忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 平成27年1月30日午前11時から東京地方裁判所631号法廷で行われた本人尋問の調書の続きをご紹介致します。

      記

 

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

現在でも身辺に何か気をつけていることはありますか。

被告(反訴原告)髙倉良一

それは,徹底的に気をつけております。実際,一番緊張するのが自宅の宿舎に帰るときです。なので,何らかの形があったときに,直ちにいろいろな,防犯べルもそうですし,いろいろな形で毎回気をつけています。本当に毎日が,玄関のときが一番緊張します。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

そうすると,もう何年間もそういう緊張状態に置かれていると,こう受けていいわけですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい,そうです。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,本件については,山本氏だけが原告になられているということにつ いて,あなたとしては何か疑問を感じるところがありませんか。

被告(反訴原告)髙倉良一

極めて不可解です。これはなぜ,それが名誉棄損,相手方の弁護士の方々が主張されるようなのであれば,池田大作名誉会長,原田稔会長,田村隆雄副会長など名前も全部出ているわけですから,なぜこの山本原告のみがこういう裁判を起こしたのかと。これにどのような意図があるのかということ自体が不可解でなりません。これはまさに, いわゆるスラップ訴訟,私に対する嫌がらせ,いろいろなダメージを与える,そういう意図のもとになされているとしか思われません。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

山本氏の新宿での査問について,何か手落ちとか,そんなことがあったとは 思われませんか。

被告(反訴原告)髙倉良一

私との手打ちですか。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

はい。

被告(反訴原告)髙倉良一

一切ありません。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

当曰,査問をする主体が,金城会の会長がノロウイルスで急遽,欠席されて, 山本氏が代行したというふうにあなたからは聞いているんですが,これは本当ですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。会長ではなくて,和田さんから聞かされたのは,本来は金城会という池田大作氏と特別警備,そういう方々の委員長と,それから山本氏とが来るはずだったんだけれども,その委員長がノロウイルスで 来られなくなったので,山本氏のみが担当,和田さんとは一緒ですけれども,担当することになったと。それで,和田氏が,山本氏はこういうことに慣れていないと,そういうふうに言われました。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,査問の追及が不徹底だという結果になったわけですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

恐らく。ただ,山本氏が,これは提出してある,同意していただいているものの中にありますけれども,私が,これは創価学会の名誉棄損で強要で脅迫と言いかけたらば,突然立ち上がって,目の前に,私のところに右手を大きく突き上げて,それを言うと危ないですよと言って,私の発言を制止されるようなことがありました。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで1点だけ聞いておきますが,あなたは反訴も起こされたわけですね, この事件について。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

この反訴に書かれていることは,全てあなたの気持ちですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

だから,山本氏に対して損害賠償を訴えたいと,こういうことですね。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい,そうです。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

最後に,あなたのロから私の質問以外で何か言いたいことがあれば,ごく簡 単に言ってください。

被告(反訴原告)髙倉良一

本件は,訴状を載せたことに対する名誉棄損です。英米法では,御承知のように,訴訟活動の中で名誉棄損とか,そういうふうなことは一切問わない。それに対して,日本の場合はそういうことが,訴訟活動の言論の中ではありますが,これは訴状です。ですので,これをもし名誉棄損であるということにするならば,単なる表現の自由の問題ではなくて,創価学会の弁護士の方々は,裁判を受ける権利,そういうものも侵害をする。これは本当に大変な大問題になることをなされている。私はこれが理解ができません。御承知のように,裁判はまさに公開であります。訴状であります。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,あなたとしては,こういう訴訟を起こすことは,宗教法人性にももとるんじゃないかというお考えもあるわけですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。これは将来的に創価学会の解散命令を申し立てる際の有力な証拠の一つになり得るであろうと。これを日本国民が知ったらば,創価学会,本当に危機的な状態になる。まだ創価学会に籍を置いている者として,こういう方々が創価学会の池田大作名誉会長が誇る優秀な弁護士さんたちがなさることなのだろうかと。何らかの意図があるのかと。本当に不可思議に思っております。

つづく



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。

banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[10/12 希望]
[10/12 匿名希望]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]