「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 9月27日の午前10時57分に、生田法律事務所に、創価学会名誉会長池田大作氏の訴訟代理人から、当事者照会に対する回答書がファックスで送られて参りました。
 
回答期限の9月29日よりも早かったので、少し驚きました。回答書をご覧になられた生田先生は、「生きとったんのか」と言われたそうです。その内容は、下記の通りです。
 
なお、この原稿の最後に、このブログに頻繁にコメントを投稿されるポチ氏に関する見解を掲載致しております。
 
             記
 
東京地方裁判所 平成23年(ワ)第29303号
 損害賠償請求事件
原告 髙倉良一
被告 池田大作
 
     当事者照会に対する回答書
 
               平成23年9月27日
 
原告訴訟代理人弁護士 生田 輝雄 先生
 
      住所 略
                新麹町法律事務所
      電話 略
      FAX 略
 
        被告訴訟代理人弁護士   福島 啓充
        被告訴訟代理人弁護士   宮山 雅行
        被告訴訟代理人弁護士   井田 吉則
        被告訴訟代理人弁護士   石田 廣行
 
被告としては、原告作成の平成23年9月15日付け当事者照会書における各照会事項について、本件訴訟の審理と何ら関連性を有せず、回答の要をみないと考えますので、その旨回答致します。
以上
 
 なお、ご参考までに、生田先生の当事者照会を再掲させて頂きます。
 

 
東 京 地 方 裁 判 所   御 中
 
当 事 者 照 会 書
平成23年9月15日
 
 
住所略
原 告   髙  倉  良  一
 
 
住所略 (送達場所)
原告訴訟代理人
弁 護 士  生  田  暉  雄
TEL 略
FAX 略
 
                 記
 
一、当事者照会
  民事訴訟法163条、同規則84条2項により、当事者照会を致しますので、後記回答すべき期間内にご回答下さい。
 
 1、当事者
    原告 髙倉良一
    被告 池田大作
 
 2、事件の表示
    平成23年(ワ)第29303号
 
 3、訴訟の係属する裁判所の表示
    東京地方裁判所
 
 4、照会年月日
    平成23年9月15日
 
 5、照会をする事項及びその必要性
    後記照会事項及び本件訴訟の主張、立証のため。
    原告は、被告池田大作に損害賠償請求を提訴した。
    ところが、マスコミ、風評等によると、被告は死亡しているとか、重篤な病気で、判断能力がない状況と伝えられている(添付資料)。
    原告としては、死者を相手に訴訟をすることは出来ず、本意ではない。
    被告が死亡しているかどうか、明らかにしていただきたい。
    照会に対する回答が得られない場合は、被告が死亡しているため回答できないと考え、その旨、公に公表したいと考えている。
また、被告に判断能力が無い場合、後見人の選任はされているのか。その点も明らかにしていただきたい。
    もし、後見人の選任がされていなければ、原告が選任手続をとる必要がある。
 
 6、法163条の規定により照会をする旨
    法163条、規則84条2項により当照会をする。
 
 7、回答すべき期間
    平成23年9月29日
 
 8、照会をする者の住所、郵便番号及びファクシミリ番号
住所 略
原告訴訟代理人
弁 護 士  生  田  暉  雄
TEL 略
FAX 略
 
 9、相手方
〒160-8583
東京都新宿区信濃町32番地 創価学会本部内
被 告   池  田  大  作
 
二、照会事項
 
 1、池田大作の本籍地、つまり戸籍の所在地、及び戸籍上の氏名、並びに住民登録地及び住民登録上の氏名。
 
 2、池田大作の病状及び判断能力の有無、程度。後見人選任の有無。
 
 3、池田大作の病状及び判断能力の有無・程度を明らかにする医師の直近の診断書。
以上
 
ところで、頻繁にコメントを投稿されておられたポチ氏につきましては、コメント投稿を禁止する措置を講じました。
 
これまでも、再三再四、ポチ氏に対しては、コメント投稿に関する上でのお願いを申し上げて参りました。一時期は、ポチ氏も変化されたのではないかと嬉しく感じたこともありました。
 
しかし、最近のポチ氏のコメントを拝読し、これ以上コメント投稿を認めると、創価学会池田カルト一派を利するだけに過ぎないと考えるに至りました。極めて巧妙な訴訟妨害であると判断致しました。
 
これからも、ポチ氏のようなスタンスでコメントを投稿される方が登場されるかもしれません。その場合には、もう少し早く適切な対応を致したいと存じます。
 
ポチ氏に関しては、ご承知のように、ポチ氏を支持されるコメントを投稿された方は、一人もおられなかったことを申し添えます。孤軍奮闘なさったポチ氏に対しては、大変お疲れ様でしたと申し上げる次第です。
 
私は、自分自身が、どのように誹謗中傷されても全く構いません。現に、他のブログで、私を罵っている方もおられるようです。私は、そのような罵詈雑言に屈するような人間ではありません。
 
罵詈雑言は、そのような言葉を浴びせる方の、ご自身の心を深く深く傷つけるだけではないかと存じます。
 
しかし、私のことを、誠心誠意応援して下さる方々を誹謗中傷されることに関しては、極めて残念な思いが致します。
 
私のブログ管理の不手際から、ポチ氏のコメントで不愉快な思いをされた方々に対しては、心より深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。
 
また、ユーモアに富んだコメントを投稿して下さった方々には、心より厚く御礼申し上げます。拝読する度に、大笑いしておりました。本当にありがとうございました。
 
創価学会池田カルト一派との闘いは、これからますます面白くなります。ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

banner_21.gif ブログランキングに参加してます


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» しばしお待ちを
高倉様へ

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズその36を日本中に皆様が固唾を呑んで待っていました。

いよいよ始まりますね。

私たち「もも(ら)」も
微力ながら、当事者照会に
協力をさせて頂きます。
一両日中にはコメントを投稿させて頂きます。

しばしお待ちを。

文責「もも」

※代筆「もも(ら)」



もも(ら) 2011/10/01(Sat)21:34:03 編集
» そうだったんですか。
 もうポチさんは出てこられないのですね。でも読むことはできるわけですから、今ごろ歯ぎしりなさっているでしょうね。自業自得だと思います。お悔やみ申し上げます。

 それにしても彼女はどうしてあんなに執拗だったんだろう? 何を言っても同意してくれる人は皆無なのに、彼女は必死だった。暇を持て余していたのか、はたまた自分に不満があって、それを罵詈雑言で解消したかったのか。幸せならあんな文章は書きませんものね。謎です。

 いったい彼女は何者だったのか。幹部とか地区指導者なら学会はもはや絶望的ですね。でも私は暇な専業主婦を想像していました。ご主人が130万稼いできて、あたかもそれが半分は自分の功績だと思いすごしているような・・・? ちゅららの姉の夫は130万どころの騒ぎではない高給取りで、私から見ると華々しい暮らしをしていましたが(な、なんと毎朝運転手付きの車が迎えに来るのです。過去形で書いたのは今はもう亡き人なので)、姉はよく「私が家をしっかり守ってるからであって、妻が夫に一方的に感謝するのではなく、するならお互いに感謝するべきよ」みたいなことを言っていました。姉の考えが間違っているとも思わないけれど、専業主婦の傲慢さみたいなものも感じていました。ポチさんも自分が偉いと勘違いしているのではないかな。ま、どうでもいいけど。

 
「被告としては、原告作成の平成23年9月15日付け当事者照会書における各照会事項について、本件訴訟の審理と何ら関連性を有せず、回答の要をみないと考えますので、その旨回答致します。」

当事者照会に相手側は結局何も答えなかったのですね。答えられないのでしょう。予想どおりです。これでは生きているのか死んでいるのか、生きていても判断能力があるのかないのか、何一つわかりませんね。本当に訴訟審理と関係ないと言えるのでしょうか。逃げているとしか思えません。納得できませんね。照会に答えないということが裁判官の心証を悪くするといいのですが。
ちゅらら 2011/10/01(Sat)22:13:32 編集
» HNを愉快な創価学会から愉快に改名しました
HNを愉快な創価学会から、愉快に変更しましたので皆さんよろし
くお願いいたします。
その理由は長すぎるから(笑)

以前のHNを使いたい物好きな方がいらっしゃいましたら、ご自由
に使っていただいて結構です。

話は変わりますが、小学生の頃、同じクラスに、みんなの嫌われ者
の女の子がいたのをふと思い出しました。
その子はもの凄く性格が悪く、弱い者いじめが大好きだったので嫌
われていました。
そして、その子の口癖は「校長先生に言いつけるぞ」でした。
なぜかみんなで楽しく遊んでいるときに、この言葉を発して、みん
なを不愉快にさせるので、言いつけるちゃん と呼ばれていたので
す。
馬鹿な子でしたから、自分がそう言われるようになってしまって自
滅していましたが・・・

その子は大きくなって、ヒモ同然の男に入れあげ、貢ぐのを生き甲
斐にするようになってしまいました。
その子の口癖は「私の彼氏は偉いんだから」に変わったそうです。
そしてヒモの為に、詐欺同然の商品を強引に、断れない子ちゃんに
売りつけるので大変迷惑がられていましたとさ。

ま~ヒモ同然の彼氏を踏み台にして、自分がもてはやされたい願望
を持っている性根が丸見えなんで、笑ってしまいましたが・・・

ん~誰かにそっくりかも?
愉快 2011/10/01(Sat)22:29:26 編集
» 無題
回答したくないなんて、
生き死にバレたらやばいようなことをやらかしたのでしょうね。
AA仮面 2011/10/01(Sat)22:39:40 編集
» そうでしたか・・・
>回答の要をみない・・・
自分でも概ね予想はしていましたが。

相変わらず、あちらさんは自分たちに都合の悪い事には知らん顔って事ですね。
恐らく、「下手な事は絶対に言うな!」と指示されていたのでしょう。

誰かさんが「卑怯者」などと言っていたようですが、あちらさんがこれじゃ「人のこと言えるか?」
って言いたくもなりますよ(苦笑)。
アンチ・テチャク 2011/10/01(Sat)23:42:48 編集
» やはり逃げましたね
思ったとうりでした。
創価学会は一切答えませんね。

会員の寄付と購入のおかげで、「狂乱財務」と世間にまで笑われてる搾取と強制購入のおかげで、組織が成り立ち・会館が維持でき・池田氏一家や原田会長や幹部職員の贅沢な暮らしが維持できてるのですから、会員が訊けばちゃんと答えるのが当たり前です。
最低限の常識というものです。

私も過去に何度か、幹部に尋ねたことがありましたが、全てごまかしの回答や嘘の回答でした。
実に会員に失礼で、異常な実態です。
では、裁判上での質問ではどうか?

個人間の質問ではなく法廷の場所で訊ねてる。
明確に答える義務があるはずです。
それでも答えないなら、神聖な法廷という場所だけに素人的感覚ですが実質的には「法廷侮辱」に抵触すると思います。
で、創価の返事は・・↓

>本件訴訟の審理と何ら関連性を有せず、回答の要をみない・・

何故、関連性がないのでしょう?
髙倉様は今までに巨額の寄付を池田創価にされてらっしゃいます。
それらの内容を含む様々な見解を綴っている日記を奪われています。

そして、池田氏は「師匠」としての発言を何度も繰り返し、「師弟不ニ」を叫び、実質的に個人崇拝を押し付けています。
勤行の最後の祈念文にさえ、自分への感謝を定めています。
個人崇拝をそこまで押し付けるのは、異常だと思いますが・・・。
もちろん組織は、池田先生にお応え!とか弟子の使命!とかの言葉で、信仰活動だ!と叫び会員を自腹で利用しています。

全ての発端は、池田大作氏です。
何もかも、全てが池田氏!それが創価公明の軸です。
そんなこと、みんなわかってるはずです。
総責任者は、俺が師匠だ!と叫ぶ池田大作氏です!
本人がいつも言ってたじゃないですか!^^;。

今回の裁判への責任も、当然池田氏です。
実質的な総権力者であり、総責任者ですよ。
当事者照会も当然のことです。
関連性はもの凄くあると思います。

池田創価は法的には問題のない「返事」を出したのでしょうが、裁判所という神聖な場所でも真摯に返答しない実態、これは逃げていると言われても仕方ないと思います。

世間や会員さんに、事実を正直に言えない実態がある!
まさにそういう証だと思います。

「俺が師匠だ!」・「全て俺がやってきたんだ!」と叫ぶ池田氏が一切姿を見せない。
誰でも、どうしたんだろう?と心配もするし・不審にも思います。
それが普通です。
まして、池田氏を尊敬してる会員さんなら尚更だと思います。
それでも一切姿を見せない。
池田氏を尊敬してる会員さんたちに対して、実に無礼千万ですね!

人間、誰でも歳をとれば弱ってくるし・体調も落ちます。
それが自然ですし、池田氏もそうでしょう。
それならそうと言えばいい。
何故、隠すのか?

頭もボケて、言葉も不自由で、体も動かない。。。
そんな噂もありますが、はたしてそうなのか?
本当は亡くなってるが、政局や世間への影響を考慮し、死体を隠してるのか。。。
何を言われても仕方ない状況ですね。

でも、聖教新聞には池田氏の「賞」のニュース。
おかしいですね~^^;。
池田大作氏って、何人かいるのでしょうか?


「今も広宣流布の実践をしているのは誰が見ても実質学会だけです。学会は何も変わっていません。変わったのはあなたですよ。」

こんなコメントを拝見しました。
変わったのじゃなく、気づいたのです。
池田創価は異常なカルトだ!ということに気づいたのです。

池田創価にとって、広宣流布の実践とは搾取できる奴隷会員の増加です。
組織を維持し・池田ファミリーや幹部たちの贅沢な暮らしを維持するための、搾取会員の増加です。
機関紙やグッズを購入させて宗教商売を維持し、寄付を貪るための会員の増加です。
kan 2011/10/02(Sun)01:04:02 編集
» 内部崩壊寸前!?
氏の思考不能状態が証明されれば
内部崩壊しかねない状態でしょうから
誰がそのスイッチを押すのか、

今や内部にもそのスイッチを押したくてしょうがない人も多いはず。

学会に依存的な生活をしている皆様
ご準備しておいたほうが賢明かと思われます。
東日本の民は怒ってる! 2011/10/02(Sun)19:08:29 編集
» ランチタイムの話しのネタとして・・・
10/1付けで「生食用牛肉の新基準」が
スタートしました。基準通りに加工をすれば
価格は以前の2~3倍になる為に、メニューから
削除する焼き肉店が相次いでいます。

基準見直しの「きっかけ」となった事件。

「焼肉酒家えびす・ユッケ食中毒事件」

この会社の社長(事件当時)
「勘坂康弘氏」が見せた
あの「逆切れ記者会見」を覚えていますか?

この「勘坂康弘氏」は

「創価学会員」です。

地元ではとても熱心な活動家で知られています。

今更と言った「感」があるので

「小ネタ」として、
お耳に入れておいてください。

この「ネタ」は事件発生直後に「某週刊誌」等々に
情報提供をしましたが、取り上げて頂く事は叶いませんでした・・・当時は「みの◎んた」の番組でも
社長や会社を「擁護」し「国の指導」が悪いんだと言うような「論調」に終始していました。

「だから何なの」と言われれば、
それまでですが「情報提供」とさせて頂きます。

文責「もも」

もも(ら) 2011/10/02(Sun)19:54:54 編集
» あれ~?
「ポチさまの同志」様

 学会員の方だと思いましたが、隠れ蓑だったのですか? どうもご発言が完全に高倉さん寄りなので・・・。
ちゅらら 2011/10/02(Sun)20:41:33 編集
» 無題
わたしは、高倉さまの報告で、てっきり創価側が池田氏の戸籍謄本と医師の診断書を提出したのだと勘違いしてしまいました。
やはり、そんなに単純なものではないですよね。。
とても残念です。。

池田氏を慕う活動家は、MCにありながらも悩んでいると思います。
これで病気である。。と言われたほうが、組織挙げて猛烈に唱題会もやり、活動家は、いままで恩を感じている師匠に思う存分唱題することもできるでしょうに。。
きっと、いまはこころの底にある哀しみを隠しながらの日々の活動だと想像します。。

公明正大&透明な組織であってほしいと人ごとながら願わずにいられません。

話しは変わって、ポチをブロックしたとのこと。。
ホッとしました。
ポチが、毎回誰かを逆なでするような投稿を繰り返し、それについ反応してしまう自分がいて、この場が、まるで2チャンか?というような状態になり、心を痛めていました。

ポチは、たぶん、この場が荒れることを望んで、あのような投稿を繰り返していたのだと思います。
彼女?のおかげで、この場がポチ中心の掲示板仕様になるところでした。
高倉さまの聡明な判断をこころより感謝いたします。
流れ星 2011/10/02(Sun)22:48:16 編集
» 質問
 さっき「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その35」に「テスト送信」というタイトルで投稿しましたが反映されません。その前にも「???」というタイトルのものも投稿しましたし、他の方の2通も含めて4通が反映されないのです。
 創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その35」へのコメントは上記を含めて104通となっていますが、もしかすると100通を超えると表示のキャパを超えるのでしょうか。超えた4通と表示されない4通と、ちょうど数が一致するのでそんな気がしました。どなたかご存じの方、答えていただけますでしょうか?
ちゅらら 2011/10/02(Sun)23:29:00 編集
» 流れ星さまへ
私の知り合いや会社の同僚などにこのブログを紹介したのですが、学会のこ
とをほとんど知らない方や、これまでまったく学会に興味がなかった方など
がポチの発言とそれに対する他の方々の発言を見ていて、学会員の異常さが
よく理解できましたとの感想が大半でした。
見ていて面白かったとか、カルト信者の馬鹿っぷりが笑えたとか哀れだった
等の感想もあったようです。

また荒らしへの対応がある程度確立できたことと、このブログの注目度が多
少は上がったことでも大いに意味があったのではないでしょうか?
学会員の荒らしのパターンもだいたい理解できましたので。

ただ教義問答については宗教に興味がない方はスルーしてしまいますので、
より支援の輪を広げる為には、失礼ながら一考が必要ではないかと思います
政治の話や身近の話題などを可笑しく提供していくのも必要かと勝手に考え
ているのですが・・・
裁判にともなう法律の話題なども効果的でしょうか?
もちろんみなさんには釈迦に説法でしょう。
ちょっと語ってみました。

まあ私は無責任であまり役に立っていないので本当に申し訳ないのですが。
自分のできる範囲で陰ながら応援させて頂きます。
愉快 2011/10/02(Sun)23:41:19 編集
» ちゅららさんへ
推測なので間違っていたら恐縮ですが

「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その35」へのコメントがこ
れ以上反映されない為のプロテクトがかけてあるのではありませんか?

例えば他の荒らしが印象操作のマーキングコメントを残せないように。

詳しくは管理者がご存じでしょう。(笑)
愉快 2011/10/02(Sun)23:53:13 編集
» ポチさんはこれから…
どうするんだろう?…

相変わらずマインドコントロールは解けないのだろうか?

こんな、功徳も罰も嘘っぱちのビジネス宗教を死ぬまで信じるのかなあ…。

男子部の活動をしている時、師匠と自分は、同じ時代に使命をもって生まれてきた、福運があって生まれてきたのだ、と、仕事で疲れながら会合に出るたび、先輩から言われたものでした。先輩も、先輩からそうやって育てられたのでしょう。読む本は、聖教新聞出版関係。まさしく、マインドコントロールじゃないですか。洗脳そのものです。

二世は、ひどいです。生まれた時からだから洗脳は、滅多に取れません。だから、攻撃的になる。ポチさんもバリ活の二世なのでは?
まあ、今となっては、学会出版物丸写し洗脳クソ野郎でしたが(笑)。

高倉先生、僕は何も出来ませんが、どうか頑張ってください。学会内部には、日蓮も暴力は認めていると、豪語する先輩もいました。過激な言動をする全国幹部もいました。どうかお気をつけください…。

乗せられて、踊らされて、会員は可哀想です。いつか、創価の極悪ぶりが、世間にさらされますように…。

ブタ作 2011/10/03(Mon)00:06:55 編集
» 無題
こんばんは。
いつもブログ、興味深く拝見させて頂いています。

ふと、裁判に全然詳しくない私が思ったのですが。
池田氏が今どういう状況にあるのか、元気でいることは非常に疑わしいわけですよね。法廷に出てくるわけはなし。
一般的に見ても明らかに疑わしい。
ということは、この被告訴訟代理人て池田氏が選んだ、依頼したとは限らないわけですよね?
池田氏が選んだかも知れませんが、その証明ができないですよってこと…なのかと思ってみたりしたわけで。
それって別段問題ない話なんでしょうか?
被告の代理人なのに…?
法律上問題ないのかもしれませんが…。ないのかなぁ?

誰に答えを求めているわけでもない、つぶやき的な疑問ですが…。
スッキリしないな、と思いました。
クロ 2011/10/03(Mon)23:22:45 編集
» 脳梗塞と認知症を患い南元センター(東京・信濃町)で治療を受けているらしい噂
池田大作氏が脳梗塞と認知症を患い南元センター(東京・信濃町)で治療を受けているらしい噂は、高倉様の裁判の件と同様に中央ジャーナルhttp://chuohjournal.jp/2011/08/post_3261.htmlの情報から知っていたので、今回の当事者照会については、創価学会の対応に関心がありましたが、予想どおりの創価学会が逃げる展開になってきたので今後とも注目しています。

高倉様の追撃を応援します。
億劫 2011/10/04(Tue)16:58:07 編集
» やってしまいました・・・
当事者照会のコメントを
創価学会池田カルト一派との裁判シリーズその35に投稿してしまいました・・・

最新コメント欄には
「全く要領を得ず・・・」
10/4「もも(ら)」と表示はされているのですが
何とかならないものでしょうか・・・

もも(ら) 2011/10/04(Tue)18:28:54 編集
» 内部告発の成功祈ります
長年の苦衷、苦闘お察し申し上げます。

法をして久しく住せしめんための、内部告発と受け止めています。同じ目に遭えば誰でもこのような手段に訴えるかも知れません。

心配する事は、学会から先生のような方を失いはしないかと言う事。大事な人、本物が離れていって、後にはカスばかりが残りかねません。

内部告発によって、学会の自浄作用が少しでも達成されるよう望みます。先生がアンチ学会や寺と仲良くする必要はありません。オンラインでもリンクなどお気を付けいただきたく思います。
いろいろの意味で学会も敵を作っていますし、宗教は最も強い信念ですから。

内部告発の成功祈ります。先生のような方こそ学会に残るべきで、先生が去れば、後にはカスしか残りません。

奥様、大切に!!

創価大学法学部一期生、理学療法士
http://homepage2.nifty.com/PEACE/essay/commonsense.html
Tamaki Hosoe URL 2011/10/04(Tue)21:35:40 編集
» こんにちは
何度かコメントさせていただいているレインボーといいます。

私は3年前の中国留学中に、創価信者らしき人、及び日本在住の中国人とちょっとしたいざこざがあってから、帰国後のこの数年間、創価学会の集団と思われる人たちから執拗な嫌がらせを受けています。

具体的には家宅侵入、外出先での付きまとい行為、私の私生活や就職、人間関係を妨害するような様々な干渉や精神的暴力を含むことです。

警察にも相談しましたが、証拠を残しにくい方法でされることもあり、解決できていません。

友人関係も妨害されるので、頼れる人がおらず、完全に孤立化させられつつあります。

私が3年前に創価信者らしき人に対してしたことは、常識的に考えて私が責められるべきことではないので、ここまでしつこくいじめられる理由がわかりません。本当に理不尽な気持ちでいます。

創価学会に人生をめちゃくちゃにされました。

このブログが心の慰めになっています。
レインボー 2011/10/04(Tue)22:21:33 編集
» ホントカスだ
離縁 人質 ということですか

オウムと同じですよそれ。
NONAME 2011/10/05(Wed)00:53:55 編集
» 学会員の姿
今までに他の方々が客観的に指摘していますが、創価学会は池田氏を盲信さ
せる為に勝手に教義を捏造しています。
そして学会員は何の根拠も無く、最高の教えを信じているのだからなにをや
っても許されると勝手に慢心しています。
これが創価学会が社会で認知されない全ての原因です。
金の力であたかも社会に認知されているように、様々な形で情報操作をして
いるのは周知の事実です。
学会員が一般人にアンチ行為をするので、一般人が仕方なく防衛行為をして
いるだけなのですが、学会員は洗脳されていますからこのことを認識できま
せん。
カルト宗教で一番得をするのは、その教えを一切信じていない人達です。
あと勘違いして信じてる人達も得をする場合があるようです。
それからカルトがよくやる手は印象操作と、論理のすり替えと、とカルト信
者が正義の為として犯罪を犯すことです。
選挙違反や、敵対者や離反者への執拗ないやがらせ、様々な組織の乗っ取り
行為など様々な形で犯罪行為を行っています。
犯罪行為をしている熱心な学会員は、正義の行為だから何をやっても構わな
いと洗脳されていますから。
選挙違反をした学会員は、学会員の中で村八分になるケースがよくあるそう
ですね?
財務とよばれる寄付も、独身の会員にはあまり強要しないで、主婦の会員達
に異常なまでに熱心にノルマを課して強要するのも、それが一番簡単だから
でしょう?
豚は太らせてから食えという言葉があります。

また組織の結束力を強化する為に敵対者を捏造して、組織の敵を信者に攻撃
するように煽りたてるのもカルトがよくやるやり方です。
これは信者の鬱積した不満のガス抜きの役にも立ちます。
ジョージ・オーウェルの 1984 や 動物農場 などにカルト組織の構造が
わかりやすく記述されています。

世の中、悪い噂がある団体には怪しい行為の蓄積があるのは間違いありませ
ん。
もちろん情報を検証する判断力と相応の努力が必要なのは勿論です。
そして案外直感は当てになります。
偏見とカルト思考に染まっていない人間の直感力は案外馬鹿にできません。

何よりもカルトの被害者が一番よく知っているのではないでしょうか?
それはカルト以外の全ての被害者にも当てはまります。
決して煽るわけではありませんが、カルトの被害者に、同じことをされても
文句は言えないのではありませんか?

目的の為には手段を選ばない教えがカルトです。

「地獄への道程は善意の敷石で敷き詰められている」

この言葉は善意で、カルト宗教活動をしている学会員に得にお勧めです。
この言葉の意味を理解しても、罪の意識を感じない学会員は確信犯です。
確信犯で犯罪行為を看過する人間は共犯であるといっても過言ではありませ
ん。
この言葉を理解できる学会員は、脱会しなくても、活動をやめるだけでいい
のでは?
教団にお金を恵んでやるのも、やめればいいのではありませんか?
適当に理由をつけて、やわらかい態度で、スケベおやじを適当にあしらう感
じでやれば大丈夫ではありませんか?
いきなり脱会しなくても少しづつやればよいのではありませんか?
現在の組織の状態に疑問を感じているのであればですが・・・


ところで。

>内部告発によって、学会の自浄作用が少しでも達成されるよう望みます。
学会内部の方にもこのような立派な方もいらっしゃるんですね。

>奥様、大切に!!
とのこと髙倉先生の奥様のことも気遣っていらっしゃるのですね。

>先生がアンチ学会や寺と仲良くする必要はありません。
とのご意見ですが、学会の自浄作用を本気で望んでいらっしゃる学会員の方
には、誠に僭越ながらこの言葉をプレゼントさせて頂きたいと思います。

 「敵の敵は味方」

そういえばポチの最初のコメントは

≫ 奥さんかわいそう
>自分の主張もいいけど奥さんの事ももうちょっと考えてあげてもいいんじ
>ゃないでしょうか?
>これじゃあまるで夫婦間ストーカー状態じゃないですか。
>こんな事に巻き込まれた奥さんが不憫です。
>夫婦関係が破綻して別居状態なら、奥さんの言う通りに別れてあげるのが
>男としての優しさじゃないないかと思いますよ。

>ポチ 2011/08/18(Thu)11:40:08

でした。

ポチとは比べものになりませんね?(笑)
愉快 2011/10/05(Wed)07:37:31 編集
» ポチさん…。
批判されるのは経文通りだから?
仏法の法則?
自分の言葉、態度を見つめないと、人間として、社会人として成長しませんよ。
あ、ポチさんは、社会から隔離されているんでしたっけ?(笑)
ブタ作 2011/10/05(Wed)10:57:57 編集
» もうやめたらそういうの
意味ないよそういうの
低学歴の俺でも見抜ける 笑
人生もったいないよ
あ、 ポチ(ら)さんのことね
通行びと 2011/10/05(Wed)12:51:36 編集
» 結局、思うのは・・・
何事もほどほどに・・。信仰もほどほどに。
のめりこんだら何百万も貢いでしまう。
夫婦仲にも組織が関与してきて、裏切りだの反逆だのと、夫婦の絆を裂く。

本当なら裁判なんてことにならずに二人で解決できるはずが、創価学会が関わるせいで人間関係が壊れ、「法律」の力を借りねばならぬことに。

よくバリバリの活動家が言う捨て台詞に
「文句があるなら、警察呼べば?」
「裁判でも起こせば?」
というのがあります。

人間の善性を最大限に引き出せる「はず」の創価学会員のこの常套句。
彼らの言う「対話が大事」は、ただのセールストーク。
実態が伴わない。
つくづく彼らは、一体何のために信仰をしているのだろうか?と、不思議でなりません。
元学会2世 2011/10/05(Wed)13:22:09 編集
» ありがとうございました。
文責「もも」様、もも(ら)様、ちゅらら様

 コメントの投稿では、大変ご迷惑をお掛け致しました。

 また、ポチ氏との対応では、大変お世話になりました。心より厚く御礼申し上げます。

 このブログでは、コメントの数が100を超えると表示されないようです。誠に申し訳ございません。

 恐れ入りますが、再度、このブログか一両日中に掲載致します新しいブログに、コメントを頂ければ幸いです。

 今後ともご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

愉快様

 ハンドルネームのご変更、おめでとうございます。私は、以前の「愉快な創価学会」というハンドルネームを拝読するだけで、とても楽しい気分になっておりました。

 さらに、ブログ運営に関するご提案を頂き、誠にありがとうございました。今後とも、様々な角度からのコメントをお寄せ頂ければ幸いです。

AA仮面様

 コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

アンチ・テチャク様

 コメント、ありがとうございました。「回答」があっただけでも、今後の展望が開けたと感じています。

kan様

 コメント、ありがとうございました。私が、ポチ氏のコメントを投稿禁止にした最大で、かつ決定的な理由は、ポチ氏がkan様を侮辱するコメントを投稿されたからです。

 今後とも、ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

東日本の民は怒ってる!様

 コメント、ありがとうございました。池田大作氏の近況を明らかにする人物が登場することを、私は切望しています。

流れ星様

 ポチ氏の件では、度々アドバイスを頂き、誠にありがとうございました。これからは、もっと早く適切な対応を取りたいと存じます。

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ブタ作様

 コメント、ありがとうございました。最近、再び不審な動きがありました。用心に用心を重ねようと存じます。

クロ様

 興味深いコメント、ありがとうございました。池田大作氏は、訴訟代理人を選定した書面に、署名捺印をして裁判所に提出しているはずです。その書面を入手し、本人の自筆かどうかを確認できないかを検討してみます。

億劫様

 コメント、ありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

Tamaki Hosoe様

 コメント、ありがとうございました。私は、わが道を進みます。

 ちなみに、元海外相談部長の和田公雄氏は「秋谷さんが会長だったら、髙倉さんに対して、こんな愚かな対応はしなかった。」と言われていました。

 また、元副教学部長の野崎至亮氏は「池田名誉会長と秋谷さんは長生き競争をしている。」と言われていました。

 創価学会の本部職員の中から、内部告発に立ち上がる方々が輩出されることを、私は熱望しています。人間としての良心を取り戻し、本部職員になりたての頃の初心を思い起こして頂きたいと存じます。

 このブログを「監視」されておられる本部職員と池田カルト一派の訴訟代理人の方々が、勇気ある行動を開始なさることを、心よりお祈り申し上げます。

レインボー様

 コメント、ありがとうございました。私のブログが、レインボー様のお役に立っているとのこと、嬉しい限りです。

NONAME様

 コメント、ありがとうございました。私の置かれている状況をご理解下さり、心より厚く御礼申し上げます。

通行びと様

 コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

元学会2世 様

 コメント、ありがとうございました。貴重なご指摘、ありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 


 
希望 2011/10/05(Wed)21:08:50 編集
» 素直な心で
創価学会を脱会した、元古参幹部の「ある方」から聞いた話しです。
(戸田城聖氏に直接指導を受けた時代の方です)

若き日の「池田大作青年」は
職探しの最中に「若干名募集」と云う
求人広告看板を見て
「若者を千人も募集する凄い会社がある」と
感動したそうです(笑)
多方面で、かなり拡散している、
このエピソードを引用し「池田大作氏」は
「日本語を理解出来ない、朝鮮人だと云う証拠だ」と反創価・アンチブログ等では取り上げています。

でも「もも」は、こう思うのです。
若き日の池田大作氏は、素直な心を持ち、明日への
希望を疑わない純粋な青年だったのでは・・・と。

「池田大作氏」と青年時代を過ごした
「矢野絢也氏」が「あれほど」創価学会側から
叩かれ、批判されているのに
「もう一歩のところで踏み留まるのは」
きっと、一緒に過ごした人たちにしか
分からない「池田大作氏」への「慕情」と「追憶」があるからなのだと・・・。

どこかで、どこかの「タイミング」で
「池田大作氏」は「変節」してしまったのでしょう
「池田大作氏」の「変節」はそのまま「創価学会」と云う組織の「変節」に繋がります。

元古参幹部の「ある方」はこう云います。
「宗門が(善)で学会が(悪)だと云う次元で語っているうちは何も解決しない、当時の(破門前)末寺では
全てとは云わないまでも僧侶の堕落、怠慢が目に余った。パチンコ等に興じる者、夜な夜なスナックに
繰り出す者、住職の奥様が外車を乗り回すなど、学会側から見れば叩く理由はいくらでもあった」と。
「ある方」は続けます。
「山崎正友さんから聞いた話しだが、池田大作氏が
宗門から「寺を作ってくれ、作ってくれ」と
会うだびに云われて参ったよ、と云っている割にはその表情はとても嬉しそうであった」と。
この証言が事実ならば、
「宗門」と「学会」の蜜月時代を象徴する
「微笑ましい史実」として語り継がれるでしょう。

「もも」は信仰を持たない無宗教の人間です。
でも「宗門」と「学会」が「狂気」とも云える
「中傷合戦」に疲弊した「とき」、「真実」を語ろうとお互いが「歩み寄ったとき」にこそ全ての
問題が解決に向けて動き出すのではと思うのです。

髙倉様の云う
「時の符号」を信じて待ちましょう。

文責「もも」
もも 2011/10/05(Wed)22:08:11 編集
» 箸休め
ポチの名前の由来は何だったのかな?

アンチのなりすましを装うつもりだったのかな?
誰かに可愛がってもらいたかったのかな?
花咲じいさんの飼い犬のポチから名付けたのかな?

花咲じいさんのお話の、正直じいさんと、意地悪じいさんは、本当はどっち
が悪かったんだろう?
本当はどっちも悪くなかったのかな?
でも、このお話のポチが一番哀れかな?

ここほれワンワンで、お金を掘り当ててもらって、正直じいさんはそれから
どうなったんだろう?
なんで、意地悪じいさんに、ポチを貸してしまったんだろう?

正直じいさんが、お人よしだから?
それともポチが自分で行ったのかな?
それで、ポチは、どうなったんだろう?
正直じいさんは本当はどうなったんだろう?
意地悪じいさんは本当はどうなったんだろう?
お殿様は本当はどんな人だったんだろう?

学会のお墓には櫻が咲いているのかな?
枯れ木に花は咲くのかな?
枯れ木に花が咲いたらどうなるんだろう?


正直じいさんと意地悪じいさんを誰かに例えておりませんので念のため!


「箸休め」には、次の料理にそなえていったん箸を休め、口の中をさっぱり
させるという役割があります。料理の途中で箸先を清める意味もあり、汁仕
立てのものが常套です。
また、茶事では先付けから焼き物までが、お腹を満たす食事、箸休め以降が
酒の肴という考え方もあり、いわば献立の折り返し点といってもよいでしょ
う 。

つまんね~ あ~ 笑いは難しい!

すみません!スランプなので今からキャバクラに行ってきます!(笑)
愉快な創価学会 2011/10/05(Wed)23:00:02 編集
» ももさんへ
たしかに、青年部の時の池田さんは、素直な良い人間だったかも知れません。
しかし、池田さんの悪いところは、あたかも本仏再来のように自分の伝説作りをしたところです。
当時は、新宗教戦争で、人の取りだったのでいたしかない面があったにせよ、やり過ぎだと思う。若き日の日記も、作られた痕跡があります。これは、確かHNがSGIさんという元本部職員の方が、ネットでバラしていました。
人間革命も篠原善太郎氏が書かれていた話もあります。
直接の原因は、莫大な財務の自由に使えるだろうお金が手に入ったからだと思う。人間だもの、どんな真面目な人間だろうと、変わりますよ。ただし、違う目的のある人は、変わらないでしょうが、池田さんは莫大なお金を手に入れるのが、目的だったから。
僕は、池田さんはお金のチカラをよく知っていたのだと思う。人心掌握にはお金が一番だもの。だから宗門が寺欲しいと言った時、「これでまた、恩を売れる」と思ったのではないだろうか?
とにかく、池田さんはこれっぽっちも世界平和や、人類の幸福なぞ考えていないですよ。

踊らされる会員だけが、不幸。信心が広まれば、平和で幸福な世の中が本気で出来ると信じてるんだもん(笑)。
ブタ作 2011/10/06(Thu)13:07:30 編集
» ありがとうごさいます。
ブタ作様へ

「もも」の駄文を、真剣かつご丁寧にお読み頂いたことを、心より感謝いたします。
ご指摘の通りです。激しく同意いたします。
「もも」はこう思います「池田大作氏」が「変節」して行くさまは、間近で見ていた古参の幹部達がいちばん良く知っているのではないのかと。
「変節」して行く創価学会をいちばん憂いていたのは「池田大作氏」が最も信頼していた「側近たち」ではなかったのかと。この先は「もも」が言及出来る次元ではありません。ここまで「肥大化」した創価学会と云う組織団体への「総括」は然るべき方達にお任せします。ありきたりな評論でお恥ずかしい限りですが「池田大作氏」は「後世」に名を残す
「傑出」した「オルガナイザー」であったと思います(まだ故人ではないらしいですが・・・)

しかし「裁きのとき」は
間もなくです。
髙倉様の云う「時の符号」を信じて待ちましょう。

文責「もも」

追伸

愉快な創価学会員様へ

「もも(ら)」も時折「キャバ」で
「豪遊します(笑)」
髙倉様を囲みながら、
このブログに訪問している皆様と、楽しく歓談出来る日が来ることを、楽しみにしています。




もも 2011/10/06(Thu)18:41:41 編集
» こちらこそありがとうございます
高倉様
ご丁寧にお返事いただき嬉しく思います。

一部の組織 団体の利益の為に政治はおろか
司法までも捻じ曲げられている昨今

諸悪を根からたたなければこの国に未来は
ないと私の回りのみなさんも強く感じておられる様です。

命をかけこれらと戦っておられる高倉様 弁護士様皆様に感銘を受けました。

非力ながら応援させていただきたく思っております。
東日本の民は怒ってる! 2011/10/06(Thu)19:58:59 編集
» 初めて知りました。
吉展ちゃん事件———昭和三十八年、東京都世田谷区で建設業を営んでいた000さんの長男・吉展ちゃんが誘拐され、犯人は両親に身代金五十万円を要求した。
 両親が要求通りに五十万円を支払ったにも拘わらず、吉展ちゃんは死体で発見された。犯人の小原保が逮捕され、裁判の結果死刑を宣告され、執行された。
 この小原保は熱心な創価学会員であった。その小原保は吉展ちゃんを誘拐し、殺害して金を手に入れた直後に学会活動で知り合った会員仲間の愛人宅で、奪った金を仏壇に供え、二人して“功徳により大金を手に入れることができたこと”への感謝の唱題を続けていた。
 幼児を誘拐し殺して奪った金を「創価学会の信仰の“功徳”だ」と言っていた。「創価学会と池田大作のためなら何をしても良い」と日頃から創価学会より洗脳されてきた結果と思われる。

 もちろんこれは特殊な例です。
また小原保さんは獄中で改心し、朝日歌壇に短歌を投稿するようになり、贖罪の歌をたくさん残しているようです。 詩歌は「福島誠一」という名で投稿していたが、この名前は「今度生まれ変わる時は愛する故郷で誠一筋に生きる人間に生まれ変わるのだ」という願いが込められていたそうです。彼が投稿した短歌は370首にも及んでいるとのことです。

 詫びとしてこの外にあらず冥福を 炎の如く声に祈るなり

 朝あさを籠の小鳥と起き競べ 誦経しづかに処刑待つ日々
 
 死ぬまでの課程こまごま記しつつ自戒厳しく日々を生きおり

 ゆりかごの唄を忘れて人の子を あやめし悔いに母子像顕つ

 世のためのたった一つの角膜の 献納願いを祈るがに書く

 1971年12月22日、翌日の死刑を言い渡された小原は次のような辞世の歌を詠みました。

 明日の日をひたすら前に打ちつづく 鼓動を胸に開きつつ眠る
 
 怖れつつ想いをりしが今ここに 終るいのちはかく静かなる
 
 静かなる笑みをたたえて晴ればれと いまわの見ずに写るわが顔

 世をあとにいま逝くわれに花びらを 降らすか窓の若き枇杷の木

  
 一方、吉展ちゃんの母親・豊子さんは小原の死刑執行後の週刊誌の取材で彼の遺した歌を読み、次のように語ったそうです。
「あの人がこんなきれいな気持ちになれた代償が、吉展の死だったとしたら、やはり私どもにとっては大きすぎる犠牲ですね。まあ、あの人がこんな人間になって死んでいったことは、せめてもの救いですけど・・・・天国で、吉展をかわいがってほしいですね」

 以上、ほとんどが引用です。悪しからず。




 吉展ちゃんのお母さんはそれらの短歌を読み、
ちゅらら 2011/10/06(Thu)20:23:18 編集
» ほっとしました^^
しばらくご無沙汰でしたので、髙倉様の身に何かあったのでは?・・・と心配してました。
でも、レスを拝見して安心しました。
いつもご丁寧なレス、ありがとうございます^^。

ちゅららさんへ

創価学会員の事件はとても多いです。
吉展ちゃん事件も有名な話です。
検索すると、いっぱい出てきます^^;。
でも他宗教団体の人や無宗教の人たちにも犯罪者はいますし、一概に創価学会員だけが事件を起こしてるわけではないと思います。

ただ、表面上はいつも世界平和!とか・功徳!とか・悠々たる境涯!とか・麗しき創価家族とか叫んでいますが、実態の姿とのギャップが大きいので、みなさん唖然としますし、池田創価は相手にしないほうがいい・・・という認識の方々が多いようです。

>「創価学会と池田大作のためなら何をしても良い」と日頃から創価学会より洗脳されてきた結果と思われる。
       ↑
これは確かに言えます。
はっきりとした言葉で言うことは稀ですが、そう思わせるような発言を幹部は繰り返しています。
だんだん、そう誘導されていくのです。
私自身も経験がありますし、昔・幹部だった頃はそういう雰囲気に誘導する話をしたこともあります。

姉歯さんの奥さんはお気の毒でしたね。
聖教新聞を何部も購入し、周囲の人たちにも配っておられたような熱心な婦人部の活動家だったようですが、自殺してしまった。。。
もう生きる術がなかったのでしょうね。

その前に「脱会届」を出されてたとのこと。
受け取ったのですね・・池田創価は。
なので、一部マスコミが取材を申し込んでも、脱会してるので会員ではないので・・と応じなかったそうです。
本当に困った時に救うのが本来の宗教です。
それを、背を向けて知らん顔。。。

たしか、麻薬関係で逮捕された元サザンのメンバーも同じ対応でしたね。
マスコミが取材を申し出ても、脱会してるので関係ありません!との対応でしたね。
このメンバーは昔、功徳の体験を集めた本にも載っていました。
私はまだ持っています。
公明党にいた太田氏が青年部長だった頃です。
池田創価にはとてもいい宣伝効果がありました。
しかし、池田創価は自分たちの都合で切り捨てます。
会員は「使い捨ての道具」なのです。

では、普通の会員が脱会すると言えばどうでしょう?
なかなか脱会できませんよね^^;。
異常なまでに引き止めます。
「福運を消しますよ!地獄に堕ちますよ!」とまで言います。
あげくの果てには、「裏切り者!」とまで罵ります。

聖教新聞部数と財務という名の強制搾取と公明党の票が減る・・・
組織のためにタダ働きする道具が減る。
それだけなのですよね。
まさに「カルト!」そのものです。

でも、、末端の会員さんにはいい人も多くいます。
お互いに助け合ったりして、良き人間関係もあります。
生活に密着してるだけに、う~~ん・・難しい心情もあったりするのです^^;。
kan 2011/10/06(Thu)21:42:45 編集
» ありがとうございます
もも様

 興味深いエピソードをご紹介下さり、誠にありがとうございました。

 いずれ、ブログでご紹介致しますが、創価学会を相手にした訴訟は、絶妙の日時に開始されることが決まりました。

 人生には、単なる偶然はないと感じています。時の符号とは、本当に面白いものです。

愉快な創価学会様

 「箸休め」のコメント、ありがとうございました。私には、全く「箸休め」という発想がなかったので、良い勉強になりました。

 今後とも、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

ブタ作様

 コメント、ありがとうございました。

 池田氏の「若き日の日記」は代筆者がいるということは、私も、元最高幹部から伺いました。この方は、池田氏が復権できたのは、お金の力だと言われていました。

 これからもコメントの投稿、よろしくお願い致します。

東日本の民は怒ってる!様

 応援、誠にありがとうございます。裁判所自体も、かなり汚染されています。

 このような状況を少しでも変革すべく、微力ではありますが、闘い抜きます。

 今後ともお力添えの程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ちゅらら様

 興味深いコメントをお寄せ下さり、誠にありがとうございました。

 私は、かつて、死刑囚を折伏したことがあります。その際、創価学会の最高幹部の対応に失望したことがあります。

 いずれ、その時のことをブログでご紹介致します。

 今後とも、コメントの投稿、何卒よろしくお願い申し上げます。

kan様

 ご心配をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。私は、元気一杯ですので、ご安心下さい。

 ちなみに、先日、あるテレビ番組で、ストレスのチェックテストをしていたので、私も、そのテストをしてみました。ありがたいことに、私は、ストレスはゼロでした。

 これも皆、私を支援されて下さる方々のおかげであると感じています。本当にありがたい限りです。
希望 2011/10/07(Fri)23:11:13 編集
» 年寄りになってしまいましたわい
高倉先生に笑うてもらおうとして無い知恵を振り絞っておりましたら、いつ
の間にかじいさんになってしまいましたわい。
あれこれと呻吟しておりましたら、いきなりどらえもんが現れましてのう。
たいむましんで未来に行って色々と勉強させてもらいましたのじゃ。
わしがじじいになったのも時間を遡ったからかのう・・・

おおそうじゃ!笑い話を思いつきましたわい!

池田カルト一派がイラク戦争に諸手を挙げて賛成したのは、皆よく知ってお
るじゃろう?
実はのう、わしの知り合いのイラク人に、池田教は他の宗教は全て邪教じゃ
から、何をしてもかまわんと常日頃から言うておると色々教えてやったら、
激怒しておりましてのう。
誤解されると困るんじゃが、そのイラク人は過激な原理主義ではなくてのう
自称イスラム教徒と言うレベルの男なんじゃよ。
女好きでスケベな男じゃしのう。
その男が言うにはイスラム教は家族主義で平和な宗教じゃと言うておりまし
たわい。
過激な主義のやつらのおかげで、まともなイスラム教徒はえらい迷惑をしと
ると言うておりました。
しかし中近東の利権を目当てにとんでもないことをする輩がおるからその気
持ちはよう分かると言うておりましたがのう。

創価学会池田カルト一派は世界中の宗教を敵にまわしてしまいましたのう。
おおそうじゃ!池田氏の追悼の外電の内容は見ものじゃのう?
外電の内容には注意せんとえらいことになりますからのう?
もっとも当たり障りのない内容の文章が用意されてあるんじゃろうがのう?
第一、日本でしかニュースにならんじゃろうし。
一般人は無視するじゃろう。カルトはつまらんことを考えるのう。

ところで、そのイラク人は愉快な男なんじゃが、酒を飲むと、もの凄い目つ
きになる男でのう。なんでも戦争でえらい目にあったそうじゃ。
わしに問わず語りに戦争の話をしてくれるのじゃが、戦場は凄惨なものじゃ
のう。話を聞いてたまげましたわい。
わしも戦争のことはよく知っておるつもりじゃったが、とんでもない話ばか
りじゃったわい。
日本にはそんな男が巷にあふれているそうじゃ。

そういえば創価学会が利用した暴力団員にも激怒しておるやつがおるじゃろ
うのう?
アウトローは顔を潰されるのがこたえるからのう?
ま~わしが何を言わんとしとるかはよくわかるじゃろうが、しょせん年寄り
の戯れ言じゃから勘弁してくだされ。

ん、未来に行って何を勉強したか聞きたいようじゃのう?
ま~あたりまえの話じゃが、結局悪いことをした人間は相応の報いを受ける
ということじゃ。
後はのう、どちらに転んでも得をするとほくそ笑んでおる輩は結局、一番損
をすることになるということですかのう?

そういえばえらく粋の良いおねいちゃんのプログで知りましたが学会にはバ
ルタン星人がおるらしいのう?
飼い殺しになっておるそうじゃが、どさくさまぎれに復権の機会を狙ってお
るのかのう?
頭のいい男らしいから、どの派閥につけば得をするかよく解っておるじゃろ
う?
性根を入れ替えておれば良い男になるじゃろうかのう?
わしもまだまだ甘いかのう?

しかしそろそろ高倉先生の身の安全は、まじめに考えたほうがいいかもしれ
ませんのう?
ま~警察も公安も見張っておるじゃろうから迂闊なことはできんじゃろうが
のう?

ふぉふぉふぉふぉふぉっ まだまだ創価学会から目は離せませんのう?
もっと愉快になるかもしれんからのう?

追申
ももさんのキャバクラのお誘いはやぶさかではないのじゃが、好みの女の子
がかぶると、またいらん金を使うことになりますからそれだけが心配ですわ
い。楽しみにしております。

ブタ作さんと、ちゅららさんはまじめですのう?
わしは笑い話をつくっただけなんですがのう?
おかげで良い勉強になりましたので礼を言わしてもらいますわい。

そういえば 「兵とは詭道なり」 孫子の兵法の言葉でしたかの?(笑)
愉快な創価学会 2011/10/08(Sat)14:12:07 編集
» 愉快な創価学会様
飼い殺しにされてるバルタン星人・・・
ああ、弓なんとかさんですね。
彼は、きっち師匠を見習っただけだったと思います。
しかし、幹部の中には彼を好ましく思わぬ人がいた。
そして週刊誌にリークしたのではないだろうか・・・・、などと推測してます。

それにしても、バルタン星人とはよく言ったものです。
確かに似てる。
元学会2世 2011/10/08(Sat)19:02:52 編集
» 誤字訂正
×きっち
○きっと
元学会2世 2011/10/08(Sat)19:04:24 編集
» 彼のこと?
7月21日の朝、創価学会の機関紙である聖教新聞に注意深く目を通した読者ならば、1面の記事に違和感を覚えたかもしれない。
創価学会本部の人事異動を報じた記事の中に当然あるべき名前が、どこにも見当たらなかったからだ。

創価学会ウォッチャーが解説する。
「その記事には、前日に創価学会の職員が集まる大きな会議が行われ、男子部や学生部の人事異動が決定したと書かれていました。本来、人事はこの時期ではありませんし、なによりも驚いたのは、一昨年、最年少で男子部長に大抜擢された弓谷照彦氏(34)が外されていたこと。彼は、学会員なら誰でも名前と顔を知っているエリート中のエリートで、当分の間、弓谷体制が続くはずだったのです」

記事のどこを探しても、弓谷前男子部長がポストを外れた理由や今後の処遇について一切、記述がない。それが却って記事の行間から、創価学会内部に大スキャンダルが持ち上がっていることを窺わせたという。
この不可思議な人事の理由は何だったのか。

その真相を解き明かすためには、前日に行われた会議を再現せねばならない。
7月20日午後1時すぎ創価学会の本拠地、東京・信濃町の創価文化会館では、各部代表者会議が行われていた。月に1度開かれるこの会議は、池田名誉会長を筆頭に秋谷栄之助会長らトップと本部職員ら約1500名が出席する大規模なものだ。

出席者の一人が言う。
「まだ、池田名誉会長が会場に入る前に、秋谷会長から“創価学会の伝統的な精神を確認しておきたい”という話がありました。“人事は公正に”とか“会員間の借金はご法度”とか……。後半に、“男女問題は言語道断。信仰の純粋性を逆手に取り、欲望の捌け口にするような、とんでもない行為だ。。罪は重い”と強い口調で言ったのです」

一般的な注意にも聞こえたが、一呼吸をおいた秋谷会長はこう続けた。
「残念なことに、青年部の現職最高幹部が不祥事を起こした。弓谷男子部長に男女問題が発覚したため、解任する」
男子部長は、池田名誉会長と秋谷会長、婦人部長、青年部長などに次ぐ大幹部。名誉職の副会長を除いた序列で考えれば、組織のナンバー5の重要ポストである。解任の言葉を聞いた職員たちは、思わず息を呑んだという。
が、驚くのはまだ早かった。
「その後、池田名誉会長が会場に姿を見せ、秋谷会長に、“ちゃんと語をしたな”と確認の言葉を掛けました。そして、“とんでもないことです”と、声を荒らげて怒り始めたのです」(出席者)

奪われた「貞操」の仇

ここから池田名誉会長は、容赦ない言葉で、弓谷前男子部長のことを罵倒し始めた。その中身はおおよそ次のような内容だったそうだ。
「こんなことは前代未聞。創価学会始まって以来の不祥事です。弓谷前男子部長のことを調べました。そうしたら、大学時代からです。あっちもこっちもです。もう病気です。清浄な創価学会の世界にケダモノが入り込んで、引っ掻き回しているようなものです。犬畜生……。昨日、3人の女性の父親から、学会はどうなっているんですか、と苦情の電話があって、朝の4時まで眠れなかった……」
激しい言葉に呆然とする職員を前に、池田名誉会長の怒りの矛先は、弓谷前男子部長と交際していた女性職員にも向けられた。
「騙した奴が一番悪い。だけど、騙された方だって悪い。映画を観て、食事をし、貞操を奪われて、可哀想といえば可哀想だけど、貞操を守れないなんて、とんでもない。本来は、両方とも処分だ。(2代会長の)戸田先生は厳しくて、女も除名にしたが、私は優しいからな……」

さらに、「うちの奥さんは、何もそこまでやらなくてもいいじゃないか、と言うけれど、言うしかない……」
と、宣言した後、交際相手の女性職員の名前を挙げてみせたのだ。その異様な状況を出席者が振り返る。

「池田名誉会長は、一旦、話題を変えたのです。結婚が決まった女子部の幹部を祝福したり、30年以上、無遅刻無欠勤を続けたベテランを褒めたりして、話をそらしながら、ぽつり、ぽつりと20代後半の女性職員4人の名前を挙げたのです。その4人が弓谷男子部長の関係していた女性だと気付いたのは、その中の一人に、“仇はとってやる”と話しかけたからでした」
4人の中には、この会議を欠席していた者も含まれていたが、病欠と聞くと、「そりゃ、診療所にも行くわなあ……」と、溜息をついて見せ、弓谷前男子部長との爛れた関係を暗に示したのだという。創価学会の関係者が話す。

「4人とも美人で、第1庶務という池田名誉会長の秘書室のような部署とゆかりのある女性ばかりでした。それぞれが弓谷といつから交際していたのかはわかりませんが、池田名誉会長の周囲にいる女性4人と並行して交際していたことになります。しかも、弓谷は今年1月2日に、第1庶務にいた別の女性職員と入籍しているのです」

1月2日は池田名誉会長の誕生日。わざわざその日に合わせて入籍してゴマをする陰で、お膝元の女性職員たちに片っ端から手を出していたというわけだ。
では、弓谷前男子部長とはどんな人物なのか。
別の創価学会ウォッチャーが解説する。
「創価高校から東大を受験して合格しながら、創価大学に進学したエピソードで知られる男です。入学式のときに、池田名誉会長が“両親はきっと東大を望んでいただろうに、創価大学に来ちゃった子なんです”と目を細めたお気に入り。理論派で弁舌も爽やか。顔も悪くないから、そりゃ女子からは人気がありました」

パワハラとビデオ撮影

創価大学の大学院を卒業後、本部職員となり、池田名誉会長の覚えがめでたかったため、異例の速さで昇進を遂げた。
「男子部は、だいたい40歳くらいまでの男性学会員が所属する200万~300万人の組織です。外敵から学会の全てを守るという役割を担っていて、信濃町の警備から選挙の裏方までこなす実働部隊。そのトップを30そこそこの年でやらせてもらったのてすから非の打ち所のないエリートでした」(同)

今年だけでも、聖教新聞の社説のような座談会に30回以上も登場し、創価学会を去った元会員や宗門を口汚く批判し続けていた。
中には、女性問題を取り上げて、相手を罵ったこともあり、親譲りの財産を食いつぶして事業に失敗したやつ、下劣な女性問題を起こしたやつ……人生の落伍者だらけだ〉(3月7日)
〈(脱会した元顧問弁護士は)自分で“下半身をコントロールする自信がない”と言い放っていた。その通りの下劣な本性が、誰の目にも、明らかになった〉(3月30日)

敵を罵倒するときのトーンも、何もかも師匠を真似たかのようにそっくりだから、池田名誉会長にしてみれば、今回の処分は、可愛さあまって憎さ百倍といったところかもしれない。

創価学会の現役職員が話をする。
「このスキャンダルが池田名誉会長や秋谷会長の耳に届いたのは、匿名の手紙があったからだといいます。また、女性の親が不倫関係に気付いて、学会に怒鳴り込んだとも聞きました。ですから、この4人にしても氷山の一角かもしれないのです。匿名の投書の中には、弓谷が自分の地位を利用してパワーハラスメントを行っていたとか、女性とのセックスをビデオ撮影していたと書かれたものまであったそうです」

では、創価学会はこの人事と宗教者にあるまじき不祥事について、どのようにコメントするか。
「会内の会合内容について、その詳細は公表しておりません」と、木でハナを括ったような対応だが、前出の学会ウォッチャーが話をする。
「ここまで晒し者にされれば、弓谷前男子部長は近い将来、本部職員を辞めざるをえないでしょう。だから、今回の解任は実質的には除名に近いのです。池田名誉会長がここまで厳しく処断した理由は、第一が婦人部への配慮。第二が、自分の人事を公平なものだと示すため。実は今、学会の一部に、まさか池田名誉会長は世襲を行うつもりなのではないかという疑心が芽生えています。揺らいだ組織を引き締めるのも狙いの一つでしよう」

創価学会に詳しいジャーナリストの山田直樹氏はこう見る。
「池田名誉会長はこの処分にあたって、かつて弓谷氏を推薦したり、監督する立場にあった人物の処分まで匂わせたそうですね。しかし、弓谷氏をあそこまで引き立てたのは、他ならぬ名誉会長自身だということには、どう言い訳するつもりなのでしょうか。つまり、ここまで女性にルーズな人間だと、今の今まで見抜けなかったのですからね」

職員たちに怒りをぶちまけて憂さ晴らしをする前に、ご自身の不明を詫びるほうが先だったのではないか、というのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネット上に載ってたままを転写。
非会員 2011/10/08(Sat)22:36:59 編集
» まだじじい
元学会2世さん、非会員さん わざわざご親切にありがたいことですのう。
また良い勉強になりましたので礼を言わしてもらいますわい。
ただのう、ありがたいことじゃが、様はやめてくだされ、わしは無責任な男
じゃからのう・・・

そういえば小沢の裁判も始まったようじゃのう~
菅は案の定不起訴になったようじゃのう~
菅はこのまま不起訴になり続けるのかのう~
小沢が無罪になったらどうなるんじゃろうかのう~
前原と小沢で張り合うのかのう~
どっちが学会に都合が良いのかのう~
ま~二人共今はそれどころではないじゃろうがのう~
 
ところで、どらえもんのおかげで、未来に行って楽しんできましたがのう~
もとの年に戻らんのでほとほと困っておりますのじゃ。

この年でキャバクラへ行くのは恥ずかしいからのう。(笑)
第一常連の子に相手をしてもらえんし・・・話しをしても信じてもらえんか
らのう・・・
おおそうじゃ!どらえもんを呼んで過去に行けば若返るかもしれん!
ついでに便利な道具をちょろまかしてやろうかのう?
一つくらいちょろまかしても、ばれんじゃろうからのう~

ところでどらえもんはどうやって呼べばよいのじゃろうか?
確かわしがある言葉をつぶやいた時に現れた気がするのじゃが・・・
どんな言葉じゃったかのう?確か六文字じゃったと思うのじゃが・・・
何とか思い出さんとどもならんからのう・・・何じゃったかのう・・・・・
何じゃったかのう・・・・・
愉快な創価学会 2011/10/08(Sat)23:17:23 編集
» 含蓄を感じます
愉快な創価学会様、いや・・様は嫌だったのでしたね^^;。
では、愉快な創価学会さん

隠れ言葉の深さを感じています。
面白い表現の中に、とても含蓄のある意味を含んでおられますね。
「キャバクラ」にしても、他の諸々にしても・・・。
さすがだ!と感じました。

>この年でキャバクラへ行くのは恥ずかしいからのう。
    ↑
このお言葉も、今更昔の・何もわからず振る舞ってた学び少なき過去・・・という意味や更に諸々の意味があると思いますが。
で、単純に言葉だけ見たとして・・・
お幾つなんでしょう?
多分、私よりはお若いと思いますが。。。

含蓄深きコメントの一節一節を、含蓄抜きで見てみます。
「キャバクラ」OR「石鹸の国」
貴方はどちらがいいでしょう?

お互い、若い頃と違って“一寸法師”は“暴れん坊将軍”に変身する頻度が少なくなってるのではないでしょうか?
・・って、それは私だけですね^^;。
貴方はいつも“暴れん坊将軍”ですよね。
失礼しました。m(_ _)m

「明日のジョー」ってボクシングの漫画、ご存知ですか?
片目を眼帯したトレーナーのおじさんとコンビでした。

ある女性が愛する男と「一戦」交えた後、言いました。
疲れた“一寸法師君”に向って言いました。
「第二戦」への期待を込めて言いました。
「立て!立つんだ!ジョー!、戦いはこれからだ!」
「しっかりするんだ!ジョー!」
手のひらで、ジョーをピシッ、ピシッ!

アホ! よけいに縮こまるっちゅうねん!!

しかし、髙倉様のハートは常に正義の「暴れん坊将軍」です。
そして我々は、それに見合う良きパートナーの一人一人であり、良きセコンドでありたい!
そう思っています。

全て「隠れ言葉」があります。
でも、ちょっと「含蓄」が過ぎたでしょうか?(笑)
私の積み上げてきたキャラが壊れたかも^^;。
まあ、いいか!w

>確か六文字じゃったと思うのじゃが・・・
    ↑
関西では三文字、関東では四文字(これはかなり共通)
そんな素敵な大人の言葉はすぐに浮かびましたが、それに数文字加えて・・・とも思い浮かべましたが、ブログの品位に影響すると申し訳なので、やめておきます。(爆)w
kan 2011/10/09(Sun)00:25:24 編集
» まだじじいですわい
あ~年を取るとからだの節々が痛みますの~
目はかすむし、口の中も乾きっぱなしですわい。
困ったもんじゃのう~

おおそうじゃ!kanさんにお言葉を賜ったとはありがたいことじゃのう~
ま~わしの言葉は放言ですからの、あえて言えば放蓄ですじゃ。
あまり考えすぎんでくだされい。
年のことものう、なにせ、にわかじじいですからのう~勘弁してくれません
かのう?(笑)

>「キャバクラ」OR「石鹸の国」貴方はどちらがいいでしょう?
どっちも好きですのう。ま~おなごを口説くほうが面白いですがのう~
ああ、銭湯は大好きですのう。あれはいいですわい。(笑)

時代劇はのう~“暴れん坊将軍”やら“水戸黄門”よりは“鞍馬天狗”やら
“鬼平犯科帳”が好みですかのう~
わしは自分の命が一番の情けない男ですから、時代劇にはかたるしすを感じ
ますのじゃ。

そういえばボクシングは情け容赦のないスポーツですのう~
試合までに減量やらかけひきがありますから大変らしいですのう~
それに興業ですから客がおらんと成り立ちませんから大変じゃろう?(笑)

もしかするとkanさんは良い人じゃから女子供によく頼られる方ですかのう?

実はのう~kanさんに少しばかり文句を言いたいのじゃ。
朝方に散歩をしているときにの、どらえもんを呼ぼうと色々思案しておりま
したら思わず卑猥な言葉を呟いておりましてのう。
わしは地声がでかいので冷や汗をかきましたわい。
あたりに誰もいなかったのが幸いでしたがのう。
えらい恥をかくところでしたわい。
「溺れる者は藁をも掴む」とはよく言ったものですのう~
もっとも「カルトに嵌るのはこんな感じじゃろうか」と勉強になりましたが
のう?


年を取って身にしみましたがのう~
枯れ木に花は咲かんじゃろうのう?
枯れ木は立ち腐れですからのう~ 花が咲くどころではありますまい?
花が咲くのは自分次第ですかのう~花が咲くには季節も大事ですからのう?
カルトは奇跡が好きじゃからのう~

そうは思わんですか?(笑)

それにしても早く若返りたいのう~
どんな言葉じゃったかのう?確か六文字じゃったと思うのじゃが・・・
何とか思い出さんとどもならんからのう・・・何じゃったかのう・・・・・
何じゃったかのう・・・・・
ああ、そうじゃ!近所の子供に聞いてみるとしよう!(笑)
愉快な創価学会 2011/10/09(Sun)12:04:11 編集
» HNを「愉快な創価学会」から「愉快」に改名します(笑)
ご常連の方々の応援と励ましのおかげで、高倉先生が笑いの感情を取り戻されましたので、これからは、HN「愉快な創価学会」を、以前、仮に改名したHN「愉快」にしますので宜しくお願いいたします(笑)

他の皆様方にも、高倉先生のブログと、このブログに関連する他のブログを守り立てて頂ければ、非常に嬉しく存じますので何卒宜しくお願いいたします。

ちなみに私は愉快犯ではございませんので念の為!(笑)

おまけ

秘密の六文字の答えは「オブザーバー」でした(笑)
愉快な創価学会 2012/01/19(Thu)10:21:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :