「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 山本哲也創価学会副会長が、私を名誉棄損で訴えた東京地方裁判所の判決に対する控訴理由書をご紹介致します。

       記

平成27年(ネ)第3661号損害賠償請求控訴事件

     控訴理由書

           控訴人   髙倉良一

           被控訴人  山本哲也

平成27年10月20日

         控訴人訴訟代理人

           弁護士 生田暉雄

東京高等裁判所第5民事部

       記

第1、本件訴状概要

1、本件訴状の概要は、被告はブログを開設して、被告が訴外和田に損害賠償を求めて提訴したとして本件訴状を紹介するという体裁のもとに以下のように原告の名誉を侵害したというものである。

その1は、

 “創価学会の要職にある原告が、被告の言動を封殺する為に、被告に対し、脅迫罪(刑法222条)や強要罪(同223条)に該当する犯罪行為を実行すること、さらにはそのための手段として殺人罪(同199条)や逮捕・監禁罪(同220 条)等の犯罪行為までも実行することを、訴外和田らと共謀した”

その2は、

 “創価学会の要職にある原告が、被告の言動を封殺する為に、訴外和田を通じて、被告に対し殺害予告をして脅迫し、また、査問の場において、家族に対する危害を加える旨を被告に告知して脅迫、強要を行う計画を立案した”

その3は、

1.

“創価学会の要職にある原告が、被告の言動を封殺するために、被告を逮捕・監禁して傷害ないし殺害することを計画して、平成20年2月24日に査問の前日に、被告を上京させた”

 このように原告が訴外和田らと共謀して、被告に対して脅迫、強要、殺人、逮 捕、監禁行為を加えることを企画したというものである。

 しかしながら、原告が、被告に対し、上記の行為に及んだことは一切なく、本件文言は全くの虚偽である。

 被告のブログは、原告が、訴外和田を通じて、被告に対し殺人を予告して脅迫し、さらには被告に対する逮捕・監禁、傷害、殺人、脅迫、強要行為を実現する 計画を立案し、同計画に従って被告を上京させたとの事実を摘示し、一般読者 (閲覧者)に対し、原告が、宗教法人の要職に就く者でありながら、重大な犯罪を実行に移す意思を有し、かつ、犯罪実行の具体的な計画立案及び準備行為を行つた者であるとの印象を与えるものであり、原告の社会的評価を低下させるものである。

というのである。

2、被告は本件訴状を全面的に争い、名誉棄損の事実の真実性、相当性、公共の利害、公益を図る目的、真実と信ずべき相当の理由を詳細に主張する。

 被告が訴状その1ないしその3の事実を真実と信じた相当の理由は次のとおりである。

(1)被告は準備書面(3)(平成25年11月6日付)で事実を真実と信じた相当の理由を主張する。

その理由は、

①友岡雅哉の警告

②佐々木信行の査問

③野崎至亮との相談

④和田公雄とのかかわり、特に和田も創価学会から査問を受けたこと

⑤新宿での創価学会による被告の査問

 以上の事実の存在自体から、ブログ記載の事実の真実性を信じた、というのである。

       つづく



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 創価公明によるイジメ隠蔽工作
 町田第三小学校で創価信者の子供によるイジメ事件を、公明党の上野議長が隠蔽工作しているとのこと。
 隠蔽しないと予算を削ると圧力をかけたみたいです。やることが汚すぎます。
 
 
 二階堂ドットコムで紹介されています。
http://www.nikaidou.com/archives/73232#more-73232
 ウソつきと共犯者 特報
https://www.youtube.com/watch?v=SZf3T2fj8OE
NONAME 2015/12/06(Sun)17:04:00 編集
» 職権乱用そのものだ
議員の立場を悪用した、予算を減らすぞという発言は、恫喝という表現が的確であり、刑事告訴してもいい内容である。
議会、野党党から議員辞職勧告決議案、問責決議案を審議にかけるべきである。

立場悪用の悪質事例であるため民事のみならず、刑事告訴を検討に入れるべきである。
匿名 2015/12/08(Tue)21:13:20 編集
» 情報提供ありがとうございます
情報提供ありがとうございます。

知力も体力もある人はこうして戦われるんでしょうね。
そうでない人は、なきねいりをされるのでしょうか。
議員がでてくるとびびるとでもかんがえたのでしょうか。
そう考えると氷山の一角でしかないと思われます。
ごぼう 2015/12/09(Wed)14:57:57 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :