「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

signifie 様のブログ「対話を求めて」の記事「創価学会は宗教ではありません」の中に、

 2015214 18:49付けでsignifie 様が投稿されたコメント

https://signifie.wordpress.com/2015/02/13/%e5%89%b5%e4%be%a1%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e3%81%af%e5%ae%97%e6%95%99%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93/#comments

をご覧になられたでしょうか。

 

 まだ、お読みになっておられない方は、是非ともご覧下さい。signifie 様は、細谷幸喜さんの文章を転載されながら、創価学会の本質を喝破されています。

 

 「創価学会池田カルト一派の悪行シリーズ」の100回目に、この記事をご紹介できるとは、本当に不思議で、かつ、ありがたいことです。



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288
 
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
希望様、「対話を求めて」のシニフィエです。
いつもたいへんお疲れさまです。
このたびは拙ブログをとりあげていただき、ほんとうにありがとうございます。
打倒創価の希望様と脱創価の私とでは立場や方法論は違いますが、お互いに創価による被害者が一人でも少なくなることを目指して頑張っていきましょう。今後ともよろしくお願いいたします。
シニフィエ URL 2015/02/19(Thu)00:13:10 編集
» ≪驚き!!池田大作の映像≫
≪驚き!!池田大作の映像≫

※私は無宗教で、買い物の際に、花を包んだ聖教新聞紙に池田大作氏の写真が載っているのを垣間見たことぐらいにしか、池田大作のイメージがなかったのですが、ひょっとした機会で、池田氏の映像をYOUTUBEで見ました。驚きました!!本当に!!ひどすぎます!!創価学会の会長とはこんな人だったのですね!!

その映像とは、これです。https://www.youtube.com/watch?v=JDGyNtprjzQ(アメリカSGI&関西合同総会)

私には講演全体が驚きでしたが、特に次のようなフレーズには、あきれ果てるしかないですね。

①(講演のはじめに)「私の話が高尚で、そして分かり易くて、それで哲学的で、それで文学調で、それで詩的で、それで会話的である。頭が相当聡明でないと付いていけない。」
(※そのような出だしで始まった講演の内容は、自称の高尚なレベルからは全く外れた、正反対のレベルの、いや、酔っ払いのたわごとのレベルよりひどいものです。)

②「お世辞を使っておいた方が広布基金が沢山とれることを声を小さくして申し上げておきます。(通訳者に対して)これは言わないでよ。」

③「クリントン元気かしら。あのように口をうんとうんとうまく、人をごまかしてね。警察に捕まんないように。うふふ、うふふ。口をうまく。クリントン以上にうまく口を使って、・・折伏してください。指導してください。」(※当時、クリントンは現役アメリカ合衆国大統領)

④「ニューヨーク、ニューヨークの人は毎日体を洗っているから綺麗です。ビッグアップル、ニューヨーク。」(意味不明)

⑤「東京と大阪の空は毒ガスで、皆こうとう精神病です。みんな今。」

(※わずか5分の間でも、こんな多くの、池田大作が自分で自賛する、高尚で、そして分かり易くて、それで哲学的で、それで文学調で、それで詩的で、それで会話的である。頭が相当聡明でないと付いていけない講和が盛り込まれています。・・・池田氏はこんな話が高尚だと信じているのか!!、私には、高尚過ぎて頭が痛くなりそうです。)
※私の感想はさておき

※池田氏の訪問先のアメリカ人の感想が正鵠を射ていると思いますので、掲載させていただきます。
≪エジドリー氏の投稿≫(※英文のコメントが投稿できないみたいなので、訳だけ掲載させていただきます。)
アメリカ合衆国のSGIの会員の皆様へ

私は様々な所で池田大作氏についてたくさんの悪い噂を聞いていました、しかしこのビデオを見たとき池田大作氏の度の過ぎる傲慢さには本当に衝撃を受けました。

池田大作氏の浅薄さ・無神経さ・いやしさ・傲慢さから判断して、私は次のような結論を下さなければなりません、池田大作氏は巨大な宗教の組織の指導者である前に、一人の人間として最低の人間であるということです。

まず第一に、他の国を訪問した際に、大衆の前で訪問先の大統領を誹謗中傷するということは大変に無礼なことだということです。

対立する共和党支持のアメリカ人でさえ、そのような自分の国の大統領を中傷する発言は不快に思うでしょう。

さらに、池田氏は頻繁に通訳者をさえぎって、気まぐれに言いたい放題です。

池田氏の通訳者は大変だったろうなと思います。

最後に、アメリカのSGIの会員の方々に真剣にお聞きしたいしたいことがあります。

どうか、常識的に判断し正直に私の質問にお答えください。

あなた方は池田氏のような卑劣な人物を、マハトマガンジーやキング牧師と比べられるような偉大な人物として、本当に尊敬するのですか。

私は理解できないことの一つが、このビデオにおいて、何故に池田氏の側近のだれもが池田氏のとっぴな行動を止めようとしなかったか、ということです。

それどころか、側近の人たちはただ媚びるように笑っていただけでした。

SGIは自浄能力がないのだと思います。

池田大作氏は世界中の大学から300以上の名誉博士号の得たと聞いています、しかしながら、このビデオにおいて池田氏の行動に知性や品性を見つけ出すことはできません。

もしオバマ大統領が公然と池田氏のような悪態をついたら、マスメディアやアメリカ国民はどのような反応をするでしょうか。

もしあなたの会社の社長が、池田氏がこのビデオでとったのと同様な行動を取ったとしたら、あなたはどう思いますか。

直ちに、信頼を失うでしょう。

勿論、アメリカや日本のあらゆる所に池田大作氏のような下劣者がいるというのは全く珍しいことではありません。

しかし、池田大作氏のような救いようのない下劣な人物が日本の最大の宗教団体のトップにいて、しかも公明党に強い影響力を持っているというのは日本国民にとっては災難としか言いようがありません。
(以上エジドリー氏の投稿)
福島原発の隣人 2015/02/19(Thu)20:37:39 編集
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :