「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

 平成27年1月30日午前11時から東京地方裁判所631号法廷で行われた本人尋問の調書の続きをご紹介致します。

      記

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

新宿の査問で,山本哲也氏から査問を受けましたね。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

和田公雄さんと山本哲也氏,二人から査問を受けた。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

そのときに,山本氏から離婚について何か話は出ましたか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい,出ました。あなたが創価学会,池田先生を嫌いであれば,奥さんと決別すればいい,そういう問題であると言われました。それは録音記録の中に入っております。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,もともとといいますか,創価学会の基本姿勢として,家族についてはどういう基本姿勢をとっているんですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

戸田第二代会長が,創価学会に対する永遠の指針というものの一つで,一家は和やかで楽しい,そういう信心を続けるということを,永遠の指針の一つとして示しております。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

一家和楽というんですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい,そうです。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

創価学会は,それを主義,主張として,されていると。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

ところが,山本氏からは離婚してはどうかというふうなことを言われたと。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それを聞ぃてあなたはどう思いましたか。

被告(反訴原告)髙倉良一

耳を疑いました。こんなことを創価学会の副会長の立場で言ってよいものだろうかと,そう思ぃました。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

その目の前にいる人がそもそも副会長の山本氏であるかどうかということに ついて,疑いは持ちませんでしたか。

被告(反訴原告)髙倉良一

それは以前,山本氏が,直接話したことは今回が初めてですが,高松に来られたときに,会館で学会員に指導しているのを聞ぃたことがあります。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

だけど,そういう一家和楽に反するようなことを言う人物が,創価学会の副会長とぃうことで疑問を持たなかったかという質問です。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。こういう人物が創価学会の副会長であるということは,本当に信じられませんでした。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

副会長はおろか,創価学会会員であるということにも疑問は持ちませんでしたか。

被告(反訴原告)髙倉良一

創価学会の会員として,実に恥ずべき発言をされる方で,本当に信じられないような気がします。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,この査問というのは,時間的にどれぐらいかかったんですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

2時間近かったのではないかと思ぃます。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それで,査問の場所はホテルの1室を使ったということのようですけれども, それについて,あなたは疑問か何かを感じませんでしたか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。査問を受けた場所は,京王プラザホテルです。新宿です。近くに創価学会の会館が,部屋がたくさんありますので,私はそこで行うべきだと,冒頭お話ししました。そうすると,山本氏が,これを公にしたくないからということで言われたので,私はそれに対して,何度も会場を変更しようと申し上げました。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

それでも会場の変更はなしに,そのホテルの一室で2時間ぐらい査問を受けたと,こういうことですか。

被告(反訴原告)髙倉良一

はい。それまで創価学会の私は会員ですけれども,会場,わざわざ私のためにホテルを確保して,近くにも学会本部があり,部屋がいっぱいあるにもかかわらず,そういうところでやるということ自体,本当に驚きました。恐らくこういう体験は,ほかの会員にはないのではないかと思います。

被告(反訴原告)代理人生田暉雄弁護士

あなたが推測するのに,どうしてそういう場所を使ったと思いますか。

被告(反訴原告)髙倉良一

創価学会の会館では,入る前にいろいろな署名,そういうふうな入室の記録を残します。ですから,そういうふうな記録を残したくない何らかの事情があったのだろうと思います。

 つづく



ランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。

banner_21.gif 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
***********************************
  現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。
 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。皆様方からの義捐金の振り込み通知が届く度に、私は涙が込み上げて参ります。ありがたい限りです。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 
         記
1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合
   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
    口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン
 
2. 他の金融機関から振り込まれる場合
 
   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座    
   口座番号  0132288
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 「山形明郷史観こそ東アジア共通の歴史」
中華人民共和国・北京大学 亜・非 研究所 
劉 勃 氏


『邪馬台国論争・終結宣言』書評




山形明郷先生は、広い範囲にわたる古代の中国・日本・韓国
の歴史関係の「原典」を読破されて、論拠を組み立てております。


「古代朝鮮」 は、畢竟(ひっきょう)何処(どこ)に存在してい
たのか。
更には、「洌水(れっすい)」の位置が、「古代朝鮮」領域内の何処
であったのであろうか。 

この様な疑問点の解明は、“古代東アジア史”の全貌を知る上
で、避けて通ることは許されない重要な課題となるものです。

しかし、私がこれ迄手にした関係各国の史学著述中に、この
問題に触れたものは無く、明らかにされてはおりません。 

 山形明郷先生は、歴史地理学の観点から、「洌水(れっすい)」
が、遼寧省のなかを流れる「太子河(たいしがわ)」であるこ
とを論証されて筆を進められるなど、先生の“古代東アジア史”
究明・検証に向けて、とことん突き詰めていく強靱(きょうじ
ん) な学究精神に深く感服し、且つ、尊敬いたします。


 山形明郷先生の著作を拝読して先ず感じましたことは、この
著作を中国語に翻訳して、広範な中国の学者たちに、この著作
の内容を紹介し、
 「古代朝鮮」 の所在地の解明が、“古代東アジア史”を語る上
で最重要事項であるという問題提起をしたいということです。

  
 私が、勇躍この様な大切なことを提案いたしますのは、山形
明郷先生の著作の貴重な価値を知って、中国と日本国との“学
術交流”のために、いささかなりとも貢献をしたいと考えてい
るからです。


『 著作等身 』 ― この著作は、著者の身長と同じ高さに積
み上げた[ 金塊と同等の輝かしい価値 ]を有する論証です。
愛新覚羅鳥拉煕春 2015/07/08(Wed)14:38:43 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[08/21 FXBrokerTap]
[08/15 マハロ]
[08/15 匿名]
[08/11 読者]
[08/11 匿名]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :