「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 おかげさまで、私の誕生日の翌日、8月10日に10万ページビューを達成致しました。
 
 このブログを開設させて頂いたのは、2011年2月26日です。この日は、私の妻の誕生日です。以来、165日目で、ブログの参照が10万ページビューを越えました。
 
 これまで、ブログをご覧になられた方々、コメントをお寄せになられた方々、また、ブログの情報を拡散して下さった皆様方に対して、心より厚く御礼申し上げます。
 
 とりわけ、このブログの開設と管理に、お力添え頂いている方々には、どのような御礼の言葉を申し上げるべきか、適切な言葉が分かりません。皆様の献身的なご協力のおかげで、今日に至りました。今後とも、ご支援の程、心よりお願い申し上げます。

banner_21.gif
ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» おめでとうございます
10万ページビューおめでとうございます。
私も微力ながら、学生時代の同級生などにこのページを紹介させていただきました。
皆、驚いておりました。

今後も希望様たちの身の安全を、他の読者の皆様たちと共に見守っております。
いのり 2011/08/16(Tue)12:52:14 編集
» 無題
この記事をごらんの皆様へ。


私たちが高倉先生の手助けをできることといったら
このブログの拡散だと思います。私も週刊誌系10誌、国会議員、政党、報道機関、各種有名掲示板等に拡散してきましたが、まだまだこの事件を知らない人がたくさんいると思います。皆さんであちこち
拡散しまくっていこうではありませんか(この口調、どっかで聞いたことあるような)。
匿名 2011/08/16(Tue)13:15:02 編集
» 無題
10万ページビュー達成ですね。
毎日の心労を抱えながらの記事更新 私にはできないことです。
必ず結果が出ると信じています。

また不安材料がでて悩みます。
沖縄日本のものでなくなるのでしょうか。
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/blog-entry-276.html
いちじく 2011/08/16(Tue)17:55:06 編集
» 無題
 未だ、悩み迷いながら、学会とどう生きるかが定まらぬ迷い人です。

 高倉教授のブログは、私以外にも、多くの人へ真実をさらけ出してくれたブログです。

 今まで週刊誌や学会批判本は、『見るな、触るな、嘘八百だ!』と教わってきた私にとって、インターネットで出会う創価学会情報は、自分なりに読んで、考え、判断する教材となりました。
 その中で、貴ブログは、その文面からほとばしるような情熱と人生に対する真剣さ、誠実さが滲み出ていました。書かれていることは真実であると強く思うものであります。
 長い闘争になると思います。お体に気をつけてください。

 追伸。

 高倉教授は、鶴見芳浩教授が書かれている下記情報をどのようにお考えですか。

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.

 ご存知の範囲で、教えていただける範囲で、ご意見を伺えれば幸いです。お忙しい中、申し訳ありません。


迷い人 2011/08/16(Tue)20:32:43 編集
» ありがとうございます
いのり様

 コメント、ありがとうございました。10万ページビューに関する記事の最初のコメントを、いのり様から頂き、とても嬉しく感じています。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

匿名様

 このブログのことを拡散して下さり、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

いちじく様

 コメント、ありがとうございます。私は、結果を出すまで諦めません。

迷い人様

 過分のお言葉を頂き、大変恐縮しております。

 鶴見芳浩教授の件については、おそらく、池田大作氏とノリエガ将軍が、金銭的なつながりがあったことは真実ではないかと感じています。ただし、それ以外の点については分かりません。

 なお、池田大作氏とロックフェラーとの関係については、池田氏の側近だった元最高幹部から伺ったことはあります。

 
希望 2011/08/16(Tue)21:35:01 編集
» おめでとうございます!
10万ページビュー、凄いですね^^。
おめでとうございます。

多忙な中、毎回のコメントされた方々への丁寧なレス。
腰の低い謙虚な姿勢。
お人柄と人格が伝わります。

そんな紳士的なご対応もまた、共感を誘うように思います。
10万ページビュー、とても嬉しいです!♪

全てに言えることですが、世間には「目」があります。
わからないように思えても、不思議に小さいけれど真実を見る「目」があります。
それは時に感性であり、時に語り継がれた事実であり、時に怒りの声であり、時にネット社会での開示でもあります。

世間の「目」は一つじゃなく、様々な「目」が幾重にも重なり合い・出来事や組織を見ています。
時代と共に、真実を見る「目」は鋭くなり増えてると思います。
真実を見る「目」があっても、それだけで表面的には何ら変化のないような状況もあるかもしれません。
でも、実態はそうじゃありません。
その「目」を持つ人の認識が変わります。
知らなかった「真実」を認識します。

髙倉様の真摯な風は春の日差しに舞い、夏の空に吹き続けています。
「丈夫の風」に心からエールを贈りたい!
改めてそう思いました。
kan 2011/08/17(Wed)00:05:49 編集
» 創価学会万歳
充実内容での10万ページビューの達成、おめでとうございます!同志のコンテンツの普及は何よりもうれしく思います。創価学会万歳です。

改めまして、以下お願いにございます。

私は『御書と行学と創価学会員の実践』というブログを運営する
「村元B」と申します。
http://goshoshitei.blog109.fc2.com/
にほんブログ村にもエントリーしています。
http://www.blogmura.com/profile/00584913.html

この度、貴サイトを拝見したところ、ユニークなコンテンツに関心致しまして、当方ブログのサイドバー「同志のリンク」に貴サイトへのリンクを設置させていただきました。

当方のブログを貴サイトでもご紹介頂けないでしょうか?

以下は当方ブログへのリンクコードとなりますがご活用頂ければと存じます。
<a href="http://goshoshitei.blog109.fc2.com/" target="_blank">御書と行学と創価学会員の実践</a>

何卒宜しくお願い申し上げます。
【当方へのメールアドレス】
muragen002@gmail.com
村元B
» 無題
おめでとうございます~~~

妻の誕生日に開設~愛妻家ですね~

これからも、応援しています!
シネマ大好き娘 URL 2011/08/17(Wed)04:52:16 編集
» おめでとうございます!
ここまで至るのにどれほどのご苦労をされたことでしょう。
しかしながら、真摯に誠実に立ち向かわれている姿勢に、多くの方が共感し勇気をもらったことと思います。

本来ならば、このようなブログを開設しなければならないような状況にまで追い詰められてしまった現実は、嬉しいものではなかったはずです。
しかし物事には意味があります。
髙倉先生のこれから成し遂げられることは、多くの創価で悩む人々に影響を与えることでしょう。
それによって、髙倉先生に大きな意味が返って来るのかと思います。

残暑厳しい中、丁寧なブログ運営本当にお疲れ様です。
まだ道は続きます。どうかご自愛ください。
これからも微力ながら応援しています。
クロ URL 2011/08/17(Wed)05:04:53 編集
» 無題
10万ビユーの達成おめでとうございます。
先生の並ならぬ人権闘争に心から敬意を
表します。

先生のブログに励まされ、勇気を頂いた一人です。これからは自分なりにブログの拡散をさせて頂きたいと思っています。
仏法者 2011/08/17(Wed)08:46:39 編集
» 御書と行学と創価学会員の実践様
御書と行学と創価学会員の実践様

あなたのブログ拝見しました。
「混迷を深める社会にあって、今ほど確固たる哲学、不動の理念が求められている時代はありません。」
学会ではもう、何十年も前から同じ言い方がされてきましたね。
政権の中枢に公明党即学会が10年も居座ってこんなに酷い「混迷深く、不動の理念のない」日本にしたのではないですか?

当事者の責任を棚上げにして、こんな抽象的な言い方をして思考停止に陥らせる言動を、私は看過できません。

「池田名誉会長は「御書と青年」で語っっています。「創価の未来は、すべて今の君たちにかかっています。その根幹は不屈の信心であり、御書です」「人材の躍進といっても、根本は一人一人が《行学の二道》に徹し、信心を磨いていくことです」。」

 あなた達、熱心な会員らが行学の二道に励んで頑張ってきた結果が組織維持の為ならば平気で人権無視を無視する今の学会の現状ではないですか?

少しは現状を客観的に見る目を養った方がよい。
ノーモア原発、ノーモアカルト宗教 2011/08/17(Wed)18:14:56 編集
» 遅くなってしまいましたが
10万ビューおめでとうございます。

池田大作が表に出なくなって1余年が過ぎていますが、彼が亡くなった後に幹部連中はどのように事態を収拾するのだろうかと、その動向を注視しなければならない時期が来ているかもしれませんね。
池田大作についてはほとんど過去の記事ばかりで、去年の聖教新聞と比べても明らかに異変を感じます。
(例えば勲章などを特集したページなど)

今まで散々搾取してきた「財務」は「池田大作」というカリスマ性があったからこそ、うまく潤得していたのでしょう。しかし彼が亡くなっては、幹部連中は自分たちが路頭に迷うことを目に見えているから情報を開示しないという事も…。

池田大作の死亡説はともかく、今こそ学会の腐敗を取り除くべき時にあり、そしてそれを髙倉様が糾弾される事には深い意義があると思います。

髙倉様をはじめ、氏を支えていらっしゃる弁護士の方々、またネットで応援して下さる皆様にもご加護を祈ります。
竜眼寺暁 URL 2011/08/18(Thu)01:02:42 編集
» おめでとうございます♪
おめでとうございます。10万ビュー、すごいですね。良い流れを感じます。
高倉教授のブログ、希望があり真実があるからだと思います。応援しています。
wise 2011/08/18(Thu)01:16:51 編集
» 奥さんかわいそう
自分の主張もいいけど奥さんの事ももうちょっと考えてあげてもいいんじゃないでしょうか?
これじゃあまるで夫婦間ストーカー状態じゃないですか。
こんな事に巻き込まれた奥さんが不憫です。
夫婦関係が破綻して別居状態なら、奥さんの言う通りに別れてあげるのが男としての優しさじゃないないかと思いますよ。
ポチ 2011/08/18(Thu)11:40:08 編集
» ポチさま
  通常の離婚と高倉さんの問題とは違うことに注目しましょう。
 女は一度心が離れると、ニ度とその相手と元に戻れない傾向が強いので、妻が離婚を望めば潔く別れるのがよいと一般論としては私も思います。
 しかし、この問題は学会が絡んでいます。高倉さんは学会から奥さまを救い出したいのです。それが彼の愛情なのです。救い出したあかつきに果たして夫婦関係が元に戻るかどうかは別にして、あなたがおっしゃるような個人的で簡単なことではなく、創価学会の問題、人権の問題など、私たち日本国民にとって大切なことが満載なのです。高倉さんは頭のいい人です。常人には及ばない考えをもって闘っておられると思います。ここは応援してさしあげましょう。いつか奥さまも高倉さんに感謝なさる日が来ることを信じています。
ちゅらら 2011/08/18(Thu)23:01:52 編集
» ちゅららさんへ
何がどう絡もうと夫婦間の問題は最終的には個人の判断で決まるのではないでしょうか?
私には高倉氏が自分達の離婚問題に他のことを絡ませているようにしか見えません。
奥さんを救いたいとの気持ちからだと言われてますが、それはたとえ別れても出来るんじゃないでしょうか? そもそもどこかの団体が自分達を離婚させようとしているとの考えに無理を感じます。
一旦別れて後にご主人の言っている事が間違いじゃなかったとなれば、奥さんも考え直すこともあるんじゃないでしょうか?
夫婦のどちらかが別れたいと言い、別居まで始めた時点で夫婦関係を維持していくのは非常に難しいのではないでしょうか?
ポチ 2011/08/20(Sat)15:45:54 編集
» 無題
ポチ様

すべて内容読まれましたか?今回の問題は
2つの問題としてわけて考えるべきです。

①高倉教授夫妻の離婚問題
②上記から派生した創価学会の脅迫

①についてですが、なぜ別居にいたったか
の理由を正しく理解してください。このブログから
判断すると、創価学会に対する認識が夫婦間で
大きく異なっていたことが原因であると考える
ことが自然ではないかと思います。ではなぜ認識が
異なるかということですが、高倉教授はその
立場上、学会の上層部と直接話す機会が多く
普通の会員が知らない学会の闇の部分を知って
しまいました。しかし、マインドコントロール
されている奥様はその話を信じることができず、
高倉教授に対し「学会のことを批判する敵対者」
であると認識し、愛情が薄れていったものである
と思われます(あるいは、奥様は離婚までは考えて
いなかったかもしれず、離婚は創価が主導したことも
考えられます。これについては、奥様しかわかりません)。
ですからポチ様の下記のコメントについて

「夫婦関係が破綻して別居状態なら、奥さんの言う通りに別れてあげるのが男としての優しさじゃないないかと思いますよ。」

これは一般論としては必ずしも間違いではない
と思いますが、今回は奥様がマインドコント
ロールされていることにより、高倉教授のことを
「学会のことを批判する敵対者」
と誤解してしまったわけですから、高倉教授は
この誤解を解こうと行動していたのです。誰だってこんな誤解が原因で離婚するわけにはいかないでしょう。
この誤解はマインドコントロールに起因
するのですからそれを解くために日記をつけ
ていたのです。しかし、それが意図しない②の問題を
発生させてしまったため話がややこしくなって
しまったのです。

下記のコメントについてですが、
「そもそもどこかの団体が自分達を離婚させようとしているとの考えに無理を感じます。」
この話の流れから判断して、創価ならあり得ます。無理を感じません。 普通の団体ならあり得ませんが、創価は普通ではないのです。

「一旦別れて後にご主人の言っている事が間違いじゃなかったとなれば、奥さんも考え直すこともあるんじゃないでしょうか? 」
一旦別れてしまえばご主人の言っていることが間違いではないと悟る機会はないと思います。高倉教授のような話を奥様にする人など、まずいません。
遠い場所からの支援者 2011/08/21(Sun)01:27:03 編集
» 再びポチさまへ
 どう書こうかと考えていたら、遠い場所からの支援者様が的確に書いてくださいました。

 ポチさまのコメントからはポチさまの今までの個人的な人生経験の反映が窺えます。もちろん誰の考えもそれに支配されますが。そうではなくて、私にも言えることですが、大所高所から物事をごらんになることをお勧めします。

 ところでポチさまは学会員でいらっしゃるのですか?もしそうなら、否定されても批判されても、ここで今後もご自分の主張をお話しください。読ませていただきたいと存じます。
ちゅらら 2011/08/21(Sun)08:12:19 編集
» 再びポチさまへ
 ストーカー呼ばわりはちょっとね・・・!
高倉さんにそんな下卑た行為をする暇があるとは思えません、もちろん人格的にもです。

 goo辞書によると、

《忍び寄る者の意》自分が一方的に関心を抱いた相手にしつこくつきまとう人物。待ち伏せ・尾行・手紙や、昼夜をかまわないでファクス・メール・電話などの行為を執拗(しつよう)に繰り返す

[補説]この法律でいうストーカー行為とは、同一の者に対し、つきまとい等(下記の(1)から(4)までに掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る)を反復してすることと規定。
つきまとい等とは、特定の人物に対する恋愛感情や好意の感情が満たされなかったことによる怨恨(えんこん)の感情を充足させるために、本人、その配偶者、親族などに対し、以下のような行為をなすことと規定。
(1)つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居・勤務先・学校などの付近において見張りをしたり、そこへ押し掛けたりすること。
(2)行動を監視していると思わせるような事柄を告げること。
(3)面会・交際など、義務のない行為を要求すること。
(4)著しく粗野または乱暴な言動をすること。
(5)電話をかけて何も告げず、または拒まれたにもかかわらず、連続して電話をかけること。また、連続してファックスを送信すること。
(6)汚物・動物の死体など、著しく不快で、嫌悪の情を催させるような物を送付すること。
(7)名誉を害する事柄を告げること。
(8)性的羞恥心を害する事柄を告げること。また、性的羞恥心を害する文書・図画などを送付すること。
ストーカーこうい【ストーカー行為】
《stalkerは忍び寄る者の意》特定の人物やその配偶者・親族などに対し、つきまとい、待ち伏せ、面会・交際の強要、連続した電話やファックス、汚物など嫌悪感を催すものの送付、性的羞恥心を害する行為などを繰り返し行うこと。ストーカー規制法の規制対象となる。

 一方が別れたいと主張する夫婦の場合、もう一方がそれを回避するために努力するのは当たり前でしょう。それをストーカーというなら、別れたくない夫婦の間にはストーカー加害者と被害者が必ず存在することになります。極端な場合を除いてそれをストーカーだとは言いません。

 読者各位へ。高倉さんはストーカーだと思われますか?

 
ちゅらら 2011/08/21(Sun)08:31:27 編集
» 疑問?
奥様がマインドコントロールされていると断定的に言われていますが、何をもってそのように断定されているのでしょうか? 直接知るよしもない人物に対してこの人は今このような状態だと何故言い切れるのでしょうか?
私には高倉さんが裁判のために、ある意味奥さんを人質にしているように見えます。

ポチ 2011/08/21(Sun)22:32:50 編集
» 無題
ポチ様
あまり言葉にとらわれなくてかまいません。誤ったものを盲目的に受け入れてしまう状態のことを私がマインドコントロールと言っているだけです。

「奥様がマインドコントロールされていると断定的に言われていますが、何をもってそのように断定されているのでしょうか? 」

上記について、断定する根拠をなるべく簡潔に述べます。
創価学会は以下のような団体です。
①反社会的行為を行う
②本尊、教義も日蓮のものを利用しただけであり、実質は極悪人池田大作が信仰の対象となっているに等しい

こよのうな団体を信奉していることはマインドコントロールされていると言うに値すると思います。創価は自分達が正義で、それを批判するものは悪であると徹底的に叩き込んでいます。ですから奥様は高倉教授の話す創価の悪行を受け入れられないのであり、これをマインドコントロールというのです。①②が事実であることの証明ですが、次のサイトを見てください。
http://sokatruth.web.fc2.com/index.html


では次に移ります。
「直接知るよしもない人物に対してこの人は今このような状態だと何故言い切れるのでしょうか? 」

これについてですが、私が上記内容が正しいと言いきれるのは、2つ理由があります。
①高倉教授については、ブログや書き込みから信頼できる人物であると判断できる。よって、ブログの内容も信用できる。
②現役の国立大学教授が実名をだしてまで、事実ではない事由の裁判をする合理的な理由はない。

これらの理由により、高倉教授のブログは信頼できる内容であり、奥様はマインドコントロール状態にあると判断しております。
遠い場所からの支援者 2011/08/22(Mon)01:02:42 編集
» 無題
高倉様へ

東所沢小学校創価学会歌歌唱事件についての
資料提供はもうしばらくの猶予を頂けますか?
現在、私らの身辺がとても騒がしくなって来ました
8/21のちゅららさんのコメントにあるように
行動監視、待ち伏せ、つきまとい等々が以前にも
まして頻度、人数が倍増しております。

具体的な事例として、
自宅から駅に向かうまでの道すがら、
進行方向前方から、曲がり角から、徒歩、自転車、
時には車両、バイク等々の学会員が現れます。
(学会員と判明していないが、おそらくそうであろうと思われる人物も相当数です)
改札前にも複数、立っており改札を通ろうとすると
左右の方向から進路を遮るように走りぬけます。
車通勤の方は職場の入り口まで近所の学会員が
日毎交代でほぼ毎日のように尾行して来ます。
買い物中にぴったりと横に寄り添うように付いて来て購入しようとする商品に手を伸ばすと、横から
さっと、手を出しその商品を掴みます。レジにも
後ろにピッタリ並び、かごの中の商品を、
じっと見ています。「だから何?」と言った、
行動等を真剣に一生懸命に続けています。
第三者が見聞きすると、非常に幼稚でくだらないやり方ではありますが本人達は真剣な様子です。
察するに「行動は掌握しているぞ監視しているぞ」
と言うメッセージを発信し精神的に圧力をかけ
プレッシャーを与えているつもりなのでしょう。
幹部からは「あいつらを見張れ」とでも指示が
出ているのでしょうか?
マニュアルでもあるのかと思うくらいに「動き」
「仕草」がワンパターンです。不謹慎かも知れませんが、時折、笑ってしまいます。
電車、地下鉄を乗り継ぎ会社の前まで着いてきたケースもあります。さすがにこの時は声をかけ警察に通報しますと伝えると小走りで逃亡しました。

以上、一連のケースについては
既に所沢警察生活安全課、刑事課に情報提供、資料を提出しており警察側もパトロールを強化してくれる等、できる限りの支援をして頂いております。
ただ、立証が難しい事例のため、長期的に対応しますので決して挑発には乗らないようにと言われております。
恐らく、このブログの投稿もチェックしているのでしょう、コメントを投稿した数日後には前述した
「待ち伏せ」「つきまとい」等々の人数が倍増する傾向にあるようです。文面からは中々、読み取っては頂く事は難しいかも知れませんが、創価学会側の
思惑通りに窮地に追い込まれている訳ではなく
むしろ今の状況を「楽しんでいます」
「あ?また来たな」「いつもいつもご苦労様だな」
「こうして運がひとつひとつ逃げていくんだろうな」「可哀想だな」、と。

稚拙な長文になってしまいました。

資料等の提供はもうしばらくお待ちください。
私たちの仲間の一部が
高倉様はまだ創価学会に籍を置いている身分なので
本当に信用しても良いのだろうか?と言った慎重意見がごさいます。ご気分を害されたのなら
お詫びいたします。以前、理解者のふりをし、学会員である事を隠していた人物に手痛い目にあった過去がある為に些か神経質になっているのです。
ご理解頂けると幸いです。

また、コメントいたします。


もも 2011/08/22(Mon)10:49:42 編集
» 疑問?
反社会的行為を行うと言われてますが、この度の東日本大震災の救援活動などに対して多くの首長さんからも感謝の意が伝えられていますが、これはどう評価されますか?台湾では社会優良団体として数十回の表彰も受けていますがこれについての見解はいかがでしょう?

池田氏を信仰の対象にしている人など存在しませんし、またそのような事を組織として薦めてもおりません。

高倉氏のみを国立大の教授であるとか、ブログの内容などからと言う理由のみで一方的に信用するのはあまりにも主観的過ぎないでしょうか?判断する対象が二者存在する場合は双方をしっかり見る必要はないのでしょうか? 
ポチ 2011/08/22(Mon)11:06:31 編集
» 無題
ポチ様へ

私のコメントを読んで頂けましたか?

あきらかに「反社会的行為」ではありませんか?

創価学会に対し批判的であると言う理由だけで
(私たちは創価学会と言う組織団体を批判したのではなく公立の小学校で創価学会愛唱歌を歌った事実を追求し問題視しているのです)
一般人に対し「行動を監視し」「つきまとう」行為はあきらかに「人権侵害」と言う「不法行為」ではないのですか?その一方で社会貢献に汗を流している学会員さんたちもたくさんいる事は承知しています。「功罪合わせ持つ」ように個々の事例は別個に捉えるべきだと思いますし批判と賞賛はそれぞれあっていいかと思いますが、いかがですか?

現職の公明党議員の妻らが関係者と共謀し
広く中立であるべき公立の小学校で
創価学会愛唱歌「母」を歌い、
工場見学のバス車内で公明党議員の署名を配布する
 
ポチ様へ

この事例について貴殿の見解を渇望いたします。

もも 2011/08/22(Mon)11:49:29 編集
» ももさんへ
ももさんの身辺の個別の事例については全く存じ上げませんので真偽について断定的なコメントはできません。 もし言われてるような事が有るのであれば、既に警察に相談されていると言うことなのでそちらの判断を待たれていかがでしょうか?
これまでにも学会に対しては反対勢力などから様々な根も葉もないことを言われて来ましたが、決定的な犯罪を実際に起こしたなどと司法から断じられた事はただの一度もありません。

「母」の歌は結婚式などでもよく歌われ、外部の人たちからもいい歌だと言われています。是非一度、歌詞をご覧になってください。
ポチ 2011/08/22(Mon)13:28:44 編集
» 無題
ポチ様
一応、コメントしますが、創価は末端の会員は極普通の人間です。ただし、池田と本部の上層部が腐っているのです。これを末端の人間は知らないだけ、もしくは信じようとしないだけです。創価の人間は都合の悪い情報は思考回路から遮断されるようです。。
 震災の件は、他の宗教団体も援助活動はやっていますが、創価ほど大々的に自画自賛はしません。誰もしていないことを創価だけがしているのであれば感心しますが、多くの方が援助活動しており、ある意味自然のことと思います。また、援助活動をしたからといって、上層部の悪行が許されるわけではありません。


「台湾では社会優良団体として数十回の表彰も受けていますがこれについての見解はいかがでしょう?」

池田大作の各種栄誉賞が金で買われていることをご存知ですか。台湾の件が該当するかはわかりませんが、これを持ち出すのならフランス、ドイツ、オーストリア他数カ国で国家認定のカルト指定されております。

「池田氏を信仰の対象にしている人など存在しませんし、またそのような事を組織として薦めてもおりません。 」

聖教新聞を読んであなたがそのように感じられないのでれば受止め方の違いということです。ただ、多くの人の感想として、池田の賞賛があまりにも醜いというものであることも認識下さい。しかも、その内容も虚構です。あなたがそう思わないのであれば、それは否定しません。


「判断する対象が二者存在する場合は双方をしっかり見る必要はないのでしょうか? 」

全くもっておっしゃるとおりです。その結果、このように申し上げているのです。程度の差こそあれ、高倉教授と類似する被害を受けた方はこれまでにもたくさんいるのです。


最後にもも様へのコメントの中で、下記の件は明らかに事実に反します。信じられないでしょうが創価は情報操作をしています。
「これまでにも学会に対しては反対勢力などから様々な根も葉もないことを言われて来ましたが、決定的な犯罪を実際に起こしたなどと司法から断じられた事はただの一度もありません。」

証拠はいくらでもありますが一例として http://blog.livedoor.jp/canary_wind/archives/50696271.html
遠い場所からの支援者 2011/08/22(Mon)14:11:31 編集
» 無題
いかなる組織でも中には問題のある人物もいることでしょう。それだけを取り上げて組織全てを問題視するのは些か論理が飛躍し過ぎじゃないでしょうか。 称号が金銭売買されているということですがモスクワ大学や今や世界最高峰とまで言われている北京大学などからの称号授与の経緯はご存知なんでしょうか? 世界の名だたる大学などから300以上の称号を買うことなど現実的に無理なことは簡単にわかるのではないでしょうか?もし、本当に買ったと言いきるのであればどの大学の称号をどのように買ったのかを証明してくだい。
あのA.トインビー博士が対談の際に私以上に世界の大学から名誉称号を受けられるでしょうと語ったことを知らないのですか?

アンチの人は創価=悪という思い込みが強い傾向にあり、創価がらみの事柄を往々にして斜めから見てしまい適切な判断ができていないように感じますがいかがでしょうか?
ポチ 2011/08/22(Mon)14:55:15 編集
» 称号
ポチ様
多額の寄付に対するお礼の称号なのです。
その団体に対しての貢献の証なんです。
金で買った・・・という表現は解りづらいですね。
そして、そのお金は財務です。
先生も、この称号は皆さんの物だと言ってましたね。

末端学会員 2011/08/22(Mon)15:38:00 編集
» 無題
まずは、

幅広い意見が交わせる場を提供して下さる、

髙倉様に感謝をしましょう。

自身のブログにおいて

自由闊達な投稿を受付てくださる、

髙倉様の寛容さと鷹揚な精神を手本としましょう。

私たちの拙いコメントなどに、時間を費やして

頂けるのは本当に有り難い事です。

それらを踏まえ、

ポチ様へお聞きいたします。

文面から察するに、相当に強い確信を持ち

創価学会の活動に励まれているようです。

個人の信仰はとても尊い事で、尊重されるべきです。

「東所沢小学校創価学会歌歌唱事件」

この問題は「歌詞」の内容が良いとか
結婚式で歌われているから
と言って看過出来る問題ではないでしょう。

創価小学校で歌われたのなら大いに結構。
作詞の「山本伸一」さんは創価大等の創立者である
「池田大作」さんなのですから別段なんら問題は
無いでしょう。

しかし

「東所沢小学校」は公立校なのです。

幅広く、中立性の高い、公共心と道徳心を養う場なのです。

その公立校において特定の宗教団体の会長が作詞し
創価学会婦人部を讃える目的で作られた歌を
全校児童の前で歌う事は暴挙に等しいと考えるのが
非学会員(心ある学会員も含む)らの共通認識です。

ポチ様が素晴らしい歌だと言うのならば
お聞きします。この歌を全校児童の前で歌うと
企画しメンバーを集めた際には当然、非学会員も
含まれています。学会員ならこの歌の背景が分かり
ますが非学会員に対して「この歌の作詞は池田大作です。創価学会婦人部を讃える愛唱歌です」等、
何ら説明も無く「母親が子を思うとてもいい歌なのよ」としかなぜ説明をしなかったのか?正々堂々と
本当の事を伝えて、それでもいいなら一緒に歌って、となぜやらなかったのか?何かそこには歯切れの悪い後ろめたさが見え隠れしますが、いかがでしょうか?

「あんな歌だと知っていたなら絶対に参加しなかったわよ」

大多数を占めた、この発言が全ての答なのでは?
いかがでしょうか?

しかも地元に在住する公明党議員(当時は子供も東所沢小学校に通っていた)の妻らが中心となり
企画し歌わせた。非学会員の私たちからすれば
「とんでもない話しだ」となるのですよ?
これらは一般論なのです。有り得ない話しなのです。

でも、不幸にして「東所沢小学校」では
この「事件」が起きてしまったのです・・・。
全校生徒の前で子供たちの前で歌われてしまったのです。(まさかそんな歌とは知らずに許可した学校側を誰も責める事はしていません)

ポチ様、

あなたに子供がいて

あなたのお子さんを含む全校生徒の前で

天理教や、幸福の科学、真如苑などの歌を歌われたなら、奥様がそんな歌とは知らずに歌わされたなら
・・・。ポチ様はどのような想いを抱きますか?
想像して見てください。

繰り返しますが

組織、団体が悪い、人物が問題だ、
では無く。

公立校の場で歌った事実のみを問題視をして
追及をし続けているだけなのです。

決して「風化」させてはらならない

「出来事」であると考えております。

勇気を持って創価学会と対峙している方達から
伝え聞いた話しとして、ご紹介しますが、

この問題を追及された公明党議員本人は

「私の妻は警察に捕まるような悪い事をしたわけでは無い犯罪を犯した訳でも無い」と言い切ったそうです。

この発言が事実ならば由々しき事だとは思いませんか?

ポチ様、

公共教育の場において
特定の宗教団体の歌が子供たちの前で歌われた
事に怒りを覚えるのは、ごく普通の保護者の感覚なのですよと、ご理解をお願いする次第であります。

ポチ様は

純真な心をお持ちのようです。

また色々と意見交換いたしましょうね。

この様な場を提供してくださる、

髙倉様への感謝の気持ちを、お互いに忘れずにいましょうね。





もも 2011/08/22(Mon)16:59:46 編集
» ももさんへ
学会歌が公立の学校で歌われたことがお気に召さなかったようですが、いい歌はいい歌として楽しまれたらいい事なんじゃないかと思います。また「母」の歌は学会婦人部のみを対象としたものではなく、全ての母たちへの歌です。
ももさんも賛美歌だったらここまで過剰な反応はしなかったんじゃないですか?アンチ故にってとこはないでしょうか?
同じく山本伸一作詞の「森ヶ崎海岸」はカラオケでも普通に入っていますよ。友情を歌った歌詞ですが以前ある上場企業幹部の前で歌った時に素晴らしい歌詞だと言っていただいた事があります。

私は仮に他の宗教団体で作られたものでも、いいものはそれとして受け入れます。歌などの芸術ってそう言うものじゃないんでしょうか?
学会の歌は学会内だけで歌えと言うのは逆に行き過ぎじゃないでしょうか?
ポチ 2011/08/22(Mon)18:02:10 編集
» あ~あ、
 ポチさんの上記コメントには思わずため息が出てしまいました。わからずやとはこいういう人のことですね。
 な~んて言えば、ものすごくお腹立ちでしょうが、話になりません。ご自分とご自分の周りの小さな世界でしか物事を考えていらっしゃらないようです。どうぞ感情の流れるままにと生きていってください。上場企業幹部の前で歌った歌がほめられたとか、そんな次元の話と並べないでいただきたい。もう少し理性的に考えたいものです! 腹立ち紛れに乱暴な書き方でごめんなさい。あなたにとってどうでもいいことでしょうが、普段私はこんな書き方はしません。その私が?と自分でもびっくりするくらい胸が悪いのです。
 
ちゅらら 2011/08/22(Mon)18:26:37 編集
» 無題
本当にこのプログは有り難いですね。

髙倉様の寛大でかつ、寛容なご配慮に
心から感謝をいたしましょうね。

ここまで自由闊達に、しかも品格のある
意見交換が出来るブログは中々ありませんからね。

ポチ様、

早速の、ご返答ありがとうごさいます。

私(ら)は、ちゅらら様のご意見に

激しく、激しく同意いたします。

ポチ様のような、お言葉は

過去に耳にタコが出来るくらいに

学会員から聞きいていますよ。

金太郎飴のように、どこを切っても
同じ。学会員さんか?否か?の判別は少し会話をすれば口から出るフレーズで、ほぼ判別がつく位に
相当数の「場数」を踏んでいます故、
ちゅらら様の「あ~あ」には
改めて激しく同意をいたしますよ。

ちゅらら様、私(ら)の気持ちを代弁して頂いた事に
心から感謝いたします。

でも、ポチ様は

まだまだ救いの余地がありますね。

純真な真心はまだ残っているようです。

たくさんの人と出会い、

たくさんの本を読み、

たくさんの素晴らしい芸術に触れ、

広い視野を持ち、

人生を謳歌してくださいね。

他人からの、無条件な刷り込みから来る言葉と

自身の足で経験し、汗を流し、血となり肉となった
言葉とでは、天と地の差がありますね。

ポチ様の
ご健闘を心より
お祈りいたします。

頑張ってくださいね。

また意見交換しましょうね。
もも 2011/08/22(Mon)18:58:19 編集
» ももさんへ
なんか急にトーンダウンしましたね。あれだけ怒ってられたのに・・・
もしかしてその件で騒いでることにちょっと疑問を感じて来られたのでしょうか?
学会員はいつもオープンなので何でも言ってくださいね。

私には学会が嫌いになる理由が分からないのですが、何がそんなに嫌なんでしょうか?
会員さんも真面目な方が多いですし、子供からお年寄りまで面倒見もいいですし、人間関係や地域との繋がりがこれだけ希薄になった今の世の中には学会のような団体が必要だと思うのですがいかがでしょうか?
ポチ 2011/08/22(Mon)19:42:23 編集
» 無題
 だからあ、ポチさん、いろんな人がここで述べていらっしゃいますが、末端会員はいい人ばかりだろうと思います。私にも昔、家に学会員さんが訪ねてこられて、本当にいい人たちでしたよ。
 だけど、ポチさんが学会の正しさを主張されるのなら尚更、高倉さんが裁判で闘っていらっしゃる内容にそれこそ驚愕されないのですか?!よく読んでいらっしゃらないのですか?国立大学の教授が実名を明かしてまでなさってるんですよ。時間的、体力的、金銭的に計りしれない犠牲を負っていらっしゃるのです。どうしてだと思いますか?学会を正したいからなんです。
 ポチさんは女性でいらっしゃるらしいですが、夫さんが高倉さんのような日記を書いて貴女に見せたとしたら、幹部に提出されるのでしょうか? 日記はあっくまで個人的なものだからそんな馬鹿なことはしないとおっしゃるなら、貴女はまだ大丈夫です。高倉さんの奥さまはそれをなさったのです。そんな行為をすることがマインドコントロールされている証拠なんですよ。
ちゅらら 2011/08/22(Mon)20:22:46 編集
» 無題
ポチ様へ

ポチ様におかれましては、
些か、社会経験値が足りない様子ですね。

ちゅらら様が私(ら)に代わって
あなたを嗜めて下さいました。

なので
あらためてまた、私(ら)が
ポチ様を叱責する必要はないのです。

「母」が怒っているのに
また更に「父」叱り付ければ
子供は逃げ場がなくなります。

そんな事さえも分からないのですね。
相手をけしかけ、挑発するような発言。

典型的な学会員さんなのですね。

でも、文面からは一生懸命に背伸びをしている、
健気な様子が、手に通るように分かりますよ。

学会活動、頑張ってくださいね。

純真な心を失わずにね。

あなたのような人物が

創価学会を変えていくのだろうと思いますよ。

ちゅらら様のコメントを良く咀嚼してくださいね。

自身の言葉で、語る訓練をしてくださいね。

あなたの言葉は、いつか何処かで聞いた言葉ばかり・・・。

仕方がないのだけれど・・・。

ポチ様、

頑張ってくださいね。

身の丈に合った言動を、心がけましょうね。

私(ら)の年齢になると、

ポチ様のように

若く、怒りに満ち、

うぬぼれが強く、

愚かな言動を繰り返す人たちは

とても魅力的に映りますよ。

自信を持って邁進してくださいね。

このようなブログを開放してくれている、

髙倉様にも、感謝の気持ちを忘れないで下さいね。

また意見交換しましょうね。

でも、今日はこの辺にしておきましょうね。

髙倉様に、迷惑が掛かりますからね。



もも 2011/08/22(Mon)20:39:16 編集
» 無題
ハイ、私はこれで幸せになって来れたんでこのまま進みますし人にもこれを薦めていきます。
だって自分だけ幸せになるのは悪いし、どうせなら私の周りの人たちもみんな幸せになって欲しいですからね。 世の中、人にはなかなか言えないけど悩み抱えてる人って意外といますもんね。そう言う人達に私の経験から解決方法を教えていき、一緒に幸せになって行きます。 幸せのなり方を知ってしまった以上黙っている訳にはいかないから。
アンチの人もあんまり目くじら立てないで、もっとオープンマインドで人生楽しんでください。
学会が存在するのは時代の必然だから拒否すれば拒否するほど自分が辛くなると思います。
ポチ 2011/08/22(Mon)21:10:19 編集
» ありがとう
kan様

 いつも適切なアドバイスを頂き、誠にありがとうございます。

御書と行学と創価学会員の実践様

 私のブログをリンクして下さり、誠にありがとうございました。貴兄の度量の広さに敬意を表します。

シネマ大好き娘様

 楽しいコメント、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

クロ様
 
 ご丁寧なコメントを頂き、恐縮しております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

仏法者様

 応援のコメント、ありがとうございます。情報の拡散、よろしくお願い申し上げます。

ノーモア原発、ノーモアカルト宗教様

 適切なコメントを頂き、心より厚く御礼申し上げます。

竜眼寺暁様

 コメント、ありがとうございました。今後とも、裁判の行方を見守って頂ければ幸いです。皆様が驚かれるような展開となるはずです。

WISE様

 コメント、ありがとうございます。今後ともご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ポチ様

 短期間に、数多くのコメントを頂き、ありがとうございました。真実は、いずれ明らかになります。

ちゅらら様

 コメント、ありがとうございました。お疲れになられたのではと存じます。ちゅらら様には、心より感謝致しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

遠い場所からの支援者様

 コメントの件では、大変お世話になっております。お元気そうなので安心致しました。今後とも、お力添えの程、よろしくお願い申し上げます。

もも様

 適切なコメントを数多く頂き、ありがとうございました。

 東所沢小学校創価学会歌歌唱事件については、可能な限り訴訟を起されることをお勧め申し上げます。裁判になれば、つきまとい等の行為は全て訴訟妨害となりますので、なくなるのではないかと存じます。

 なお、私が未だに創価学会員であることには、いろんな意味があります。詳細は、いずれ明らかにさせて頂きます。

末端学会員様

 コメント、ありがとうございました。まさに、ご指摘の通りだと存じます。
希望 2011/08/22(Mon)21:42:16 編集
» 訂正させて頂きます。
 先程のコメントは、タイトルを「ありがとうございました」と入力する途中での、「ありがとう」というタイトルでの送信となってしまいました。

 謹んで、タイトルを「ありがとうございました」に訂正させて頂きます。
希望 2011/08/22(Mon)21:48:43 編集
» 希望さん
そうですね真実はいずれ明らかになりますね。
あなたの取り巻きの顔ぶれを見るといささか心配ですが・・・
その前に奥様を裁判に利用せずに自由にしてあげてください。 男らしく戦ってください。

ポチ 2011/08/22(Mon)22:09:07 編集
» 希望さま
 過分なお礼コメントをありがとうございます。
私は謙遜ではなく本当に難しいことはわかりません。
Aさんの意見を聴けばそれもそうだと思い、Bさんの反対意見を聴けばそれもあるなあと思う、頼りない人間です。
 でも譲れないものはあります。ポチさんと同じで(と言えばポチさんは怒るかも?)、理論的ではなく極めて感性的な人間ですが、自分の感性には自信を持っています。その時その時の時代が受け入れなくても、周りが私の感性どおりに変化していくのを実感しています。すごいうぬぼれですね(笑)。そんな私の感性が希望さまを応援しています!!!
ちゅらら 2011/08/22(Mon)22:16:20 編集
» 笑ってしまいました
ちゅらら様

 コメント、ありがとうございました。「私の感性が希望さまを応援しています!!! 」との箇所を拝読し、思わず笑ってしまいました。

 最近、スランプ状態ですので、笑いは最大の良薬となりました。本当にありがとうございました。 
希望 2011/08/22(Mon)22:23:03 編集
» 感性は大切です!
ちゅららさんの「感性」のコメント
とても共感できます!^^

>Aさんの意見を聴けばそれもそうだと思い
>Bさんの反対意見を聴けばそれもあるなあと思う
>頼りない人間です。

それは頼りないのではなく、器が大きいのだと思います。
人間的な優しさが大きいのだと思います。
攻撃ではなく、抱擁・包含・・その心根の裏返しだと思います。

>その時その時の時代が受け入れなくても、
>周りが私の感性どおりに変化していくのを実感しています。

感性は理屈抜きです。
言ってみれば、左脳じゃなく右脳の世界。
混じりっ気のない純粋な直感です。
真実の「目」ゆえに・先を見る「目」ゆえに、その「目」が見たモノは周りも当然イコールになっていく!
「感性」は21世紀の全てのポイントです。

22:16:20のちゅららさんのコメント
実に素晴らしい!!
どんな高尚な言葉にも勝ります!
私はちょっと鳥肌が立ちました。

髙倉様
ちゅららさんの感性の応援、よかったですね^^。
自然体で、そして口角を上げて・たまには笑顔を浮かべて下さいね。♪
作り笑いも、やがて本物の笑いになります。
それは、そのまま現実に反映します。

人生、誰しも紆余曲折は当たり前。
いろんな風やいろんな声も、起きてきて当たり前。
素敵な「感性」の応援の風を受けて、口角を上げていきましょう!(^0^)/

戦いイコール額に汗する
戦いイコール苦しい心境
というのが普通のイメージですが、どこか自然体で・どこか穏やかで、口角を上げて過ごす時間。
そういうあり方もまた、それなりの現実になると思います。
kan 2011/08/23(Tue)00:04:50 編集
» こんばんわ
高倉さん、こんばんわ。
ごぶさたしてます。
お元気ですか?ぼくはまあまあです。

ブログ拝見しました。
なかなか色々興味深いことをやられてますね。

何があろうと高倉さんとは一生の友と思っております。
また新宿で一杯やりたいです。
こちらに来たら声かけてください。
いついつまでもお元気で。
ではまた。
嘉栄 2011/08/23(Tue)00:18:18 編集
» 無題
ポチ様

都合により、これまでコメントできませんでした。今からコメントをしようと思ったところ、流れが収束した感じになっていまして再コメントしにくいのですが、最後に致しますので皆様お許しください。ただ、他にもポチ様のような方がここを見てらっしゃると思います。一時的に場の雰囲気を乱してしまうかもしれませんが、その方々の目を覚まさせるためにも、乗り越えなくてはならない壁だと思います。どうかご理解ください。


「子供からお年寄りまで面倒見もいいですし、人間関係や地域との繋がりがこれだけ希薄になった今の世の中には学会のような団体が必要だと思うのですがいかがでしょうか? 」

結局のところ、ポチ様は学会の持つ独特のコミュニティーの雰囲気が好きなのでしょうね。気持ちはわかりますよ。末端の会員は優しいし、座談会だって仲良くやっています。これは事実ですので、そこに価値を見出すのなら学会員のままでいいかもしれませんね。


「いかなる組織でも中には問題のある人物もいることでしょう。それだけを取り上げて組織全てを問題視するのは些か論理が飛躍し過ぎじゃないでしょうか。」

上記についてですが、組織の頂点である池田大作が信じられないほどの悪行を重ねているのです。この例をあげたらきりがないのですが、一例を。

・池田大作に多数の愛人がいた。
・月刊ペン事件では相手の弁護士を数千万円の金で買収した。
・学会の会館内には池田専用の豪華施設が存在するところも多い。
・人間革命をはじめとする書籍は、ほぼ全てゴーストライターの執筆である。内容も捏造が多数。
これらのことがここに記述されています。
http://qa.fresheye.com/qa/view.php?qid=1268860042&kw=%E6%B3%95%E5%BE%8B

元検事総長 故伊藤栄樹氏が生前に残した言葉「この日本国のなかに三人の大悪人がいる。児玉誉士夫 田中角栄 そして池田大作」


次に名誉称号の件です。下記にからくりが明かされています。
http://www.tamanegiya.com/kane%20yomeiyo.html


「アンチの人は創価=悪という思い込みが強い傾向にあり、創価がらみの事柄を往々にして斜めから見てしまい適切な判断ができていないように感じますがいかがでしょうか? 」

上記についてですが、逆ですよ。私はバリバリ活動していたものです。しかし、あるとき人生最大の問題に直面して相当のお題目をあげましたが、事態は悪化する一方でした。ふと、周りを見ると幹部クラス・活動家はアルバイトだったり、職を転々とする人だったり、多額の借金を抱えてどうにもならない人であったりそんな社会の底辺の人ばかりであり、それが何も改善されていないことに気づきました。学会の言うとおりには全くならないのですよ。それでおかしいことに気づいていろいろ調べたら、「ああやっぱりそうだったんだ」ということが次から次へと明らかになりました。それから、名前は忘れましたが、あるジャーナリストが次のように述べておりました。
「創価学会はいろいろ言われているが、あそこまで広まったのだから外部の人間にはわからない良さがあるのだろう。色眼鏡なしのまっさらな状態から調べてみよう」しかし、調べ始めるといろいろ言われている悪いうわさが、かなりの精度で当たっていることがすぐにわかったとのことです。


このようなことを書くと、ポチ様より反論が来そうですが、ポチ様の件についてはこれで最後のコメントにさせていただきます。
遠い場所からの支援者 2011/08/23(Tue)01:28:09 編集
» 支援者様へ
もう一歩あと一歩でしたね。 せっかく宿命転換の大チャンスが来ていたのに踏ん張りが利かなかったみたいで非常に残念です。私が近くにいれば救ってあげらられたのにね。 苦しみ悩んで一時的に頑張ってみたけど思い通りにならなかった人達は決まったように逆恨みするのも共通するとこです。
その結果は学会が悪い訳でも、この信心に力が無かった訳でもありません。あなたが信じ切れなかった、戦い切れなかった、その一念が全てです。
ここが理解できるかどうかで境涯は大きく変わってきます。私も永年信心してきてますので、多種多様な事例を見てきた上での結論です。
ただ、生きている以上チャンスはあります。本気でどこまでも信心をやり切れば大境涯を開くことが出来ますよ。 全てはあなた次第です。
先生の指導を根本に据えて私は境涯を大きく開く事が出来ました。 いい見本をしっかり正視眼で見れる目を持ってください。自分の一生を決して愚痴や文句に支配されないように大切にして下さい。
幸せを祈っています。
ポチ 2011/08/23(Tue)09:21:44 編集
» 無題
ポチさんは池田氏の悪事と名誉称号の件についてはどのように考えているのですかね。これだけ証拠があるのに。都合悪いことは黙殺?
リナ 2011/08/23(Tue)13:11:38 編集
» 名案?!
 高倉さんの裁判が勝ったら、彼の慰労会と祝賀会を兼ねて飲み会しましょう! 関東と関西くらいに分けて。もちろん高倉さんには両方参加していただく。主賓だから。
 素性を明かしたくない人、参加したくても個人の事情で出来ない人、いろいろあるでしょうけど、都合がつく人はメルアドで連絡とりあって。名案かなあ、迷案かなあ・・・(^_-)-☆
ちゅらら 2011/08/23(Tue)18:42:59 編集
» またまたポチさまへ
「なんか急にトーンダウンしましたね。あれだけ怒ってられたのに・・・ 」

 どこがトーンダウンしてるんですか? 浅薄ですね。ももさんのゆとりなんですよ。なんでそんなことがわからないかなあ。

 「その前に奥様を裁判に利用せずに自由にしてあげてください。 男らしく戦ってください」

 高倉さんの努力でいずれ奥さまはカルトの呪縛から自由になられますので、お気づかいなく! 
 ところで貴女のいう男らしさって何ですか?うわっつらの概念でお話しになりませんように。

 2011/08/23(Tue)09:21:44のご発言、せいいっぱいの皮肉にしか読めませんよ。センセの批判をする輩は不幸になって当然だとおっしゃっているように聞こえますよ。まあ、信仰というものはまかり間違えば自分でものを考えることのできない面白みのない人間を作り出すということを改めて教えてくださったようなものです。

 高倉さん、みなさん、このところ品格のないコメントばかり投稿して申し訳ございません。 
 
 でもももさんが激しく同意すると言ってくださったり、Kanさんがちょっと鳥肌が立ったと言ってくださったりで正直驚くと同時にうれしかったです。
 何気ない投稿でも自分の言葉で語ると人の胸に訴えるということがあるんですね。これからも自分の言葉で語ることを心がけたいと改めて感じました。ありがとうございました。


 
ちゅらら 2011/08/23(Tue)19:03:29 編集
» 無題
ポチ(来世は犬だ)みたいなイカレ会員にも丁寧なコメントして高倉教授やみんなは偉いな!!
池田先生もヘタレだったとやっとわかったよ。
俺達下っ端には新聞とれFとれ池田先生は相手を褒めたたえるだけで折伏するわけじゃなし楽なもんだぜ!
初めてアメリカ行った時も顔にぶつぶつ出たくらいで会合ブッチしたもんな。
今は完全未活じゃねえかよ!何が命あるかぎり戦うだ!
( ̄▽ ̄;)
二世男子部だ! 2011/08/23(Tue)19:51:11 編集
» 友の悲痛な叫び
いつもお世話になっております。
迷い人です。

信頼する友に貴ブログを紹介しました。
驚愕していました。
あんなに驚いた顔は初めて見ました。

様々な意見を言っていましたが、
ブログの内容を
『真実であると思う』との意見を言ってました。

ただ、記事内の和田氏が高倉教授にしたという池田先生の女性関係の発言は、
「絶対、嘘だ!!」と強く否定していました。
「そんなことが本当にあったのなら
絶対に最高幹部たちが知っているはず、
そんなこと黙っておかないはずだ。」と。
「お前は、魔にやられている!」
「真実を見抜け!」と。

叫ぶ友は、泣き顔でした。
認めたくないのでしょう。

私自身も長年、信じてきた師匠です。
女性関係の問題だけは、信じたくありません。

今までの記事を見る限り、和田氏は、見識がある方、学会を憂いている方、と思います。
(高倉教授の査問のときは、保身に走ったように思われますが…。)
きっと、高倉教授を信じて先生の女性問題を伝えたのだと思います。

和田氏が知っているのですから、
その他の最高幹部も知っているのでしょう。
やはり、声があげられないのでしょうか。
それだけ、仕返しが怖く、恐ろしいのでしょうか。

それとも、やはり推測にすぎないのでしょうか。

本当にお忙しい中、申し訳ありません。
高倉教授のご存知の範囲で、コメントいただければと思います。

 また、このブログを読まれている方からも、ご意見を伺えればと思います。よろしくお願いします。

迷ってばかりの迷い人でした。
迷い人 2011/08/23(Tue)20:42:48 編集
» おもしろい
たまたま発見しました。
詳しくは読んでおりませんが、私はかなりの活動家のもです。
思ったことを何でも言い合える環境、素晴らしいですね!ありがとうございます。
このような会話を、組織改善のため、現場でもちゃんとできたらいいですね。
では。
通りすがり 2011/08/23(Tue)23:16:49 編集
» ???
これほど賞賛されているのに何故わからないんでしょう? 師匠がいて弟子が戦って、幸せになっている。これの何が問題なんでしょうか? 皆さんの幸せも祈ってるけど、素直には受け止められないみたいですね。皆さんにお聞きしますが何を心底信じてどうやって幸せを掴み取られるのですか?
学会には無数の実証があります。 高倉さんがあなた方を幸せにしてくれるのですか?勘違いしないでください。
本当に信じれるものも無く、疑心暗鬼に覆われて生きていって何になるんでしょう? こうすれば絶対に幸せになれるという確信がない人生なんてただ、彷徨っているようで虚しいです。
ポチ 2011/08/23(Tue)23:36:20 編集
» 無題
幸せはそこにあるもの。
戦って掴み取る必要もなく、そこにあるものを感じ取れる感性が自分にあるかどうか。
その幸せに感謝できる自分であるかどうか。
ただそれだけ。

誰に幸せにしてもらう必要もなく、誰をも幸せにする必要もない。
しいて言えば自分が自分を幸せにしてあげるだけ。
幸せってなんだっけ 2011/08/24(Wed)00:24:22 編集
» 無題
 幸せってなんだっけ様のコメントに心から心から同感します。
ちゅらら 2011/08/24(Wed)00:31:27 編集
» 無題
ポチさん、これほど賞賛されているのに何故わからないんでしょう? って、その賞賛されている内容が全てインチキで証拠も示して言ってるのになぜわからないのでしょう?
リナ 2011/08/24(Wed)00:51:19 編集
» そのとうりだと思います!♪
幸せってなんだっけさんのコメント
ちゅららさんと同じく、激しく同意いたします!

幸せは、目指すものでもなく・作るものでもない。
気づくものです。
もともと幸せだった自分に気づく。
誰人も、どんなにささやかでも・小さいかもしれないけど、幸せは必ず何かあります。

気づけば、それに小さな微笑が生まれます。
小さな嬉しさが生まれます。
その小さな微笑みや嬉しさは、雪山の頂上から小さな雪の玉が転がり落ちる時のように、だんだんとその雪の塊りを大きくしていきます。

小さな幸せの気づきや・小さな喜びの気づきは、大きな連鎖に繋がります。
本来、人は幸せを味わうためにこの世に生まれてきています。
不幸を味わうためでもなく、苦悩を味わうためでもありません。
そうじゃなければ、この世に生まれてきません。
もともと、その人なりの「幸せ」はあるものです。

それを教えてあげるのが、本来の宗教だと思います。
もちろん生きてれば苦しい時も悲しい時もありますが、傍にある「幸せ」に気づかせてあげる。
そして、攻撃的な人たちも批判的な人たちも・温和な人たちも全てを大きく包み込んであげて、その幸せの「連鎖」を教えてあげる。
それが本来の宗教の役目だと思います。

今、あるはずの幸せ・・・・
それから視線を逸らせ、「これこそが幸せの道だ!福運だ!功徳だ!」と叫び、活動を要求し・購買を要求し・あげくの果てにはお金まで要求する。。。
これのどこが、宗教でしょうか?

意を唱える人は、攻撃する。
「仏敵だ!」とまで叫ぶ。
仏様や神様にね、敵などいないのですよ。
敵とか見方とか・・・そういうレベルを超越した存在が、仏様であり神様でしょう。

仏敵・・・この言葉は身勝手なカルトが作った造語だと思います。
そして、師弟不ニも会員を奴隷化する造語だと思います。
それに随従する愚かな方もお気の毒です。

幸せになるのに、宗教など必要ありません。
選挙運動も関係ありません。
モノを買う必要もありません。
寄付をすれば福運がつくという財務、しかし何故か・百円でもなく千円でもなく1万円だ!何ですか?これは?!
会則にもない事柄を押し付ける・・・霊感商法以上の詐欺でしょう。

幸せになるには・・・何もいりません。
すでに、幸せなのですから。
そのことに、ただ「気づく」だけで必ず幸せは向上します。
気づけば、感謝の気持ちになります。
感謝の言葉も出ます。
そうして、幸せは増幅していくのです。

私はこの数年前から一切の創価活動も勤行などもしていません。
時間のムダですから、会合など一切出ません。
でも、今の幸せに感謝して・周囲に感謝して・こうして食べていけることに感謝して、「ありがとうございます♪」の言葉が自然に口癖となる日々を過ごしています。
「幸せ」は、小さいかもしれないけど・ちゃんと見つけれて、小さな微笑の日々が続いています^^。

幸せってなんだっけさんのコメント
とても頷けるお言葉だと思いました
kan 2011/08/24(Wed)01:14:40 編集
» 無題
幸せは感じるもの、まさにその通りです。そして、不幸も感じるものですね。 不幸を感じ不幸の嵐に襲われたときに皆さんはどうされるのですか?無理やりにでも小さな幸せを捜すのでしょうか? こんな受け身な弱弱しい生き方は更に不幸を招くんじゃないでしょうか? 何かあると仕方ないという人がいますが、この諦めこそが不幸になる原因です。
困難を突き抜けて幸せを積極的に勝ち取っていく、これこそが宗教が本来示していくものであり、諦めは念仏思想です。
不幸な人を前にして、あなたにも何か小さな幸せがきっと有りますよとでも言うのでしょうか?こんな無責任なことはありません。 どうすれば幸せになれるのかを教えてあげるのが、本当の優しさじゃないでしょうか?
ポチ 2011/08/24(Wed)08:02:20 編集
» ポチさん
自分が幸せでなかったら人を幸せにできません。
いろんな人の小さな幸せがいくつか集まって大きな幸せになると思います。
人の幸せはあなたと同じではありません。
人それぞれ幸せ感が違うのに、人に自分の価値観や行いを押し付けられないと思います。
余計なお世話になってしまいます。

自分が幸せになることです。
すず 2011/08/24(Wed)15:58:34 編集
» すずさんへ
自分が幸せでないと人を救えないというのは言い訳だと思います。その考え方なら自分が幸せになるまでは、人は救わないと言うことになってしまい無慈悲だと思います。
悩みや苦しみを共有しながら自他共の幸せを目指していく生き方が重要であり、社会が本来そうあるべきなんじゃないでしょうか?私たちはそんな社会を築くために活動しているんですよ。
他人のことを考えている様でも自分が幸せじゃないから今は何も行動を起こさないと言うのは無慈悲だと思います。
苦しんでいる人に寄り添って励まし、道を示して行く事が大切だと思います。それを実践してきたのが学会です。だから、ここまで発展してきたのです。そして、今こそその思想・哲学が求められている時代はないのです。一体誰が抜き差しならない人生を歩んでいる人達を救っていくのですか?
時代は間違いなく創価思想を求めているのです。
一緒に最高の境涯になって人生を謳歌しましょう!
ポチ 2011/08/24(Wed)16:33:39 編集
» 無題
ポチさん、

前にも聞きましたが池田氏の悪事と名誉称号の件についてはどのように考えていますか。都合悪い話は無視ですか。回答ください。
リナ 2011/08/24(Wed)20:04:48 編集
» ポチさんへの質問です
はじめまして。内部アンチのウトロと言います。

あちこちのブログで活動家のコメントを読むと、いつも同じ質問をするのですが、ポチさんにも同じ質問をしますので、お考えを聞かせて頂きたいと思います。


>悩みや苦しみを共有しながら自他共の幸せを目指していく生き方が重要であり、社会が本来そうあるべきなんじゃないでしょうか?私たちはそんな社会を築くために活動しているんですよ。

ポチさんはイラクの民衆にたいしても、悩みや苦しみを共有しておられるのでしょうか?
アメリカの理不尽な侵略戦争によって、不幸にも多くのイラクの民衆が亡くなりました。
創価学会もポチさんの敬愛する池田氏も、このイラク戦争に賛成したのですよ。
このことについて、ポチさんはどのようにお考えですか?


>一体誰が抜き差しならない人生を歩んでいる人達を救っていくのですか?

生死の狭間で苦悩しているイラクの民衆に、学会は何をしたのですか?

自公連立政権の時代に、障害者自立支援法が成立しました。
この悪法によって、障害を持った人たちの生活がどれだけ破壊されたかご存じですか?
このことについても、ポチさんのお考えを聞かせて下さい。


>時代は間違いなく創価思想を求めているのです

創価学会は「世界平和」の実現を理念としているのではありませんか?
平和を口にして戦争に賛成する・・・これが創価思想なのでしょうか。

創価学会は何よりも民衆を大切にしているのではありませんか?
でありながら、民衆を抑圧する権力を10年間も支えてきた・・・これが創価思想なのでしょうか。
ウトロ 2011/08/24(Wed)20:24:28 編集
» 返答
リナさんへ。 先生の悪事?何か犯罪でも犯したのでしょうか?ご存知ならいつ先生が断罪されたのか教えてください。 北京大学とモスクワ大学の名誉称号がどのようにすれば買えるのか具体的に教えて下さい。

ウトロさん。
確かどこかでもそのこと質問されてませんでした?かなり根に持たれているようですね。
学会も学会員もイラク戦争に賛成などしていません。国際政治や外交の世界はある意味無情です。ある時は味方しある時は殺し合う、今も昔も何等変わっていません。この人間の愚行を食い止めて行くためにも本当の人間主義の台頭が必要なのです。
一丁一石に事を変える事は難しくても、あらゆる知恵を使ってあなたのような平和を愛する人達が団結して戦っていく必要があるのではないでしょうか?
公明党の石川議員は当時外務省職員としてイラク戦争の時に赴任しており、現地の人達に様々な支援をされてこられました。それに対して国連の担当者からも高く評価されています。
障害者自立支援法の詳細は申し訳ないですが存知上げておりません。どこの国でも様々な法律があり、またそれは変化していきます。ある時は非常に満足のいく内容の場合もあればその逆もあると思います。
政治は変化していきます。いや、国民がより良く変化させて行くのです。 
政治家頼みじゃダメなんです。国民が本当に自分達が主なんだという気持ちを持ち、戦ってこそ健全な社会は築かれていくのです。
私も商売をしていますが、おかしな腹の立つ法律はたくさんあります。だから戦うのですよ。
真面目な人が報われる社会を目指して一緒に戦いましょう。

ポチ 2011/08/24(Wed)22:01:36 編集
» 無題
一丁一石ではなく、一朝一夕ですが、何か意味があるのでしょうか。単に変換ミスですよね!
ちゅらら 2011/08/24(Wed)22:13:58 編集
» すれ違いですね
ポチ 様

予想していたとは言え、やっぱり話はかみ合いませんね。


>確かどこかでもそのこと質問されてませんでした?かなり根に持たれているようですね。

平和を標榜する宗教団体が戦争に賛成したことに、強いこだわりを持つことは当然ではありませんか。


>学会も学会員もイラク戦争に賛成などしていません

では、イラク戦争に賛成した公明党を、なぜ学会は全面支援したのでしょうね。
学会は公式にイラク戦争に反対はしていませんよ。
学会がイラク戦争に賛成していないと強弁されるなら、いつどこで反対の意思表示をされたのか教えて頂きたいものですが、水掛け論になるので、これでお仕舞いにしましょう。

ポチさんは、私がリアルで話をした活動家たちと同じ発想ですね。
非常に観念的です。もっと現実をシビアに見ましょう。

それでは、ごきげんよう。
ウトロ 2011/08/24(Wed)22:40:48 編集
» 思ったこと。
このブログのコメント欄は、高倉先生の活動の記事に対するコメントが主かと…。

議論を見ている限り、当初の話題からずれており、このまま続けても、お互いが納得しあえる方向にはいきそうもないように感じます。

しばらく、時間を置きませんか。
高倉先生に対しても失礼かと…。



見ていて、なんとなく、そう思ったモノより。
通行人 2011/08/24(Wed)22:41:35 編集
» 無題
おっしゃる通りですね。

高倉先生、失礼しました。
陰ながら応援をしています。
暑い日が続きますのでお体を大切になさって下さい。
ウトロ 2011/08/24(Wed)22:52:14 編集
» 無題
ポチさん
あなた1人のためにこれだけの人がコメントしてくれた内容を読んでいないことがよくわかりました。

遠い場所からの支援者さんの 2011/08/23(Tue)01:28:09 のコメントに書いてあるではないですか。これについてどう思いますか。
リナ 2011/08/24(Wed)22:53:09 編集
» 興味は
皆さんの本当の興味は高倉さんの裁判なんかじゃないんですよ。 自分になんの関係もない香川のおっさんの裁判なんてどうでもいいって言うのがホンネでしょう。 アンチブログが有ればそこで同じような人を見つけて楽しむ。
現にアンチブログでコメントしてる人って結構カブってたりしますよね。これってある種の同志愛かなぁ・・・
ポチ 2011/08/24(Wed)23:01:04 編集
» 相手になさらないで下さい
ちゅららさん、遠い場所からの支援者さん、ももさん、末端学会員さん、リナさん、通行人さん、ウトロさん、そして多くの見識ある皆様。

その人の意思なのか・創価の指図なのか・・・
いずれにしても、事を起こせば「風」は必ず起きます。
通行人さんの仰ったとうりだと思います。

皆様、髙倉様の理解者だけあって・とても誠実に客観的に述べておられます。
深き人間性を感じさせます。
誰が見ても、それは明らかです。

しかし、真摯な質問を無視して主張だけする方もいます。
何らかの別の意図があるように感じさせる文章
そしてふて腐れるような言葉・・・

無視して、相手にされないほうが賢明かと思います。
kan 2011/08/24(Wed)23:31:06 編集
» 通行人さんのおっしゃるとおり
 私も実はこんな不毛なやりとりは高倉さんに対して申し訳ないし、このブログを汚しているような気持ちになりつつありました。なので、もうやめにします。

 あほらしいと思いながら、つい腹も立って、一連のコメントをしてしまいました。ポチさんがある意味、いつぞやのアンナさんよりわからずやの始末の悪い人なので。

 最後にこれだけは言っておきます。「皆さんの本当の興味は高倉さんの裁判なんかじゃないんですよ。 自分になんの関係もない香川のおっさんの裁判なんてどうでもいいって言うのがホンネでしょう」ですって? こんなことをお書きになるということは、貴女がそんな人だからです。ご自分の未熟な人格を自ら披歴なさっているのですよ。

 私たちは少なからず、高倉さんの裁判を自分のこととして捉えています。貴女のような凝り固まった人は別にして、少しでも学会に疑問を感じている会員が野次馬根性で見ているわけがありません。私は非会員ですが、おかしいことはおかしいとわかるので、それを主張する人を応援します。以上。
ちゅらら 2011/08/25(Thu)08:08:33 編集
» ありがとうございました。
ポチ様

 短期間に、数多くのコメントを投稿して頂き、誠にありがとうございました。ポチ様と、他の方々のコメントのやり取りから、多くのことを学ばせて頂きました。

ちゅらら様

 賢明で、かつ、的確なコメントを数多く投稿して下さり、心より厚く御礼申し上げます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

kan様

 いつもながら素晴らしいコメントをお寄せ頂き、本当にありがとうございます。御礼の申し上げようがございません。

嘉栄様

 コメント、ありがとうございました。びっくりしました。

 個人が特定されると、貴兄に不利益が及ぶのではないかと心配しています。可能であれば、メールでご連絡頂ければ幸いです。

遠い場所からの支援者様

 詳細なコメントを投稿して下さり、誠にありがとうございました。今後とも、ご支援の程、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

リナ様

 鋭いコメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

二世男子部だ!様

 コメントでは、池田大作氏の本質を端的にまとめて頂き、ありがとうございました。

迷い人様

 池田大作氏の女性問題について、私の知人のアメリカ人は、このように言われていました。

 アメリカのメンバーは、もし池田氏が女性問題を認めたとしても、「センセイもヒューマンだった。」と考えるだけで、信仰は揺るがないと。

 ただし、この意見は、創価学会が宗門に破門される前の発言です。

 なお、池田氏の女性問題について、ある最高幹部は、池田夫人も全部知っていると言われていました。

通りすがり様

 コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。


幸せってなんだっけ様

 コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

すず様

 久し振りに、コメントをお寄せ下さり、大変嬉しく感じています。

ウトロ様

 私も、イラク戦争に対する創価学会の言説が、池田カルトの本質に気が付く決定打となりました。

通行人様

 適切なコメント、誠にありがとうございました。

kan様 そして ちゅらら様

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。










 
希望 2011/08/25(Thu)20:36:47 編集
» お知らせ
大白蓮華9月号に世界的な文化人類学者でハーバード大学教授のヌール・ヤーマン教授と核戦争防止国際医師会議(IPPNW)のティルマン・ラフ氏の記事が載ってますので、みなさん是非、お読みください。 また、今夏の熱闘・甲子園のテーマ曲を作曲した男子地区リーダーの素晴らしい体験も載っていますので合わせてご覧ください。
感想、意見はくれぐれも読んでからにして下さいね。
ポチ 2011/08/27(Sat)10:14:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
21 22 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[05/25 希望]
[05/25 R水素]
[05/24 自由人]
[05/24 自由人]
[05/23 希望]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :