「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 

 昨日8月12日に、Y氏から送付されたメールの一部をご紹介致します。

 

          記

 

高倉様

 

安保理に反対する大学有志の会に創価大学・創価短女が加わりました。私は期待していました。

嬉しい限りです。公明党は判断を誤りました。公明党の役割は終わりです。存在価値も薄れて行きます。

共産党の勢いがしばらく続きます。

 

参考URL

http://sokauniv-nowar.strikingly.com/

 

以上

 

 Y氏からのメールで、私は、創価大学・創価女子短期大学の卒業生の動きを知りました。Y氏に対して、心より厚く御礼申し上げます。

 

さて、私は、「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」の方々は、池田大作創価学会名誉会長の「建て前(きれいごと)」を信じ込んでおられるのではないかと存じます。

 

悪いのは「公明党」であると考えておられるのでしょう。

 

しかしながら、「公明党」は、池田大作創価学会名誉会長の「スキャンダル」を隠すための盾になっているだけです。

 

有志の会の皆様が立ち向かうべきは、池田大作氏その人です。敵は本能寺にありです。信濃町第2別館に潜伏している池田大作創価学会名誉会長こそが安倍総理を支えているのです。

 

先日、小林節慶応大学名誉教授の講演会に参加致しました。この講演で、小林名誉教授は「安保法案ではなく戦争法案です。私は、国会で戦争法案と発言した福島瑞穂社会民主党副党首の事務所に、あなたが用いた戦争法案という言葉は正しいと書いたファックスを送りました。」と言われました。

 

もし、有志の会の皆様が本当に反対されているのであれば、「安全保障関連法案」ではなく、「戦争法案」という名称を用いるべきです。

 

もし、有志の会の皆様が、心の底から「戦争法案」に反対されておられるのであれば、インターネットを通じての署名活動だけでは不十分なのではないでしょうか。

 

創価大学の正門前で、学生や職員に対して、直接、署名をお願いなさるべきではないでしょうか。

 

信濃町駅の前で、創価学会本部に出勤されて来られる本部職員の方々に対して、署名を求めるべきではないでしょうか。

 

池田大作名誉会長の「本音(欲望)」を目の当たりにしている創価学会池田カルト一派は、謀略活動の天才です。

 

もし、創価大学の正門前と信濃町駅の前で、直接的な行動を開始されなければ、有志の会の方々は、創価学会池田カルト一派の別働隊に過ぎないと見做されることでしょう。

 

ランキングに参加しbanner_21.gifていますので、クリックをお願い致します。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。

 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 紹介
言霊百神
コトタマ 2015/08/14(Fri)19:10:13 編集
» 無題
安保法制に対して反対する学会員や創価大関係者の立ち位置というのは、やや複雑な気がします。本来の建前上の池田名誉会長の理念からすれば彼らの意見は正論と言えるでしょう。ただ私に言わせれば、1999年に公明党が与党入りの条件として飲んだガイドラインの見直し、その後の周辺事態法の制定あたりから今に至る危険な路線が敷かれていたと言うべきで(国旗・国歌法、特定秘密法etcもう戦前以上に危険な状況)、ここまで外堀を埋められる事態に至るまで手をこまねいていた、或いは公明党を支援し続けていた(安保法制に対して反対する学会員や創価大関係者が)ことの罪の重さを考えるべきです。何を今更というのが正直な感想です。
 16年前からの事態に反対を表明していなかった名誉会長の立場というのは、過去の建前上の発言には反しているとはいえ、学会の路線として承認されていたのではないですか? 本音としては、今の政権の路線=学会の路線です。建前論に拘っている学会員や創価大関係者は、本来の学会の本筋をしっかり見極め自己批判した上で反対すべきでしょう。 ですから高倉さんご指摘のように、名誉会長の本来の立場(本音としての路線)は極めて危険な安部政権支持であることは明白ではないでしょうか?今、どちらにせよ意思表示をできない状況なのでしょうが。
 ただそうであっても、学会の中から安保法制反対の動きをうまく活用・利用して、何とかこうした悪法の制定を阻止したいと言うのが私の本音ではあります。
no more 学会 no more福島 2015/08/15(Sat)23:22:43 編集
» 無題
「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」については
テレビのニュースでりしっかり報道されていました。
メンバーへのインタビューも5人くらいで各インタビューも長めだと感じました。

もし、この件が創価学会に不都合なことだとしたら、このような報道がされたでしょうか。
ごぼう 2015/08/16(Sun)00:45:38 編集
» ありがとうございました。
コトタマ様、no more 学会 no more福島様、ごぼう様

 コメント、ありがとうございました。
 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
希望 2015/08/20(Thu)19:25:50 編集
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[03/09 希望]
[03/09 たつのおとしご]
[03/07 希望]
[02/21 見抜いたり、僭聖を!]
[02/21 致命傷になりかねない]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :