「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 御礼を申し上げるのが、とても遅くなりましたが、2012年1月14日に30万ページビューを達成しました。これも一重に、皆様方のご支援の賜物です。
 
これまで、ブログを訪れた皆様方、コメントを投稿して下さった方々、そして、このブログの開設と管理に尽力されておられる皆様に、心より厚く御礼申し上げます。


 このブログは、外国にお住まいの方々も、大勢ご覧になっておられるようです。具体的な言語名を明らかにすると、ご迷惑をお掛けすることになりかねませんので、敢えて数字だけのご紹介に留めます。これまで、日本語以外に12言語の国々からのアクセスがありました。本当にありがたい限りです。
 
 ところで、現在、新たな訴訟を起こす準備をしています。また、おそらく、私の裁判は全て、最高裁判所まで争われることになるでしょう。
 
私の友人・知人の弁護士さん達は、異口同音に「髙倉さんの裁判は、創価学会にとって命取りになるでしょう。」と、私を激励して下さいます。私も、これまで以上に頑張らなければと考えております。
 
しかしながら、そのためには、裁判費用の問題を解決しなければなりません。現在、様々な方策を検討中です。私だけではなく、創価学会池田カルト一派を相手に訴訟を起こしたいと望んでおられる方々のお役にも立てるようなプランを考えています。
 
このブログをご覧になっておられる皆様に、お力添え頂きたいことがあります。いかにして、裁判費用の問題を解決すべきかについてのアイデアを、コメントかメールで頂ければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

banner_21.gif
 ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» カンパでしょうね(笑)
やはり、カンパをお願いする方法が一般的でしょうね(笑)
収支報告をするのがちょっと面倒でしょうけど。
応援される方々は喜んでお手伝いとかをされることでしょう。
日本では真面目なことにお金を要求するのを、はばかる風潮がありますが、アメリカとかでは普通にやっています。

高倉先生が、実質的に創価学会の被害者を代表しておられるのは間違いありませんし、裁判の費用を負担されているのも、人生の貴重な時間も費やされているのも、みなさんよくご存知ですから遠慮される必要はありません。

あと、面白くって為になる記事とかコメントとかで、読者やファンを増やして、おまけで楽しんで頂いた方に、おひねり(笑)をお願いするなんてのはどうでしょうか?
コメント投稿者のモチベーションも上がると思います(笑)
有料メルマガを配信する方法もありますかね。

マイナーからメジャーへの道は色んな意味で一般化、普遍化することでしょう(笑)

例えばサーフィンは、ハワイだけの壊れたカヌーを使った遊びだったんですが、サーフボードを軽くしたりファッション化したりしたことで、メジャーなスポーツになりました。

まー他に、もっと知恵のある方々がいらっしゃるでしょうね(笑)


おまけ

野田ちゃんが勝手に、ハーグ条約加盟の為に、国内関連法案の策定をしたがっているのはなぜなのかな?

小泉ちゃんみたいに、アメリカに媚びるつもりなのかな?

離婚のグローバル化とかのお馬鹿なことをいうのかな?

やっぱり民主党は自民党のパクリしかできないみたいだね(笑)
愉快 2012/01/24(Tue)10:05:40 編集
» 私にも 頑張らせてください
希望様 30万ページビュー達成 おめでとうございます。

海外からも多数の方がページを見られているとのこと、大変心強く感じられました。いかに関心が高いかというとを示していると思われます。中には、ブログにコメントは書けないので、直接コメントを寄せてくださる方もあることでしょう。

メルマガ配信は、公務をお持ちですので、お世話が大変でしょう。私は、カンパでいいと思います。
精一杯の協力をさせていただきます。遠慮なくご判断下さい。

たくさんのアイディアをいただいて、一番負担のかからない方法をお選びください。

木枯らしが吹いても、野山の木々には小さな「つぼみ」を膨らませています。春はもうすぐ近くにきています。

健康、身辺ともに油断なく、ご自愛下さい。
桃太郎 2012/01/24(Tue)12:15:22 編集
» 無題
嫌創価流からまいりました。
私も愉快さんの発案に賛成です。

「偉大な母」の(本来、父親も偉大なはずですが)怪しい看板のもと、宗教の強要、地獄に堕ちる等の言葉での強迫による児童虐待が、密室の家庭で行われてきたことが明らかにされ、社会問題として表面化し、その対策が一日も早く取られる事を願う者として、裁判の行方を見守っています。また、私も是非カンパさせていただきたいと思います。

桜草 2012/01/24(Tue)12:23:15 編集
» 集ストと連動
集団ストーカー事件と連動して募金活動してください

今この被害者街頭で多く立つようになりました
この裁判も始まれば今団体でやる話出てるので、
費用集まると思います

この問題は言う人少ないですが、これももう公出るぎりぎりの問題にようやくなりました!!
(^^)
匿名 2012/01/25(Wed)17:59:15 編集
» 応援しております
長い闘いになるのであれば、継続的に、少しずつカンパをいただくと良いのではないでしょうか。
応援される方たちも、一定期間ごとにカンパを行うことで、より関心を持って希望様を見守り続けることができると思います。
いのり 2012/01/26(Thu)18:57:17 編集
» 費用・・かぁ
私にはどんな方法があるのか・・皆様のように、良いアイディアが思い浮かばないのが残念です。
応援しかできませんが、がんばってください。

うーん、最近のニュースは政治関係でも物騒なものばかりだなぁ・・4月には総選挙か・・どうなることやら・・
・・4月でよかったんですよね?←不安
とある高校生 2012/01/26(Thu)21:01:30 編集
» 無題
30万達成おめでとうございます

巨大教団に対するときの一番のネックが金銭問題ですね

今までは陰ながら応援してましたが
できることをさせていただきます

カンパの募集してみてはいかがでしょうか?
少しでも参加させていただきます
寒波君 2012/01/26(Thu)21:01:54 編集
» 無題
 なんか体力と時間に余裕がなくてご無沙汰ばかりしています。
 アイディアがない人間ですが、カンパなら少しですが協力させてください。
ちゅらら 2012/01/27(Fri)07:59:11 編集
» 無題
はじめまして。
シニフィエさんのブログから来てます。
あおみゆと申します。

希望さんのブログを知ってから、陰ながら応援しております。

カンパなら私もできます。
是非、お声かけください。
あおみゆ 2012/01/27(Fri)11:38:44 編集
» 無題
 地獄論壇 
 第6回

 「デス・スパイラル・池田大作」
せとブログの帰り道 2012/01/27(Fri)20:36:44 編集
» カルトとは何か?
愉快さん 「カルト」定義の資料を有難うこざいました。
「カルトとは何か」について私も調べてみましたので、情報を提示してみたいと思います。資料参考は「古川利明氏」著の「カルトとしての創価学会・池田大作」という書籍です。(200年刊)

◇「フランス国民議会:調査委員会報告書」より
 〇「カルトの定義」・・・「カルト」とは、精神の不安定化を図った操作で、メンバーからの無条件の忠誠、批判精神の低下を誘い、一般社会にある価値観(倫理、科学、教育、など)との断絶をもくろもうとする集団で、これは、個人の自由、健康、教育、民主制度に危険を与える。この集団は、哲学や宗教、精神医療といった仮面を被ることで、その裏にある権力の獲得や支配、メンバーからの搾取といった真の目的を隠している。」と説明している。
そして、この定義をもとにして、調査委員会は「カルト」の構成要件を10項目にして挙げている。  (貴兄が記述されていた10項目)

これに加えて、浅見定雄氏(東北学院大学教授)は次の八つの項目を付け加えている。
〇ご利益による誘導 〇その運動から離れられる権利の侵害 〇家族と連絡が取れる権利の侵害 〇呪いによる脅しや脅迫 〇反対・批判の情報の「見るな、聞くな、読むな」の情報コントロール 〇選択の自由の剥奪(断りにくい、しつこさ) 〇ご利益による誘導 〇法的その他の助言を求める権利の侵害・・・などである。

☆『通常のグループとカルトの見分け』について次のような説明を列挙している。
◇『通常グループとカルとの違い』について
〇通常グループでは、その活動は生活の一部でしかなく、社会に向って開かれている。活動の目的が提示され、内部批判や分派が許される。会員は脱退の自由が保障されている。
〇カルトでは、活動が生活の全てを占め、その組織だけで世界が閉じられている。内部批判や分派は認められず、裏切りと見なされる。真の目的は「金集めや権力獲得」だが、そのことは会員には隠され、代わりに「平和」「愛」奉仕」「健康」などといった耳触りのよいキャッチフレーズで本質を誤魔化し隠す。

◇『信仰とカルト的狂信の違い』について
〇信仰においては、個人の自由意思や選択が認められ、内部において質問や批判が容認されている。他の宗教に対して寛容さがあり、特定の生きた人物が「神」「仏」のように崇拝されることはない。
〇カルト的狂信では、そのグループが絶対定期真理を持っているとみなされ、質問や批判は拒絶される。会員の信仰が薄れていくと罰せられ、グループ内の掟によってのみ行動を取らされる。他の信仰は邪悪と切り捨てられ、リーダーを崇拝し、個々の会員の信仰はグループの利益のみに利用する。

◇『通常のリーダーとカルトのリーダーとの違い』について
〇通常のリーダーは、選出過程で民主的な手続きが踏まれ、あくまでグループ内における一つの役割として機能する。会員は同時に他のグループの活動に参加することができる。
〇カルトのリーダは、グループの全機能を一人で引き受け、その優越性・絶対性を誇る。リーダーへの忠誠がすべてを正当化し、そのためには組織内の懲罰や弾劾も正当化される。

☆その集団が「カルトか否か」を見極めるポイントは、そこで民主的なルールが確立されているか、個人の意見が自由に言えるか、内部批判ができるかといった、「民主主義」が存在するかどうかにかかっている。カルトのリーダーはほぼ例外なく、「精神病質者」の傾向を多かれ少なかれ持っている。

★「カルト」リーダーに共通する特質として次のものを列挙している。
◎『弁舌の才、うわべの魅力』がある。
  ○言葉を駆使して煙に巻き、心服させてしまう。
◎『ごまかし、騙し』に長けている。
  ○他者の個性や権利を認めず、自己の利益につながる行為を容認する。
◎『誇大な自意識』を持つ。
  ○自らの空想に没頭し、いつも自分が中心にいないと気が済まない。
  ○生き仏、人類の指導者などと自ら称して、追従と奉仕を飽くことなく欲しがる。
◎『病的な虚言』が多い。
  ○簡単な嘘をつく。明らかに矛盾していると思われることでも、あらゆる言い訳を考える。
◎『恥や罪の意識』が欠如している。
  ○自分を取り巻く人達を、人間ではなく何かを達成するための道具としてしか見ていない。
  ○「目的のためには手段を選ばない」という考え方から、罪・恥の意識が生まれない。
◎『浅はかな感情』にとらわれている。
  ○普通の人が動揺するようなことでも平気でいられるが、取るに足らないことでも憤慨する。
◎『愛する能力』が欠如している。
  ○極度の人間不信におちいり、しばしば無上限の帰依を求める。
◎『刺戟への欲求』が強い。
  ○法律に反することを求めることがあり、追いつめられた真理状態で暮らしていることが多く、奇怪な行動・命令などが多くなってくる。
◎『冷淡・感情移入不能』になることが多い。
  ○犠牲者の苦悩に気づけず、感情移入することができない。犠牲者は騙されていたこと・リーダーの冷淡な仕打ちを認めまいとする。
◎『行動の抑制』がききにくい。
  ○不安に耐える能力の欠如から、小さな子供と同様、感情の抑制がきかない。このためリーダーの矛盾はグループ内の調和を保つために、信奉者にょって合理化される必要が出てくる。
◎『無責任で信用がおけない』
  ○自分が問題を起こしたとしても、自分の失敗や誤りを認めることはない。他人を身代わりにすることも珍しくない。
◎『性行動・不貞』に見さかいがない。
  ○レイプその他の性行動がカルトリーダーにとって権力の象徴として意識されている。
◎『寄生的な生活』をなんとも思わない。
  ○リーダーは信者の貢物や寄付によって暮らしているのが普通で、信者たちは収入や資産をできるだけ組織に引き渡すよう求められる。
◎『事業家として』多才である。
  ○カルトリーダーは広範に会員を集めたり、収入を増やすために、自分自身やグループのイメージを臨機応変に変えていく。違法あるいは道徳に反するような活動が世間にばれると身を隠し活動をしばしば変更する。

貴兄の「カルト・セクトの見分け方」と「カルトの特徴について」の内容の示すものと併せて学んでいきたいと考えています。多くの方に参考になれば嬉しいです。
希望様には、あまり参考にならないかも知れませんが・・・・。
昨年夏、「カルト対策公開講座」が京都で開かれていたので、参加してみました。そこでは「統一原理」「親鸞会」「顕正会」「摂理」などに関わって大学内の取り組みについての事例が話されていました。「創価学会」については講座に含まれていませんでした。 不思議ですね。取り上げるべき内容が多すぎて難しいのでしょうか?・・・・ね。

長くなり過ぎてはまずいので、続きの資料・情報は次の機会にしたいと思います。  
桃太郎 2012/01/27(Fri)23:38:14 編集
» 誤字の訂正です
失礼しました。
誤字の訂正です。

〇200年刊 →→2000年刊
〇そのグループが絶対定期真理 →→絶対的真理
〇法律に反することを・・・真理状態 →→心理状態
桃太郎 2012/01/28(Sat)00:38:28 編集
» 追加訂正
失礼しました。 追加訂正です。

 「簡単な」嘘をつく。→ →「簡単に」嘘をつく。
桃太郎 2012/01/28(Sat)11:16:34 編集
» カルト問題とサイコパスについて
桃太郎さん こちらこそ「カルト」の定義の資料を有難うこざいます。勉強になりました。
私は、ストーカーも重要な社会問題ですが、日本でも『サイコパス』を重要な社会問題として取り上げる必要があると考えています。

『サイコパス』は罪悪感の一切無い知能犯ですから究極の困ったちゃんです

世界をコントロールして注目を浴びたい願望が、異常に肥大化した反社会的なこの手合いは、ウオール街あたりに結構いるので問題になっています。
『サイコパス』は先天的に、人様に寄生した上に人様を貶めなければ満足感を得られない、異常で哀れな精神病質者なのです。
カルト団体にはこの手の連中が結構いるんでしょうね(笑)

カルト団体では、カルトの指導者階級の『サイコパス』が狂信者を『ソシオパス』にして信者を取り込み悪循環を繰り返していきます。
オウム真理教と創価学会なんかがいい例でしょう。

カルトの指導者や狂信者の多くは、『サイコパス』か『ソシオパス』(反社会性人格障害)であるとされ以下のような特徴があります。

良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感のなさ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全く無い
過大な自尊心で自己中心的
口達者

精神病質者を英語で『サイコパス』Psychopath)といい、連続強姦殺人犯、シリアルキラー(連続殺人者)や、重度のストーカー、常習的詐欺師・放火魔、カルトの指導者の多くが『サイコパス』に属すると考えられている。さらに、窃盗/万引き、ドメスティックバイオレンス、幼児虐待、非行少年グループ、資格を剥奪された弁護士・検察官や医師、テロリスト、組織犯罪の構成員、金のためならなんでもやる人間、悪徳実業家なども当てはまることがある。

ロバート・ヘアによると、『サイコパス』は他者に愛着を持ち辛く、良心(不安感)に乏しく、加えて攻撃的(反社会的)な人物であるとされる。 これは先天(器質)的な脳障害で、異常なほど強力な防衛機制(不安に対処する能力)が働くので不可抗力とされるが、後者の反社会性は後天的な要因であるため強化(矯正)可能と見ている。
一方『ソシオパス』は後天的要因(反社会性)のみが濃いとされ、多くの「ストーカー」はこれに属するということになる。 なぜならストーカー行為は相手に愛着を持たなければ長期間(一ヶ月等)の継続的なストーキングは不可能だからである。 本書のヘア曰く、サイコパスのストーキングは激しい怒りの衝動で突発的に引き起こされ1日か2日で終わるという。

『サイコパス』は社会の捕食者(プレデター)であり、生涯を通じて他人を魅了し、操り、情け容赦なく我が道だけをいき、心を引き裂かれた人や期待を打ち砕かれた人、財産を奪われ尽くした人を後に残して行く。良心や他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。その多くは刑務所内にいるが、社会に出ている者もまた多い。その大部分は殺人を犯すことなく自分たちの業を押しつけてくる。北米には少なくとも200万人、ニューヨークだけでも10万人の『サイコパス』がいると、犯罪心理学者ロバート・D・ヘア(en:Robert D. Hareは統計的に見積っている。
精神病質の原因と考えられているのは前頭葉の障害であるとされ、健常者の脳波とはまるで違う脳波を見せる。精神病質は遺伝病だとされる意見が主とされている。逆に、家庭・周囲環境や障害に因る心身の衰弱によるものなどによる、精神病質に似た性格異常は仮精神病質(偽精神病質)とされ、精神病質とは識別されている。

エミール・クレペリンによると『サイコパス』のひとつに「空想虚言者」という類型がある。

【想像力が異常に旺盛で、空想を現実よりも優先する】
一見才能があり博学で、地理・歴史・技術・医学など、何くれとなく通じていて話題が豊富であるが、よく調べるとその知識は他人の話からの寄せ集めである。
【弁舌が淀みなく、当意即妙の応答がうまい】
好んで難解な外来語や人を脅かす言説をなす。
【人の心を操り、人気を集め、注目を浴びることに長けている】
自己中心の空想に陶酔して、他人の批判を許さない。自ら嘘をついて、いつのまにかその嘘を自分でも信じ込んでしまうのである。

独裁者達の演説や池田のようなカルト教祖のスピーチとかがそうですよね(笑)

行動遺伝学者デヴィッド・リッケン(David・T・Lykken)は反社会的人格を、「サイコパス的人格」、「ソシオパス的人格」、「性格神経症」の三つに大別し、「サイコパス的人格」は元来の性格、気質などの先天的なもの、「ソシオパス的人格」は、親の育て方などによる後天的なもの、「性格神経症」は、衝動的で子供じみた無茶な行動を好み失敗して周囲に迷惑をかけて、他者に責任を転嫁し反省することはなく、自分が不利になるような行動を繰り返すと云う特徴があるもの、として位置付けています。

反社会性人格障害の一般的な特徴は、道徳を無視する良心の呵責がない心性、社会的逸脱行為や思考柔軟性の欠如、社会的または職業的な領域における機能の障害、生涯にわたる異常な言動の持続性などが挙げられ、これに加えて他の精神疾患や薬物的または生理学的な作用によって引き起こされた症状ではないのであれば、その状態は人格障害であると診断されます。


カルトについてはこの問題も取り上げていく必要があると考えています。

それでは(笑)
愉快 2012/01/28(Sat)11:17:50 編集
» 30万ビュー
おめでとうございます。お元気そうで
なによりです。
裁判費用の件ですがカンパを募るのが一番
かと思います。創価学会から嫌がらせ、
ストーキングなど被害者の方達も大勢いると思いますし高倉教授のブログをご覧になってる人たちの中にも何か力になれないかと考えていらっしゃる方も多いと思います。
みなさんがカンパし参加することでより大きな力にもなりますし。
wise 2012/01/28(Sat)21:13:10 編集
» 連投失礼します。
創価についてこんな記事が出ていました。
創価学会員だった暴力団会長高山登久太郎 
死直前に学会批判/週刊ポスト2012年2月3日号
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/686921
wise 2012/01/28(Sat)21:19:19 編集
» 無題
wise さん の紹介に応えて

週刊ポスト連載「化城の人」(佐野眞一氏 ルポライター)が四回目となっている。牧口初代会長の編がそろそろ終わろうとしている。なかなか読みごたえのある記事であるように私は思う。
現地調査を含めた詳細な資料収集によって描かれ、人物像とその時代的背景の描写は臨場感を感じさせるものがある。

牧口氏は、小学校教員として「郷土史、郷土地理」に関する教授方法に熱意をかたむけ、国粋主義で知られる地理学者の「志賀重昴氏」の門を叩き、又民族学者の「柳田国男氏」の指導を仰ぎ、「人生地理学」「郷土史研究」の発刊を成している。

教員としては誠実で熱意あるなかなかの人物であったようである。北海道での教職を辞して、1905年(明治37年)東京へ出て校長を歴任するが、特に
三笠小学校での校長としての牧口氏の姿が「北海道教育」(大正10年:1921年)7月号に三笠小学校見聞記として記述されている。(著者は北海道の教員で佐藤氏が東京の小学校を視察してのレポート)。

それによると、三笠小学校は当時出席率75%程度、卒業できない児童も相当数あり、極貧の下町にあった小学校であった。4年生以下は午前と午後に、6年生は夜21時から24時までの授業であったという。見聞記の最後には次のように結んで終わっている。

≪栄養不良、不潔、委縮した魂、悪疾の遺伝等、創造したらゾッとする。呪われた生の所産だ。それを厭いもせず、自ら進んで陰惨な空気の中に居り、そして憐れむべき彼らに幸福を与えようと努力する崇高な精神の所有者ー特殊教育に従事される諸君こそ偉大な人格者と言わなくてはならぬ。尊敬と感謝の念が知らず識らずのうちに湧いてきた。私の胸中は感激で満たされた。≫ と。貧民子弟の教育に熱情をかけた当時の教員の姿をレポートしている。

この大正末期から昭和初期の牧口常三郎氏の教師としての姿を知っていて、後に回顧記述した人がいる。2003年に他界した「高山登久太郎氏」(指定暴力団*会津小鉄会長)の回顧録が公式サイトにあり、高山氏が死の約一か月前に「創価学会を暴く」というブログを書いている。高山氏は在日韓国人であり、創価学会員であった。暴力段の親分とも思えない厳かな調子の書き出しで始まっている。その記述の中から幾らかをピックアップしてみたい。

≪ 一般的に言われているが、学会の信者の中には、危険な職業に就かざるを得ない人や、社会的に虐げられた人、そしてその家族が多くいる。社会の中で苦しみ、いじめ抜かれた人たちが、左翼政党のように社会変革を訴えるよりも、まず心の平安を求めたいと願っても不思議ではない。そんな時に仏法に接し、入信してお題目を唱えて救われた人は実に多い。・・・・それだけに学会員の組織愛は、他のどんな政党や宗教団体よりも強い。・・・しかし、本当の敵は内部にある。・・・・、功徳と信心を金に絡ませるようなやり方、権力に対する迎合は、すべて池田によるものだ。飽くことのない金銭欲と名誉欲。彼がどこかの国の名誉市民になったり、どこかの大学で名誉博士になっても、いまの心の平安に何の関係もない。「学会に入って本当に良かった」と言えるような組織にすることが先決ではないか。はびこる拝金主義、幹部の堕落、そして一生懸命に努力する者が何も報われない現実。学会で今、何が起こっているか、貴殿はその現状をご存知か。一度、水戸黄門よろしく、お忍びで全国を廻って直接その目で見てみるがいい。初代会長牧口、二代会長戸田の両氏は、貧困児童の多かった三笠小学校に赴任した際、教師として慈悲の心で学童と接し、資材を投げうって日本で初めての給食制度を創設した。貴殿はなぜ、世界を訪問するより前に、もっと身近なものに学び、志を受け継ごうとしないのか。・・・・、学会員あっての池田大作であることを、いま一度、思い返すべきである。そして、もう一度「法華経」の教義に帰れ。・・・。金を集めることに没頭してきたこれまでの来し方、その結果、学会全体が拝金主義に染まり、その中で幹部連中が堕落し、学会が本来の姿から逸脱する今の姿に、これから先、坂道を転がり落ちる前兆を見る思いがする。この意見に反論があればいつでも受けて立つ所存である。≫

< 池田氏には耳が痛いだろうが、高山氏の批判はまったくの正論である。高山登久太郎氏の池田批判の立脚点は三笠小学校の牧口氏にあった。権力を一手にし、贅沢の限りを尽くしてこの世の春を謳歌した池田と、清貧に甘んじて子どもの教育に生涯を捧げた牧口の違いを考えれば、これはきわめて当然の批判であった。・・・、高山登久太郎氏は、大正末期から昭和初期の牧口のことを知っていたことになる。>と、佐野眞一氏の弁である。

昭和三年、白金小学校に転任していた牧口氏の前に現れた教材販売業者から「三谷素啓氏」の名が知らされ、1928年(昭和4年)日蓮正宗へ入信する人生の大きな転換点となった。1930年「創価教育学会」の創立。1931年教職を辞し、「創価教育学体系」を著わし、「美・利・善」の価値論を展開。1941年「勝ち創造」を発刊。1943年「神社神道」を批判し、「神札拒否」の不敬罪によって逮捕されることとなる。

今から20年前(2003年)、平成3年とはどのような時代であったのか、又、暴力団の会長によって「池田大作批判」が投げかけられた意味について、今一度、創価学会の戦後の歴史を厳しく見つめ直し、検証する良い機会としたいものである。



昭和4年に日蓮正宗に入信するまでは
桃太郎 2012/01/29(Sun)01:26:02 編集
» 失礼しました 訂正が有ります
訂正があります。

今から20年前(2003年)平成3年とは・・・・
  ↓
今から10年前(2003年)平成13年とは・・・・


平成4年に日蓮正宗に入信するまでは →→消去
桃太郎 2012/01/29(Sun)08:57:42 編集
» 連動の「寄付」でしょうか
髙倉様は巨大な池田カルトと闘っておられます。
家族の絆を取り戻すべく、日々闘っておられます。
社会的立場では「法律学」や「社会学」等の専門家でもあります。

察するに、単に池田カルトとの闘いのみならず・ゆがんだ社会構造そのものに対しての闘争意識をお持ちだと感じています。
以前に「冤罪」を社会的な問題として取り上げたことがありましたね。
現実社会には矛盾や非合理が溢れています。
大衆もそれらに気づき、様々な「正義の声」も上がっています。
そういう時代になってきています。

池田カルトもまた、社会が生んだ「悪」の一つだと思います。
社会の矛盾に対する大衆の声は徐々に大きくなり、様々な市民運動が起こり始めています。
そういう団体や組織とスクラムを組み、連携しての「寄付」という視野を持たれたらいかがでしょう?
そして池田カルトとの闘いを、髙倉様個人VS池田創価じゃなく、連携を組み・社会悪追放団体VS池田カルトとして問題意識を共有し合い進めていく。

そんなことを思いました。
でも、髙倉様ならとっくにわかってることかもしれませんね^^;。

桃太郎さんへ

事実に基づいた素晴らしいコメントですね^^。
コピーし、プリントさせて戴きました。
私を訪ねてめったに幹部は来ませんが、何かの依頼がある時は時々幹部が来て、上から目線で語ることがあります。
事実の一環として、プリントした文章を見せてあげようと思います。

ところで、コメント記載の際にパスワードは決めておられないのですか?
コメント投稿後に訂正する場合、文字訂正した後パスワードを入力し「編集」をクリックすれば訂正が出来ると思うのですが・・・。
kan 2012/01/29(Sun)13:06:33 編集
» kanさんに同意します
>察するに、単に池田カルトとの闘いのみならず・ゆがんだ社会構造そのものに対しての闘争意識をお持ちだと感じています。
私もkanさんに同意します。

高倉先生の裁判のカンパを募る。

池田カルトとの闘いに対しての連動の「寄付」としてカンパを募る。

ゆがんだ社会構造そのものに対しての連動の「寄付」としてカンパを募る。

上記3点について、優先順位を付けて、個別にカンパを募りながら、支援者の方々の意見をまとめて、段階的にカンパを募る方法はいかがでしょうか。

ただ連動になると、高倉先生を御輿に担いで利用したいだけの人間を見極める必要がありますが、主な支援者の方は、誠実で経験豊富な方々ですから大丈夫だと思います。

それから、高倉先生には、これ以上負担を掛けないように、考慮する必要があるのは言うまでもないことです。

皆様方には、釈迦に説法でしょうが、念の為に申し上げさせて頂きました(笑)
愉快 2012/01/29(Sun)13:37:57 編集
» 無題
桃太郎さん

週刊ポストの創価についての記事の詳しい内容ありがとうございます。

自分は投稿に記載したURLの記事で知り
詳しく内容を知りたかったので、ありがたかったです。

会津小鉄会長の

"学会が本来の姿から逸脱する今の姿に、これから先、坂道を転がり落ちる前兆を見る思いがする。この意見に反論があればいつでも受けて立つ所存である。#

この池田大作への批判は大きいですね。
まさに今坂道を奈落の底へまっしぐらの
創価学会といったところでしょうか。

宗教団体の皮をかぶった犯罪組織、
それを知りながら利用し利用されの蜜月関係
にあるテレビ界、マスメディア。

信者の財務は幹部のポケットに、そして
創価学会により謀略工作の資金としてテレビ
番組、新聞社、マスコミ、メディア、
タレントへの報酬として使われている事でしょう。

そんなお金は悪いエネルギーを帯びてそうですね。悪銭身に付かずという言葉を思いだしました。

罪を知りながらそれに間接的あるいは直接的に加担するという異常さ。

創価の息がかかったあらゆる業界の連中
も含めて罪は重いと思います。




wise 2012/01/29(Sun)19:30:58 編集
» 遅くなりましたが・・・
裁判費用の捻出も含めた
今後の高倉様の行動を支援する為には
「献金」が妥当かと思われます。
オバマ大統領が選挙の際に多額のネット献金が
集まったように「変革」を「希望」する人たちは
喜んで「献金」をしてくれるはずです。

メンバーからの意見の中には、
①「支援する会(仮称)」を設立し口座と会計を管理 する事務局を置き支援活動の広報も担う。
②バナークリックで自動的に募金がされるシステム
 を作る(初期費用が発生するようですが)
③現在までの「闘い」の記録を本にまとめて出版
 する。創価の圧力を恐れて大手出版社が尻込み
 するならば自費出版(ここの常連さんは1人で
 十冊以上購入のノルマ(笑))

高倉様へ・・・ここからのコメントはブログの
品位が落ちてしまうかもしれませんが
「里芋(ら)」が、どうしてもと云うので・・・
すいません、記します!

「里芋(ら)」が「女の武器」を駆使して
資金を稼ぎ出すわよ!と鼻息を荒くしています
(苦笑)
「女帝」「嬢王」と云うキャバクラを舞台にした
人気漫画に相当な影響を受けているようです(苦笑)
あげくの果てには「私たちのヌードカレンダーを
発売するわよ!」と言い出す始末・・・(あ~あ)

すいません、ブログの品位を著しく落としてしまいました・・・しかし何とか「力」になりたいと云う
熱い想いは伝わったかと思います(?)

追伸

この半月余り「もも(ら)」は
「創価学会池田カルト一派」の手先が企てた
新たな暴挙に対して果敢に挑み、結果を出す事に
成功しました。この件は近日中にコメントを投稿させて頂きます。

それでは、また。

もも(ら) 2012/01/29(Sun)20:02:52 編集
» 献金システムですか(笑)
もも(ら) さん、さすがですね。
ネットを通じた献金システムは確かにいい手段ですね。
支援する会の主義及び主張を、纏め上げる必要がありますので、大変でしょうが、一気にやるか、段階的に行うかを、主な支援者の方々で話し合う必要があるでしょうか?

それから出版に関しては、電子書籍化の方法もありますが、オウム真理教の社会問題に興味を持っている村上龍が、JMM (ジャパン・メール・メディア)に携っていますよね。
村上龍に話をしてみる価値はあるのではないでしょうか?

ところで、キャバクラ経営には一度携ってみたいと思っていましたので、個人的には非常に興味がありますが、千○イ○スみたいな話になってしまうとまずいので、考慮する必要がありますよね(笑)

ちなみに私は「女帝」より「嬢王」のほうが好みです。

つまらないお話で恐縮です(笑)

もも(ら) さんの成功談を楽しみにしています。


それではみなさんごきげんよう(笑)
愉快 2012/01/29(Sun)21:54:06 編集
» 無題
もも(ら)さんの意見の③は私も考えました。実現可能ならば大賛成ですね。出版を通して、世間の人にこの事件を知らせることにもなるので、一石二鳥です。ただ、相当な手間がかかりそうなので実現は容易ではないと思いますが。
遠い場所からの支援者 2012/01/29(Sun)23:47:13 編集
» 出版について
高倉先生の問題の日記を、事件の経過をタイムリーに交えたり、現在や過去の経過を交える記述を挿入して、編集して出版する方法はいかがでしょうか?

裁判が進んでいる最中ですから全公開は難しいでしょうか?

あるいは分けてメール配信するとか?

村上龍が、この話に興味を持てば面白いことになるでしょうが・・・

村上龍がビビらなければいいですけどね(笑)


それでは(笑)
愉快 2012/01/30(Mon)00:02:47 編集
» 無題
こんばんは。
カンパの方向で意見が出揃っているようですので、今更ですが…。
ブログを通しての活動をしているということで、アフィリエイトはどうですか。
とはいえ、私はやっていないので詳しくは分からないのですが。すいません。
これはやっている方に聞くのが一番かと思います。
ただ、広告バナーなどがブログ上で目障りに感じることもあるかもしれませんが…。

もも(ら)さんの案であるクリック募金ができるなら、それが一番広く協力は求めやすいと思います。
しかし効率を考えると、やはりカンパが一番かな…という気がします。
チリも積もれば…ということも考えるならば、各家庭で余っている切手をある程度まとめて送って頂くとか。

大したアイデアが出ずに申し訳ありません。
これからも高倉先生のご活躍を応援しております。
クロ URL 2012/01/30(Mon)00:05:19 編集
» ありがとうございます。
愉快様、桃太郎様、桜草様、匿名様、いのり様
とある高校生様、寒波君様、ちゅらら様、あおゆみ様、せとブログの帰り道様、wise様、kan様
もも(ら) 様、遠い場所からの支援者様、クロ様

 コメント、ありがとうございました。皆様、本当に、真剣に考えて頂き、心より厚く御礼申し上げます。

 特に、桃太郎様と「里芋(ら)」のお気持ちには感銘を受けました。ありがたい限りです。

 皆様からのご意見を手掛かりにして、さらに熟考してみます。

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 
希望 2012/01/30(Mon)19:48:16 編集
» 国会で
糞混迷党の山口の奴、野田民主党相手に
かなり荒れまくってたようだが
そんなに政権力が欲しいのか・・・(笑)

ラカン 2012/01/30(Mon)22:47:10 編集
» その通りです。
ラカン様

 コメント、ありがとうございました。ご承知のように、公明党は、創価学会池田カルト一派の悪行を隠蔽することが至上命題の政党です。
希望 2012/01/30(Mon)23:13:56 編集
» 日本人とは何か(長文ごめんね)
昨年、「もも(ら)」さんからのコメントで、日本人についてのコメントを頂きましたので、この件につき、恥ずかしながら私の非常に拙い見識を提示させて頂きます。

「日本人とは何か」、私見ですが、解りやすく説明させて頂くと、日本が諸外国に「文化」「外交」「経済」「武力」等で脅かされた場合に、日本を防衛する立ち位置を選択する人間です。

これは、どこの国においても通用する、きわめて当たり前の常識です。
また、日本においては、上記の条件の選択について、個人の自己責任の範囲内で、自由意思で選択できることは、わざわざ申し上げるまでもありません。
ちなみに私は、基本的に、海外派兵等の積極的な武力行使には反対ですので、誤解なきようにお願いいたします。
それから、安全を保障できない原子力発電所の稼働の継続、外国人参政権の付与、人権侵害救済法案の制定、無意味な消費税増税などには反対です。
また、外交戦略及び外交交渉力が皆無の日本政府が、グローバル化の美名の元に、世界経済を賭博場にする勢力(TPP)を受け入れ、交渉をすることに、非常に懸念を抱いております。それから絶対に、北朝鮮による日本人拉致事件問題を解決して、日本人拉致被害者を返還させて帰国させなければなりません(いや勝手に言ってるだけなんですけどね)

それでは、人体のDNAをハードに、上記の「日本人とは何か」の条件内容をソフトに置き換え、あくまで「単純」に説明させて頂きます。


ハードが日本人で、ソフトが日本人ならば、日本人です。

ハードが外国人で、ソフトが日本人ならば、日本人です。

ハードが日本人で、ソフトが外国人ならば、外国人です。

ハードが外国人で、ソフトが外国人ならば、外国人です。


例えば、パソコンで考えてみてください。
「日本人」と「外国人」の言葉の意味に差別意識はありません。
右から左の記述と、上下の記述に、差別意識はありません。
ちなみに、日本では「日米」「日中」「日露」「日英」「日独」「日仏」「日韓」と表現するのが当たり前です。
外国ではこの逆の表現になりますが、日本人は文句を言ったりしません。
上記の説明を元に色々な言葉に置き換えて、考えてみれば面白いかもしれません。

こんな説明を見て、つまらないことを言っている。と思っておられる他の方もいらっしゃるでしょうね。
私はたいした学識がございませんので、このような表現しかできません。
恥ずかしながら、学生時代はろくに講義に出ておりませんでした(笑)
どうか、広い心でご理解して頂いて、笑ってご容赦願います。


日蓮世界宗創価学会は、イラク戦争に積極的に加担しました。

日蓮世界宗創価学会は、イラン戦争が始まったらまた積極的に加担する気でしょう。

日蓮世界宗創価学会は、他の宗教は邪教だから何をやってもかまわないと考えていますから。

一神教のイスラム教もキリスト教も、そこまで過激なことは考えてはいないんですが・・・
後方支援も補給も、立派な戦争行為なのを知らないのですか。
いったいイラクで、米兵やイラク兵や民間人に、どれだけの犠牲者が出たか知っているのですか。

日蓮世界宗創価学会原理主義は、過激なイスラム教世界原理主義と戦うつもりなんですか。

折伏でジハードに勝てるんですか。

不可能を可能にする信心とやらでお経を上げれば、何でも願いが叶うと本気で信じてるんですか。

枯れ木に花を咲かせなさい。

日本でテロが起きたら、日蓮世界宗創価学会が責任を取らされるようになっているんじゃありませんか?
悲惨なテロ事件の後に、「組織犯罪対策法」を強化し、「共謀罪」を創設し罰則強化をして、個人の私権を制限し、プライバシーを侵害するシナリオがあるんじゃありませんか?
日本国民を監視して、恐怖政治を実施したくてたまらない政治家達が、創価学会を利用しているんじゃありませんか?
日本でのテロ事件の後に、イスラム教に宗教戦争を仕掛けたのは、日蓮世界宗創価学会だと、世界中から非難させる段取りになっているんじゃありませんか?
しかし、イスラム教徒は、日蓮世界宗創価学会だけでなく、日本国に責任を求めるでしょうね。
何故なら日本政府は創価学会と公明党と協力してイラク戦争の支援をしましたからね。
それどころか創価学会に積極的に協力して利益を得た政治家達がいるんですから。

イスラム教徒は、日本人みたいに甘くありません。

もはや日蓮世界宗創価学会と、裸の王様だけに、責任を擦り付ける事は不可能でしょう。
どちらに転んでも得をすると、ほくそ笑んでいる人が一番損をするんですよ。

日蓮世界宗創価学会は、イラン戦争にも積極的に加担する気でしょう。

日蓮世界宗創価学会は、世界中で忌み嫌われているカルトなんですよ。

日蓮世界宗創価学会が、イスラム教徒に謝罪する気がないのならば、学会員は全員戦場に行って折伏しなさい。

日蓮世界宗創価学会は唯一最高の宗教だと宣言していますよね。

日蓮世界宗創価学会は、昔から争うのが大好きですからね。

ジユノボサツは困難に遭っても乗り越えられるんでしょう。

ジユノボサツは慈悲があるんでしょう。

折伏でジハードに勝てるんでしょう。

枯れ木に花を咲かせてみせなさい。

不可能を可能にしてみせなさい。

日本は公明党等のおかげで、得体の知れない外国人達で、うじゃうじゃ溢れかえっていますよね。

原発でテロが起きたら、日本はどうなるんですか?

日本でテロが起きたら、日本はどうするんですか?

日本政府は恐怖政治を施行して、国民を監視して、国民を絶対的権力で完全に支配するんですか?
消費税を上げるのは戦費の確保の為ですか?
また徴兵制を復活させるつもりですか?
米兵の代わりに自衛隊員に、イランやイラクやアフガニスタンで、無茶苦茶な戦争をさせるんですか?
日本はイスラム教徒達に、正面から先の見えない凄惨な戦いを、挑まされるんですか?

日本が宗教戦争やテロとの戦いに荷担することで、何者が利益を得て大笑いするのかは、誰でもよくわかっているでしょう。

良心のあるまともな学会員は、創価学会にはいません。

良心のあるまともな学会職員は、創価学会にはいません。

良心のあるまともな政治家は、公明党にはいません。

良心のあるまともな政治家は、もう日本には、いないんですか?

日本が戦争やテロリズムに巻き込まれたら一体誰が責任を取るのですか?

何故か戦争がしたくてたまらない、政治家や官僚や金持ち達が喜ぶだけでしょうに。

創価学会のカルト教義の盲信者達のような依存心の強い人間は、口当たりの良い甘い言葉に縋りついて、都合が悪くなると、責任を他者に押し付けます。
そうしていつまでも詐欺師のような人間にだまされて、まともな人間に迷惑を掛け続けるのです。

主体性の無い人間は、寛容さと、いい加減さを履き違えてしまいますが、これが日本人の一番悪い性質でしょうか。

次の衆議院選挙では、威勢がいいだけで中身が無い政治家や、口当たりのいい言葉だけを連呼する政治家に騙されるふりをするのは止めて、本当の自己責任で、投票権を活用してみたらどうでしょう。
政治家を吟味した上で、投票に値する政治家がいないと判断した場合には、わざわざ投票する必要などないのです。
TV等のマスコミは、投票したい候補者がいなくても、投票しなければならないと馬鹿げた煽りを行いますが、国民には選ばない権利もあるのです。
選挙が法定得票数未満で無効になったとしても、とりあえずは、政治家ほどの権力を持っていない上に、まともに責任を取りたがらない官僚達に、慣例に準じた仕事をさせてしまえばいいのです。
愚かな政治家達を選んで、何年間も、愚かな法案や予算編成で血税を無駄に使われ、それどころか得体の知れない方向に国家の方針を勝手に決められるくらいなら、誰も選ばないで、選挙を法定得票数未満で無効にしてしまえば、国民を舐めきった政治家達も少しは考え直すかもしれません。

日本がグローバル化の美名の元に、安易に(TPP)を受け入れてしまうことは、狡猾きわまりないアメリカ合衆国や中華人民共和国等に、経済侵略で丸裸にされてしまいかねません。
下手をすると、最悪、日本がアメリカ合衆国や中華人民共和国の代わりに、他国と代理戦争をせざるを得ない状況に、追い込まれる可能性があります。
他国等に煽られて、もし日本が戦争をはじめたら、太平洋戦争以上に日本に勝ち目はありません。
今回の戦争に巻き込まれたら、日本は他国に完全に征服されてしまうでしょう。

武力、経済、情報(サイバー)等を手段とする国家間の利害が目的の戦争だけは、絶対に回避しなければなりません。
世界が滅茶苦茶な混乱した状態に陥いった時に、最大の被害を蒙るのは、イラク戦争や原発事故の、純粋な被害者達のような、本当に何の罪もない無力な人々です。
愚かな国家間の戦争の渦中で、悲惨な状況に悲嘆し絶望した人々が追い詰められてしまうと、武力、経済、情報(サイバー)等を手段としたテロリズムを起こして抵抗せざるを得ません。
愚かな権力者達が、本当に何の罪もない無力な人々を舐めきって、弾圧すればするほど、絶望的なまでに激しく悲惨なテロリズムが発生してしまうのです。
そして、世界中で戦争やテロリズムを横行させることで、利益を得た、欲深い愚かな人間達は、後に、誰かに、その犯罪行為の証拠を暴露されることになり、世界中の人々から糾弾され、悲惨きわまりない最後を遂げるのは、過去の歴史の中で幾度も繰り返されている間違いない教訓です。
しかし、その結果、私達が背負わなければならない代償は、計り知れないほど大きなものでしょう。

池田大作と、創価学会を利用し、ズブズブの関係になった欲深い人間達や、創価学会に関連した様々なカルト団体やその狂信者達の断末魔の姿、そして現在の日本社会の状況が、それを如実に表しています(笑)

くどいようですが、私は皆様方と同様に、興味がある限り、無理をせずに、できる範囲で、高倉先生の応援をするだけの立ち位置の人間です。
念の為に申し上げておきますが、私は政治家の方々は本当に大変だと思います。
図らずも大嘘をつくことが必要で、その為、開き直ることによって生じる罪悪感により、目も当てられない異様な顔つきになってしまう特殊な職業に就いた方々には本当に同情いたします。
権力を手に入れた途端に豹変し、がらりと粗野で下品な顔つきになり、平気で開き直るような異常な人間にだけはなりたくありません(笑)
分不相応な野望に振り回される人生など最低です。
ほどほどに充足した一生を終えることが最高の人生です。
皆様方もそうではありませんか?


言うまでもないことですが、このブログをご覧になっている方々は、稚拙な議論で、人種差別問題を取り上げるつもりは一切ありません(笑)
カルトちゃんは人種差別ネタで、荒らし行為をするつもりなのは、みなさんよくご存知です(笑)
馬鹿げたコメントをする人間は、創価学会池田カルト一派の荒らしとして、みなさんに手厳しく排除されるでしょう。

過去のポチ等のコメントをご覧になれば、創価学会池田カルト一派のカルト信者が、いかに異常な発言をして、何を狙っているのかが、一目瞭然なのは皆さんご存知です(笑)

そういえば、コメントを削除しろと、偉そうなことをほざいた方がいましたが、なぜでしょうか?
なにか、気になって気になってしょうがない、コメントでもあったのでしょうか?
不思議な方がいらっしゃいますね(笑)
文章がポチそっくりでしたが、カルトちゃんは、池田センセーや、つぎはぎだらけの寄せ集めの言葉で捏造された、創価思想(爆笑)のクローン人間ばかりだからそうなるのでしょう。
多分ポチみたいな、もっと、変な方なんでしょうね(笑)
デッドコピーのクローン人間は、次第に劣化して壊れていきますから、とても面白いですね。

カルトちゃんは、本当にお馬鹿ですから、色んな意味で、人真似をするのと、人様に甘え、迷惑を掛けるのが大好きです(爆笑)

そういえば、件の、決意しない「決意人」さんは、今どうしてるんでしょうね?
世の中、一度信用を無くしてしまうと、誰にも相手にされませんから大変でしょう。
世の中甘くはありませんから。
ソーカガッカイのお馬鹿な犯罪者達は、組織の内からも外からも監視されている事実が、未だに認識できてないようですね。
既に誰かさんにマークされていることでしょう(爆笑)

やさしすぎる方々に忠告しますが、罪の意識が無い傲慢なカルトちゃんには、行き過ぎた寛容さと優しさと親切さは、かえって仇になります
カルトちゃんに、下手に情けをかけてやると、容赦なく利用されてしまいますから、くれぐれも注意してください。
純真な学会員さんは別ですがね(笑)

それから、信仰心が一切無い、確信犯のカルトちゃんには、特に注意が必要ですから念の為!(爆笑)

このコメントは、私からもも(ら)さんへのコメントにすぎません。
また私のコメントでは人種差別は一切しておりません。

非常につまらないお話で恐縮です。
ちなみに羅漢像は大好きです(笑)


おまけ

噂によると、外務省には、宝塚歌劇団の男役のパクリみたいな名前の、カルトちゃん達のお馬鹿なお遊戯会があるそうですね?(笑)
彼らは一体どんな活動をしているのでしょうか?
調子に乗って、勝手にお馬鹿な文書を作りまくってたりするのでしょうか?

ウィキリークスとかの、未公開の機密情報には、創価学会に関連した告発文書は存在するのでしょうか。
そろそろ愉快な文書が公開されたりして(笑)

まーそこまでたいしたことはやってないんでしょうね?
だってカルトちゃんは人真似お馬鹿ですからね?
まさか、そこまではねー(笑)

ところで、創価学会の日和見職員や学会員や創価学会に関連した方々に、内部告発者はいませんか?
今のうちに告発しておけば、司法取引をする祭に、非常に有利になりますからお勧めです(笑)


おまけのおまけ

昨年のことですが、件の脱会者に紹介され、戸田氏が健在な時代に創価学会に入会して、熱心に学会活動をやっていたという元学会員の方に、お話を伺ったことあります。
この方は学会員だった頃、強引な折伏をしたり、謗法払いと称して、人様の家の先祖伝来の仏壇や神棚や神札などを無理やり破棄したことなどを、深く悔いておられました。

色々あって脱会されたそうですが、その頃のことを思い出すと、やりきれないほどの自責の念に駆られると言っておられました。

この方に、フランスのカルトの定義についてのお話をしてさしあげて、「当時の創価学会がカルトに該当するでしょうか?」と思い切って聞いてみたところ、しばらく経ってから、「間違いなくその言葉が当てはまるでしょう」とおっしゃっておりました。

このような方を「純真な元学会員」というべきなのでしょうね(苦笑)

あくまで、私の知り合いのお話です。


おまけのおまけのおまけ

最近、近所の山から突然やってきた野良犬が、家の周りで狂った様に吠え立てるので、少々不愉快に思っておりました。
うるさいので、こっぴどく叱って追い払っても、かまってほしいのか、泣いたり甘えたりして態度をコロコロ変えるので、ちょっと困っておりました。
畜生というものは言葉が通じませんから、一体何を訴えたいのかわからないので困ったものです(苦笑)

不憫に思った私の友人が、鯖の味噌煮を板の間で食べさせたところ、すっかり懐いてしまいました。
所詮、犬などは、餌さえ与えてやりさえすれば、誰にでも懐きますから可愛いものです。

私が猫好きなのが分るのでしょうか?
昔から、何故か、犬が懐かないんです。

まー私はそのほうがいいんですけどね(笑)


それではみなさんごきげんよう(笑)
愉快 2012/01/30(Mon)23:20:38 編集
» 懲りてないね
シニフィエさんのブログで荒らし行為を行い、シニフィエさん自身も含めた多数の人にその愚行を戒められた人物が、反省もなく吼え続けています。皆さんからあれほど言われたのにねぇ。皆様、シニフィエさんの1月30日のブログのコメントご覧くださいね。あっ、ここに来ている人はもう見ているかな(爆)。

高倉様、30万ページビューおめでとうございます。
裁判費用が集まることをお祈りいたしております。
脱会者 2012/01/31(Tue)13:17:14 編集
» 応援ありがとうございます(笑)
「脱会者」さん、脱会者の方が、高倉先生を応援してくださるとは、素晴らしいですね(笑)

ありがとうございます。

あなたは罪悪感の、一切無い方かと思い込んでおりました(苦笑)
しかし、脱会したのに、カルトの言葉が、なぜ、そこまで、気になるんでしょうか。
不思議ですね。

ところで、あなたのコメントが、方々で愉快な晒し者になっているのをご存知ないようですね(笑)
これ以上、私を煽っても無駄ですから、発言にはくれぐれもお気をつけください。

私は、リアルの世界で忙しくなってきましたので、あなたの相手をする余裕がございませんので悪しからず。
もっとも、勘違いした、粘着質の、かまってちゃんの、嫌な人間のお相手をする必要はございませんからね(笑)

それから、あなたの、お仲間が、瀬戸弘幸先生のブログに、荒らしまがいの書き込みをしているのも、みなさんご存知ですから念の為(苦笑)

そういえば、ブログ「のんびり創価学会」の 最新記事 情報 の中のあなたの、あきれた、荒らし行為のコメントが、晒し者になっていますよ。

あまりHNを変えないようにしましょうね。無駄ですから(笑)
プロバイダを変えてもね(爆笑)

犬は本当に、懲りませんよね(苦笑)
勘違いして、悔し紛れに、反省もなく、喜んで吼え続けていますね。
私に犬が懐くようになったのかな?
あなたは、「(爆)(核爆)」の字が、お気に入りですね。
後出しじゃんけんと、鯖の味噌煮と、菊川怜と、金太郎飴もね(苦笑)

あ、寄付だけはよろしくお願いいたします。
財務の罪滅ぼしになりますから(笑)

もも(ら)さん、いつものように、後の始末はよろしくお願いいたします(笑)

私も色々と忙しいんですよ(苦笑)

追伸
シニフィエさんへ

いい記事がありましたら、シニフィエさんのブログにも、訪問しますのでよろしくお願いいたします。
私の友人に、「アンチ荒らし」のプロがいますので、よろしければご紹介いたします(笑)


おまけ

天皇陛下は大変尊敬しております。
瀬戸弘幸先生のブログ「日本よ何処へ」は、いつも拝見させて頂いております。
大変勉強になります。

以前、通りすがりさんに、紹介して頂いたブログ「伊勢改新党」「春風の会」「博士の独り言2」も拝見させて頂いております。
ありがとうございます。

また色んなブログを紹介して頂ければ、非常に嬉しく思いますので、よろしくお願いいたします。


それではみなさんごきげんよう(笑)


「脱会者」?さん、シニフィエさんは、私を荒らしとは認識していませんがね、「アンチ荒らし」と認識しております。
高倉先生達も「アンチ荒らし」と認識しております。

あなたが荒らしではありませんか(苦笑)

なぜか、文章をご理解できないようですね(苦笑)
もっとも、ちょっとばかり、やりすぎましたがね(笑)

ところで、あなたは、私がコメントで説明しているカルトの意味は、ご理解されていますか(苦笑)
あなたの文章が粗野で、品も知性も感じられないのはなぜでしょうか。

↓ もう下手な言い訳は結構ですから、性格神経症のピラニアちゃん(笑)
愉快 2012/01/31(Tue)13:57:11 編集
» 無題
ブログ「のんびり創価学会」に書き込みはしていないのだが(爆)。アンチ側カルト君の妄想癖は止まらない(核爆)。

追記
このコメントをした後に、愉快のコメントが後出しじゃんけんのごとく追加されていますね(爆)。下記はシニフィエさんのコメントですよ。何を意味してるかはわかるね(超核爆)。

2012年1月30日
17:51
全部読みましたさん、コメントありがとうございます。ご心配の件、ごもっともです。ありがとうございます。

追記の追記
愉快はちょこちょことコメントを追加・改編したり、本当に粘着質だね。シニフィエさんのブログを荒らし、コメントを削除されたあげく追い出された腹いせを、ここでしないように(超劇核爆)。

追記の追記の追記
せとブログとか菊川怜とかいろいろ言ってるけど
ひとつもあたっていないよ。妄想君(爆)
脱会者 2012/01/31(Tue)14:27:14 編集
» よろしくお願いします。
愉快様、脱会者様

 コメント、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
希望 2012/02/05(Sun)20:41:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
21 22 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[05/25 希望]
[05/25 R水素]
[05/24 自由人]
[05/24 自由人]
[05/23 希望]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :