忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」


「髙倉さん、社会的に重要な事件が起こった時に、聖教新聞がどのように報じるかに、俺は関心を持っているんだ。」

創価学会本部の近くにあるシナノ企画の応接室で、和田公雄元創価学会海外相談部長は私に語りました。

この和田氏の発言の日時は忘れました。しかし、その時のことはよく覚えています。なぜならば、この日以来、私の聖教新聞の読み方が変わったからです。

本日9月10日の一般の新聞は、北朝鮮が核弾頭爆発の実験に成功したことを第一面で大きく報じています。

ところが、聖教新聞の第一面には、「韓国-代表的な工業都市-浦項市から SGI会長夫妻に名誉市民証」という大見出しが付いた記事が、池田夫妻の顔写真と授与式の写真とともに掲載されています。

浦項市からの「名誉市民証」が外国人に贈られたのは初めてのことで、その授与式は8月26日だったとのことです。

なぜ、8月26日に行われた授与式のことが、9月10日に報じられるのでしょうか。

聖教新聞の第一面の左側には、「誓願と行動の広島-原田会長と共に総会」との見出しが付いた記事が掲載されています。

この総会が開催されたのは9月9日で、原田会長が「一人の弟子として、師匠の期待に勝利で応えていこうと呼び掛けた。」とのことです。

では、一般の新聞が一面のトップで大々的に報じている北朝鮮の核弾頭爆発実験成功のニュースは、聖教新聞の何面に掲載されているでしょうか。

聖教新聞の第十面に、「ソウル時事」と「ニューヨーク時事」の記事を引用する形式で、「北朝鮮5回目核実験」との見出しを付けて報じています。

また、聖教新聞の第十面には、「首相『断じて許容できない』-厳重抗議、関係各国と連携も」との見出しが付された記事も掲載されています。

なぜ、聖教新聞の第一面には、北朝鮮の核弾頭爆発の実験が掲載されていないのでしょうか。

なぜ、北朝鮮に対する抗議表明がなされていないのでしょうか。

9月10日の聖教新聞は全部で十二面の構成です。しかし、どこにも、宗教法人創価学会と池田大作創価学会名誉会長の北朝鮮の核実験に関する「見解」は掲載されていません。

もし、池田大作創価学会名誉会長が、原水爆使用禁止の宣言を行った戸田城聖創価学会第二代会長の「真正」の弟子であるならば、もし、創価学会が「平和と教育と文化の団体」であるならば、おそらく、聖教新聞の第一面には、つぎのような大見出しが掲載されるのではないでしょうか。

「池田SGI会長は、各国SGIの代表ともに、北朝鮮に厳重に抗議」、「原田創価学会会長は、原爆投下の地 広島で北朝鮮を強く非難」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
聖教新聞には政治に関する記事は無いですね。呆れてしまうほどです。まだ、赤旗の方が世の中のことを知ることができます。

聖教新聞さまへ。
「池田SGI会長は、各国SGIの代表ともに、北朝鮮に厳重に抗議」、「原田創価学会会長は、原爆投下の地 広島で北朝鮮を強く非難」
ぜひ、そう書いていただきたいです。


pomupomu 2016/09/10(Sat)22:35:01 編集
» 無題
最後の本来、掲載されなければならない見出しには、まさしくそうだと思いました。これが書けない理由がいったいどこにあるのか、不思議でなりません。
大勝利 2016/09/13(Tue)12:41:22 編集
» ありがとうございます!
pomupomu様、大勝利様

 コメント、ありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
希望 2016/09/14(Wed)21:33:12 編集
» 無題
「新聞」と名乗ってはいますが、聖教新聞はあくまで機関紙です。機関紙というのは、発行団体の広告。チラシのようなものですから、宗教法人法の改正など自分たちの存続が脅かされたり、自分たちのメリットになるようなことがなければ、あえて賛否が分かれる話題や、政治的な話題を大きく報じることはないと思います。今回の北朝鮮の核実験も、敵や隙をつくるリスクを冒すほどの価値はないと判断しているということでしょう。
NONAME 2016/09/15(Thu)22:48:58 編集
» よろしくお願い申し上げます。
NONAME様

 コメント、ありがとうございました。
希望 2016/09/16(Fri)21:33:47 編集
» 無題
いつも突然に、すみません
北朝鮮のマスゲームと学会の文化祭は瓜二つなので、何か関係があると受け取られて当然です。
ふつうなら模倣であると断固として抗議に出てもいいところを、それをせず現在も学会で賞賛でもって鑑賞したりする態度であるのは、北朝鮮の在り方を暗に肯定しているように感じられます。
北朝鮮を擁護している中国とのつながりも、勲章でもってごまかせるものでは決してありません。
「対話を求めて」がみなさんのプリズムとなって、
率直な気持ちを取り戻されるのを、希望しています
宝星 2016/09/26(Mon)14:31:43 編集
» ありがとうございます!
宝星様

 コメント、ありがとうございました。
 和田公雄元海外相談部長は、北朝鮮のマスゲームは、創価学会の文化祭を真似したものだと言われていました。
希望 2016/09/27(Tue)20:23:50 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[10/12 希望]
[10/12 匿名希望]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]