忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
  先月行なわれた裁判で、下記の証拠申出書を提出致しました。訴訟代理人の生田暉雄先生によれば、裁判官の方々は証人の呼び出しに興味を持たれたようです。

 下記の証拠申出書に記載されている和田公雄氏、野崎至亮氏、友岡雅弥氏、田村幸子氏のことについて、ご存知のことがあれば、ブログのコメント欄か、メール(アドレスは、r08091016@yahoo.co.jpです。)でお知らせ下さい。

 どんな事柄でも結構です。この方々が、「真実」を語られるならば、創価学会池田カルト一派は致命的な大打撃を受けるはずです。

 そのためには、この方々が法廷に出頭し「真実」を語らざるを得ない状況を創出しなければなりません。そのためには、このメンバーに関する情報が必要です。

 ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

       記

平成23年(ワ)第413号、第29303号、第31387号
損害賠償請求事件
証 拠 申 出 書

原 告   髙  倉  良  一

被 告   原  田    稔
        外5名

平成25年4月15日

原告訴訟代理人
弁護士   生  田  暉  雄

東 京 地 方 裁 判 所  御 中


      記

一、証人 和田公雄(呼出、主尋問40分)

 1、住所
     略

 2、証人の地位

   創価学会会員、創価学会幹部

   元日蓮正宗国際相談センター相談部長、元シナノ企画開発部長

3、証すべき事実

 和田、野崎、友岡は、創価学会の実態を髙倉から世間に公表させようとしたが、その目的が予測通りにいかず、「日記」問題、査問問題、離婚問題、拉致問題と発展したこと。

 和田、野崎、友岡は、逆に、創価学会から一時、髙倉の黒幕と疑われたこと。

 和田は、黒幕の疑いを晴らすため、髙倉拉致の計画を立て、創価学会本部と履行したこと。

 創価学会は、創価学会の内幕、創価学会の選挙の内情を髙倉に公表されることを止めさせるため、髙倉を社会的に抹殺しようとしたこと。

 和田は、髙倉の家庭の内幕、髙倉に関する全てを創価学会本部に報告して、創価学会主導の髙倉夫婦の離婚の材料を全て提出していたこと。

 和田は、創価学会の不正事件には全て関与していること。

 4、尋問事項

① 証人は、創価学会の現状に不満がある態度を示して学会に不満を有する者の相談に乗り、学会から、不満を有する者のガス抜きの役割を与えられていたのか。

② ガス抜きの役割と創価学会の不正事件の全てに関与することと、どのように関連しているのか。

③ 創価学会による髙倉に対する殺人予告を、証人の口を通して告げる意味は何か。

④ 学会から、髙倉の同調者、髙倉の背景に居る者の調査を命じられたか。

⑤ 何年ごろから髙倉と懇意となり、主として、髙倉の何を調査したのか。

⑥ 学会から逆に髙倉の黒幕であると疑われ、それを晴らすため、髙倉拉致を計画し、創価学会本部と実行したのか。

⑦ 証人は、東村山女性市議の転落死亡事故にも関与しているといわれているが本当か。関与の事実を髙倉に話さなかったのはなぜか。

⑧ 証人は、髙倉を、何のために、どのような目的で利用しようとしたのか。

  髙倉から創価学会の現状の問題点を公表させようとしたが、それが遅れ、日記問題、査問門際、離婚問題、拉致問題と発展したのか。

⑨ その他本件に関する事項。

二、証人 野崎至亮(呼出、主尋問30分)

 1、住所
    略

 2、証人の地位

   創価学会会員、創価学会幹部

   元創価学会副教学部長、池田大作氏のゴーストライター、故野崎勲創価学会副会  長(聖教新聞相談役主筆)の実兄

3、証すべき事実

 創価学会の現状を憂えている一人として、髙倉の信頼を得て、髙倉から創価学会の現状を世間に公表させるべく、創価学会の内幕すべてを髙倉に知らせていたこと。

 髙倉による創価学会の現状の公表が遅れ、日記問題、査問問題、離婚問題、拉致問題と発展したこと。

 東村山の女性市議の転落死亡事故も創価学会員の犯行であると、髙倉に言ったりして、創価学会の恥部を全て髙倉に知らせたこと。


 4、尋問事項

① 創価学会の違法な選挙活動の実態を詳しく髙倉に話をしたか。

② 公明党の国会議員の選定に関して、池田会長の関与を詳しく髙倉に話をしたか。

③ 創価学会と暴力団、右翼との関係を髙倉に話をしたか。

④ 皇室に対する創価学会の工作を髙倉に話をしたか。

⑤ 東村山の女性市議の転落死亡事故は創価学会の犯行であると髙倉に話をしたか。

⑥ 何のために髙倉にこのような創価学会の実態を話したのか。髙倉をどう利用しようとしたのか。

⑦ 髙倉による創価学会の現状の公表が遅れ、日記問題、査問問題、離婚問題、拉致問題に発展したのか。

⑧ その他本件に関する事項。


三、証人 友岡雅弥(呼出、主尋問30分)

 1、住所
    略

 2、証人の地位

   創価学会会員、創価学会幹部

   聖教新聞社 記者、池田大作氏のゴーストライター

3、証すべき事実

 創価学会の現状を憂えている一人として、髙倉をして創価学会の現状を世間に公表してもらおうと画策したが、髙倉による公表が遅れ、日記問題、査問問題、離婚問題、拉致問題と発展したこと。

 高山直子主宰の有志による創価学会研究会(大阪)のメンバーの一人として、研究会を維持していることの目的は何か。

 創価学会の内幕を髙倉に全て話して、日記を作成するようすすめたこと。

 4、尋問事項

① 池田大作の身辺の事情、例えば、女性問題、健康状態、後継者問題を詳しく髙倉に話したか。

② 池田のゴーストライターとして、池田の講演原稿作成の詳しいいきさつ。

③ 創価学会に反対者の尾行、盗聴、脅迫の実態。

④ 創価学会の財務の集金活動の実態。

⑤ 創価学会員の構成の実態。即ち、司法、裁判官、自衛隊、警察官等の実態。

⑥ 創価学会の研究会(大阪)の目的、そこへ髙倉を誘った目的、髙倉に何をさせようとしたのか。

⑦ 髙倉が創価学会の実態を公表することが遅れ、本件日記問題、査問問題、離婚問題、拉致問題となったのか。

⑧ その他本件に関する事項。

四、証人 田村幸子(呼出、主尋問30分)

 1、住所
    略

 2、証人の地位

   九州産業大学教授、被告田村隆雄創価学会副会長の妻

3、証すべき事実

 髙倉の元妻に、髙倉との離婚をすすめたこと。

 髙倉の元妻に、髙倉の日記を創価学会に提出するようすすめたこと。

 4、尋問事項

① 髙倉の結婚の仲人を務めたか。

② 髙倉の元妻から、髙倉夫婦の事情をすべて聞いていたか。

③ 髙倉の元妻に離婚をすすめたか。その勧め方と創価学会との関連について。

④ 髙倉の元妻に日記を創価学会に提出するようすすめたか。

⑤ その他本件に関する事項。

             以上


*****************************

 現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。

 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

         記

1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合

   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
   口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン


2. 他の金融機関から振り込まれる場合

   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288

 郵便局からの振り込みの手続きについては、以下のホームページをご参照下さい。http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_tujo.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» sk083-池田大作の正体 1円財務その83
池田大作は、なぜ、過去に大謗法の8体の御本尊模刻ができたのか。

信心があるのなら、仏罰が怖くて、本来なら、

本尊模刻などできないはずだが。

この疑問の答は、簡単である。

池田大作は、全く信心がないからである。

つまり、池田大作は、全く信心がないから、仏罰を信じていない。

だから、池田大作は、大謗法の8体の御本尊模刻ができたのである。

しかし、仏法は、厳しい、

今、池田大作は、「にせ本尊」を発行するという大謗法も犯したので、

頭破七分の仏罰を受けている。

また、池田大作に騙されて、「にせ本尊」を拝んでいる創価学会員も仏罰を受けている。

池田大作は、信心は全くないが、日蓮正宗の信心を利用すれば、

創価学会員から、莫大な金を搾取できること知っているので、それを実行した。

池田大作が、なぜ、本尊を書写しないかの理由も簡単である。

池田大作は、バカではない。たとえ、池田大作を尊敬している創価学会員と言えども、

池田大作書写本尊を、拝む創価学会員は、皆無に等しいことを

池田大作は、知っているからである。

池田大作が、本尊を書写し、発行したら、金づるの創価学会員が、

創価学会から去ることを池田大作自身がだれよりも、認識しているからである。

だから、池田大作は、本尊を書写しないのである。

池田大作は、本尊を書写・発行して、金づるの創価学会員を脱会させるほどバカではない。

発行する本尊が、日蓮正宗歴代の御法主上人猊下書写本尊ならば、

たとえそれが「ニセ本尊」でも、

創価学会員は、そのニセ本尊を拝み、金を出すことを、池田大作は、十分知っているのである。

日蓮正宗歴代の御法主上人猊下書写本尊以外の本尊では、

創価学会員は、拝まないことを池田大作は、十分知っている。

池田大作書写本尊では、少数の池田本仏論の創価学会員以外は、

拝まないことを池田大作は、十分知っている。

池田本仏論の創価学会員が、何人いるかを池田大作は、十分知っている。

創価学会が発行している「にせ本尊」は、日蓮正宗26世御法主日寛上人猊下書写本尊を

改ざんした本尊である。あくまで、日蓮正宗御法主上人猊下書写本尊である。

日蓮正宗御法主上人猊下以外の宗派の、御法主上人猊下書写本尊では、

創価学会員は拝まないのである。

御法主日寛上人猊下は、あくまで、日蓮正宗26世御法主上人猊下である。

御法主日寛上人猊下は、他宗の御法主上人猊下ではない。

sk083-池田大作の正体 1円財務その83
0001今も活動家。 2013/05/15(Wed)02:48:04 編集
» アホクサ、、、
上のコメント、アホクサ。
通りすがり 2013/05/15(Wed)09:31:54 編集
» sk084-池田大作信徒除名処分に関わる通知書 1円財務その84
通 知 書

東京都新宿区信濃町32番地 創価学会本部
日蓮正宗大願寺信徒  池 田 大 作
昭和3年1月2日生
 
 今般、貴殿の最近の各種会合における発言を調査したところ、左記理由によって、貴殿を本宗宗規第229条及び第230条に基づき、信徒除名処分に付すべきが相当と判断する。
 よって、貴殿に対し弁疏の機会を与えるので、本通知書到着後30日以内に到達するよう、当職宛て弁疏の書面を提出せられたい。
 
   平成4年7月4日
東京都杉並区西荻北2丁目29番12号
日蓮正宗佛乗寺
東京第二布教区宗務支院長  高 橋 信 興(印)
池 田 大 作 殿
________________________________________


理  由

第一  該当事実
貴殿は、日蓮正宗大願寺信徒であり、平成3年11月28日付をもって本宗より破門に処された創価学会及びSGI(創価学会インタナショナル)の最高指導責任者であるが、

1. 平成4年2月29日付聖教新聞紙上で、同月27日沖縄池田平和会館における、第1回アジア総会・平和音楽祭、第51回本部幹部会、第2回沖縄県総会のスピーチとして、
現在、日顕宗は、世界中の、あらゆる仏子を苦しめ迫害している。ゆえに我らは、大聖人の仰せのごとく、断固として、これらの魔軍と戦わねばならない。
2. と本宗を「日顕宗」「魔軍」等と極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を誹謗した。さらに、
インドである方が言われていた。“総本山に参詣しなければ功徳がない”という宗門の主張は、道理からいっても、まったく意味をなさない-。…仏法に照らしてはもちろん、世法の常識に照らしても、まことに滑稽な、笑い話のような主張である。すべて黒い意図による己義であり邪義である。(大拍手)
3. と述べ、信仰の中心道場たる総本山を外護すべき檀信徒としての義務に違背し、宗内を乱し、総本山の維持保存を妨害した。
4.
5. 平成4年3月30日付聖教新聞紙上で、同月29日創価大学記念講堂における、四・二記念合唱祭、第二東京総会のスピーチとして、
大聖人に反逆する『極悪』の日顕宗とは戦う以外にない。
6. と本宗を「『極悪』の日顕宗」などと極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を誹謗した。
7.
8. 平成4年4月28日付聖教新聞紙上で、同月26日中部池田記念講堂における、第53回本部幹部会、第8回中部総会のスピーチとして、
日顕宗の寺院は天魔の住処、魔窟になってしまった。私どもの供養した寺院である。天魔は追放せねばならない。(大拍手)
9. と本宗を「日顕宗」などと極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を誹謗し、かつ本宗僧侶を「天魔」と悪罵し、侮辱した。
10.
11. 平成4年4月30日付聖教新聞紙上で、同月28日中部文化会館における、四・二八立宗の日記念勤行会のスピーチとして、
『貧欲の奴隷』になってしまえば、もはや真の『人間』ではないのである。その好例が日顕宗の僧である。(大拍手)
12. と本宗を「日顕宗」などと極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人及び本宗僧侶を「貧欲の奴隷」「日顕宗の僧」等と誹謗中傷し、侮辱した。
13.
14. 平成4年5月5日付聖教新聞紙上で、同月3日創価大学記念講堂における、五・三記念勤行会のスピーチとして、戸田二代会長の発言を紹介し、
学会員は、四味三教の極位(=法華以前の教えにおける最高の位の者)や、諸宗の元祖より、百千万億借勝れた大菩薩であると、御聖訓のうえから、断言されている(大拍手)。……近年、出現した大聖人違背・大聖人利用の日顕宗の“元祖”などは、比較にもならない。(爆笑・大拍手)
15. と述べ、本宗を「日顕宗」などと極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を「大聖人違背・大聖人利用の“元祖”」などと誹謗した。
16.
17. 平成4年5月22日付聖教新聞紙上で、同月20日関西戸田記念講堂における、第14回関西総会、第54回本部幹部会のスピーチとして、
o 現在、私どもの前には、日向以上の『大聖人否定』の邪僧が出現している。釈尊に師敵対した提婆達多の『化身』のような極悪の法主であり、“提婆の宗”-『提婆宗』となってしまった。日興上人のお心を継ぐ私どもは、断じて戦わねばならない。悪人を追放せねばならない。
o 日興上人の身延離山から、ちようど700年-。今、私どもも日興上人の護法の精神の通り、勇敢に極悪の“不法の法主”と戦っている。
o 法主を筆頭に一宗あげて悪行乱行の限りを尽くす日顕宗-これほど法を下げ、大聖人を辱めている輩はない。
o 私どもも、日顕宗の極悪を永遠に許さない。忘れてもならない。歴史の上に、『真実』を残さねばならない。だからこそ、庶民の怒りを込めて、悪行を公にし、すべてを記録しておくのである。後世の教訓のために、民衆が二度とたぶらかされないために。
o 一番大切なのは広宣流布である。その広布を推進する学会を信頼し、たたえられた日淳上人。反対に学会の壊滅を狙い、広布の前進を阻む日顕。『正師と邪師』『善師と悪師』『大善と極悪』-全く対極の存在である。
o 今また、『邪曲なる宗教』と化した日顕宗を『排除』するために、正邪を糺す戦いをしているのも学会である。
等と、本宗を「提婆宗」「日顕宗」等と極言して宗綱に遠反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を「日向以上の『大聖人否定』の邪僧」「提婆達多の『化身』のような極悪の法主」「極悪の“不法の法主”」「邪師」「悪師」「極悪」等と誹謗した。さらに、
謗法の現宗門には、大聖人からの成仏の血脈は完全に切れている。堕地獄の宗門となってしまった。これに従う人々も、御書に照らし、同罪である。
と述べ、本宗相伝の血脈義を否定し、しかも「堕地獄の宗門」と悪罵して、本宗僧俗を誹謗中傷し、侮辱した。

18. 平成4年6月4日付聖教新聞紙上で、同月2日創価国際友好会館における、第32回全国婦人部幹部会、第55回本部幹部会のスピーチとして、
今回の問題でも、日顕宗がいかにおどし、騒ごうとも、創価学会は賢明であったがゆえに、微動だにしない。
19. と本宗を「日顕宗」と極言して宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、法主上人を誹謗した。
20.
以上、貴殿は、多数の本宗信徒を対象として、本宗宗綱に違反し、異説を主張して他の信仰を妨害し、宗制宗規に違背して宗内を乱し、総本山の維持保存を妨害し、法主上人及び本宗僧侶を誹謗または侮辱したものである。



第二  該当規定
第一の1より7の事実について、
1の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号「宗綱に違反し、異説を主張して、他の信仰を妨害したとき」、第2号「宗制宗規または宗門の公式決定に違背し、宗内を乱したとき」、第4号「総本山の維持保存を妨害し、或は『山法山規』を乱したとき」、第五号「言論、文書等をもって、管長を批判し、または誹毀、讒謗したとき」に、
2の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号に、
3の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号、第10号「本宗僧侶並びに寺族に対し、横暴の文書、図画並びに言動を為し、或は侮辱したとき」に、
4の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号、第10号に、
5の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号に、
6の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号、第10号に、
7の事実は、 日蓮正宗宗規第229条第1号、第5号に、
それぞれ該当する。



第三  証 拠
「第一 該当事実」掲記の各聖教新聞。



第四  情 状
1. 貴殿は、本宗より破門に処された創価学会及びSGIの最高指導責任者である。昭和54年4月、会長を退き名誉会長となったが、今なお破門された創価学会及びSGIにおいて絶対的な立場にあり、貴殿の言動が同会会員(本宗信徒)に、重大な影響を与える地位にあることは明白である。

2. そもそも本宗は、宗祖日蓮大聖人を末法本因下種の本仏と仰ぎ、宗祖大聖人の出世の本懐たる三大秘法総在の本門戒壇の大御本尊を信仰の主体とし、またそれに墓づ<化儀・化法の一切を、宗祖大聖人以来の唯授一人の血脈相承によって正しく相伝するとともに、血脈付法の法主上人の指南に基づいて信行に励み広宣流布に邁進してきた、700年の歴史と伝統を持つ大聖人正系の宗教団体である。したがって本宗信徒たる者は、すべからく右を信仰の基本としなければならない。しかるに、本門戒壇の大御本尊のまします総本山を誹謗中傷したり、唯授一人の血脈を無視した「大聖人直結」を主張したり、法主上人の指南に背いて誹毀讒謗し、多数の信徒を誑惑するならは、それは本宗信仰の根幹に背反する異端・異流義となり、無間大坑に堕する不信大謗法の大逆行為となるのである。

3. 貴殿は、「学会が主、宗門が従」との本末転倒の思想を元とした、創価学会の昭和五二年路線といわれる逸脱の原因が、最高指導責任者たる貴殿白身の慢心に墓づく指導にあったことを率直に認め、深く反省懺悔し、昭和54年4月26日、総講頭を辞任した。特に、創価学会が一連の教義逸脱を反省確認した、昭和53年6月30日付聖教新聞紙上の「教学上の基本間題について(「六・三〇」)」に対して、貴殿は、昭和55年4月2日付同紙上における「恩師の二十三回忌に思う」と題する所感で、「絶対に踏み違えてはならない重要な規範」であり、「この徹底を怠ってはならない」と明確に述べた。
しかるに、貴殿自身、平成2年11月28日の第35回本部幹部会において、法主上人及び本宗僧侶に対して誹謗し、また昭和五二年路線の反省誓約を破棄した。その上、現在では、「六・三〇」の規範に違背した発言を盛んに行ない、例えば本宗相伝の唯授一人の血脈義を無視した「大聖人直結」を高言するなど、自身、その反省誓約を率先して破棄している。しかも、聖教新聞・創価新報等に掲載された諸種の本宗誹謗の記事に関して、貴殿は、最高指導責任者であるにもかかわらず、何らの是正も行なわなかったばかりか、平成4年1月17日付聖教新聞紙上で、同月15日創価国際友好会館における、全国青年部幹部会、東京の新宿・港合同総会のスピーチとして、

o 御書の通り、法華経の通りに実践する。経文の上から、道理の上から、『正義』を堂々と主張する-それは慢心でも何でもない。それを妬んで、“破門”などする者こそ、大慢心であり、大増上慢なのである。それは、“御書と経文を否定した”ことになるからだ。
o 大聖人の御遺命通り、広宣流布へ向かって、自行化他にわたって題目を唱えている-それが創価学会員である。御書と経文に照らして『地涌の菩薩』に決まっているのである。この『地涌の出現』を切り捨てるということは、地涌の菩薩の『上首』(最高指導者)であられる御本仏・日蓮大聖人への大反逆である。宗門は大聖人に矢を放ったのである。仏法上、これ以上の極重罪はない(大拍手)。
と述べ、本宗が、宗開両祖以来、七百年伝統の法義・信仰を厳護するために行なった創価学会破門処分に反抗し、本宗に対して「大慢心」「大増上慢」「御書と経文を否定した」「御本仏・日蓮大聖人への大反逆」「大聖人に矢を放った」「極重罪」等と誹謗するなど、自身、ますます増長の度を加えている。

4. 貴殿の本宗の法義・信仰への違背は、現在に至るまで、右第一の該当事実の1から7以外にも、法偏重の謬った本尊義をはじめ、化儀に対する軽視・蔑視、たび重なる法主上人及び本宗僧俗を中傷する発言等、枚挙にいとまがない。
あまつさえ、本門戒壇を軽視・蔑視した発言、また正本堂の意義付けに関する発言に対しては、教義に関する正否の裁定権を有する法主上人が、平成3年3月9日付書面等によって宗内僧俗に教示され、厳しく指摘されたが、貴殿には、現在に至るまで何らの反省懺悔の姿が見られない。
さらに、平成4年5月5日付聖教新聞紙上で、同月3日創価大学記念講堂における五・三記念勤行会のスピーチでは、
今の宗門は正反対の姿に堕落してしまった。“金欲”と“信徒蔑視”に凝り固まった、極悪の教団と化してしまった。悲しいことであるが、極悪とは、断じて戦う以外にない。皆さまは、『正邪』を鋭く見破り、強くまた強く、邪悪と戦い抜いていただきたい(大拍手)。
などと誹謗して、自身、多くの信徒を煽動し、著しく混乱させている。

5. 本宗発展にかかる貴殿の過去における責献がいかに顕著であったとしても、創価学会及びSGIの破門に至る貴殿の指導責任はもとより、破門以降における貴殿の一片の反省懺悔すら見られない無慚無愧の右該当事実及びその情状を勘案した場合、この際、信仰の筋目の上からその非違を正さなければ、さらに多くの檀信徒は惑わされ、本宗伝統の清浄な宗風がますます汚され、宗祖日蓮大聖人の御遺命たる広宣流布の進展が著しく妨げられることになる。



右により、貴殿に対しては、信徒除名処分を相当と判断して、本通知に及ぶ。
 以上
0001今も活動家。 2013/05/18(Sat)09:37:20 編集
» 無題
あんた、何様の積りで粘着しているの?
stone 2013/05/23(Thu)07:31:11 編集
» 「通りすがり」さんへ
「通りすがり」さんへ

あなたは、「創価学会推進委員会」の

「通りすがり」さんとは、別人ですね。

他人のハンドルネームを使うのは、人間として

お粗末です。

あなたは、創価学会員ですね。

自分のハンドルネームで、コメントしてください。


高倉先生へ
上記の
» {通りすがり
は削除願います。
» アホクサ、、、

上のコメント、アホクサ。

通りすがり2013/05/15(Wed)09:31:54編集
0001今も活動家。 2013/05/24(Fri)09:22:16 編集
» まああまりコメントするつもりはなかったんですが、一言だけ
本来はROM専でたまにしか来ませんが、「今も活動家」さんのコメントを読んで少しだけ。

このブログというのは、高倉教授が創価学会問題を社会問題として取り上げている場と理解していましたが、この方のコメントの足場は日蓮正宗に置いていますよね。

日蓮正宗の歴史を振り返る時、これはけして創価学会を責められるものではありません。

例えば江戸時代の「異端」に関する事。

これは江戸時代当時、日蓮正宗にそぐわない信徒を江戸幕府に「異端」として宗門は告発していたという事です。
そして異端として告発された信徒は、幕府から責められ人生を大きく狂わされ、中には亡くなった人もいると聞いています。
この異端に関する歴史は、宗門の人々は語りませんが、創価にも宗門にも組しない人が研究をしていて、その内容はとても興味ふかいものでした。

要は江戸時代の寺請制度の中で、幕府権力の片棒を担ぐと同時に、その力を持って信徒の上に君臨し、支配していた歴史があるという事です。

この事柄については、未だに日蓮正宗では総括すらしていません。
僕が宗門も創価学会を笑えないというのは、そういう体質的な問題を持っているという事です。

そういう事実がありますから、「今も活動家」さんが、日蓮正宗を足場に創価学会を批判できるものなのか、大いに疑問ですね。

このブログは高倉教授が創価学会問題を社会問題として取り上げているブログだと思っていますが、この「今も活動家」さんのように、日蓮正宗に足場を置いた批判というのは、このブログにといっては大いにマイナスなのではありませんか?

まあこのあたりの判断は、最終的には高倉教授がするものなんでしょうけど、まさか高倉教授は「己の敵の敵は味方である」というスタンスなのでしょうか?

通りすがりさんが「アホクサ」と述べているのは、そういう事もあっての事ではありませんか?
まあ勝手な解釈ですけどね。

コメント欄の管理には、あまり気を使っていない様ですが、「今も活動家」さんの様なコメントを放置するのは、いかがなものなんでしょうね。

まあ高倉教授が先の観点で、「日蓮正宗」もわが味方というならば、話は別ですが。

それではまたROM専に戻ります。失礼しました。
元広宣部員 2013/05/24(Fri)21:46:11 編集
» 1円財務の0001へ
「通りすがり」のハンネは、誰でも使うよw

アンタはネット初心者かい?w
stone 2013/05/25(Sat)07:16:54 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[10/12 希望]
[10/12 匿名希望]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]