「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

山本哲也創価学会副会長が、私を名誉棄損で訴えた東京地方裁判所の判決に対する陳述書の続きをご紹介致します。

 

陳述書 その8

野崎氏からの電話の内容は真実です。

 

                平成27年10月16日

         

住所 略

髙倉良一

 

判決の問題点

 

判決は、野崎氏からの「かかる架電及びその際の会話内容を客観的に裏付ける証拠はない」(判決書10頁12行目以下)と述べ,「仮に被告の上記陳述内容及び野崎の上記発言内容が真実であったとしても,その前後の文脈が必ずしも明らかではないことに照らすと,原田の上記発言内容をもって直ちに,原田が被告とその妻とを離婚させようと画策していることまでをうかがわせるものとは認め難く,原告,和田又はその関係者が,被告の言動を封殺するために被告又はその家族に対し危害を加えることまでをうかがわせるものではない。」(判決書10頁13行目以下)と判示しています。

この判決の問題点は、二つあります。

一つは、「客観的に裏付ける証拠はない」と述べている点です。

一つは、「その前後の文脈が必ずしも明らかではない」と、具体的な根拠を明示することなく、「原田が被告とその妻とを離婚させようと画策していることまでをうかがわせるものとは認め難く,原告,和田又はその関係者が,被告の言動を封殺するために被告又はその家族に対し危害を加えることまでをうかがわせるものではない。」との単なる推測を述べている点です。

 

日記の記載から明白な野崎氏の電話

 

今回、新たな証拠として提出した日記のコピーから、野崎氏の電話に関する記述を紹介します。下線が引いてある箇所は、日記本文の書き間違いなどを示しています。

以下の日記の記載から、野崎氏からの電話が実際にあったことは明らかです。

「2007年12月10日 午後5時36分 晴

5日の午後1時過ぎに、突然、友岡さんから電話があった。東京と大阪の二ケ所から、私についての問い合わせがあったとのことだ。私が、福本潤一さんと連携して活動をしているとマークされたとのことだ。私を中心に、中本先生や高山さん、野崎さんも調べられており、その原因情報は婦人部サイドが中央に連絡したとのことである。

この連絡には、とても驚いた。私は、14、5年前に、松山で福本さんに会ったことがあるだけだ。この時は、学術部の会合で、和美さんも一緒だった。それ以来、今日に至るまで、個人的には一度も会ったことはない。12年前に、福本さんが出馬する際に、四国池田文化会館で演説を聞いたことはあるが、この時も、個人的には全く話をしていない。参加者の一人として、皆と一緒に、出馬の拶挨を聞いたに過ぎない。

なぜ、全く音信がない人間が、反学会の活動家として、福本さんと一緒に行動しているとみなされるのか、全く理解できない。

和美さんに渡した日記の中にも、福本さんのことは、ニュースとしてしか記載していないはずだ。本当に、びっくりというしかない。

この点では、すぐに野崎さんに電話で相談した。野崎さんからは、放って置くというアドバイスを受けた。そこで、この結論を踏まえて、一成君にもメールを送信した。

翌日の午後1時過ぎに、再び、友岡さんから連絡があった。その内容から、今回、私がマークされた理由は、日記が原因ではないらしいことが判明した。作家の宮本輝氏を、池田さんが仏敵と言い出したことに連動して、文芸部と学術部のメンバーの監視体制が構築されたことからのようだ。

何という団体であろうか。自らが監視の対象とされて、創価学会はカルトであると確信した。

腰の痛みは、昨日から、ほとんどなくなった。日曜日から、丸々一週間、ずっと寝ていた。横になっていること自体、全く苦痛に感じなかった。やはり、相当ストレスが溜っていたからだろう。

もっとしかも、監視の通報まであったのだから、休養にはならなかった。残念なことだ。

野崎さんからは、悪いものが全部出来ったのだと言われた。今回の一連の出来事は、そう捉えるとともに、これからは善い流れに変わるように、再び、唱題して行こうと思う。

               午後6時27分

     つづく



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :