「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 3月30日(金)の深夜と3月31日(土)の夕方に、創価学会 池田カルト
一派による脅迫行為としか考えられない出来事が起きました。

 30日の出来事に関しては、31日(土)午前0時39分に110番通報を
し、警察官に現場検証をして頂きました。

 31日の出来事については、同日の午後7時56分に110番通報をし、
警察官に現場検証をして頂きました。

 30日は警察官2名でしたが、31日は警察官が3名来られました。い
ずれの日も、私が、現在、創価学会を相手に訴訟を起こしていることと
、この出来事の犯人は、どちらも創価学会池田カルト一派の関係者で
ある可能性が極めて高いことをお話し致しました。

 この出来事につきましては、創価学会の悪行シリーズその11で、そ
の詳細を明らかにさせて頂きます。  まさか、警察に110番通報をしな
ければならないような出来事が起きるとは、予想もしていませんでした。
私と池田カルト一派との闘いは、新しい局面を迎えることになりました。
これまで以上に、身辺には気を付けようと思います。

 今後とも、ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。ならびに、
この情報を拡散して頂きたく存じます。

banner_21.gif ブログランキングに参加しています


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
わたしも不審なことがあったので、真夜中になんどか警察官に巡回に周ってもらいました。。
また、もしかして?これがストーカー行為?というようなこともあるんです。。

前のサロンで、あまりに個人的なことを書いたからでしょうか。。それともTwitterもやってたからかしら。。と想像する意外にないのですが、実際に怖い目に遭ってみると、まさに創価学会の裏の部分をまざまざと理解するわけで。。

高倉さまも是非ここで、その詳細を公表されることを希望します。。
公の場で明らかにしましょう。。

池田氏は、前々から難に遭っているのは自分だけだと言われていましたが、あの方は日々SPに守られていたわけで、その中で、どれだけのひとが犠牲になったかと思うのですよね。。

裏返してみたら、どちらが真実の法華経の行者なのか?ということですよ。。

不審者もうろついていたり、事故に見せかけて?という危険もあるかもしれません。。
どうかどうか注意深く日常を過ごされますように。。

流れ星 2012/04/01(Sun)22:22:08 編集
» 人間モドキ
危惧していた事態に大きな衝撃を受けています。
同時に「高倉様擁護」の活動を更に強化せねばとメンバー全員が気持ちを新たにしています。
先日、配布した「チラシ」の反響が少なからず
届いております。今週末にかけて情報拡散の手立てを再考させて頂きます。この時点では高倉様への
脅迫行為の内容が判明していませんので明言は避けますが「創価学会池田カルト一派」が最も得意とする「低次元極まり無い」嫌がらせを受け続けている
私たちからすると容易に想像がつきます。

「人として最低の境涯にならなければ絶対に出来ないと思われる数々の悪行」です。

幹部からの指示、池田先生の為とは言え、いかなる理由があろうとも「実行」した時点で

「人間モドキ」に陥ります。

(愉快さんなら判りますよね?人間モドキの出目を)

見た目は「人間」です。普段は普通に生活しています。しかし、いざ「指令」が下され「スイッチ」が
入ると本当の姿を現しターゲットの平穏な社会生活をかき乱す為に「姑息」で「低レベル」な嫌がらせを「狡猾」に「巧妙」に「執拗」に繰り返します。
ターゲットの反応を逐次、報告し「良くやったぞ
先生も喜んでいるぞ」と言われ「満面」の笑みを
浮かべます。そして次の「指令」が出るまで、
の間はまた「人間モドキ」として普通に生活を続けます。

流れ星さんのコメントにもありましたが
何があってもまずは110通報し警察が対応したと云う事実を公にして行く事が大事です。私たちも
そうしています。今では常連になり「あっ★★さんね?今日はどうしたの?」といきさつを話すこと無く対応して頂けるようになりました。

まとまりませんが
取り急ぎ、
コメントさせて頂きました。

文責「もも」代筆「里芋」※ももさんからのメール原文のままに転記しました。
もも(ら) 2012/04/02(Mon)07:49:08 編集
» 驚きました
 危険な目に遭われたのですね。具体的なことがわからないので、詳細をアップされるのをお待ちしています。
ちゅらら 2012/04/02(Mon)08:46:45 編集
» お久しぶりです
大丈夫ですか?怪我などありませんか?
高倉さまは、そういうお立場なのだなと思い知らされます。陰ながら応援しております。

あの方たちの法に触れない地味な嫌がらせは日常的ですが、本人たちに自覚が無いことも多く、何せ常識が欠落していますから、すぐに第三者の判断を仰ぐことが大事だと痛感しています。

小さなことですが例えば、亡くなったことも知らされなかった親戚の家に、F取りに行ったらたまたま葬儀があっていた。なぜ知らせてくれなかったんだとその場で喪主を責め、すかさず選挙を頼み、ついでに線香を上げていくということを平気でやって、満足げに帰っていきます。更に帰ってから、喪主の態度の悪さを批判する。
この間、本人には悪気0なんですよね。
そもそもなぜ、親戚なのに葬儀にも呼ばれないのか。
そこを全く直視しようとしない。

私は自身の客観性に疑問を持つように心がけています。私にも、狂信者の親の血が流れていますから、油断できません。私の常識が正しいとは、限りません。
SJ 2012/04/02(Mon)10:48:07 編集
» 驚きました
 危険な目に遭われたのですね。具体的なことがわからないので、詳細をアップされるのをお待ちしています。
ちゅらら 2012/04/02(Mon)11:26:41 編集
» 法に触れない地味な嫌がらせ
SJさん、的確な表現ですね。私もやられました。組織を守るためという名目で、捏造も厭わないのは学会精神なんでしょうか。理解できません。言ってることとやってること、違いすぎ!
えりちゃん 2012/04/02(Mon)11:29:58 編集
» 法に触れない地味な嫌がらせ
SJさん、的確な表現ですね。私もやられました。組織を守るためという名目で、捏造も厭わないのは学会精神なんでしょうか。理解できません。言ってることとやってること、違いすぎ!
えりちゃん 2012/04/02(Mon)12:04:47 編集
» 驚きました
 危険な目に遭われたのですね。具体的なことがわからないので、詳細をアップされるのをお待ちしています。
ちゅらら 2012/04/02(Mon)12:06:11 編集
» 無題
すみません、「驚きました」でのタイトルの投稿、二重になってしまいました。紙面を汚してごめんなさい。
ちゅらら 2012/04/02(Mon)12:07:05 編集
» 無題
私の投稿が二重になっていますが、2度も送信した覚えはありませんし、その時間はPCの操作をしてませんでした。おかしいですね・・・・もしかして、サイバー攻撃?
えりちゃん 2012/04/02(Mon)12:18:50 編集
» 無題
昔の池田氏の指導で。。共産主義は悪を革命の産婆としてきたが、創価学会は善こそが総体革命の産婆である。。というようなことを言っていて、わたしは深く感動したのですが、いまの創価学会はどうなのでしょう。。

それとも創価学会にお金で雇われた悪に堕ちたひとたちが、影の軍団となっているのでしょうか。。
謎です。。


流れ星 2012/04/02(Mon)16:12:59 編集
» 恐らく
組織や幹部の指示ではないでしょう

間違った正義感から、MCされた人間が先走った可能性が大です
MCされた信者にとって、高倉氏を攻撃するのは
正義になっているのです
これほど怖いものはありません

さよなら池田先生という本を書かれた女優も
命を狙われ、自費でボディーガードを雇っていたそうです
まさか、高倉教授にまで手を出してくるとは、、、

恐ろしいことです

まだ特定の団体名をあげて非難するのは早計だとは思いますが
身辺には今以上に警戒されることをお願いいたします

我々にできることといえば、事実の拡散しかないですが
できるだけ協力させていただきます
替天行道 2012/04/02(Mon)17:04:54 編集
» 無題
ごめんなさい。。
非常な違和感を。。

結局は、そういった犯罪及び犯罪まがいのことを行うのは末端であって、その責任も彼ら自身にあり、創価学会としては何も関与していないと言いたいのでしょうか。。

これだから、常にトカゲの尻尾切りであって、創価学会は痛くも痒くもないわけなんですよね。。

所詮、迷宮入りとなり罪に問われなければ良い、結果オーライ。。
。。ということでしょうか。。

わたしの個人的に受けているストーカー行為?ある意味、威嚇とも取れるような行為は、とてもマインドコントロールを受けたひとが個人的に勝手にやっているとは思えないのですが。。

真実は、どうなのでしょう。。


流れ星 2012/04/02(Mon)18:30:07 編集
» 無題
110番通報とは、尋常ではないですね。
これ以上の被害がなければよいのですが。

しかしこうしてブログ上に公表されると分かっているでしょうに、何とも浅はかな。
それが正義と信じ込んでの、誤った使命感によるものなのでしょうかね…。

高倉先生、大事にならぬよう、くれぐれもお気をつけください。
クロ URL 2012/04/02(Mon)18:48:30 編集
» 脅し
警察まで呼ばねばならない事態となるとは・・・。
これだからカルトは・・・。

でも、実行犯を捕まえたところでトカゲの尻尾・・・。
鎖を放たれた狂犬のような頭のおかしい狂信者が、実にやっかいです。

とにかく、いろんなことを詳細に記録なさってくださいね。
それから、大変でしょうが
「バカのする真似」と笑う余裕も・・・・。

他人事のように言って、本当にすみません・・・。
元学会2世 2012/04/02(Mon)19:01:22 編集
» 無題
わたしも不可解だと思うことは、あるところに克明に記しています。。

こういった行為は、とても許し難く。。
お金にモノを言わせているのか不明ですが。。

ただ、内心では、よもや創価学会がそのようななことを⁈と信じ難く想う気持ちもあるのです。。
とても残念ですね。。
流れ星 2012/04/02(Mon)20:02:44 編集
» 証拠
高倉様

本日の記事を読んでびっくりいたしました。

可能な限度でできるだけ情報を発信されるほうがよいと思います。
敵はそれを恐れていると思います。
それと、証拠収集が重要だと思います。
写真、動画、ICレコーダーなどでの録音などです。
小型のカメラや隠しカメラもインターネットで販売されています。
住居に侵入される可能性もありますので二重ロックやカメラ等を使用されることをおすすめします。

心中お察しいたしますが、
落ち着かれて安全第一で行動されますように。

皆様の貴重な場に失礼いたしました。
御迷惑でしたらこの記事は削除してください。
ごぼう 2012/04/02(Mon)21:04:36 編集
» ハイル!池田先生!
「お前は、池田先生の為に命を捨てられるか?」

「はい!私は池田先生に全てを捧げます!命がけで
池田先生をお守りいたします!」

地区幹部の推薦を受け選抜された会員(女子含)らが
「ハイル池田」の親衛隊(笑)になるべく一定期間の
訓練を受ける際に繰り返し、繰り返し叩き込まれる
「フレーズ」なのだそうです。このブログに訪問している学会員の中にも経験者がいるでょう?
HNでコメントを投稿した位では身元と素性は判明しませんから、是非とも「経験者」や現役の
「ハイル池田(笑)」の親衛隊(笑)さんからコメントを頂きたいものです。楽しみにしています。

「替天行道」さんのコメントにあるように
「跳ね上がった一部の会員」らが暴走することも
ありましょうが、根本にあるのは「組織」の指示です。「ターゲット」「仏敵」(笑)と称された
創価学会に批判的な敵対者の「生活パターン」を
時間をかけ把握し「出勤時間」に合わせ通勤経路に
待機(世間では待ち伏せと云います)する。
ターゲットに歩調を合わせて歩き出す(世間ではつきまといと云います)。目的地までの間、同行者のように寄り添い歩く(世間では尾行と云います)。
途中のトイレや一服の場所にも同伴します(世間ではつきまといと云います)。誰とどこで何をしているかを然るべき方に報告をします(世間では行動監視と云います)。こうして仏敵の日時生活か当人の知らない所で晒されます(世間では人権侵害と云います)。「ターゲット」と称された創価学会に批判的な人物を監視する事を日常的に行っていると、
学会側の証人が法廷で堂々と証言しています。
「監視」や「つきまとい」のレベルでも「繰り返し」「執拗」にやられると「盗聴されているのでは」とか「盗撮」されているのではと思い込む方たちが出てきます。行き過ぎた例が「思考盗聴」や
「電磁波攻撃」等々の類です。しかしこのような被害者が出てきてしまうほど「ハイル池田」の親衛隊は、曜日、時間をいとわず数にものを云わせ現われる為「このような」被害妄想的な思考に陥ってしまう場合があります。誰にも相談出来ず、追い詰められ最悪のケースを迎える事もあります。とても悲しい事です。以前、某宗教団体の会長が云ったとされる言葉を紹介します。

「手を出さなくとも人は殺せる」

「人間モドキ」の時にも同じコメントをしましたが
普段は普通に生活をしているのです。
手当たり次第に誰彼かまわず「監視」「尾行」しているわけではないのです。「組織」の指示があり
ターゲット、仏敵と称された人物に対してのみ
「指示」マニュアル通りの「動き」をとるだけなのです。本当に分かり易く、ワンパターンな「動き」をとります(笑)「指示」した立場の連中は時折、報告を受け確認をするのみで後は
「会員の自主的(笑)」な活動に委ねます。なので中には「功名心」に駆られた「ハイル池田」の
「人間モドキ」が、常軌を逸した行動をとる場合があります。「組織」のある方たちにに褒められ「英雄扱い」されたいが為に。
「池田先生のお役に立てた」と歓喜したいが為に。

以上は、私たちが活動している地域限定の傾向なのかも知れませんが、恐らく温度差はあれ全国的に
同様なケースは多いのではと推測します。

創価学会は、もう後戻りが出来ないでしょう・・・

「行き着くところまで暴走し醜態さらして崩壊」

いずれにしても、その日は近いでしょう・・・

最後に切望するのは、「希望」
創価学会の中にも
最後の「希望」がありますように・・・

悪行シリーズその10へのコメントは
しばらく連投します。よろしくお願いします。

文責「もも」代筆「里芋」※ももさんのメールを原文のまま転記しています

もも(ら) 2012/04/03(Tue)08:36:12 編集
» 大丈夫ですか?
一体どのようなことが起きたのでしょうか?
心配です。
いのり 2012/04/03(Tue)19:39:27 編集
» お前も人間モドキか?
このセリフは信用していた警察や刑事が実は
「人間モドキ」だった事が判明した際に
主人公が口にした言葉です。

「人間モドキ」

昭和41年7月4日~昭和42年9月25日まで
(創価学会が特に元気だった時期と重なります)
フジテレビで放映された、手塚治原作の
「マグマ大使」に登場する悪の侵略者「ゴア」の
手先を総称して「人間モドキ」と呼びます。

世界侵略を企む「ゴア」が、人間に寄生させ
自身の意思のままに行動させるために送り込みました。主人公の友人は自分の父親、母親が
「人間モドキ」に操られているとは知らずに
主人公と行動を共にした結果、真実を知り
とても悲しくて辛い決断を選択します。
でも、そのような多くの犠牲を払った代償の上に
「人間モドキ」の存在が世間に知れ渡り、
世の中の大多数が「人間モドキ」を警戒し
やがて「ゴア」の世界征服の野望が潰える結末となるのです。

創価学会、そのままに当て嵌まりますよね、
この「ゴア」と「人間モドキ」は・・・。

あらゆる分野に浸透し過ぎていますよ
創価学会員は・・・

東所沢小学校創価学会歌歌唱事件を
自身で握り潰し、上司や関係各所への報告を
怠り情報共有もせず、保護者の訴えを
「のらりくらり」かわしていた
所沢市教育委員会社会教育課の「N氏」は
創価高校、創価大学出身との事・・・
普段は、冷静沈着な振る舞いを見せていた「氏」も
この問題だけに限り
狼狽し感情的になっていたと云う・・・

普段は普通に生活、活動、仕事していても・・・
「指令」が出され「ターゲット」「キーワード」が
認識されると「スイッチ」が入り「組織(ゴア)」の
言いなり思うままの行動を開始します。

皆さんの周りにもいるでしょ?

「人間モドキ」

追伸

「マグマ大使」の主人公「まもる君」を演じたのは
幼少の「江木俊夫」
成人し「フォ-リ-ブス」の
メンバーとなり日本のアイドル界を席捲します。
「フォ-リ-ブス」と云えば、今年に入り亡くなった
元メンバーの一人「北公次」がいます。
彼の葬儀は「学会葬」でした。葬儀場で存在感を示し注目されていたのは、
1976年公開「続・人間革命」に出演していた
「あ★い★彦」でした・・・
野★五★や、★ひ★みらが、お焼香を済ませると
そそくさと帰る横で「学会員専用」の焼香台付近に立ち、訪れる学会員に
頭(こうべ)を垂れていたと云う・・・

おまけ

「マグマ大使」の主人公「まもる君」の
お父さんの別荘は劇中設定上、
日本で最も影響力のある方の別荘がある
「伊豆」にある創です(笑)

おまけのおまけ(愉快さん使わせて頂きます)

「マグマ大使」のスポンサーは、
「ロッテ」でしたよね(笑)
「ガム」と云う名の
主役級の登場人物がいましたね(笑)

「人間モドキ」と闘う、「もも(ら)」でした(笑)

文責「もも」



もも(ら) 2012/04/03(Tue)22:30:49 編集
» いかがでしょうか?
このブログに訪問している学会員の中にも
心ある方たちは必ずいると信じています。
幹部の指導、組織のあり方、方向性に疑問を
持ち続けながらも中々、言い出せない方たちも
たくさんいるはずです。
あなた方が信じる組織、同志諸氏らは、
いよいよ、高倉様へ「牙」を剥き始めました。
この行為がどれだけ重要な意味を持つのか
良心を失っていない方たちなら理解できるでしょう。真相究明と現実を世間に晒す為にも、
現役の学会員さんや脱会者の方たちからの、
「組織(幹部)の指示で監視活動していました」
「尾行や待ち伏せ、つきまといをやりました」
等々のコメントをしては頂く事を期待しています。
HN程度では身元や素性は判明しません。
ネット監視専門員でも、そこまでは出来ません。
どうか勇気を出して「一歩」踏み出しては頂けませんか。創価学会と云う巨大なモンスター(巨像)を
足元から崩壊させる「一助」となるべく、実態を
コメントしては頂けませんか。このブログは何も
アンチや反創の方たちばかりが訪問している訳ではないのですから真実を世に伝え拡散できる絶好の場所であり日本を変革して行く有志が集まる「連帯」の場所なのです。日本の変革を語り活動して行く上で「創価学会問題」は避けては通れないのです。

反社会的行為を組織を挙げて指示、実行し
純真な信仰を持つ会員にまで「強制」する。
何もしらないまま母親に云われたままに
「ターゲット」の自宅に落書きを繰り返す
子供たち・・・純無垢な子供は疑いもなく
母親の云われたままにやり続けます。
その一方では「平和の文化と子供展」などと云う
パネル展を開催する厚顔無恥な思想・・・
あまにも巨大に肥大化し過ぎた為に末端信者の
統制もままならず時として暴走を許し
「いくら云っても言う事を聞かない会員はたくさんいるのですよ、仕方がないのですよ」とはき捨てる
新聞沙汰になれば「即」除名が待っています。

まとまらないコメントになりましたが
今回の高倉様への「暴挙」は許しがたい行為です。
絶対に看過してはならない事態です。
常連諸氏の皆様は引き続き情報拡散をして頂きたいと思います。
「反社会的行為」を幹部の指示のままに実行している、またはしていたと云う学会員さんらの
「真実のコメント」を渇望いたします。

文責「もも」代筆「里芋」※ももさんからのメールを原文のまま転記しています。
もも(ら) 2012/04/04(Wed)09:20:12 編集
» 10年以上前だが
もちろん、共産党さんがテレビの討論番組で言っていたが、昔埼玉県熊谷市で埼玉総県部長以上で深夜にこっそり会合があり、共産党さんをボロクソ書いているビラを近くの地域に配った。代表の人間に「この件は墓場まで持って行って欲しい」と前おきがあった。


また、同じく10年以上前だが、選挙での学会の会合で当時の佐藤ヒロシ全国青年部長だったかが、「共産党の事務所にションベン引っ掛けようぜ!……。……、ホントに引っ掛けないようにね」という発言があった。
若い男子部なら、冗談でもするかも、と当時思ったモンだよ。
しらす 2012/04/04(Wed)11:19:00 編集
» びっくりしました
様子が深くわかりませんが、2日連続で警察を呼ぶ事態になるとは・・・・。大丈夫でしょうか?
逆に考えると彼らもそうしなければ、いけないような事態に追い込まれているとも考えられます。
記録と記憶を残して証拠固めを是非とも。高倉さまの活動が、彼らをそうさせた焦りかも?応援してます。
友人 2012/04/04(Wed)20:17:14 編集
» 仏敵には容赦しない
いつもROM専で見ていますが、少しコメントを致します。

私も以前、広宣部で幹部をしていましたが、結構、法律擦れ擦れの事はやっていました。

法華講の幹部の自宅の張り込みや、当時、コードレスホンなどは暗号化されていませんでしたので、オールバンド受信機で盗聴もしていました。

また某正宗寺院の前での張り込みや、出入りする人の人物撮影及び特定も行っていました。
車のナンバーさえわかれば、個人を特定する事は組織をもってすれば簡単に出来ます。

ある時には情報を取る為に、法華講幹部の自宅から出てきたごみを片っ端から入手して、中身を漁ったこともあります。

また顕正会幹部の会社まで出かけて、結果として退職に追い込んでしまった事も。

今から考えるならば、異常な事なのですが、「絶対正義」と「池田先生に仇名す人間は絶対に許してはいけない」という使命感でのみ活動をしていましたし、それが異常な事とは思っていませんでした。

ちなみに創価班の人事でも「広宣部」に関しては公表されません。何故ならば、やはり「ウラの事」を創価班として専属でやる組織なので、表には出せない組織なんですね、公式には。

またそれ以上に過激だったのは金城会でした。彼らは私から見ても「信心ヤクザ」の集団という感じで、異常なものでしたね。。。。

今の男子部では、それだけの人物はいないと思えますが、当時の私や他の広宣部幹部は「池田先生の敵は絶対に許さない!また死んでも組織には迷惑をかけない」という事を心情にしていました。

そんな組織なので、組織で指示を出さなくても暴走する人間はいるかもしれませんね。

以上です。
またROM専に戻ります。
元広宣部幹部 2012/04/04(Wed)21:13:42 編集
» 今仰天ニュース見ているけど
オウムの話をしているけど、教団代表に自分の人生捧げるなんて、学会ソックリですね。
しらす 2012/04/04(Wed)22:28:52 編集
» 心から感謝いたします。
元広宣部幹部様へ

今回投稿されたコメントは
創価学会問題史を研鑽する、後世の歴史家たちから
「変革」と「連携」の「きっかけ」となり得たとして、長く語り継がれる事でしょう。
元広宣部幹部様のご決断と、ご英断に
敬意を表します。

ブログ主まがいの発言で恐縮ですか、
「超一級品」のコメントが投稿された事を
とても嬉しく思います。あらゆる媒体に拡散されます事を切望いたします。

良心を失っていない創価学会員の皆様へ。

今回のコメントを読み「どう」思われましたか。
自身の心に素直に向き合って下さい。
思考を止めないで下さい。
一日も早く、

「人間モドキ」を卒業して下さい。

心のままにコメントして下さい。
必ず「何か」が変わります。
日本社会の変革を導くべく「連携」しましょう。

繰り返しますが、日本社会の変革を語る際に
創価学会問題は、避けては通れないのです。

今回のコメントが「呼び水」となり
数多(あまた)の「真実」が晒されます事を
渇望いたします。

文責「もも」

もも(ら) 2012/04/04(Wed)23:19:53 編集
» 無題
わたしは、この場で身をもって公表することが却って自らの身を守ることになるのだということをここ数日実感しています。。

ほんとうに驚くほどの変化があったので、却っていままでのことが考えすぎ&気のせいではなかったのだということに確信を抱いたくらいです。

また、元広宣部さんの書き込みに、やはりか、と思いました。

わたしが、このようなことを書くと怖れから沈黙を守ろうとするひとも多いかもしれませんが、それは反対だと思うのです。。

公の場で明らかにすることにより、陽の光に当たり影の部分が退散していくのではないでしょうか。。

あなたの勇気をこころから希望いたします。。
高倉さまに、これ以上手だしさせないためにも。。

流れ星 2012/04/05(Thu)01:47:21 編集
» 情報拡散の継続を・・・
「公の場で明らかにすることにより、陽の光に当たり影の部分が退散していくのではないでしょうか。」

流れ星様のコメントに
「激しく同意」いたします。
実名を挙げて行動する必要はありません。
HNで充分です。震える指先でひとつ、ひとつ
キーボードを叩いて下さい。上手な文章なんて書こうとしなくていいんです。勇気を振り絞って記したコメントは必ず周囲の人たちの「心」に響き渡ります。共感してくれます。本当です。あなた方の
「心の中」にある「疑念」が必ず消えます。
本当です。世の人々は創価学会の「闇」と「真実」を知りたがっています。それを伝えられるのは
組織の中にいる「あなたたち」と、
脱会または組織から距離を置いている方たちだけなのです。

日本社会の変革を促す「流れ」を
ただ傍観しているのではなく
「流れ」に身を任せては見ませんか。
最初から飛び込む必要はありません。
子供が初めてプールに飛び込む前に
おそる、おそる水をすくい上げながら、
足で「パチャパチャ」しぶきを上げながら、
得体の知れない世界(水中)に少しずつ、少しずつ
慣れて行くように・・・

「組織」の指示により「反社会的行為」を
繰り返すうちに「あなた方」の表情は、とても
「暗く」「醜く」なっていることに早く気がついて
下さい。鏡を見て下さい。そこに写るあなたの顔は
「歓喜」の表情とは、ほど遠いでしょう。
「目」は吊り上り「口」は歪み「眼光」だけは
「異様」に鋭く、ギラギラしていませんか。
そんな「あなた達」が「組織」の「指示」通りに
街角に現われれば「即」分かります。周囲の人たちは「あなた達」が放つ「異様なオーラ」に気がついています。いつまで続けるつもりなのですか。
「組織(幹部)」はあなた達を「駒」としか見ていませんよ。使い捨てですよ。早く気がついて下さい。
一日も早く目覚めて下さい。

「人間モドキ」を卒業して下さい。

お待ちしています。

日常茶飯時となった出勤時の「待ち伏せ」や
「つきまとい」にも余裕を持って「やり過ごして」
おります。「ハイル池田」の「人間モドキ」は
「使命感」に満ち溢れた
「すがすがしい表情(笑)」で私たちをお出迎えしてくれます。数人のメンバーに執拗に繰り返される
この行為も最近はマンネリ化しているようです。
ちなみに車両やバイクの場合は全て車種車番は控えおります。行き過ぎてるなぁ~と云う場合は
110番通報させて頂いております。
こうして「公」に記録が残り「状況証拠」が
積み上がって行きます。本当にご苦労様です。

繰り返します。

良心を失っていない創価学会の皆様へ。

早く目を覚まして下さい。
一日も早く「人間モドキ」を卒業して下さい。
このブログに勇気を持ってコメントして下さい。
必ず「何か」が変わります。
信仰を持たない無宗教の「もも(ら)」ですが
「確心」を持って云えます。
コメントする事によって自分自身の心に素直に
向き合う事が出来ます。思考を止めずに
まずは「そこ」からはじめましょう。
上手な文章じゃあなくてもいいんです。
お待ちしています。

追伸

しらす様へ

共産党関連の貴重な情報をありがとうごさいます。
選挙の度に「かくれ学会員」が共産党候補の選挙事務所に紛れ込む事は毎度の事ですよね。また色々と教えて下さい。楽しみにしています。

文責「もも」代筆「里芋」※ももさんからのメールを原文のままに転記しています。
もも(ら) 2012/04/05(Thu)09:05:35 編集
» 無題
何があったか、わかりませんが、大変ですね~

シネマの彼氏は、119番です~

関係ないか~

最近のお薦め映画は、マーガレット・サッチャー鉄

の女の涙~俺たち急行A列車で行こう(森田監督の

遺作)

ザ・ヘルプです~

おいそがしいと、思いますが、息抜きしてください

ね~
シネマ大好き娘 URL 2012/04/05(Thu)18:24:20 編集
» 気づき 嫌悪 虚脱 そして・・
 高倉様の御身の無事を切に祈ります。

 時々ですが、ここで皆様のコメント群を拝見してました。

 私のこの約10年間を振り返ると、虚しさと怒りが込み上げます。 一日とて「創価」の様々なことを思わない日はありませんでした。

 御本尊問題  過去のPの発言の齟齬 熱狂が強信と置き換えられて血気盛んだった男子部時代。
 友愛や親睦はことごとく「F片」がついていました。 すべての活動は成仏に繋がることはなく、ひとえに「センキョの勝利」に繋がっていたことも、疑いもなく受け入れていました。

 熱意すらない幹部の言動。 上からの指示をただただ現場へ落とすのが責任です。 あとは報告を取る そして上へ。

 真の弘教活動などしないし できもしない。

 先生・オクサマ  これが教団のメルクマールとなり、大聖人様のことは仏法用語として口にするだけ。 そのご精神よりは先生の語録が最優先でした。
 さて、ここで最も大事なことは「情報」なのでしょうね。
 その意味では私の住む田舎では、さほどの過激なものは、少なくとも私は聞き及びませんでしたが、
「正宗寺院」におしかけ 「◎◎◎から出て行け!」と叫んでくるように、とか、寺院に出入りする車、人物の監視などはありました。

 勿論それは地元の発意ではなく、上(総県)からの明確な指示でした。

 私の目下の最大関心事は 日寛本尊のコピー(しかも安上がりさを拭えない)本尊の販売です。

 子供たちには 絶対に開扉してはいけない。 拝んでもいかん  東に向かって遙拝しなさい、と言ってあります。

 魔の入ったモノとした思えないからです。

 功徳は出ない(感じない) 精神・神経の病気の多発。 その正当性や意義をとどめる指導など一度もなく乱発されたものです。

 第一、本部職員ですら お取替えしていない者も多いと聞きました。  

 それから「学会正義」という傲慢な言葉です。

 正義を自らに冠してはいけないのです。

 それを言うなら「法の正義」とかにとどめるべきでしょう。

 正義を名のってしまうと、その為にはすべてが容認されるのです。

 心情的なコメントに堕してしまいましたが、これからもここを拝見させて頂きます。

 高倉様の安全と勇気ある行動を祈っている者がここにも1人おります。

 くれぐれもご用心なさって 哀れな会員さんや、世間の善意の皆様のために ご活躍されんことを
心から願っていきます。

  
元 創価班 2012/04/05(Thu)19:01:11 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[07/10 希望]
[07/07 教員免許更新講習の教え子]
[07/05 希望]
[07/05 希望]
[07/05 通りすぎる]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :