忍者ブログ
「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

これから当分の間、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ」では、平成23年1月7日に、私の代理人である生田暉雄弁護士が、東京地方裁判所に提出した訴状を掲載します。訴状は長文になりますので、分割して掲載します。

まず、読者の皆様方の便宜のために、目次を掲載します。ただし、実際の訴状には目次はありません。

なお、平成23年1月18日に、東京地方裁判所に「訴状中の『強迫』の文字を、全て『脅迫』と訂正する。」との訴状訂正申立書を提出しました。

創価学会は、3月16日を「広宣流布記念の日」と定めています。「広宣流布」とは、日蓮の仏法が全世界に広く伝わるということを意味します。

1958年3月16日に、日蓮正宗富士大石寺に、戸田城聖創価学会第2代会長は6000人の創価学会員を集め、後事を託す式典を開催したとのことです。

以来、創価学会では、3月16日を「創価学会の歴史において不滅の輝きを放つ『3・16』」(創価新報通巻第659号第1面、2011年(平成23年)3月16日版)と称し、「広宣流布記念の日」と定めたのです。

東日本が前代未聞の大震災に襲われた直後に、しかも、創価学会にとっては意義ある記念日に、創価学会池田カルト一派を訴えた裁判の訴状の掲載を開始することになったことに、時の符合を感じています。
 

訴状の目次

  • 原告の氏名と住所
     
  • 原告訴訟代理人の氏名と住所
     
  • 被告の氏名と住所
     
  • 事件名 損害賠償請求事件
     
  • 訴訟物の価額と貼用印紙額

    第1、請求の趣旨

    第2、請求原因

     1、当事者

     2、本件の背景

     3、本件日記について

     4、被告らの不法行為

      〈その一、査問による強迫、強要〉
      〈その二、創価学会による和美と原告の離婚訴訟〉
      〈その三、被告らの不法行為のまとめ〉

     5、結論

    第3、証拠

    第4、添付書類
以上

banner_21.gif
←ブログランキングにご協力下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» エールを贈ります!
私個人には何も力はありません。

でも、心からエールを贈りたい!
そう思っています。

今は今後の日本がどうなるのか・・
そんな思いがこみ上げてくるような惨劇の最中です。
被災の渦中の人達を思うと、胸が痛みます。

いろんなモノとの戦い。。。
生き抜くための戦い。。。
今はそういう「時」なのかもしれませんね。

原発問題も深刻です。
我々が知らなかった事実が、次々に明らかになっているようです。

http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm
     ↑
是非ともご覧戴きたい内容です。

戦いは・・・長いと思います。
でも、時代の加速度がつけば早くなります。
今はもう、そんな時代になってると思います。

くれぐれもお体に気をつけて!
くれぐれも安全に!
kan 2011/03/16(Wed)23:06:17 編集
» 東日本大地震とオウムと人
福島原発事故後、鹿児島の川内原発の職員が安全説明会で「川内原発は13M高台にあるので、津波については安全です」などと全く無知な発言
川内原発の隣人 2011/03/21(Mon)20:30:01 編集
» 無題
訴状じっくり読ませていただきました。もしこの訴状通りの事が行われていたとするなら、創価はヤクザ以上の組織ということになりますね。これだけの内容を全て公にした勇気に敬意を表します、長く孤独な戦いになろうかと思いますが、陰ながら応援いたしております。
ハンチ 2011/03/22(Tue)00:30:49 編集
» 応援しています。
訴状を拝読しました。
主権在民など絵に描いた餅。
日本の言論弾圧指数は、先進国といわれる国の中ではダントツNO.1だと感じました。
しかし、あなたのお体が心配です。
どうかご自愛ください。
マロンアルファー 2011/03/25(Fri)01:15:22 編集
» 第二のオ○ム
二代目城聖さんの息子さんが首を縦にふっていたらこうは成っていなかった
お互いがお互いを苦しめるだけの組織になってしまったようで・・・
万人の苦しみを生む組織になってしまったようで・・・
ウキウキサマー 2014/06/28(Sat)10:24:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
本名:髙倉良一(たかくらりょういち)
性別:
男性
職業:
大学教員
趣味:
思索と散歩と映画鑑賞
自己紹介:
HN:希望
大学と各種の専門学校で、法律学、哲学、社会学、家族社会学、家族福祉論、初等社会、公民授業研究、論理的思考などの科目を担当しています。
KJ法、マインド・マップ、ロールプレイングなどの技法を取り入れ、映画なども教材として活用しながら、学生と教員が相互に学び合うという参画型の授業を実践しています。現在の研究テーマの中心は、法教育です。
私は命ある限り、人間を不幸にする悪と闘い抜く覚悟です。111歳までは、仕事をしようと決意しています。
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 白バラ通信 パンドラの箱 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]