに、誤字脱字がありましたら、

ご指摘願います。

訂正しますので。

今後とも、よろしくお願いいたします。

「にせ本尊」を発行する大謗法を犯した池田大作は、

仏罰で頭破七分の状態である。

大謗法ゆへに、死ぬことも日蓮大聖人から許されず、

もう3年も生き恥を世間に晒している。

創価学会が、

いくら池田大作の仏罰による頭破七分の状態を隠しても隠し切れない。


age2013/06/24(Mon)07:35:50編集
» 1円財務へ
コピペは、もうウザイ!
黒チャンと仲良く遊んでいなさいwww
age2013/06/24(Mon)07:35:50編集

age2013/07/01(Mon)08:27:23編集
» 1円財務へ
これがニセ本尊だね。
age2013/07/01(Mon)08:27:23編集
0001今も活動家。 2013/07/01(Mon)09:41:23 編集
» 松あきら、動く。

公明党参議院議員「松あきら」のブログ
きっぱりと、あきら。より転載。

【緊急談話】 週間文春を告訴申立て
 
 東京都議選ならびに参議院選挙の大勝利に向け献身的なご支援をしてくださっている全国の党員・支持者の皆さまに、心より厚く感謝と御礼を申し上げます。
 
 さて、私は本日、週刊文春を刑事告訴いたしました。
 同誌が、6月27日号で、「子宮頸がんワクチン推進の急先鋒松あきら公明党副代表、夫と製薬会社の蜜月」との悪質な記事を掲載したことで、全国の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを、先ず深く心よりお詫び申し上げます。
 記事では、あたかも夫がワクチンを販売する製薬会社の顧問弁護士であるかのような記述がありますが、まったく事実無根です。
 
 私は全国の女性議員ならびに党員の皆様と共に、女性の健康と命を守るため、予防ワクチンと検診による子宮頸がん予防に懸命に取り組んで参りました。今般の記事はその活動を真っ向から否定するものであり、さらに都議選、参議院選挙を控えた時期に悪質きわまりないねつ造記事が出回ることを、到底許すわけには参りません。  熟慮を重ねた末、告訴に踏み切ることに致しました。皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
 ワクチン接種後の健康被害を訴えておられる皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復を心からお祈り申し上げます。
今後とも、安心して定期接種を受けられるよう、副作用等の一層の実態調査・研究、徹底した情報提供を求めて参ります。
 
 平成25年6月21日
 参議院議員 松 あきら

松あきらさんの夫は無関係だとの主張のようです。
いずれ公表されるでしょうが子宮頸がん予防ワクチンを公明党が推奨を始めた時期から現在までの間に
松あきらさんの夫が問題の製薬会社と全く接点が
なかったのかと云う点はブログでは触れておりません。この告訴により子宮頸がん予防ワクチンの問題が更に拡散する一方で意図的に騒ぎを大きくし
世論を歪曲させ風化させる動きも考えられます。
特に大手マスコミは。ですからこの問題に関心がある方たち粘り強くネット等で訴えて行く必要があります。ただ残念なのは創価学会公明党と対立する人たちがこの問題を批判糾弾の材料に積極的に使っていること。被害者家族の方たちには全く関係のない事です。自重していだきたいです。

ブログ「みかりんのささやき」を運営する
被害者連絡会の代表の松藤美香さんもブログ上で
松あきら議員の夫の件に触れています。
松藤さんたちの頑張りによって情報が拡散された為被害者連絡会の方たちは守られています。
この問題があまり世間に注目されていなければ
恐らく公明党側は松藤さんらに対して
「スラップ訴訟」を仕掛けて来たことでしょう。

松あきら議員は引退します。
立つ鳥跡を濁さずで被害者に対し誠意を見せたことは評価するべきでしょう。但しこの問題により引退後の活動にかなり影響が出たことは否めないてしょう。今後の松あきら氏の動向に注目したと思います。

シチズン 2013/07/01(Mon)09:59:33 編集
» 本当でしょうか。
信じがたいけど、INFOSEEK楽天ニュースにこんな記事が↓ うそだよね~。

創価学会・池田大作名誉会長が創大視察 「健康回復」説の浮上を裏づけ?- J-CAST(2013年7月1日18時56分)
創価学会の池田大作名誉会長が2013年6月29日、東京・八王子の創価大学を視察した。聖教新聞社の公式サイト「SEIKYO online」が報じた。

池田会長は「看護学部棟」や、新「学生センター」などをまわり、建設が進む新「総合教育棟」を訪問。創大の田代康則理事長、馬場善久学長、創価女子短期大学の石川惠子学長にあいさつしたという。

池田会長の健康状態をめぐっては、公の場に出る回数が減り、脳梗塞などの説がささやかれていたが、「文藝春秋」13年1月号で香峯子夫人が「ラジオ体操を若い人たちと一緒にするのが、今も日課となっています。先般も、来日中のアフリカ10ヵ国の青年たちに会って激励しました」というエピソードを披露し、「健康回復説」も浮上していた。
ちゅらら 2013/07/01(Mon)21:33:15 編集
» 多分、選挙対策かと。。
ちゅららさんへ

INFOSEEK楽天ニュース、18:56の記事ですね。
私も見ました。

池田氏は社会的な有名人
本当にそうなら、各メディアで一斉に報じるのではないでしょうか。
注目されてメディアの立場もいいし、何よりも衰退気味の創価組織に勢いがつき、組織が活気づきます。
しかし、出処は身内である創価窓口の「聖教」からです。

現在はニュースが動画でタイムリーに流せます。
創価学会も会員を集めて、池田氏の昔の姿の「同時中継」を見せています。
あとは幹部の同じような話だけです。

池田氏がお元気で、本当にニュースどうりの行動をしたのなら、何故その今のお元気な動画を流さないのでしょう?

日課となってるくらいのラジオ体操とこのと
では、何故その姿を動画でタイムリーに見せないのでしょう?

あれだけ死亡説や重病説が流れても・いっこうに姿を見せないから、いろんな噂が流れてるわけです。
お元気な姿を動画で見せれば、噂は吹っ飛び・池田氏崇拝の会員さんたちは狂喜し・組織も勢いづくのに。。。

何故、お元気な姿を・行動してる姿を流さないのか?
それは流せないからでしょう^^;。
ハッキリ申し上げて、『嘘』だと思います。

では何故、そんなお元気そうな話を流すのか?

全ては、選挙対策でしょう。

マインドコントロールされた池田氏崇拝の会員さんたちは、裏付けも何もない怪しいニュースでも、『池田先生』と聞けばそれだけで夢中になり、身を粉にして働くのです。
大切な信仰活動と洗脳され、身を粉にして働くのです。

今、創価学会は選挙・選挙で血眼になってる。
もう夜11時を過ぎていますが、我が家の家庭用FAXがピィ~~~・・ガァ~~~と鳴っています。
公明党選挙運動の報告用紙です。
家人が幹部なので、来てるのです。
ウチは普通の家庭で、公明党支部じゃないんですが・・

創価公明に、常識など欠片もない。。。
ここまで家庭を利用しないと、人に迷惑をかけないと公明党は議席が得れないのか!

家人はとてもいい人柄なので、大切にしたいと思っています。
私にとって、とても大切な人です。
なので、その家人が夢中になることは・まあ、しゃあないなぁ~^^;という感じでいますが、大変に迷惑しています。
様々な経費で、実害を被っています。
こんな実害を被ってる家庭は、全国に一杯いるはずです。

庶民の一般家庭さえ、ここまで非常識に利用して選挙に勝とうとしてるのです。
虚偽のニュースくらい、平気で流すと思います。

公明党の議席は創価学会の命です。
議席が減れば、数々の違法や汚辱が隠しきれない・・・
とても宗教団体とは言えない実態が明るみに出てしまう。
国家権力の隠れ蓑ほど強いものはない。

池田氏のニュースは、選挙のため・活動家への『餌』だと思います。
kan 2013/07/01(Mon)23:33:49 編集
» sk104-kanさんへ 1円財務その104
Kanさんの下記意見は、正しいです。

「何故、お元気な姿を・行動してる姿を流さないのか?
それは流せないからでしょう^^;。
ハッキリ申し上げて、『嘘』だと思います。」


「にせ本尊」を発行する大謗法を犯した池田大作は、
仏罰で頭破七分の状態である。
大謗法ゆへに、死ぬことも日蓮大聖人から許されず、
もう3年も生き恥を世間に晒している。
創価学会が、
いくら池田大作の仏罰による頭破七分の状態を隠しても隠し切れない。

※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。
0001今も活動家。 2013/07/02(Tue)05:06:25 編集
» 無題
高倉先生、ご無沙汰しております。
個人的な諸事情と、いろいろと考えるところがあり、こちらをはじめ、他のすべてのブログへのメントを控えておりました。また、少しずつ自分のブログを書き進めていこうと思っています。今後ともよろしくお願いします。
これまでもこちらのブログはずっと拝見させていただいております。
高倉先生におきましては、いよいよたいへんな闘いだと思いますが、お体に気をつけて頑張ってください。


0001今も活動家。さんへ

>※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。

全国の何万、何十万という認知症の方と日々認知症の方をたいへんな思いで介護されている方に対して失礼ではないですか?
他人のブログでの軽率で断定的な発言は慎むべきだと思いますが、そのあたりはどうお考えでしょうか?
0001今も活動家。さんのこちらへのコメントは目に余るものがあります。
言いたいことがあるなら、ご自分のサイトを立ち上げて主張すればいいのではないかと思うのですが、そのことについてもどのようにお考えでしょうか。
私が見るところ、0001今も活動家。さんのコメントは、決してこのブログにとってプラスになっているとは考えにくいと感じていますし、ここにコメントされる他の皆さんからも、ほとんど無視されているということについて、0001今も活動家。さんはどうお感じになっているのでしょうか。もう少しご自分で考慮した上で発言されてはいかがかと思います。
シニフィエ URL 2013/07/02(Tue)15:12:43 編集
» 0001今も活動家。さんへ
私へのレス、ありがとうございます。m(_ _)m

0001今も活動家。さんのコメント
他のブログでも拝見させて戴いておりますが、客観性があり・貴君の純粋な気持ちが文字にこもった熱きコメントと感じております。

レスして戴いたので、御礼方々コメントを添えさせて戴きました。
kan 2013/07/02(Tue)22:57:44 編集
» 無題
仏罰とは なんでしょう?
創価学会員は、皆 仏罰を受けるのでしょうか?

身内に、創価学会員がいる人も仏罰を受けるのでしょうか?

私は宗教を信じてないので、仏罰なんてないと思います。

原因結果の宇宙の法則は、あると思います。

人の悪口を言う人には いずれ 何らかの形で自分に帰ってくるのだと思います。

日蓮正宗も、創価学会も 批判のしあいをしているだけでは、同じじげんだと思います。
どちらが、慈悲深いかのか?崇高な精神なのか?が大事なのでは、ないですか?
人間性の良い人は、日蓮正宗にも 創価学会にもいるでしょう。
人間性の悪い人も、どちらにもいるでしょう。

批判しあうのではなく、 日蓮の弟子と言うなら、どちらが慈悲深いのかが 大切なことではないですか。


シニフィエさん、お元気になられて良かったです。
創価学会員は、こちらのブログで、目覚める人もいるでしょう。

シニフィエさんのブログで癒される人もいるでしょう。


読者 2013/07/03(Wed)00:50:52 編集
» 無題
ここは、学会シンパ、アンチ、正宗の人が
それぞれの立場で話すから、違う立場の人からは
違和感があるのでしょう。
乱脈経理を読もう(憚りながらも) 2013/07/03(Wed)01:06:26 編集
» 無題
池田大作元気です!報道も出てきたくらいだから、今回も公明党勝利なのだろう。信濃町界隈が如何に確信犯なのか、よくわかったな。
梅酒 2013/07/03(Wed)01:42:12 編集
» 無題
最近は、アンチの振りして創価学会情報を詳しく流す人がいるから手が込んでると思う。
リモコン 2013/07/03(Wed)01:48:37 編集
» 再びこぴぺばかりでごめんね
時事ドットコム
特集・政界インタビュー
小沢一郎生活の党インタビューより転載。


-参院選後に憲法改正ということになると、公明党は与党でいられるのか。

 「公明党は深刻だろうね。平和だ、平和憲法を守るんだ、と言って、一生懸命、(支持母体の)創価学会がやってきたからね。憲法改正すること自体がちょっと、しんどいのではないか。」

-参院選後の政界再編で、自公連立がずっと続くとは限らない。

 「安倍晋三さんの感覚から言うと、数がしっかりまとまっていることと、公明党とずっと一緒のどっちをとるかとなると、自分の考え方についてくる数がありさえすれば、公明党との連立ということは、彼の頭の中には何が何でも、という意識はないのではないか。維新がいくら(議席を)取れるのか知らないけれども、公明党も入れて3分の2になったからといって、憲法改正に「うん」というわけではないだろうから、そういう意味では、自分らで3分の2になれば別だけど、当面過半数あればいいという話になると、別に公明党にあまり配慮しなくても良いというふうになるかもしれない。」

 -もともと民主党は暮らしを大事するという意味で公明党と近いと思われていた。公明を入れて二大政党づくりを進める可能性はあるか。

 「それは分からない。やっぱり宗教(が基盤)だから。それを前提としてやるということではないのではないか。彼らが、もう自民党に愛想を尽かした、一緒にやりたいと言うことであれば別だけど。神様じゃないから先のことは分からない。」

何も私は小沢シンパではないが
あまりにも的を得た発言なので
こちらの常連様にも喜んで頂けるかなぁ、との
思いでコメントいたしました。



シチズン 2013/07/04(Thu)18:44:15 編集
» sk105-シニフィエさんへ 1円財務その105
返事が遅くなり、すみません。

シニフィエURLを初めて確認させていただきました。

かなりのボリュウムなので、100%は確認できていませんが。

今回は、シニフィエさんのわたしへの意見に対しての回答より、
シニフィエさんへの助言を先に述べたいと思います。

シニフィエさんは、生まれたら、小さい時に、自分の意思とは関係なく、
日蓮正宗のお寺でご受戒を受けられ、日蓮正宗の信徒、そして創価学会員になられたわけですね。
そして、53歳の時に、日蓮正宗より下付された「ほんものの御本尊」を、
お寺に返却されたのですね。

日蓮正宗の信徒は、日蓮正宗より下付された「ほんものの御本尊」の功徳を信じると同時に、
「ほんものの御本尊」への不敬は、仏罰の因であることも信じています。
また、
日蓮正宗以外の本尊は「にせ本尊」とし、仏罰の因であることも信じています。

信心のない方は、「ほんものの御本尊」の功徳も信じませんが、
「ほんものの御本尊」への不敬が、仏罰となることも、
「にせ本尊」の仏罰も信じません。

シニフィエさんは、現在「うつ状態」とのこと、

わたしは、その「うつ状態」の原因は、

日蓮正宗より下付された「ほんものの御本尊」を、お寺に返却するという
「ほんものの御本尊」への不敬が現在の「うつ状態」原因の一つであり、
そして、「にせ本尊」を発行した創価学会の会員でいたことが、
もう一つの「うつ状態」の原因の一つであると思います。

「うつ状態」の原因の一つである「にせ本尊」を発行した創価学会の会員は、すでに解決されています。
もう一つの原因、「ほんものの御本尊」への不敬をクリアーすれば、
現在の「うつ状態」は解決できます。

日蓮正宗のお寺に行き、勤戒を受けられて、日蓮正宗の信徒として、再出発してください。
日蓮正宗の信徒になれば、「うつ」は完全に治ります。

日蓮正宗の信徒になれば、「うつ」は完全に治る。

このことを、信じるか信じないかは、
シニフィエさんの自由ですが、

わたしは、

日蓮正宗の信徒になれば、「うつ」は完全に治る。

ことを信じて、
シニフィエさんには、日蓮正宗の信徒に戻っていただきたいです。

そのためにも、一度、現在の大石寺を見学してください。

大御本尊ご安置の奉安堂には、日蓮正宗の信徒でないので、入れませんが、
それか以外は、全て可能です。

是非、現在の大石寺を見学してください。

すみませんが、シニフィエさんの私への意見に対しての回答は、次回とさせてください。

「0001今も活動家。」より

0001今も活動家。 2013/07/05(Fri)18:04:30 編集
» sk106-汚れた公明党参議院・議員が誕生する。 1円財務その106
汚れた公明党参議院・議員が誕生する。


7/21(日)は、参議院・議員選挙の投票日である。

日本の全土において、

創価学会員による、公明党参議院・議員候補者のための

1.戸別訪問
2.連れ出しによる候補者への選挙依頼
3.選挙日当日の選挙活動


の選挙違反活動が行われている。

そして、創価学会員による選挙違反活動によって、

汚れた公明党参議院・議員が誕生する。

全公明党議員は、創価学会員による選挙違反活動によって、
作り出された汚れた議員達である。

池田大作の大阪事件を検証してみよう。

大作は、完全黙秘をすれば、23日間拘留されるのに、2週間で拘置所を出所している。
つまり、国家権力に負けて、同志を国家権力に売ったのである。
その時、池田大作の指示で、選挙違反した純粋な学会員の多くが、
創価学会を除名処分されているのは歴史の事実である。
所詮、大作のために奴隷のように仕えさせられ、
大作を守るために、最後は除名処分されてきた事実を深く認識していただきたい。

今回の選挙で、あなたが、現代の一凶である池田大作のために、
選挙違反をして、そのために逮捕されて、
犯罪者となることだけは、やめさせたいので、この文書を掲示した。



0001今も活動家。 2013/07/06(Sat)16:06:41 編集
» 無題
0001今も活動家。さんへ

わざわざ私のブログにまで返事をいただき、ありがとうございます。
ただ私からのお尋ねのお返事ではなく、助言ということでしたので、こちらのブログとは関係のないことですので、それについては私のブログで意見をのべさせていただきます。

ひとつだけここで述べます。
0001今も活動家。さんが私のためと思って仰っていただいていることはよくわかりますので、たいへん恐縮なのですが、
>日蓮正宗の信徒になれば、「うつ」は完全に治る。
って、どこかで聞いたような話ですね。
これではまるで功徳と罰を巧みに利用して人の心をがんじがらめにして金と権力をむさぼってきた創価学会の「やりくち」と同じではないですか?
0001今も活動家。さん、ここでは日蓮正宗のことをお話しするような場所ではないと思うのですが、その点もどのようにお考えかを、ここではなくて私のブログのほうでお聞かせいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

高倉先生、こちらと関係のない話で失礼しました。
シニフィエ URL 2013/07/06(Sat)18:16:35 編集
» sk107-シニフィエさんへ その2 1円財務その107
シニフィエさんへ その2

下記のシニフィエさんの意見、了解しました。
シニフィエさんのブログで回答させていただきます。
回答に、すこしお時間をください。

わたしの回答に興味のある方は、シニフィエURLさんのブログを見てください。

下記は、シニフィエさんの意見
0001今も活動家。さん、ここでは日蓮正宗のことをお話しするような場所ではないと思うのですが、その点もどのようにお考えかを、ここではなくて私のブログのほうでお聞かせいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

高倉先生、こちらと関係のない話で失礼しました。
シニフィエURL2013/07/06(Sat)18:16:35編集
0001今も活動家。 2013/07/06(Sat)19:24:49 編集
» 無題
狂人は自らが狂っている認識がないから怖いな。いや、狂人というより狂信か?!
梅酒 2013/07/06(Sat)19:33:14 編集
» 無題
シチズンさん
わたしも自民党は、いずれ公明党と袂を分かつと思います。いや、公明党がそれが困ると思えば、なんとしても自民党にしがみつくこともあるかもしれないが?そうなったら、創価学会と公明党は相当揉めるのだろう。いま自民党は、創価学会の票が欲しくて利用しているだけだ。実際、創価学会が大嫌いな自民党も多い。いや、創価学会が好きな一般人も、そうはいないのだが。
七夕 2013/07/06(Sat)19:46:05 編集
» 救いようがないな・・・
シニフィエさん

あなたは治療に専念しなさいな。
他人のブログのコメント者に対して横槍入れて、
挙句の果てには自身のブログに誘導する・・・

甘えるのもいい加減にしなさい。

甘ったれのおぼっちゃんが
愚痴や泣き言を呟いてんのは
本当に見っとも無い・・・

あなたは病気。自覚してください。

本当に迷惑だから・・・

自分のブログだけにして。

他人のブログに伝染しないで。

あなたはいつまでも変わらない。

優しく慰めてくれる同情してくれる人達と
傷をなめあってぬるま湯に浸っていてください。

そこから出ないでください。

いい年した大人の男が情けないったら、ありゃしな
い・・・

あなたは病気。治療に専念してくださいな。

妙子 2013/07/06(Sat)19:50:19 編集
» 無題
妙子さんへ
高倉先生にご迷惑なので相手にしないほうがいいのかもしれませんが、あえて一度だけ書きます。以前、私のブログが荒れたのも、あなたのような心ない感情的なだけの書込みが増えたときでした。あなたの言葉にはそれと同じにおいがします。私の今も活動家。さんへの質問が、あなたにとって何か不都合でもあるのですか?もしあるのなら、私のブログで述べていただければと思います。どうかここを荒さないでいただきたいです。
シニフィエ 2013/07/06(Sat)20:33:38 編集
» だから、あなたは救いがない・・・
シニフィエさん

ここは高倉さんのブログ。

あなたのブログに誘導する場所じゃないから。

あなたは本当に甘えた子ども。

あなたは所詮、愚痴と泣き言を云い散らかすのが

関の山の、大人になれない子ども。

どうしようもない、甘えた子ども。

自分に同調し賛同してくれる人達に囲まれ

そのぬるま湯から抜け出せない甘えん坊の

年だけ重ねたどうしょうもない子ども・・・

私のコメントが心ないと云っている時点で

自分の救いようがない甘えに気がついていない証拠

あなたは病気。どうしょうもない甘ったれ。

男だろ、くだくだいつまでも同じこと

云ってんじゃないよ。

他人のブログに横槍入れてる暇があったなら

治療に専念してください。

本当に迷惑だから。

妙子 2013/07/06(Sat)21:23:44 編集
» 無題
そこの妙子、バリバリ創価さんよ!
Blogに誘導したのは1円閣下ですぞ!
リモコン 2013/07/06(Sat)21:46:08 編集
» 無題
妙子さんへ

はいはいそのとおり、
あなたの仰るとおりです。
それではさようなら。

高倉先生、大変失礼しました。
やはりスパムコメントの相手などするものではありませんね。
今後は自重します。
シニフィエ URL 2013/07/06(Sat)23:12:21 編集
» 注目しています。
 0001今も活動家。氏が、下記の質問に、どのように回答されるのかをとても注目しています。

 0001今も活動家。氏は、この質問に対して、この高倉教授のブログで誠実な回答をなさるべきではありませんか。

 そんなことはないとは存じますが、もし、0001今も活動家。氏が、この質問に対するコメントをなさらないのであれば、高倉教授のブログにコメントされることは、今後一切止めるべきではないでしょうか。

 下記の質問に即答なさらず、「助言」や、「sk106-汚れた公明党参議院・議員が誕生する。 1円財務その106」などで、「ごまかす」ことは、言語道断ではないでしょうか。

     記

0001今も活動家。さんへ

>※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。

全国の何万、何十万という認知症の方と日々認知症の方をたいへんな思いで介護されている方に対して失礼ではないですか?
他人のブログでの軽率で断定的な発言は慎むべきだと思いますが、そのあたりはどうお考えでしょうか?
0001今も活動家。さんのこちらへのコメントは目に余るものがあります。
言いたいことがあるなら、ご自分のサイトを立ち上げて主張すればいいのではないかと思うのですが、そのことについてもどのようにお考えでしょうか。
私が見るところ、0001今も活動家。さんのコメントは、決してこのブログにとってプラスになっているとは考えにくいと感じていますし、ここにコメントされる他の皆さんからも、ほとんど無視されているということについて、0001今も活動家。さんはどうお感じになっているのでしょうか。もう少しご自分で考慮した上で発言されてはいかがかと思います。


シニフィエURL2013/07/02(Tue)15:12:43編集
月光仮面 2013/07/07(Sun)07:25:48 編集
» sk108-シニフィエさんへ その3 1円財務その108
シニフィエさんの2013/07/02(Tue)15:12:43編集
の私への意見に対しての回答です。

このブログ以外にも、いろいろと処理しなければいけない事があったので、
優先順位をつけて、それらを処理していた関係で、この回答が遅くなりました。
すみません。

月光仮面さんへ
追加質問があれば、回答しますが、多忙なため、すこし回答のお時間をください。

シニフィエさんの質問―1
0001今も活動家。さんへ
>※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。
全国の何万、何十万という認知症の方と日々認知症の方をたいへんな思いで介護されている方に対して失礼ではないですか?

回答―1
「頭破七分」の説明文を
その1   説明文は書かない。
その2  ※ 「頭破七分」;頭が七つに割れること
その3 ※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。
その4 ※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。

の上記4つを当初考えました。
その1 その2 その3 の選択肢もありましたが、あえて
その4 ※「頭破七分」;自分がだれであるかわからない。完全な認知症です。
を採用しました。
当然、その4を書くと、どなたかに、「シニフィエさんの意見」がコメントされることは、
覚悟していました。その意見に対しては、回答するつもりでしたが、
このブログ以外にも、いろいろと処理しなければいけない事があるので、
優先順位をつけてそれらを処理していた関係で、この回答が遅くなりました。
すみません。

でも、おかげで、シニフィエさんとは、個人的にお話ができる関係になれると思います。
シニフィエさんが、私と個人的に意見交換を望まないのであれば、それまでですが。

シニフィエさんへ
まだ、未承認の私のシニフィエさんへの最新の意見は、公開されてもOKです。
その判断は、シニフィエさんにお任せします。
公開されたら、また、その意見へ、多数のコメントが来ることは容易に想像できますが
皆さんに読んでいただきたい私のコメントですので。

話を回答に戻します。

認知症は、本人も、介護されているご家族の方にとっても大変つらい病気です。
現に、私が、その認知症を介護する人間ですから。
認知症の原因は、いろいろとあります。
創価学会員の認知症の原因が、創価学会の「にせ本尊」を祈る信仰と言っただけです。
創価学会に関係ない人の認知症の原因は、他の原因です。
だから、全国の何万、何十万という認知症の方と日々認知症の方をたいへんな思いで介護されている方に対して失礼とは、思っていません。ただ、誤解を招く文書であったことは、認識しております。
現在、創価学会員に認知症・ガン・若死に等が多発しています。
昨年の6月までは、創価学会の元地区部長の活動家ですから、肌でそのことを感じております。
わたしの地区の創価学会支部婦人部長の御主人と、ご子息の相次ぐ飛び降り自殺の原因を、
創価学会の「にせ本尊」を祈る信仰が原因と思ったのは、わたしだけではありません。
昔は、「創価学会の信心」は、医者に見放された病気も直していましたが。

シニフィエさんの質問―2
他人のブログでの軽率で断定的な発言は慎むべきだと思いますが、そのあたりはどうお考えでしょうか?0001今も活動家。さんのこちらへのコメントは目に余るものがあります。

回答―2
各個人、いろいろと価値観は違います。発言も各人まちまちです。
わたしは、自分の発言を、目に余る慎むべき軽率で断定的な発言とは、考えていません。

現に
Kanさんからは、下記のコメントをシニフィエさんのあと頂きました。

» 0001今も活動家。さんへ
私へのレス、ありがとうございます。m(_ _)m

0001今も活動家。さんのコメント
他のブログでも拝見させて戴いておりますが、客観性があり・貴君の純粋な気持ちが文字にこもった熱きコメントと感じております。
レスして戴いたので、御礼方々コメントを添えさせて戴きました。
kan2013/07/02(Tue)22:57:44編集

シニフィエさんの質問―3
言いたいことがあるなら、ご自分のサイトを立ち上げて主張すればいいのではないかと思うのですが、そのことについてもどのようにお考えでしょうか。

回答―3
質問のように考えるのは、シニフィエさんの考えなので尊重しますが、
わたしは、今のところ現状維持です。

シニフィエさんの質問―4
私が見るところ、0001今も活動家。さんのコメントは、決してこのブログにとってプラスになっているとは考えにくいと感じていますし、ここにコメントされる他の皆さんからも、ほとんど無視されているということについて、0001今も活動家。さんはどうお感じになっているのでしょうか。もう少しご自分で考慮した上で発言されてはいかがかと思います。

回答―4
質問のように考えるのは、シニフィエさんの考えなので尊重しますが、
わたしは、今のところ現状維持です。

以上で、シニフィエさんの質問は全て回答したと思いますが、
回答していない質問がありましたら、回答させていただきます。

下記は、現在の創価学会の信心の仏罰と思っています。

タイトル 「一切は現証には如かず」

壮年部の
最高幹部の「若死に」が意味するものは
北条浩4代会長(58歳で死亡)
野崎勲副会長(61歳で死亡)
西口浩副会長(53歳で死亡)
政治担当前田副会長(62歳で死亡)
中国担当野間副会長(60代で死亡)
沖縄担当三盛副会長(50代で死亡)
斉藤克司教学部長(64歳で死亡)

婦人部の
最高幹部の「若死に」が意味するものは
原田稔会長夫人の死亡
三井婦人部長の死亡
中尾関西婦人部長の死亡
渡辺通子婦人部長・衆議院議員の死亡
多田時子婦人部長の死亡

創価学会員の
現役国会議員の「若死に」が意味するものは
横尾和伸国会議員(48歳で死亡)
久保哲司国会議員(56歳で死亡)
沢たまき国会議員(66歳で死亡)

池田大作家の家族の不幸
池田大作の次男池田城久氏(29歳で死亡)
池田大作の長男池田博正氏の離婚
※創価学会支部婦人部長のご主人とご子息の飛び降り自殺

まさしく、「一切は現証には如かず」である。

0001今も活動家。 2013/07/07(Sun)13:07:12 編集
» ほぼ特定
池田大作氏の写真が昨日の聖教新聞紙上に
掲載されましたが一部のブログ等々で
「足首から先が消えている」
「やはり合成写真か?」とう言われてますが
一般的に脳梗塞等を患った方は歩行困難に陥る場合が多いです。力の加減が自分の意志ではコントロールできないので足元がおぼつかず転倒事故の原因となります。そこで「身障者用歩行補助靴」なる介護商品があります。通常の靴よりも大きめに作成されかつ安定性を保つ為に幅広いのが特徴です。
使用している姿は靴ばかりが大きく見えるので
外見を気にされる家族や本人の希望で裾の長いズボンを履き靴を覆い隠すようにします。大昔に流行したロンドンブーツを履く時に使用した裾長のズボンと言えば分かりやすいのでは。
とは言え他の方たちは畳の上ですから当然靴は脱いでいます。写真で見る限り池田氏は畳の上を歩行する際にも「身障者用歩行補助靴」が必要なくらい
自力歩行が困難な状況であると、ほぼ特定していいでしょう。合掌している手も以前から指摘されているように麻痺の残った典型的な四指に見えます。
医療介護関係に従事している学会員さんも多いでしょうから気が付いてる会員さんは相当数いるとおもいますが。

昨晩の某候補者応援活動後の居酒屋談義上で
こんな会話で盛り上がっていましたので
ネタを拝借コメントしました。

話しは変わりますが「公明党議員改憲賛成70%」の報道はあまりにもやり過ぎ。自公圧勝へ導きたい
読売等らによる典型的な
「世論誘導」です。
細かい字で書いてある記事を良く読めば
公明党議員が自民党が云う改憲とは全く違う
立場意見だと分かりますが。読まないでしょ、
そこまでは。見出しで「そうか、そうか公明党も改憲賛成なのか」とインプットしておしまいです。

ついでに昨晩の居酒屋談義上で語られていたのですが選挙前にもう一人の大物議員の女性スキャンダルが記事になるとかならないとか。
政党名も個人名も言っていましたがここではまだ伏せます。記事になったら自公に相当影響が出るだろうと予測される議員さんでしたが。

シチズン 2013/07/08(Mon)07:04:17 編集
» どうか宜しくお願いいたします。
ブログ「みかりんのささやき」より転載。

2013-07-28 21:39:51NEW !
テーマ:ブログ

子宮頸がんワクチンの接種中止。
被害者への手厚い救済と治療の確立。
副反応を認めること。
接種した全て人に対しての調査。

私たちが厚労省に求めたいことです。
この署名キャンペーンにご賛同ください。

下記はこのキャンペーンに寄せられたコメントの一部です。日本だけでなく、海外からも署名が来ています。
署名してください。そして多くの方に拡散ください。世界中の子どもと女性、そしてその家族が苦しんでいるのです。



「母親は 命がけで子どもを産み 育てています。

その子どもたちに 予防の為と毒をうつのはやめてください。

我子が 自分の大切な人が そんな苦しい目に合う事があったら・・・。

本人も 家族も どれほど苦しく悲しい地獄のような日々に突き落とされてしまう事か・・・。

同じ人間の血が流れているなら・・・。命の輝きを大切にしてください。

どうぞ どうぞ お願いします。

大切な子どもの命でお金儲けしないでください。」



「人を苦しめるワクチンは絶対反対!」



「これ以上、訳のわからない症状に悩み苦しむ家族を増やさないで!!


そして一刻も早く、副反応で苦しんでいる子どもたちを助けてください。」



「一刻も早く薬との因果関係究明を。それにもまして、今を苦しむ少女達に救済の手を。」



「stop poisoning our children!!!!!」



「推進派のドクターたちの議論はおかしい。2011年の子宮頸がん死亡者は2773人ですが、そのうち1662人が60才以上の死亡者です。なのに3000 人以上の幼い子どもたちも苦しむという趣旨の発言。子宮頸がんワクチン積極的勧奨中止は、風疹ワクチンの二の舞などと医療倫理がないのでは」



「とにかく中止!そしてワクチン接種者全員の調査を行い被害者と症状の実態の把握。同時に、治療の確立と救済を早急に対応してください。これ以上、大人の都合で子どもたちに苦しみを与えてはいけない!


社会は子どもたちを守り、育むものであってほしいです。」

ブログ「みかりんのささやき」に訪問して頂き、
ご協力を是非ともお願いいたします。

さてさて
ブログによれば子宮頸がん予防ワクチンを推進していた自民党の三原じゅん子参議院議員は被害者家族との面会をし今後の対応について話し合いをした模様ですが、先頭を切って支持団体の創価学会さんも
巻き込み推進していた公明党さん、そして松あきら元参議院議員らは未だに被害者家族との面会を果たしておりません。私は別段、反公明、反創価学会の立場ではないのですが、理由はどうあれ、
会わないと言う事実が
批判する側の方たちには格好の材料になります。

どうか宗教対立とはかけ離れた立ち位置で
被害者家族の支援応援をお願いいたします。

シチズン 2013/07/29(Mon)11:35:54 編集
» そうだん
sg高倉先生がご本人か替え玉かしらぬが。メンバーから、状況から、替え玉かも。しかし戦っておられるので助けをもとめる。他のかしょではそうしんできなかった。sg
の手下プロが一般人にてをくだす。中国人や、らも日本人をころす。警察はsgkeiなので黙認す。今のl社会は替え玉中心がうごかしてるのか・日本人つぶしは、完了か?ききたい。裏社会sgci?to-itukeisatu
toiunohaほんとうで。ついに日本人は少数になった。計、剣、際もうごかない。動くのはやみの人間がなりすましにより表世界にでてきたやつばかり。暴力で日本人をほろぼした、ざまには勝てないのか?宇宙人もふえて血脈は日本人でない。日本人はなりすましを認めなければいけないのか?sgが主泊まり世界統一のために水面下、棒力段を表世界の人間にした。皆かると二洗脳されねば生きられぬのか?おしえて。あまりにも残酷、地獄。地に落ちた日本になった。法的にできぬのか?おしえて。なりすまqし数が本物より多いので、勝ちという。そんなばかな。何もかも奪われ、自分のこぴーをみとめなきゃいけぬのか?おしえてください。
mompotaro- 2013/08/22(Thu)14:32:45 編集
» 無題
意味不
test 2013/08/22(Thu)16:51:11 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[10/12 希望]
[10/12 匿名希望]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]