「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

「創価学会は宗教団体ではなく詐欺団体である」と喝破されたシニフィエ様が開設されているブログ「対話を求めて」https://signifie.wordpress.com/

が、6月26日に400万アクセスを達成されたとのことです。

 シニフィエ様は、鋭く、かつ、ユニークな記事を掲載されています。

 コメントを投稿される方々に、とても丁寧な対応をされています。

「対話を求めて」には、真摯なコメントを寄せられる方々が沢山おられます。

凄いことです。素晴らしいことです。400万アクセスの達成を心よりお慶び申し上げます。

昨夜、シニフィエ様の「祝!400万アクセス達成!!」の記事を、私は出張先から高松に戻る途中で拝読しました。その直後、ぎっくり腰になりました。まさか、新幹線の車内で腰を痛めるとは予想もしませんでした。

油断禁物です。本当に、人生、何が起きるかは分かりません。

シニフィエ様のブログに対して、これまで以上に、創価学会池田カルト一派が悪質な妨害を仕掛けて来るのでないかと存じます。くれぐれもご用心なさって下さい。

シニフィエ様と、ブログ「対話を求めて」にコメントを投稿される皆様方に対して、心より敬意を表します。とともに、ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
希望様、いつも応援していただきありがとうございます。
おかげさまで6月末に400万アクセスが達成できました。
次の500万アクセス達成に向けて頑張ります。
この分で行くと11月になりそうです。

希望様も、身体にだけは気をつけてご自愛ください。
シニフィエ URL 2016/07/01(Fri)17:34:31 編集
» まさかの大苦戦
★ 支持者離れも深刻

< 支持者を裏切った結果か。公明党が真っ青になっている。参院選で予想外の苦戦をしているからだ。
今回、公明党は選挙区に過去最多の7人を擁立し、比例は前回と同じ7議席を目標にしている。ところが、選挙区で「当確」はまだ5人、比例は前回を下回りそうだという。これまで公明党は、どんな選挙でも「全勝」するのが当たり前。地方選挙でさえ、全勝できないと責任問題になってきた。

「公明党の支持者は、公明党を ”平和の党” ”福祉の党” と信じて支持し、選挙になれば知り合いに投票をお願いする、いわゆる ”フレンド票” を集めてきた。ところが公明党は、”戦争法案” 成立に突っ走った。あれで、熱心な支持者ほど離れてしまった。今回、”自分は公明党に一票入れるけど、フレンド票は集めない” と口にする人も多い。比例票が激減する可能性があります 」( 公明党関係者 )
山口代表は今頃になって、自民党の改憲草案について 「いろいろ課題がある」と言い出すなど、慌てて 「平和の党」を装うことに必死だ。 >
         ( 日刊ゲンダイ 2016.7.1 )

※ コメント
  ≪ いま、創価組織は師匠への報恩を胸に「法戦」という名の選挙活動に真っ最中のようです。
私の姉の息子は海外に駐在しているにもかかわらず、同窓生であることを名乗って、遠くからその息子の両親・姉夫婦を訪ね、投票依頼をする学会員がいます。
並みの精神ではできないことです。なんとも、まあご苦労様なことです。

私の姉に聞いてみると、「 創価学会は気持ちが悪いので、ハイハイと言って、公明党のパンフレットを受け取っただけで、何も言わず、何も読まないでゴミ箱に捨ててしまった」とのこと。

それでも、学会員さんは師匠からのお褒めの言葉、功徳をもらえるための戦いなんでしょうから、必死なんでしょう。
同士からすれば、「すごい戦いをしてるじゃないか」と感動的なところかも知れませんが、外部から見れば、滑稽でしかありません。

すぐ近くの私の家に訪ねてくれたら、ゆっくりと時間を設け、圧倒的多数の憲法学者が違憲とする「安保法案」の問題、いまだに多くの方が苦しんでいる「原発再稼働」の問題、秘密裏に進められた「TPP」の問題など、じっくり公明党の考え方を訊ねることができたのですが・・・。次回は、年老いた姉でなく、訪問者を私の家に回ってもらうよう言い伝えました。
その時には、納得できる説明が得られるものと大いに期待したいものです。


     
桃太郎 2016/07/01(Fri)22:49:44 編集
» 無題
桃太郎さま

はじめまして。2世で2年前に脱会したマコと申します。

桃太郎さんの良識的なご意見に共感したり、正義感と温かな気持ちが伝わるコメントに何度となく胸打たれておりました。
創価アンチブログで、心に響くコメントに出会うと保存しているのですが、
桃太郎さん語録も作らせて頂き大切に保存しております。勝手にすみません。
「桃太郎さんありがとうございます」と、いつも胸の中で思っておりました。

創価学会婦人部による「憲法マンガ」ですが、
「くろねこの短語」というブログで偶然に見ました。大きく画面いっぱい見られましたのでよく読めましたよ。
今、全創価学会員(私の家族も…)に読んでほしい内容でした。

くろねこの短語ブログで、2016年6月26日の記事で貼ってありました。

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1045.html


http://seoul-life.blog.jp/archives/62149212.html



希望さま

いつも遠くから希望さんのご健康とご活躍を祈っております!!!
これからも希望さんを応援し続けていきます!


暑くなってまいりました。
皆さま、どうぞお体に十分気をつけてお過ごしくださいませ。
マコ 2016/07/02(Sat)14:29:54 編集
» 無題
貼りつけたURLからいけませんでしたね。
書き込み不慣れでネットのことよくわかっていませんので…。すみません。
マコ 2016/07/02(Sat)14:37:13 編集
» 無題
今日はお忙しい中にも関わらず、ごれんらくいただき、ありがとうございました。参院選の状況や個人的状況にちょい落ち込み気味でしたが、お陰さまで「明るく楽しく元気よく」よみがえってきました。本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
pomupomu 2016/07/02(Sat)21:47:38 編集
» 希望様
今日はお忙しい中にも関わらず、ごれんらくいただき、ありがとうございました。参院選の状況や個人的状況にちょい落ち込み気味でしたが、お陰さまで「明るく楽しく元気よく」よみがえってきました。本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
pomupomu 2016/07/02(Sat)21:47:58 編集
» マコ 様 へ
早速に 心うれしいコメントをありがとうございました。
また、重ねて「憲法マンガ」のブログの紹介をしてくださり、無事ブログ検索することができ、「憲法マンガ」をすべて読むことができました。ありがとうございました。

このマンガに見られるように、外部の私でも、1985年、昭和60年頃までの公明党は正に「平和の党」という実感を感じておりました。
それがどうしたことでしょう。平成に入ってからというもの、あれよあれよといううちに公明党は変質していき、とても「平和の党」とは言えない状態になってしまいました。
今なお、公明党を「平和の党」と信じ学会活動をしておられる方々は、根がまじめな人たちだけに大変不憫に思われます。

今の日本の政治や暮らしをなんとか変えたいと願っている私としては、少なくとも、米国の言いなりになる自民党政権にしがみつき政治を汚して欲しくない、海外に出て戦争する国にして欲しくないとの思いでいっぱいなのです。
宗教をねじまげ利用し、学会・公明党の組織を都合よく支配している人たちへの憤りを曖昧にすることは私にはできないのです。

これからも、私は公明党・創価学会に真っ直ぐ向き合い、批判すべきことは批判し、学会員の方々の苦難に対して、ささやかですが私の思いも届け、また、汗もかいて参りたいと考えております。

マコ様のますますのお幸せをお祈りいたします。ありがとうございました。
桃太郎 2016/07/02(Sat)23:22:17 編集
» 暑中御見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いております。 先生にはご健勝にてお過ごしのことと拝察申し上げます。

雨の後の高い湿度、さらに34度も超える暑さに、身体がついていきません。
先生には、益々健康にご留意くださいますよう。

ところで、先日、紹介がありました雑誌:『 週刊ダイヤモンド』を読んでみました。
内容的には既に把握しているものがほとんどでしたが、ゆはり、率直な感想は、これでも「宗教団体」といえるのだろうか、というものでした。

しかし、これから期待されるところのものもありました。それは、本部内の権力闘争の問題に対して、また今回の「安保法案」の問題に対しての婦人部の批判が余りにも大きいということです。

今回の参議院選挙をきっかけにして、何かとてつもなく大きな展開、新たな展開が生まれてくる期待が持てそうであるということです。
昨年来、何か大きな動きが起こりそうな気配が感じられるというのは、私だけのことではないと思われるのです。

まずは、選挙結果を楽しみにしたいと思います。



桃太郎 2016/07/07(Thu)22:03:58 編集
» ありがとうございます!
シニフィエ様、桃太郎様、マコ様、pomupomu様

 コメントをお寄せ頂き、心より厚く感謝申し上げます。

 猛暑の折柄、ご自愛のほど、心よりお祈り申し上げます。「明るく楽しく元気よく」、この夏を乗り切りましょう。
希望 2016/07/08(Fri)21:38:33 編集
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :