忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

証人尋問の記録の続きをご紹介させて頂きます。

なお、初めて、このブログをご覧になられる方は、以下に掲載している訴状をご参照下さい。

 

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3

http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/15/

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その34

http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/68/

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その40

http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/75/

 

          記

 

原告代理人(生田)

あなたは本件訴訟では,離婚自体を創価学会の強要であるかのような主張を されてるんですが,なぜあなた方夫婦の離婚を創価学会が強要するといいますか、離婚をさせようとしてるという根拠はまずどういうことがあるわけですか。

原告(髙倉)

まず,幾つかあるんですけども,妻が実家に帰ってから後,2月の頃に野崎氏から電話があった際に,創価学会の原田稔会長が髙倉の妻の実家は資産家だから離婚されたら困るだろうと発言したということを伝えました。それから今度は,新宿での査問の際は,山本被告は奥さんと決別すればいいという発言をしました。さらに最初の弁護士から 送ってきた協議をしたいという申出から裁判の中に至るまで,そういういろいろ理由が変化をしていったと思います。さらに12月25日に,こちらから連絡するまではそっとしておいてほしいと。お墓参り 等は必ず行きますと,そういうふうなメールが送られてきました。そういうことを考え合わせると,妻が当初から離婚するという意思があったのではなくて,周りから,創価学会会員から強要されて,離婚をするということになったと思います。その証拠に,離婚調停の際に妻は自分の意思ではどうすることもできなくなったと調停委員に語ったと調停委員は言われました。

原告代理人(生田)

そういうふうなことから創価学会の強要があって,離婚を申し立ててるんじ やないかと思ったということですね。

原告(髙倉)

はい,そのように確信しております。

原告代理人(生田)

 奥さんが12月25日に九州の実家に帰るに当たって,それまでの間は,あ なた方夫婦は夫婦仲はどうだったんですか。

原告(髙倉)

夫婦仲は,少なくとも池田先生に対する忘恩が許せないから離婚すると言われるまでは,全くけんかとかそういうことはありませんし,学会活動を強要するようになってからも創価学会をめぐる,関連する以外で争いになったことはありません。

原告代理人(生田)

だから創価学会に対する見解の相違というのはあったということですか,あなた方は。

原告(髙倉)

はい,ありました。

原告代理人(生田)

12月末に奥さんが実家に帰るに当たって,その前日ぐらいに髙倉さん一家で,あなたと奥さんと息子さんと娘さん,4人で忘年会みたいなことを開いたんじやないですか。

原告(髙倉)

はい。私がその前に,何日か前に忘年会をしたらと言ったらば,いいねと言われて,で,妻から忘年会をしようと言われました。

原告代理人(生田)

それで食事をして,場所を移して,カラオケをしに行って,それで帰ったわけですか。

原告(髙倉)

はい,そうです。

原告代理人(生田)

それで奥さんから何かプレゼントがその日か翌日かに渡されたわけですか。

原告(髙倉)

その当日に,妻の言葉をそのまま言うと,私は誕生日は89日ですけれども,良一さんの誕生日のときにプレゼントをしていなかったから,クリスマスプレゼントも兼ねてネクタイと,それからワイシャツをもらいました。

原告代理人(生田)

そういういきさつから見て,12月25日に奥さんが黙って,いきなり実家 に帰ってしまうということは,あなたとしては予想もしてなかったと,こういうことですか。

原告(髙倉)

そうです。全く予想しておりません。

原告代理人(生田)

ゆくゆくは離婚になるだろうというような予測はあったんですか。

原告(髙倉)

全然ありませんでした。

原告代理人(生田)

 そういうことで離婚を強要されて,離婚自体は現在,どうなってるわけです か。

原告(髙倉)

最高裁で確定しました。しかし,いずれ再審請求をしようと思っています。

原告代理人(生田)

離婚は確定したということですか。

原告(髙倉)

はい。

             つづく。


ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。

banner_21.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 

ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。

 

これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 

義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

         記

 

1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合

 

   口座記号番号 01680-3-132288

   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金

   口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン

 

2. 他の金融機関から振り込まれる場合

 

   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)

   預金種目  当座    

   口座番号  0132288

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]