「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

このブログとリンクさせて頂いているシニフィエ様のブログ「対話を求めて」を、毎日、私は拝読しております。

 シニフィエ様は、毎回、鋭い問題提起をされています。しかも、「対話を求めて」には、創価学会のことで悩んでおられる方々が、真摯なコメントを数多く寄せられています。

 まだ、ご覧になっておられない方は、是非とも、「対話を求めて」

https://signifie.wordpress.com/

をご訪問下さい。

 以下、最近、シニフィエ様のブログに投稿させて頂いた私のコメントをご紹介致します。

 

 

希望  

20151028 21:45 

 

 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。

  シニフィエ様の時宜を得たテーマ設定に、心より敬意を表します。私は、シニフィエ様の「11月18日は、創価学会をやめる日」との提言に、全面的に賛同致します。

  私は創価学会池田カルト一派に対して打撃を与えるために、今でも、創価学会の会員です。

  香川県創価学会から、役職解任の通知はありました。しかし、今のところ、除名処分の通知はありません。

  もちろん、創価学会を改革しようというつもりは全くありません。将来、宗教法人の解散命令を請求する訴訟を行うためには、創価学会員である方が都合が良いからです。私が、自ら脱会しないのは、ただ、それだけの理由からです。

  もし、池田大作氏らを相手に訴訟を行っていなければ、私も、シニフィエ様のご提案通り、脱会したことでしょう。その意味では、11月18日に脱会なさる方々を羨ましく感じます。

  なお、この日に、創価学会に打撃を与えるべく、新たな書籍が出版されるとのことです。どんな内容かが楽しみでなりません。

 

 

希望  

20151030 02:15 

 

シニフィエ様

  「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。私に対するコメントを頂き、恐縮しております。心より厚く感謝申し上げます。

  池田大作創価学会名誉会長らを相手に真正面から裁判闘争を挑むことになるとは、私自身、全く予期していませんでした。私の訴訟代理人弁護士である生田暉雄先生も同様です。「創価学会を相手に裁判をするのであれば、別の弁護士さんを探して下さい。」と、生田先生から告げられたこともあります。ある意味では、創価学会池田カルト一派は、私と生田先生を追い詰めたのです。

  しかしながら、戦端を開いた以上は勝たなければなりません。生田先生も私も、裁判闘争のみに終始するつもりは全くありません。ありとあらゆる手立てを尽くす所存です。

  「創価と直接対決している方、また直接対決できる方は、希望さん以外にはおられないとも思います。」とのお言葉ですが、そんなことはありません。その気になれば、どなたでも可能ではないかと存じます。私自身が、その証拠です。全く予期していなかった私でも、このような裁判闘争ができるようになったのです。

  シニフィエ様もご覧になっておられるのではないかと存じますが、黒澤明監督の映画「生きる」の中で、無気力、無感動な人生を送ってきた定年間際の地方公務員である主人公が「もう遅い…。いや、遅くない、あそこでもやればできる、ただやる気になれば…」

http://www.geocities.co.jp/Playtown/1541/ikiru.html

)とつぶやくシーンがあります。

  自分にはできないと考えるのではなく、どうすれば、自分もできるようになるかを考えるべきではないでしょうか。「やる気」になれば、可能なのです。

  創価学会は宗教を名目にした詐欺集団だと喝破されたシニフィエ様が、大変なご苦労をなされながら、「対話を求めて」を運営されておられることに対して、私は最大の敬意を表します。凄いの一語に尽きます。私には、到底、シニフィエ様のような活動はできません。素晴らしい方だと尊敬しています。

  しかしながら、シニフィエ様に一つだけお願い致したいことがあります。「せめて自分が死ぬ前に創価の崩壊をこの目で確かめたいと願っています。」とのお言葉ですが、「せめて自分が死ぬ前に」などと考えてはなりません。このようなお気持ちを、この瞬間から放擲なさって下さいますように、心よりお願い申し上げます。

  私は、昨年の8月9日に還暦を迎えました。この日を、20歳の3度目の誕生日だという気持ちで過ごしました。

  現在、私は61歳です。少なくとも111歳までは、可能であれば120歳まで、「明るく楽しく元気よく」生き抜こうと決意しています。

  「明るく楽しく元気よく」長生きするためにも、それぞれの立場で、池田大作創価学会名誉会長と創価学会池田カルト一派を打倒するために智慧の限りを尽くしましょう。そして、このような前代未聞の極悪集団を誕生させてしまった日本の土壌を変えるために、「明るく楽しく元気よく」闘い抜きましょう。

  シニフィエ様もご承知のように、池田大作創価学会名誉会長と創価学会池田カルト一派は、暴力団からも罵倒され軽蔑されています。極悪集団です。

  創価学会池田カルト一派などは、さっさと打倒しなければなりません。その上で、なすべきことは沢山あります。

  例えば、毒ガスサリンを散布したオウムは、未だに存続しています。その理由は、日本社会の土壌が変わらないからです。

  しかしながら、土壌を変えることは可能です。ただし、そのためには時間がかかります。

  最近、私は、22世紀を念頭に置きながら生きています。私の志を共有するとともに継承して下さる方々の育成を考えています。

  可能であれば、120歳まで生き抜こうとは考えておりますが、22世紀まで生きることは不可能です。同志を結集し、その輪を広げるためには、「明るく楽しく元気よく」生き抜くしかありません。

  失礼の極みのような表現で大変恐縮ですが、シニフィエ様に求められている役割は、もっともっと壮大なものではないでしょうか。

  日本社会の土壌を根底から変革するために、そして、戦乱が絶えない世界を変えるためには長生きしなければなりません。「創価の崩壊」などは、単なる通過点に過ぎません。

  おそらく、シニフィエ様は、私よりもお若いのではないかと存じます。シニフィエ様のご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

  長文のコメントとなってしまいましたが、最後に、シニフィエ様のブログに真摯なコメントを投稿されておられる皆様方のご多幸を心よりお祈り申し上げます。



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。

banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。
  義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、義捐金の収支に関しては、裁判がすべて終了した時点で明らかにさせて頂きます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
     口座番号  0132288
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
希望様、私のブログ「対話を求めて」を紹介していただき、ほんとうにありがとうございます。思えば4年前、ブログ「対話を求めて」は、希望様の「パンドラの箱」に出会わなければ存在していません。当時、やっとのことで創価学会が悪質な詐欺団体であるということに気がついたときに、自分のこれまでの宗教観、人生観がまったくまちがっていたことを認め受け入れるには、あまりに残酷で、とても受け入れ難いことでしたが、実名を出しながら創価学会と直接対決をされている希望様のブログに出会うことができて、私もなんとか自分の精神を立て直す勇気をいただき、ブログ「対話を求めて」を立ち上げ、今日まで運営することができました。そして多くの創価に悩んでいる方の思いが集まる場にすることができました。私は希望様のように創価学会と直接対決するような力はありませんが、私なりの対決のやり方で、一人でも創価による被害がなくなるように行動していきたいと考えています。これからもそれぞれのやり方で創価学会の実態を白日の下に晒し、今現在騙され続け、搾取され続けている多くの創価学会員が、現実に目覚めることをめざして頑張りたいと思っています。ことがことですので、私の場合は身元を明かすことはできませんが、創価崩壊のその日が来るまで「創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ」ということを訴え続けていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
シニフィエ URL 2015/11/08(Sun)01:23:08 編集
» 初めまして
希望様。今パソコンをひらいたのですが、先ほど書き込みは消えるのですね。
先ほどのコメントを名前だけぽむぽむに変えて掲載していただくことが可能でしたら、そのようにお願いいたします。
不慣れにおてご迷惑おかけします。
これからもよろしくお願いいたします。
ぽむぽむ 2015/11/08(Sun)11:16:48 編集
» シニフィエ様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
シニフィエ様

 コメントをお寄せ頂き、心より厚く感謝申し上げます。
 ご多忙な中、ブログの管理運営にご尽力なさっておられることに対して、心より敬意を表します。私には、ブログ運営に関しては、シニフィエ様のような細やかな配慮はできません。シニフィエ様は凄いの一語に尽きます。
 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。ご健勝を心よりお祈り申し上げます。
希望 2015/11/09(Mon)19:45:45 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[08/21 FXBrokerTap]
[08/15 マハロ]
[08/15 匿名]
[08/11 読者]
[08/11 匿名]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :