「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
 10月1日の午後、生田法律事務所から連絡がありました。私は、裁判資料の督促かと思いました。先週末、生田先生から準備するようにとの言われていた資料の作成が滞っていたからです。
 
 ところが、電話の内容は、私の全く予想もしていなかった事柄でした。妻からの離婚請求訴訟に関するものでした。高松高等裁判所が妻からの離婚請求を認めたため、私は、この判決を不服として最高裁に上告していました。その上告が棄却されたとの連絡でした。
 
 時の符号とは、実に面白いものです。ご承知のように、この日は、野田内閣が改造された日です。また、アメリカ海兵隊の新型輸送機オスプレイが沖縄に配備された日です。私事になりますが、近日中に比叡山延暦寺に行こうと考え、宿泊の手配をした日でもありました。
 
 ちなみに、創価学会池田カルト一派から殺害予告を受けて以来これまでの間に、私は、日蓮が立宗宣言を行った清澄寺、布教活動に取り組んでいた鎌倉、流罪された伊豆と佐渡、晩年を過ごした身延、そして、臨終を迎えた池上などの日蓮ゆかりの寺を巡りました。そして、いよいよ、日蓮が修行していた比叡山に赴こうとしていた矢先のことでした。
 
 上告理由申立書の提出期限は7月5日でした。まさか、これほど速く上告棄却の決定が届くとは予期していませんでした。
 
 この上告に関しては、私は最高裁への陳述書を作成することができませんでした。ブログのコメント削除の要請に応えることを優先させたからです。
 
 幸い、私の訴訟代理人である生田暉雄先生は、実にしっかりとした上告理由申立書を作成して下さいました。ところが、最高裁は、生田先生入魂の上告理由申立書を簡単に棄却しました。私は、最高裁への陳述書を提出することができなかったことだけが心残りです。
 
 私は、今回の離婚訴訟の体験から、日本の民法研究者の判例批評と分析に関する根本的な問題点に気が付きました。また、日本の裁判制度の本質的な欠陥にも気が付きました。
 
 人間の巡り合わせとは本当に不思議なものです。生田先生は、最高裁の裏金問題を明らかにされるべく、最高裁に対する情報開示請求訴訟を起こしておられます。私は、今回の離婚訴訟の体験で、日本の裁判制度に潜む欠陥を発見しました。生田先生は、元大阪高裁の判事です。私は、法教育と家族法の研究者です。そして、二人で、総資産10兆円と言われている創価学会を相手に闘っています。
 
 生田先生と私の闘いは、これから新しい展開を迎えることになります。二人の闘いは、創価学会池田カルト一派を打倒するためだけの闘いではありません。日本社会の変革を目指す闘いです。今後ともご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 現在、創価学会池田カルト一派と闘うための裁判費用(白バラ運動支援義捐金)を募集しております。これまで義捐金を振り込まれた皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。
 
 ご承知のように、日本での裁判には多額の費用がかかります。今後の訴訟展開を考えると、訴状に添付する印紙代だけでも、かなりの費用が必要となります。大変恐縮ですが、皆様方のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 
 義捐金を振り込まれる際には、可能な限り、ご住所とお名前をお知らせ頂ければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

 白バラ運動支援義捐金の振替口座の番号は下記の通りです。1口300円です。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

           記

1. 郵便局の振り込み用紙や、お手持ちのゆうちょ銀行の口座から振り込まれる場合

   口座記号番号 01680-3-132288
   口座名称(漢字) 白バラ運動支援義捐金
   口座名称(カナ) シロバラウンドウシエンギエンキン

2. 他の金融機関から振り込まれる場合

   店名(店番)一六九(イチロクキュウ)店(169)
   預金種目  当座
   口座番号  0132288

  郵便局からの振り込みの手続きについては、以下のホームページをご参照下さい。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_tujo.html
 

banner_21.gifブログランキングに参加していますので、クリックをお願い致します。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
21 22 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
最新コメント
[05/28 amigo]
[05/25 希望]
[05/25 R水素]
[05/24 自由人]
[05/24 自由人]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :