忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その78」でご紹介した池田大作創価学会名誉会長らの訴訟代理人が提出した意見書に関して、私が作成した陳述書を掲載させて頂きます。
 
  なお、文書提出命令の申立に関しては、「創価学会生田カルト一派との裁判シリーズその47」(http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/92/)をご参照下さい。
 
文書提出命令に対する意見書についての陳述書 その3
 
                平成24年11月18日
                        髙倉良一
 
はじめに
 
 文書提出命令に関する意見についての陳述書その2の冒頭で述べたように、私が提出を求めた文書が存在することは、訴外野崎至亮氏の電話での発言から明白です。

 以下、この陳述書では、訴外野崎至亮氏の発言を中心に述べることにします。
 
野崎氏との電話(平成20年6月18日)の記録
 
 野崎至亮氏との電話で、本件申立に関する会話は下記の通りです。
 
           
 
1野崎: 敢えて関わりたくなかったから。
 
2髙倉: はい。
 
3野崎: できるだけ、(聞き取れず00:00:02)どうせ、恐らく彼自身の考え方も入ってて、私の言葉になってるけど。
 
4髙倉: ええ。
 
5野崎: それは、明確な形では言ってませんよという形になってね。
 
6髙倉: ええ。
 
7野崎: 結局、始末書を書けってなって、それは書いたんですよ。
 
8髙倉: はい。
 
9野崎: それで、まぁ終わりだったらしくて。
 
10髙倉: ええ。
 
11野崎: それで、彼らの目的は、結局、福本(福本潤一元参議院議員を意味する)を動かしたんじゃないかと、私が。
 
12髙倉: はあはあ。
 
13野崎: うん。それが髙倉さんの日記なんかを通して、私に来たんですよ。
 
14髙倉: はあ。
 
15野崎: うん。根源に野崎がいるんじゃないかという形。
 
16髙倉: うんうん。
 
17野崎: 名前が出て来るからね。
 
18髙倉: はい。
 
19野崎: それで野崎が髙倉を使って、福本(福本潤一元参議院議員を意味する)を動かして、民主党に行かして、その情報源として、私を指定してきたわけよ。それは、きっぱりと否定したわけ。
 
20髙倉: ええ。
 
21野崎: それで、あとは、それで終わったんです。(聞き取れず00:00:59)その後、連絡を取るのは止めて、迷惑かかるんで、それで敢えて、半年だけは黙ってたんです。
 
                 以上
 
野崎氏の発言から判明する始末書の存在
 
 訴外野崎至亮氏は、この電話で、被告原田稔創価学会会長に対して始末書を提出したと述べています。

 野崎氏が、原田稔創価学会会長と面談したことは、訴外和田公雄氏らも電話で、私は聞かされています。

 したがって、訴外野崎至亮氏が書いた始末書が存在しないとの被告らの訴訟代理人の主張は、虚偽の主張であると考えるべきです。
 
 現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。

 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。

 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。メールアドレスでも結構です。何卒よろしくお願い申し上げます。

 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

           記

1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合

   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
   口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン

2. 他の金融機関から振り込まれる場合

   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座
   口座番号  0132288

  郵便局からの振り込みの手続きについては、以下のホームページをご参照下さい。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_tujo.html

 
banner_21.gifランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» sk079-もも様へ 1円財務その79
もも様へ

お元気みたいで、なによりです。

私と同様に、このブログへの掲示には、制限付きとされましたが、
私と同様に解除していただいたのですね。まずは、おめでとうございます。

もも様の下記コメント

お~い、もも6号さぁ~ん、久しぶりだねぇ~、
700年ぶりだねぇ~(大爆笑)
「やや日」にも遊びに行っておくんなさいましぃ~
華麗にスルーされること「間違いない!」

より

下記のタイトル sk076-1円財務その76の

もも様へ。
「もも様」と「もも6号様」は関係があるのですか。

の質問の回答が上記であると認識させていただきます。

もも6号様に、タイトル sk076で回答したのに、
その後、その回答に対しての、もも6号様のコメントがないのは、さみしいです。

もも6号様、この掲示を見ているのなら、コメントしてください。

しかし、わたしと、もも様で、このブログを大炎上させてしまいましたが、
下記の方々は、もうこのブログには、コメントしないのですかね。

1.流れ星・2.アレックス・3.REX4.シニフィエ・5.団塊嫌い・6. 紅のbUTA・7.元党員8. ・ami 9. roco 10. ONNAME11.工作員
12.知盛13号.13.ナッキー.14.運チャン15.ランボー

下記は

タイトル sk076-1円財務その76
0001今も活動家。2013/01/24(Thu)15:44:49編集

です。

もも6号様へ
下記はもも6号様のコメントですが

『本部職員の高額年収5,000万円』とか、『年収4000万円以上の本部職員が多々いる』とか、どうやって知り得た情報ですかね(^-^)
地区部長レベルで解る内容ではないし、所詮は脱会者の手記とかネット情報ですよね。

もも6号様へ
四谷税務署で、高額納税者を確認できる力があれば、本部職員の年収は、把握できます。
もも6号様が、それができる能力をお持ちなら、本部職員の年収は、把握できますよ。

もも6号様はこのブログを監視している創価学会の方ですか。
「地区部長レベルで解る内容ではないし」とのご意見より、
創価学会では、かなりの役職の方ですか。

このブログのコメンテイターは、創価学会の方でも、アンチ創価学会のはずですが。

もも6号様が、アンチ創価学会なら、私と同様に、高倉先生の「宗教法人創価学会を相手にした財務返還請求訴訟」の原告になってください。

高倉先生に、メールで、この訴訟の原告になることをHN「もも6号」と実名で伝えてください。そして、原告者同志で、対面しましょう。

もも6号様が、この訴訟の原告になったかどうかは、確認させていただきます。

それと、
「学会員は本部職員と議員だけはなりたくないと言っているのは何故なんでしょう(^-^)
答えは簡単です。安月給にも関わらず、年中無休で仕事が大変だからですよ〜(^-^)」
とのご意見。
あたしは、本部職員全員が、高額年収とは言っていません。
能力が無くて、役職が下の本部職員は、それなりの年収でしょう。
ただ、わたしは、広宣流布のために、年収は少なくても、本部職員・議員にはなりたかったです。

もも様へ。
「もも様」と「もも6号様」は関係があるのですか。

この掲示で、電通の「監視ビジネス」システムが起動して、反論記事作成のプロが、反論を書き、また「法的措置を取る」との脅迫・威圧を加えてくるのを楽しみにしています。
それでは、電通さん、スクランブル発信をどうぞ。
また、「この人は、精神病です。病院に行け」とのお決まりの台詞を書いてくる創価学会の工作員さん達、そろそろ出番かもしれませかよ。今回は、どんなHNで登場するのか楽しみです。

タイトル sk076-1円財務その76
0001今も活動家。2013/01/24(Thu)15:44:49編集

タイトル sk079-もも様へ 1円財務その79
0001今も活動家。 2013/02/08(Fri)15:22:49 編集
» しょうがないなぁ~
もう、一円財務さん。
あなたは中々の人物だと私(たち)は思っています。
些か、サービス精神が旺盛過ぎるんです。
高倉様の裁判も「佳境」に入りました。
援護射撃をする我々は、一円財務さんのように
誤解を恐れず信じた道を突き進む、
善良で純粋な方を味方にしたいです。
都合が悪くなると「うつ」とか「病んでる」と
うそぶく某諸氏とは違って頼りがいがあります。
一円財務さんさえ宜しければ、
直接コンタクトを取りましょう。
その旨を高倉様にお伝えください。
近隣だったら是非お会いしましょう。
心強い味方になりますよ。一円さんは。
お待ちしております。

もも6号は私たちとは一切無関係です。
あちらこちらのブログで迷惑がられ、
行き場をなくした現役学会員婦人部の
「◎子さん」なんです(恐らく、多分、きっと)

今も活動家さん。
私はあなたとは共闘できると思います。
だから、あえて云います。
「電通ビジネス」「監視システム」等々は
コメントしないで下さい。
高倉様のブログが誤解されます。

では、高倉様を通じて
ご連絡を頂けることを
楽しみにしております。

「ももは健在なり、ももは健在なり」




もも 2013/02/08(Fri)21:49:39 編集
» 無題
高倉先生、ご無沙汰しています。シニフィエです。
裁判の行方、しっかりと拝見させていただいております。
もしかしたら高倉先生もご覧になられたのではと思いますが、先日こちらにコメントされているももさんと思しきもも&里芋クローバーZさんから私のブログに質問のコメントをいただきまして、これから高倉先生とともに闘っていく覚悟があるのかないのかという内容でした。それに対する回答を自分のブログに書かせていただいたのですが、そのときふと気になったのは、高倉先生がもも&里芋クローバーZさんの言うようないわゆる実践的共闘のようなことを考えていらっしゃるのだろうかということです。私の考えはブログに書いたとおりです。いろいろな立場から、それぞれの考えをもとに、いちばん適した闘い方をしていいのではないかと思っています。共闘を前提に「覚悟」などと問われては「そんな覚悟はありません」としか答えようがありません。高倉先生がご自身を中心に同心円的な体制でサポートしてくれる実践的な協力を求められていらっしゃるのであれば、高倉先生ご自身が私に対して「覚悟」を問われるのはやぶさかではありませんが、私としてみればその真意もわからないまま、別の方から「覚悟はあるのか」と問われるのはいかがなものかと思いました。もし私に「覚悟」を問うことが高倉先生の本意であるのであれば、直接そのように仰っていただきたいし、そのような「覚悟」の問いかけをもも&里芋クローバーZさんに託されたのであれば、先生ともも&里芋クローバーZさんはそのような間柄であると察します。もちろんそうでなければそのようにお返事いただければと思います。私としては高倉先生が実践されている創価学会池田カルト一派との裁判に対して、あのような全体主義的な闘争心を煽る問いかけはふさわしくないのではと思っています。そんなことでは創価学会池田カルト一派と同じステージに立つ共演者となってしまいます。高倉先生の闘いは、法学者である先生らしい勇気ある行動だと尊敬しています。そして法の下に創価学会池田カルト一派を断罪することの社会的意義もたいへん強く感じます。それはあくまで法に則って粛々と進めていってこそ実りあるものだとも思います。ご多忙な高倉先生のこと、時間のあられるときでけっこうですので、お返事をお待ちしています。失礼いたしました。
シニフィエ URL 2013/02/10(Sun)02:04:19 編集
» ITリテラシーが欠落していると、
シニフィエさん、上記のようなコメントを平気で投稿できてしまいます。ブログ主の高倉様がご判断されることなので内容については言及追求いたしません。あえて云うなら私(もも)は久しぶりに開いた口が塞がらないコメントが白バラに投稿されたなぁ~と素直な感想です。(些か皮肉も含めて)
シニフィエさん、この様なコメントは本来、ブログに投稿するものではありません。明らかに「私信」なのですから公表されている高倉様の個人アドレスに向けて発信するものです。なぜそれが出来ないのですか。恐らく私(もも)には想像もつかないお考えがシニフィエさんにはあるのでしょう。
白バラを見ている方たちに「共感」してほしかったのですか。答えはシニフィエさんの胸中にあります。
恐らくもう2度とシニフィエさんのブログには私(もも)、そして里芋やメンバーらはコメントすることはないでしょう。先日久しぶりにコメントして承認制になっていることを知りました。私たちのコメントに対してコメント欄にて回答すればいいものをわざわざ記事にエントリーして頂き恐縮です。
シニフィエさんのブログですから如何様に取り扱うかは自由なので。
良い機会なのでコアメンバーのお母様が発した
「霊言」、いや違った「名言」を紹介します。
(すみませんここんとこ幸福の科学問題に注力する機会が大川、いや違った多かったものでつい)

「ネット上には、元や現役の学会員らによるいわゆるアンチブログなるものがたくさんあるけれど、
私が信濃町の専従職員だったら例外を除いて放置すると思う。だって殆どか「愚痴」を吐き出す場になっているだけで何の脅威も感じないから。あの程度のブログで覚醒や脱会はまずないしあっても想定内の範囲。むしろ悩める現役学会員がブログにコメントして「愚痴」を聞いてもらって傷をなめあっているくらいが調度いい。脱会する勇気はないだろうから。覚醒しようが組織に不満疑問を持とうが当面は脱会しないで未活でも幽霊会員でも構わない。財務をしてくれて新聞もとってくれて選挙の時は公明党と書いてくれればそれでいい。」

反創価、アンチ創価ブログの大半が、
実は「創価学会組織の維持」に貢献している事に気がついていないのです。覚醒してください、気づいてくださいと発信している方たちの行為が信濃町の意のままの結果になるとは何とも皮肉なことです。
中途半端な覚悟では中途半端な結果と自身の思いとは全く違った結果を導くのです。

ですから想学サロンの「運ちゃん氏」のように、
とことん「日蓮」や「御書」を徹底的に研鑽する、
あるいは最近リンクされた「やや日」のようなスタンスで「笑い飛ばして」「パロディー化」する。
「カルト化」した組織団体であればあるほど、
両者のスタンスは非常に「脅威」となります。
組織末端の信者会員を救いたい覚醒したいのであれば、団体組織の「本丸」(本部・教祖)をターゲットにして闘うのが肝要です。巨大な組織であればなおのこと。上部組織が混乱すれば末端組織の崩壊は
以外に早いものです。癒し、ヒーリング、スピリュチュアル系の「ミニカルト団体」のほとんどかこのパターンで崩壊しています。

人は日々成長します。
それに伴い発信する内容(コメント)も変ります。

成長もなく同じステージを堂々巡りしていては
「対話」も「覚醒」も「気づき」もありません。

、と以上が「もも」の私見と持論でした。

それでは、また。

ごきげんよう。

(^0^)/゛゛

もも 2013/02/11(Mon)08:33:27 編集
» あえてももさんへ。
ももさん、あなたへのお返事は私のブログに書いたとおりです。私の言動へのご意見は私のブログのコメント欄へお書きください。ここに高倉先生の記事とは関係のない私に関する批判を書かれては高倉先生にご迷惑をおかけします。お願いします。そして私がここに書いたものは高倉先生へのお尋ねですので、ももさんがそれについてこの場で答えるべきことではありません。私に対しての批判をここですることは、やはり高倉先生へのご迷惑ですので、私のブログ↓にてお返事をさせていただきます。
http://signifie.wordpress.com/2013/02/11/ももさんへのお返事です。/

高倉先生、このようなことでコメント欄を使ってしまって申しわけありません。これまでのももさんの暴言が目に余るので、このままではおそらく他の方もうんざりしてコメントする気がしなくなっているのではと思いました。先生の書かれた記事と直接関係のないこととは十分承知してはいますが、あえて書かせていただきました。どうかお許しください。

シニフィエ 2013/02/11(Mon)16:43:24 編集
» 出る杭は打たれる、
しかし、
出すぎた杭は打たれない(打ちようがない)

シニフィエさんは
「治療」に専念してください。

完治してから
「対話」しましょう。
お待ちしております。

シニフィエさん
他人のブログで
これ以上、晩節を汚すのはやめた方がいいですよ。

我らは「もも(ら)」、
我が名は「もも」、
高倉良一を支援応援する「勝手連」なり。
前から云ってんだよ「勝手連」だってこと。

シニフィエさんは「勝手連」の意味が分かっていないようです。だから先のようなコメントを平気で
投稿するのです。誰か一人でもいいから、
「シニフィエさんの意見に共感します」と
コメントしてあげて下さい。
でないとまた「ITリテラシー欠落」のコメントを
投稿するから。
あ~こんな時に愉快さんがいてくれたなら。
愉快さん、お元気ですか。
またいつか「もも」と白バラで遊んでください。
楽しみにしています。

それでは、また。

ごきげんよう。

(^0^)/゛゛

おまけ

シニフィエさん
私たちは治療が完治するまで、
「対話を求めて」には
訪問しませんから、ご安心してください。

もも 2013/02/11(Mon)20:44:32 編集
» 無題
髙倉教授に質問です
あまり変わっていないもも氏と今も活動家氏はどのようにみそぎを済ませたのか公開すべきではありませんか。このブログの信頼が問われています。あれだけブログをめちゃくちゃにしたのですから。
kiki 2013/02/12(Tue)07:59:38 編集
» sk080-kiki様へ 1円財務その80
2012/08/27(Mon)19:57:38に、

タイトル sk001-財務は1円でよい。
で、
このブログに初めて登場した「0001今も活動家」です。

kiki様は、私が登場してから、初めての登場ですね。
kiki様は、高倉先生に、白バラ運動支援義捐金を実名・住所を伝えて、送金されていますか。
わたしは、白バラ運動支援義捐金を実名・住所を伝えて、送金されていない方は、
失礼ですが、高倉先生の支援者ではないと、思っています。
つまり、このブログへコメントする資格のない人と判断しています。

白バラ運動支援義捐金を実名・住所を伝えて、送金されていない方は、
このブログの閲覧者のみでいるべきと思います。

高倉先生に、白バラ運動支援義捐金を実名・住所を伝えて、
送金された方のみが、自分のコメントに、責任を持てますので。

このブログを去った
1.流れ星・2.アレックス・3.REX4.   ・5.団塊嫌い・6. 紅のbUTA・7.元党員
8. ・ami 9. roco 10. ONNAME 11.工作員
12.知盛13号.13.ナッキー.14.運チャン15.ランボー 

の方々は、

白バラ運動支援義捐金を実名・住所を伝えて、送金された方ですかね。

かつて、大変すばらしいコメントを多数され、高倉先生にも大変評価されていた
ランボー氏は、なんのことはない

白バラ運動支援義捐金はしていない、実名・住所も高倉先生に伝えていない、

挙句の果て、
「これ以上 他人様の夫婦喧嘩にかこつけた、社会悪との戦い劇に、
残念ながら、おつきあいする気持ちはすべて失せました。 
 私などが去ろうがなんてことないでしょうが、

貴方の臆病と姑息さは忘れません。
  
さようなら。    ランボー」

と、捨て台詞して、このブログを去った人がいました。

高倉先生は、ご自身の判断で、わたしと、もも様を
このブログへ、再度コメントすることを、許可したのです。

高倉先生が、kiki様の高倉先生への下記質問に、
回答する義務は一切ありません。
なおかつ、回答を求めること自体、高倉先生に大変失礼なことです。

下記は、kiki様の高倉先生への質問です。

髙倉教授に質問です
あまり変わっていないもも氏と今も活動家氏は
どのようにみそぎを済ませたのか公開すべきではありませんか。
このブログの信頼が問われています。
あれだけブログをめちゃくちゃにしたのですから


なお、このブログをめちゃくちゃにしたのは、

1.流れ星・2.アレックス・3.REX4.   ・5.団塊嫌い・6. 紅のbUTA・7.元党員
8. ・ami 9. roco 10. ONNAME 11.工作員
12.知盛13号.13.ナッキー.14.運チャン15.ランボー 

の方々の、私や、もも様への聞くにも堪えない、

また、

これが、社会人のコメントかと疑う、
誹謗中傷、罵詈雑言の言葉です。

タイトル sk080-kiki様へ 1円財務その80
0001今も活動家。 2013/02/12(Tue)11:11:35 編集
» 頑張って下さい。
 高倉教授が掲載されたブログの記事と直接
関係のないコメントを投稿するのは止めまし
ょう。このコメント欄は、掲示板ではないは
ずです。

 私の知人の大学教授は、今の時期は、国立
大学の教授は、最も忙しい時期だと言われて
いました。大学入試、試験の採点、論文審査、
大学院の入試、卒業判定などで、本当に大変
だとのことです。

 普通の大学教授としての仕事だけでも忙し
いのに、裁判を抱えて、高倉教授のご心労は
いかばかりでしょうか。

 シニフィエ氏の質問は、本来、個人的なメ
ールで行うべきものです。その点では、もも
氏のご指摘の通りです。なぜ、「公開質問状」
とされたのかが全く理解できません。

 それから、今も活動家氏は、ご自分でブロ
グを立ち上げるべきです。いつまでも、高倉
教授のブログに依存すべきではありません。

 もも氏は、そのご指摘は最もだと感じてい
ます。しかしながら、お言葉のニュアンスを
汲み取れない方もおられます。僭越ですが、
その点を念頭に置かれて頂ければと思います。

kiki様

 ご質問については、今も活動家氏のご指摘の
通りです。ただし、募金しなければ、コメント
欄に投稿する資格がないとの今も活動家氏のご
意見は論外です。


 高倉教授におかれては、コメント欄のこと
で気苦労なさることなく、自らの信念を貫き
通されて下さい。

 コメントの冒頭で、ブログの記事に関係の
ないコメント投稿を止めましょうと提案致し
ました。今回のコメントは、あくまでも高倉
教授への応援であるとご理解下さい。
 
月光仮面 2013/02/12(Tue)12:02:11 編集
» 月光仮面さんへ
月光仮面さん、こんにちは。
簡潔な言葉の端々に月光仮面さんの聡明さがにじみ出ていて
いつも感心させられます。
私も月光仮面さんのように簡潔に物事を言い表すことができればなと
羨ましく思っています。
今後ともよろしくお願いします。

ところで

>シニフィエ氏の質問は、本来、個人的なメ
ールで行うべきものです。その点では、もも
氏のご指摘の通りです。なぜ、「公開質問状」
とされたのかが全く理解できません。

とのご指摘の件についてお答えします。 

私は高倉先生にもも氏とどのような関係なのかをお訊きしました。
それは高倉先生と闘う覚悟があるのかと突然もも氏から質問されたからです。
もも氏が自分といっしょに高倉先生と闘いましょうというお誘いなら理解できますが、
高倉先生の意向もわからないまま、
私に闘う覚悟があるかどうかをもも氏が問うのは筋違いだと思ったからです。
そしてもし高倉先生がご自分の代弁者としての役割をもも氏に託しているとすれば、
私は高倉先生との関係を考え直さなくてはならないと思ったからです。
それはもも氏に対してふたたびこのブログへのコメントが許されている状況なので、
もしかしたらそうしたこともあるかもしれないと考えましたし、
あるいはいつものようなもも氏の勝手な暴走であることを
確認したかったのがその理由です。
公開質問にしたのは、おそらく高倉先生からの回答よりも早く
もも氏がその暴走ぶりを露呈してくるだろうと予想したからです。
そしてそのとおりでした。
もも氏はさっそく

>恐らくもう2度とシニフィエさんのブログには私(もも)、
 そして里芋やメンバーらはコメントすることはないでしょう。

との回答をしていただきました。ホッとしました。
これで私の高倉先生への疑問は解消されましたので、
高倉先生へは失礼しましたが質問をとりさげさせていただきました。
結論としては、私は今後もも氏との接点は持たないということを決めました。
たとえ万が一、もも氏が私のブログにコメントして来たにしても、
私が承認することはありません。
月光仮面さんの仰るように、普通であれば個人的に高倉先生へ
メールで確認すればよいことだと私も思います。
ただ相手が普通ではないもも氏だかこそ、このようなイレギュラーをあえてやりました。
もっといえば、このことについては一刻も早く片付けたかったからです。
正直に言いますと、もも氏の意味不明な思わせぶりと
独断的なコメントに嫌気がさしていたということです。

こうしたコメントで月光仮面さんに不快な思いをさせてしまったことはお詫びします。
これから拙ブログ「対話を求めて」を運営していく上で、
不要な芽は早い時期に摘んでおこうという考えでさせていただきました。
もも氏にはすでに拙ブログにてできる限りの説明をさせていただいたつもりです。
にもかかわらず、これまでのもも氏の言動からみて、
もも氏は誰に対しても対話をする気持ちがないと判断しました。
そうしたことをお含み置きの上ご了承ください。
失礼しました。
シニフィエ 2013/02/12(Tue)18:58:32 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[10/12 希望]
[10/12 匿名希望]
[09/01 さーどうなるか]
[08/28 シニフィエ]
[08/15 マハロ]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]